海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【非公認熊レス山岳部】百夜月の暮らし
”ももいづき”って覚えていて正解でした。

”ももよづき”も正解ですが、地元では”ももいづき”のようです。
c0010936_1271023.jpg
バス停もある


百夜月を起点に、竹筒(たけとう)、九重(くじゅう)、花井(けい)の集落があります。北山川(熊野川)を挟んだ集落ですが、竹筒は奈良県十津川村、九重は和歌山県新宮市熊野川町、花井は三重県紀和町に位置します。百夜月は、三重県紀和町になります。しかし、行政区域で言うと味気ないですが、熊野川を枝に見立てると、それぞれの集落は葉っぱのようなものです。そして、この辺りの川は、生活の基盤であり、道路のようなものです。
c0010936_1351869.jpg
渡河は川舟で


百夜月には、船かヘリでしか行けません。そんな集落が、ここには残っていて、いまは1軒のみとなった人家には、日常生活の匂いはなくとも、人の気配はちゃんとありました。今回は、その唯一の集落の住人であるHさんに、生活の足である川舟をお借りしていました。また、案内役の城さんは、対岸の九重在住で、Hさんとは朋輩とのことでした。この城さんは、気さくで笑顔の絶えないおいちゃんです。2011年の台風12号で大きく被災したことがキッカケで、自宅再建と九重周辺で積極的に活動されています。
c0010936_1432327.jpg
光月山紅梅寺


美人だったという尼さん伝説がある紅梅寺ですが、こじんまりとしながらも、キレイに管理されていました。百夜月の名前がついた由緒ある寺であり、この尼さんによって、竹筒、九重、花井の名前も授かったということです。
c0010936_1554719.jpg
梅林


c0010936_1561887.jpg
蓮の花


寺から梅林を通り抜けると、梅の種があちこちに落ちていました。梅をとっていないからですが、梅の古木には生命力を感じました。これより下流域の小船の梅林が、60年ほど経過していると聞いたことがあるので、それと同じかそれ以上の樹齢だと思います。花をつけているときに対岸を通ったことがあるので、それを間近に仰げたことに感無量でした。また、蓮の花のふくらみは、やはり仏さまを連想せずにはいられませんでした。僕は、花が咲き終わったあとの花托が好きで、飛鳥熊レス村でも種を植えてみたいと感じました。
c0010936_225111.jpg
庵より雨を愛でる


城さんの朋輩で、唯一の集落の住人であるHさん宅の庵にもお邪魔して、通りすがりの雨をやり過ごしました。いまは常時いないようですが、生活の匂いがあって、ここでの自給自足は、まさに晴耕雨読そのものを感じました。どうしてここに集落ができたのかまではわかりませんが、川に生計を求めていた時代ならば、いまのようにダムがなかったこの水系には、溢れんばかりの恵みがあったことと想像できます。この北山川には、これより小森ダム、七色ダム、池原ダムがあるのですが、僕が住んでいる大又川も支流になります。もしも、ダムがなかったらと想像するのですが、100年後にダムがなくてもいい暮らしができるのであれば、この川の流域は、いまより100年前に戻るのかも知れません。
c0010936_212550.jpg
靄がかかる


雨が弱くなったのを見計らって、百夜月をあとにしましたが、靄がかかる川面が桃源郷のようでもありました。なんでもない時間を過ごしましたが、ここには、スピリチュアルでも、パワースポットでもない、連綿と続く熊野の暮らしがありました。正確には、”あった”ということになるのでしょうが、人は、どんな場所でも、生きていける。とくに、熊野は自然と人の営みが密接していることを再認識しました。素晴らしきかな、熊野!

案内していただいた城さん、ありがとうございました。

by kurage874 | 2014-07-22 02:17 |  熊野レストレーション
<< 【飛鳥熊レス村】6回目の出荷作業 災害と人権~人権講話~ >>