海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
【飛鳥熊レス村】9回目の出荷で日量500キロを超える
赤紫蘇は、盆前には出荷は終了します。

日焼けや穂が出てくるために色落ちするからですが、飛鳥熊レス村の赤紫蘇は、寒暖の差もあるし、飛鳥はもともと涼しいので、まだまだ香りも際立っています。
c0010936_526092.jpg


この日は、地元と新宮市から助っ人2人に来ていただき、ボランティア参加の方も含め最大8人で作業をしました。朝早くからの作業ですが、この日は300キロ越えを目標に準備をしました。2つの圃場を刈り取る必要があるので、2つの刈り取り機をフル活用しました。しかし、次期はニューマシンも欲しいところです。中古良品でいいんだけどね。
c0010936_529219.jpg


刈り取りが終わると、すぐに発酵がはじまるので、川の水で仮洗いをします。この水の冷たさもまた、飛鳥の赤紫蘇の鮮度を保つはずです。1キロ先から引いている用水路の水には、家庭排水なども流れ込まず、100%大又川です。この水で、ざっと仮洗いをしますが、アマガエルや多くの虫も、このときに取り払います。また、茎なども混じるので、できるかぎりは取り除きます。
c0010936_5332147.jpg


c0010936_5344992.jpg


水洗いしたあとは、コンテナに押し込めて、空気に極力触れないようにします。涼しい小屋内で保管し、出荷に備えます。コンテナ一つで、8キロから14キロくらいまでの赤紫蘇が入ります。平均で12キロくらいなので、おおよその目安がコンテナでわかります。また、コンテナの重さも、だいたい分かるようになってきました。なんか、農業しているなって感じにはなります。
c0010936_5374732.jpg


初代バモスも活躍し、この日はめいいっぱい詰め込んで運びました。含水ありですが、出荷量は500キロ越えの574.5キロになりました。茎が混じりやすいなどの課題もありますが、2つの圃場での作業効率をよくすれば、日量300キロ平均で出荷も可能となりそうです。しかし、そのためには作業員もコンスタントに必要で、もっとも収益とのバランスを考えながらになります。ただ、パートタイムとはいえ、雇用が生まれているのも事実で、ちょい仕事でお小遣い稼ぎも可能です。
c0010936_5423925.jpg


刈り取ったあとの赤紫蘇は、周辺がいい香りに包まれています。このアロマも、きっと体にはいい反応をしてくれるはずです。だって、嫌な匂いではなく、スーッとしますもんね。仮洗いしているときも、赤紫蘇の芳香は作業の手助けをしてくれます。そう言えば、赤紫蘇のアロマってあるのかな?

また、この日は卸先まで運びましたが、紀和町の現場まで、軽トラックで2回往復しました。さすがに皆さんの疲労も大きかったと思いますが、大口の出荷は残すところあと1回ほどです。個人販売は、引き続きしているので、いつでもお気軽にご相談ください。

地方発送も、送料が嵩みますが、クール便などによる即日発送も可能です。飛鳥熊レス村の赤紫蘇でつくる赤シソジュースは、ちょっとしたブームにもなっていますよ。赤紫蘇500グラムで、2リットルちょっとの原液ができます。

by kurage874 | 2014-08-07 05:50 |  熊野レストレーション
<< 8月初のさらカッパ 【飛鳥熊レス村】出荷準備の草刈りなど >>