海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
子どもが自然と遊ぶ法則
昨日は、保育園を休みました。

赤紫蘇の出荷作業があると、朝早い出発になるので、実家の母親に朝の面倒を見てもらいます。しかし、その前日夜から、「とーちゃん、あしたははたけなんやろ。ええなあ」って、保育園を休みたいとねだられます。保育園が嫌いとかでなく、それ以上に畑に行きたいのです。
c0010936_9513755.jpg
ヒマワリの種まき


8時半頃に、遅れて畑にやってくると、満面の笑みで「とーちゃん、やすんだよー」って。その足で、すでに泥んこをこねていました。「とーちゃん、あまがえるおったで」と、アマガエルをつかまえて見せにきました。ほどなくすると、今度は用水路に入っていて、さらに少しすると、もうずぶ濡れでした。
c0010936_101547.jpg
どろどろ


いつの間にか、泥んこ遊びに変わっていて、泥水の中で泳いでいました。どこから学んだわけでもないのに、いろんな遊びを開発してギャーギャー言うています。わが子ながら、その好奇心と発想力には驚きです。でも、オトンの子ども時代を振り返ると、あんまし変わっていないのかも苦笑いです。
c0010936_106578.jpg
近くの川へ


畑作業をひと段落させ、近くのクラモトに泳ぎに行きました。これがお目当てでもありますが、泥んこを落とすことからはじめます。今年から、積極的に浮き輪をなしにして、水に浮かないことを学ばせています。なので、浅瀬でばかり遊ぶのですが、オトンとなら、深いところにも行ってみようと言うてきます。親子亀のように背中に乗せて泳ぐのですが、たまに沈んでやるので、バタつかせてしがみついてきます。それでも、恐いから帰ろうとかは絶対に言いません。足をばたつかせ、泳ぐ練習にかえて遊ばせます。クラモトの川は熟知しているので、どこがどのくらいの深さで、どこに流れの本流があるのかを把握しています。なので、遊ばせる場所も決まっていて、そこだとより安全と認識しています。
c0010936_1021673.jpg
泳げるかな?


それでも、多少の面白みがないと伸びないので、ほんの少しのリスクも加えます。なので、踏みはずすと身のキケンを感じるようになるので、この要素が自然と遊ぶには必要だと感じています。こうして、なにをしたらキケンか、そのキケンがなにをもたらすかを考えるようになります。とくに、このクラモトには、多くの子どもが泳ぎに来ます。ヨソからの子どもも多く、浮き輪をつけていれば安全とホラクリの家族もいます。そして、川底が見える透明度が、深さの認識を忘れさせてしまいます。毎年のように、溺れるか、溺れかけている子どもや、ときにはオトナを助けることになります。人は、周りに人がおっても、人知れず溺れるものです。

さてさて、今年の夏は、浮力なしで泳げるかなってところです。
ただ、泳ぐ技術をオトンは持ち合わせていないんですけどね。

by kurage874 | 2014-07-23 10:30 |  さらさに贈る言葉
<< 紀北町燈籠祭でのごみナビゲート... 【飛鳥熊レス村】6回目の出荷作業 >>