海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
オバケに飛び上がる!
せがまれて、最終日に行ってきました。

期間が短いのが惜しいですが、今年で3回目のお化け屋敷です。
c0010936_23192318.jpg


このイベントに参画している友人からも、濃い内容とクオリティを聞いていたので、30分待ちでしたが、ものは試しと並びました。しかし、待っているうちに、泣いて出てくる子や、悲鳴などを嫌でも耳にするので、「とーちゃん、こわなってきた」と、終始しがみついての入場でした。
c0010936_23212829.jpg


こういった案内にも凝っていて、しかも、オープニングのゆうつべもあって”それらしい”演出が最高でした。また、もっと開催期間がほしいところですが、たとえば商店街なんかの空き店舗とかで開催すれば、けっこうなにぎわいにはなると感じました。このイベント自体は、行政主導で行われているのですが、民間でも十分に引き継げる内容でもあります。



さて、とうの娘ですが、チケット渡すときの女性がすでにオバケだったので、凍りついたままに歩き出し、手が出たり、音が出たり、オバケが出たりの連続で、悲鳴をあげるほどの泣きっぷりでした。さすがにここまでシシリ泣きするとは思いもよらず、オバケのほうが引いていました。また、飛び上がって、ジタンダ踏んで恐ろしがるので、心配にもなりました。しかし、オトンの手をちぎれるほどに握ったままでしたが、最後まで歩き通しました。
c0010936_23301054.jpg


出てくると、周りには十分に恐怖を与えたらしく、その姿を見た小学生らがリタイアしていました。それまでも、リタイヤする子どもたちをみましたが、入り口で引き返す子どもには、せめて返金するくらいあってもいいのではと感じました。あとになってですが、何回もお金を払って挑戦したが、子どもだけに考えてあげてほしいですねとの声も届きました。この辺りは改善か検討があってもいいかもですね。

しかしながら、オバケになった人の話も後日に聞きましたが、このイベントは、子どもにとってはいい取り組みです。恐怖を感じることは、大事なことだと思うし、ちゃんと作りこまれているコンセプトにも関心しました。これでないと、迫力も恐さも出てきませんしね。

さて、いかれた皆さま、どうでしたか?

ところで、娘ですが…

「もういきたーない。おばけ、いききとった」

とのことです。なるほど。

by kurage874 | 2014-08-11 23:36 |  さらさに贈る言葉
<< 【飛鳥熊レス村】10回目の出荷... 清滝の爆風(熊野市大泊町) >>