海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】5回目の出荷作業に思うこと
17日、5回目の出荷作業でした。

今年より、第1圃場と第2圃場を管理しているので、刈り取る間隔が狭くなっても対応できます。ざくっとですが、第1圃場で正味130キロ前後、第2圃場で正味150キロくらいは出荷できる気がします。
c0010936_3274146.jpg
3人を2人で


現在のところ、出荷作業に来てくれるスタッフには、1回1,000円の有償ボランティアとして支払っています。しかし、ほとんどが熊レス会員になるので、もしものためにプールしています。もともと、熊レスが農業に踏み込んだのは、中山間支援のためですが、そこからでる収益は、災害時の遠征費用などに使う目的がありました。それはいまでも続いていて、約50万円弱ほどですが、緊急時に対応できる積み立てをしています。まだまだ少ないですけどね。
c0010936_3353983.jpg
生育は順調


ただし、継続的な農業と、中山間支援を考えるならば、時間仕事を求めている人たちに正規の支払いができなければと考えています。水稲農業をしている熊レス顧問の伯父にも助言をいただき、「時間を余している人に小遣い稼ぎさせなアカン」と言われています。もっともなことで、時間給800円で、いまの作業の一部負担をしてもらうとすれば、どれだけの支出と利益が残るのかと推算しています。一方で大事なことは、雇用を生むことで、これが飛鳥熊レス村の真骨頂になるはずです。
c0010936_3401656.jpg
ビフォアー


c0010936_3404728.jpg
アフター


また、赤紫蘇栽培を確立することも重要で、最終段階の有機栽培を目指しながら、品質の良い出荷を担保する仕組みを見つけないとなりません。これも、水稲に次ぐ飛鳥の農業として定着させたい考えがあり、ここから派生することは計り知れません。だからこそ、一緒に実践する仲間や新規就農者も求めているのですが、利益と効率と共存をいっぺんに求める難しさを克服しなければ、この地域の中山間の今後は見通しが経ちません。

ところで、赤紫蘇の側面を刈り取ってみました。予想以上にいい感じで、通気性がかなり良くなりました。生育にも影響してくるので、あとは機械の調子と構造変更だと感じています。ニューマシンを購入できればいいのですが、中古機を整備しながらやっています。赤紫蘇栽培の生産組合ができれば、機械などを集約化できるだけに、この指とまれ!をしてくれるための試行錯誤も続きます。紀伊半島南部は、梅の産地だけに、赤紫蘇の需要も多いのです。

次回の出荷は、来週の火曜日を予定しています。

by kurage874 | 2014-07-18 03:49 |  熊野レストレーション
<< 第35回キタガワマーケットとま... アイスノン抱えて寝る >>