海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
災害と人権~人権講話~
午後からは、紀宝町の津本防災センターにいました。

人権講話の講師に呼ばれていて、災害と人権について講話をしました。
c0010936_23141089.jpg
40人を超えていた


津本自主防災会さんの主宰で、紀宝町大里の山中に、津本防災センターはあります。80メートル近い高台なので、津波にも水害にも合うことはありません。しかも、給水塔やヘリポートまで整備していて、いち自治会(自主防災会)単位の備えとしては驚きの充実ぶりです。
c0010936_23194581.jpg
給水塔


昨年に引き続いての2回目の講話でしたが(昨年のはこちら)、熱心な地区住民に集まっていただき、緊張しながらの講話になりました。ただし、災害時における人権をテーマにした講話は、この地域ではあまり耳にしないので、とくに避難所運営をテーマに進めることがあれば、人権問題を絡めることは大事なことだと感じています。

◇災害と人権
1.災害時に起きる人権侵害とは?
 ・避難生活でのプライバシーが守られないこと
 ・災害時要援護者への十分な配慮が行き届かないこと
 ・長期化する避難生活のストレスによる嫌がらせやいさかいごと
 ・風評被害、デマや流言による差別的な言動など
 ・子育て家庭やペット持ち込み家庭への十分な配慮が行き届かないこと
  ・そのほか

2.主な過去の災害から人権侵害を振り返る
 ・関東大震災(1923年(大正12年)9月1日)
   社会主義や自由主義の指導者らの殺害
   外国人の暴徒化というデマ、自警団との衝突
 ・阪神淡路大震災(1995年(平成7年)1月17日)
   避難所・避難生活での人権侵害
   災害ボランティアと避難者間の人権侵害
 ・東日本大震災(2011年(平成23年)3月11日)
   避難所・避難生活での人権侵害
   災害ボランティアと避難者間の人権侵害
   福島第一原発事故による風評被害
   震災避難者、一時避難者への差別行為

3.災害時の人権侵害をなくすには
 ・災害時要援護者支援制度
 ・多様な主体を認め合う自治会
 ・行政・社協との関係づくり
 ・災害ボラ・外部組織との連携
 ・現場コーディネーターの必要性


ざくっと、以上のことを講話したのですが、多くの気づきが、参加者の皆さんにはあったと思います。僕ができることは、答えを教えることではなく、気づきを与えることなので、もどかしい人には物足りないし、閃いた人には、明日からの活動にスパイスを与えることになります。たどたどしい語りで申しわけないのですが、現場で培ってきたことと、多くの仲間から見聞きしたこと、自分自身で調べて考察したことを話にします。
c0010936_23274468.jpg
津本防災センター


この日は、紀北町社協の職員さんにも参加いただき、どちらかといえば、災害時の仲間ですが、こういった繋がり、橋渡しも、僕にできる大きな特徴です。どこかで繋がっておけば、モノゴトは有事の際には進みやすいものです。肩書も大事ですが、仲間って間柄には、肩書や職種は重要ではありません。しかし、そういう立場でいながら、連携や共有するってことは大事なことです。

どうぞ、皆さんの自治会、自主防災会などでも、ご用命ください。

ワークショップや講習会などにも対応できます。

by kurage874 | 2014-07-20 23:30 |  市民減災まちづくり
<< 【非公認熊レス山岳部】百夜月の暮らし キタガワマーケット、オモシロん... >>