海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【非公認熊レス山岳部】死ぬまでに行きたい!世界の絶景に行く
猛暑のなかでしたが、行ってきました。

絶景のなかに三重県の木津呂が出ているとのことで、嶋津観光協会の平野さんにご案内いただきました。9時半に嶋津観光協会に集合し、昔の生活道である山道を進みました。
c0010936_15384723.jpg
出発前のミーティング


いかにも熊野の山の中らしい尾根道を通り、右手の眼下に熊野川が見えてきました。遠くは、玉置山の方まで見渡せ、山歩きにしては爽快な行程です。ときおり、ジェット船が見え隠れしています。
c0010936_15424066.jpg
地層の説明を受ける


c0010936_15434440.jpg
急峻な上り坂


目印など無いので、素人での山行はオススメできませんが、踏み跡と、杭のある尾根道を進むので、山行の経験ある方なら迷うことはありません。あと、水場もありません。写真のような急登もあるので、装備もそれなりに必要です。シカとイノシシの気配があったので、遭遇することは稀ですが、早朝や夜半の山行ですと出くわすかも知れません。
c0010936_15522318.jpg
木津呂が見える


c0010936_15532072.jpg
もうすぐそこ


尾根道が交差する箇所が2つほどありますが、ここも迷うことなく進むことができます。ほどなく絶景ポイントにたどり着くと…
c0010936_1558450.jpg
前方後円墳的


c0010936_15584413.jpg
いっしょだ


予想以上の絶景に感動ものですが、ここからのビューポイントの岩と枯木の間には、スズメバチが営巣していました。警戒のスズメバチが2-3匹出てきて、慌てて退避しました。その後に、嶋津観光協会の方で処理したようですが、このときは残念ながら絶景を堪能するとまではいきませんでした。さすがに、スズメバチとなると僕だって身構えます。
c0010936_167057.jpg
ガレ場のようなところも


c0010936_1681273.jpg
無事に到着


2011年の台風12号で大きな被害を受けた嶋津ですが、日本一小さな嶋津観光協会が主体となって、地域資源の掘り起こしをやっています。今回の山行も、協会の平野さんに引き受けていただきましたが、後退的な発想がない点には、見習うことが数多くあると感じました。

確かに、死ぬまでに行きたい絶景でしたが、こういった場所を、熊野一帯で探してもオモシロイかもしれません。きっと、ありますよね。

■少ない人口だから、少ない地域資源とは限らない
 http://owase.exblog.jp/22246865/

by kurage874 | 2014-07-30 16:13 |  熊野レストレーション
<< 【飛鳥熊レス村】赤紫蘇出荷作業... 【飛鳥熊レス村】7回目の出荷は... >>