海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
ジャジャツクって楽器!?
簡単に言うと、小型の釣り鐘と太鼓のセットです。

熊野市の無形民俗文化財になっています。
c0010936_9171033.jpg
からっと8月号


c0010936_9195493.jpg
からっと8月号


からっとに詳細が特集されていましたが、こういった企画はほっこりとします。また、神山地区の人たちの中には、「あれ(からっと)に俺のったでな。一生モンの宝やの」って喜んでいました。現場に、そのからっとがあればよかったのですが、見あたらなかったので手持ちの数部を置いてきました。
c0010936_9284760.jpg
3歳によるジャジャツク


神山(こうのやま)の光福寺では、追善盆踊りを2日連続で開催しています。僕が行ったのは2日目ですが、1日目となる15日には、火とぼし(ひとぼし)と呼ばれる灯明も幻想的です。これは、初盆の家から光福寺のお墓まで、108本のロウソクが灯されます。淡い光が揺らめいて、遠くから見ると、故人の魂が家とお墓を行き来しているようです。こういった田舎の原風景が、ここにはまだ残っています。
c0010936_9422265.jpg
盆踊り


また、盆踊りの前に披露されるジャジャツクも見ましたが、保育園児、小学生と受け継がれていました。20歳を越えてから初めて見ましたが、それぞれで調子や緩急も異なっていて、単純なバチさばきのように見えて、これは練習しないとできないなと感じました。こういった田舎の文化伝統は、人口の減少とともに消えていく現実もありますが、脈々と受け継がれていくことを願わずにはいられません。折しも、今日は熊野大花火大会ですが、多額の行政支援を受けながら守られている、これも熊野市の伝統です。その違いを感じつつ、僕たちにできることは、地道に気長に、それでいてちょっと急ぎ足でやる必要を強く感じた夜になりました。

by kurage874 | 2014-08-17 09:49 |  飛鳥町漫遊記
<< 【那賀派遣第2報】徳島県の那賀... さらカッパ、今夏で泳げるようになる? >>