海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
長泉寺の追善盆踊り
昨日は、僕が住んでいる佐渡地区の追善盆踊りでした。

準備から、翌日の片付けまで、一連の作業を体験しました。
c0010936_1151302.jpg


c0010936_1159211.jpg


提灯付けから、櫓組み、飲み物の準備などして夜を迎えました。火とぼしという、初盆の家からお墓までを108本のろうそくで照らす風習もあったようですが、いまはお墓周りにだけろうそくを灯しています。火とぼしの風習が残っているのは、飛鳥町では神山地区だけではないでしょうか?
c0010936_1203193.jpg


あちこちから人が集まってきてて、盆の間だけは、地区住民も倍増しています。それでも、全体的には人は少なくなっているようで、ざっと数えても300人はいない感じでした。また、クジ引きの番号が250番くらいまでだったので、やはりそのくらいの人が訪れていたはずです。
c0010936_1231931.jpg


追善盆踊りは、甚句は娘もうろ覚えしているので、自分から踊るといって輪のなかに入っていきました。僕も、足の運びが怪しいものですが、身振り手振りで参加しました。盆踊りは、見ている以上に踊るほうが楽しいです。短い時間でしたが、学生ボランティアのIVUSAの2人も参加してくれました。熊野大花火大会の支援に来ている彼らですが、熊野大花火大会自体は、盆の行事ではないので、熊野らしさを味わうのとは趣が違います。こんな田舎の原風景も、ぜひとも味わってもらいたいものです。

甚句


こういったなんでもない田舎の風習や文化伝統行事を、そのときにだけでも、体験してもらえるような仕組みづくりが必要だと感じた夜になりました。祭りが廃れると、まちが廃れるというのは、とても納得がいくような気がします。ましてや、もしもまちが廃れて、花火が残るなんて、それはとても滑稽な出来事ですね。

by kurage874 | 2014-08-15 12:09 |  飛鳥町漫遊記
<< 【熊レス会員向け、一般の方も歓... 飛鳥町民夏祭りと現実 >>