海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊レスの県外支援が、やがては県内支援に繋がります
c0010936_09521398.jpg
昨年の兵庫県丹波市で発生した丹波水害では、僕が代表理事を務める一般社団法人熊野レストレーションが、長期にわたって支援を続けています。多くの皆さまからも、活動支援金や物資の援助をいただき、僕も40日を超えて丹波入りしています。

たくさんの叱咤激励をいただきながら、ときには「他所にばかり行って!」などと非難も受けることもありますが、全ては、熊野一体の地域が災害にあったときはもちろん、普段のこの地域を広く知ってもらうためでもあります。

だからこそ、こうした繋がりが実を結び、新たな支援の輪が拡がります。この文中に出てくる丹波レストレーションでは、幹事会の世話人をさせていただき、日本テクニカルボランティア協会では、代表幹事を任されています。テクニカルボランティアとして、この地域にはない仕組みとネットワークを、全国の仲間とともに知恵を出し合っている結果でもあります。

ぜひ、熊野一体の関心ある皆さんにも、お気軽に声をかけていただいて、僕たちの活動の一端を知っていただきたいです。講演や講座など、ご希望のプランで、実践で培ったホンモノを学ぶことができます。実際に体験していることを体得するのが、何よりの力になるのではないでしょうか?

今後とも、どうぞよろしくお願いします!


■友救えなかった苦悩 チェーンソー使った救助ボランティアの男性
 阪神・淡路大震災発生の日、奥畑和也さん(46)=兵庫県丹波市柏原町下小倉=は、神戸市内で友人を救えなかった。その記憶を胸に日々を送ってきた。しかし昨夏、丹波市で豪雨災害が起きるとボランティア向けの炊き出しなどに奔走。チェーンソーを扱う仲間と被災した建物や倒木の解体に当たる団体を設立した。あの日から20年。今なら人を助けられると思う。

 震災当日、丹波市から神戸の実家へ戻ると、長田区で中学時代の友人が家屋に閉じ込められていた。仲間4人と素手で助けようとしたが、はりが動かない。「もうええから。お前ら死んだらどうすんねん」。がれきの下から明るい声が聞こえた。炎が三方から迫り、逃げざるを得なかった。

 友を置いて逃げたという記憶はずっと残った。各地で災害が起きても「自分は何もできない」と決めつけてしまっていた。

 だが昨年8月、丹波市で豪雨災害が起きると体が動いた。自身が営むJR柏原駅のレストランからボランティアを無料送迎し、家屋の洗浄にも加わった。

 活動の中で、チェーンソーや重機で倒木などを処理する一般社団法人「熊野レストレーション」(三重県)を知った。被災寺院の解体など普通のボランティアにできないことをしていた。

 11月には奥畑さんも同市市島町の仲間と「丹波レストレーション」を結成。全国の仲間と「日本テクニカルボランティア協会」も立ち上げた。「20年前は何もできなかった。今は仲間がいるし、チェーンソーなど道具があれば人が救える」

 今年は18日に神戸に向かい、あの日の5人で集まる。(森 信弘)


by kurage874 | 2015-01-26 09:51 |  熊野レストレーション
<< テクニカルボランティアを育成する 第41回キタガワマーケット! >>