海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
飛鳥町民夏祭りと現実
毎年8月13日は、飛鳥町民夏祭りです。

この日に固定しているので、日程を合わせて帰省する人たちもいます。僕も、これまでどこに住んでいても、この日は帰ってきていました。しかし、これまで手伝いをすることもなく、主催する飛鳥青年会議所にすら入ってもいませんでした。
c0010936_23553937.jpg


この飛鳥青年会議所は、親父が若い頃に立ち上げたときのメンバーだったらしく、当時の記憶には、大勢の人や準備の忙しさが残っています。しかし、年を追うごとに若手が少なくなり、そもそも飛鳥町に住んでいる人すら少なくなって、今年は運営委員会にも数名しか出てこれない日があったと聞きました。

これまでなにもしてこなかった僕は、うすうすは感じていたけれど、大きな衝撃でした。僕自身は、市民活動としてあちこちでなにかしらしていますが、地元の飛鳥町ではタイミングを失っていたのも事実です。飛鳥青年会議所にも、元在住者として加入することはできましたが、とくに尾鷲に住んでいた頃は、尾鷲市議としての兼ね合いもあったので、そこまで踏み込むことはようしませんでした。
c0010936_004930.jpg


もうすでに、この歳では加入することもできませんが、なんとかして橋渡しはできるはずです。そういったことを、僕の1歳後輩で、いまの議長にも話をしたのですが、もしかすると開催自体も危ぶまれるとさえ聞きました。また、秋には、飛鳥神社での例大祭もあるのですが、これにも飛鳥青年会議所は大きな主導権を握っているので、ここからでも関わることはできるかもと話をしました。もちろん、裏方としての橋渡しです。

飛鳥町に限らず、熊野市内の集落の多くは、このような非常事態のままで、先細りしながら残ったものが踏ん張っている状態です。10年先とは言わず、来年や再来年には無くなってしまうかもという現実を垣間見たとき、僕はとても恥ずかしく、これまでの僕自身を悔いたところです。そして、身の回りの整理整頓をキッパリやって、尽くすところのターゲットを絞らないとって強く感じました。見渡せば、蜘蛛の子ちらす状態ですもんね。

この日の夏祭りは、最後のクライマックスで土砂降りになり、毎年のように雨がふるなと感じつつ帰ってきました。この夏祭りにも、学生ボランティアのIVUSAが参加していましたが、関わり具合を参加だけでなく、参画させることもひとつの手段です。また、そういった若い力、外部の力を上手に取り入れながら、僕のできることを精いっぱい橋渡ししていきます。そして、今後のわがまちについて考えていこうと心に決めたところです。それが、より具体的に見えただけでも、大きな成果と可能性の追求となりました。

飛鳥熊レス村もそうですが、中山間地域のあり方を考え、ひとつのモデルプランをつくるストーリーができつつあります。ぜひとも、僕の政策インターンもほしいところです。

by kurage874 | 2014-08-15 00:13 |  飛鳥町漫遊記
<< 長泉寺の追善盆踊り 【飛鳥熊レス村】30キロの手刈... >>