海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
丹波水害支援における、活動支援金の配分について
■丹波水害支援における、活動支援金の配分について
c0010936_084619.jpg
大杉での現場


 このたびは、先の丹波水害支援のために、熊レスへの活動支援金の提供、まことにありがとうございました。8月20日早朝に現地入りし、12月14日まで、通算41日間、活動させていただきました。ここまでの支援ができたのも、皆さまの熱い声援と、活動支援金の賜物です。遅くなりましたが、あらためまして、ありがとうございました。

 活動支援金の総額と配分については、ようやく理事会でまとまりましたので、以下のように対応させていただくことになりました。もしかすると、寄付をしてくださった皆さまのなかには、当初の思いとは違う、このような形は望んでいなかったなどの意見もあろうかと思います。そのようなことがあれば、お手数ですが私宛にメッセージをよろしくお願いします。

 なお、下記対象者に配布した文面で、活動支援金の他に、”熊レスの積立金”とあるのは、熊レスが中山間地域の支援として実践している飛鳥熊レス村での農業収益を、災害支援時の補助に積み立てています。現在栽培しているのは、赤紫蘇、赤大葉高菜です。このうち、利益の出た赤紫蘇の販売収益を充てています。このような取り組みも、めずらしいはずです。

※共通の文面で送っています
※問い合わせは、端無徹也まで

一般社団法人熊野レストレーションの端無徹也です。ご無沙汰しています。

丹波水害支援では、おそらく全国初だったかも知れない、災害対策本部付の伐木ニーズを処理するテクニカルボランティアとして、これまでになかった位置づけで、初期段階より対応することができました。

また、政教分離の位置づけから、神社仏閣への支援がしにくい行政に変わり、3つのお寺への対応も任され、とくに東皐寺においては、解体処理をボランティアで行うといった大掛かりな対応もすることになりました。

これもひとえに、資機材持参で駆けつけてくれた皆さまのお陰です。また、現場コーディネーターとして、多くのボランティアの安全を確保してくれたお陰です。

そこで、熊レスに提供していただいた活動支援金から、熊レスの災害支援の積立金を加算して、8月から10月までの主催活動にご尽力いただいた方々に、わずかではありますが、熊レスの合意のもとに配分をさせていただきます。

熊レス独自の基準になりますが、対象者は26名で、延べ49名にご寄付いただいた活動支援金486,500円と、熊レスの積立金131,500円を加算した合計618,000円を配分します。

なお、資機材とは、チェンソー、小型ユンボ(ハサミ)、ダンプを対象とし、現場コーディネートは、床下対応、作業指示・安全確認に尽力いただいた方とし、学生については、自家用車(レンタカー)持ち込みの者としています。

つきましては、来年早々に振り込みいたしますので、以下の内容をカットアンドペーストしていただいて、1月5日までに返送いただきますようよろしくお願いします。それ以後については、熊レスの判断で処理させていただきます。

・・・キリトリ・・・
◆名前 ○○○○○○

◆配分 ×××××円

1.振込先銀行名

2.口座番号

3.名義人


なお、勝手ながら、振込手数料を差し引きさせていただきます。また、できる限り遠慮なく受け取って欲しいのですが、受取しない場合は、以下の選択をよろしくお願いします。分配されてもかまいません。熊レスが責任をもって処理します。

4.熊レスに寄付
5.丹波レストレーションに寄付
6.日本テクニカルボランティア協会(JTVA)に寄付
7.平成27年度の熊レス会員になる会費(3,000円)として納入
8.熊レスに一任

・・・ココマデ・・・

長い文章になりますが、この活動支援金の処理については、後ほどfacebookなどで公表します。ただし、個人名などは掲載しません。

熊レスでは、所属団体が違っても、または個人であっても、主宰する活動に駆けつけてくれたテクニカルボランティアの皆さんは、同じ釜の飯を喰った仲間として認識しています。今後も、災害だけに限らずに、熊野レストレーションを何卒よろしくお願いします。

本当に、ありがとうございました。また、今後も、縁のあった丹波もよろしくお願いします。

一般社団法人熊野レストレーション
 代表理事 端無徹也

by kurage874 | 2014-12-30 00:08 |  熊野レストレーション
<< 第41回キタガワマーケット! 天女座のストローベイルハウス >>