海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
大又川の飛鳥ブルー
清流大又川、ホームリバーです。

20歳までは鮎の友釣りもしたし、ウナギも捕って売っていました。フライフィッシングでアマゴも狙ったし、ウナギの夜捕りにも行きました。ひとりで川に入って、相当怖い思いもしたし、それでもひとりで川に通っていました。だって、そんな遊びを続ける同級生とかいませんでしたからね。
c0010936_102853.jpg
飛鳥ブルー


台風11号の増水で、川の石がひっくり返り、苔が剥がれてキレイになったままです。あと数日もすれば、元通りの苔色になりますが、水流がある程度あるときは、けっこうこんな感じです。僕は、これを飛鳥ブルーと呼んで、昔から慣れしたんできました。
c0010936_134954.jpg
果てしなくブルー


今日も、ときおり小雨がぱらつくなかでしたが、娘にねだられて泳ぎに行っていました。ちょうど、facebook友だちで、名古屋から来たお客さんを案内していたので、同い年の娘さんと意気投合していました。ちょっと泳げるもんだから、自慢そうに泳いで見せていて笑えました。子どもって、こういう歳から見栄張るんだな。

ただ、娘を腹に乗せて泳ごうとして流されて、そのまま左腕で抱えて泳ごうとしたら、さらに深みに流されて、ちょっとヤバイと感じました。サンダルの鼻緒が引っかかって足漕ぎしにくくなり、なかなか外れずに慌てました。しかし、それでも冷静に底をのぞいて地形を確認し、立ち漕ぎしながら泳ぎ着けました。たまたまでしたが、あれでサンダルが外れなかったら、僕は溺れていたかも知れません。娘を背中に乗せて泳ぐのは、手も使えるし、足も使えるので、相当の自信がありますが、さすがに右手しか使えないと、20キロ近い娘を抱えたままでは沈みます。それでも、娘は恐怖を感じることなく、楽しんでいたと思います。なにせ慌てふためくとダメです。

そんなことがあっても、大又川、好きですけどね。

・おまけ
 16日の午後から夜遅くまで、車2-3台か4台かで来ていた若者グループが、忘れ物しまくりで帰ってしまいました。ピンクの靴下、花火のカス、コンビニのおにぎりの包み紙、チューハイの空き缶などなど、焚き火したあともそのままで、もとに戻すのを忘れてしまったようです。さらに、公衆トイレのトイレットペーパーも散乱していて、おそらくは、怒ったカッパが出て慌てふためいて逃げ帰ったのかも知れませんが…
c0010936_1161693.jpg


 ただ昨年は、なんども掃除をしましたが、今年はこれが初めてです。しかし、これだけの忘れ物をする人たちには、ここへは来てほしくありません。地元の方も、「ひどいなら出入口を閉めたらなあかんの」って怒っていました。

 そう、「二度と来ないでください」

 この川で楽しんでもらうために、大又川沿いではここにしかない公衆トイレを整備し、地元婦人会の方が掃除をしています。また、僕もやっていますが、何度か川岸の草刈りもして、お客さんを迎える作業をしています。ここには、カッパ之碑があって、いつもカッパが見守っています。ほんまに、カッパ様にお叱り受けますよ。

by kurage874 | 2014-08-18 01:18 |  飛鳥町漫遊記
<< 2014熊野大花火大会、私的こぼれ話 【那賀派遣第2報】徳島県の那賀... >>