海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】4回目の出荷作業
梅雨明けたんだっけ?

月曜日、4回目の出荷をしました。朝の6時集合です。
c0010936_2246351.jpg
とりあえず3人で


参加が少なく、ギリギリで作業をしました。4回目にしてこれなので、8月の半ばまで持ちこたえられるか…しかし、今回2人でも刈り取りができることがわかり、ちょっと安心もしました。やればできる!
c0010936_2249119.jpg
4袋分


第2圃場D、E、Fを刈り取りましたが、この日は浅く刈ったので、含水有りで150.5キロにとどまりました。2回刈り取る予定が1回になったのことも大きかったです。次回は、秘密兵器を用立てているので、側面刈りに挑戦します。フフフ…
c0010936_22514913.jpg
水洗い


赤紫蘇の出荷作業には、水が欠かせません。刈り取った赤紫蘇は、発酵して熱を帯びてくるので、冷やす意味もあって水洗いします。もちろん、アマガエルや虫などもいるので、このときに取り除きます。この水ですが、ここ平地区は水路が発達していて、1キロ上流の大又川から取水しています。もちろん、この水には家庭排水は流れ込みません。
c0010936_2255599.jpg
少なめ


今回は少なめでしたが、次回は17日(木)となり、200キロオーバーを予定しています。側面刈りして、通気性もよくします。できれば、もう少し赤紫蘇の背丈を大きく伸ばそうとも考えています。そのため、有機液肥をこのあとに散布しました。この有機液肥は、赤紫蘇に多いサビ病の予防にもなるので、効果に期待しています。あと、散布するかどうか迷いましたが、今回は化学殺菌剤も散布しました。いわゆる農薬ですが、今年はイモムシとコガネムシ、カナブンが目立つように感じたので、効果を見てみます。
c0010936_2353550.jpg
散布


もちろん、農薬や化成肥料に頼らない栽培を目指していますが、出荷に耐える栽培も維持しなくてはならないので、散布する圃場も限定的にしています。そのため、第1圃場Bについては、今回は畑を休ませています。また、これ以上は農薬を使うことも控えることにしています。最終的には、有機的な栽培方法を確立していきますが、非常に悩む部分です。少なくとも来期からは、土作りについては、完全有機を目指そうとしています。

あと、赤紫蘇栽培の先進地があれば、しかも完全有機を確立しているところがあれば、見学などしなくてはと考えています。将来的には、赤紫蘇をこの地域の特産物にしたいとも考えています。そのため、紀伊半島南部の梅の出荷量や、梅干しなどの栽培量についても調べているところです。赤紫蘇が必要ですからね。

シロウトながら、悩みながら、前に進む農業をやっています。

by kurage874 | 2014-07-15 23:15 |  熊野レストレーション
<< カッパ之碑に祠が欲しい 【飛鳥熊レス村】畑作業、ビオト... >>