海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
熊野レストレーションであること
 熊野レストレーションの前身は、2011年の紀伊半島大水害の被災を、テクニカルボランティアで対応した紀伊半島生活取戻し隊でした。9月4日に被災し、2日後に現地調査し、5日後に最初の活動をしました。そして、その年の12月まで、中山間地域を中心に活動しました。このときは、三重県からも大きな支援をいただきました。チェンソー使用者への費用弁償は、おそらくは、全国初の試みでした。
c0010936_9422281.jpg
2011年飛鳥中学校前


 その後、翌年の1月に、当時の仲間が集って、紀伊半島の生活支援を息長くやっていこうと、熊野レストレーションが立ち上がりました。また、昨年には、目標にしていた一般社団法人化もしました。

 日々の活動が、災害時に転嫁することを念頭に、中山間地域での農作業と、森林里山整備が大きな活動の柱で、災害時は、チェンソーを担いであちこちにおじゃましています。

 どのような形であれ、社会に対して組織をつくるということは、その社会的責任を負うことになると、僕の考えにはあって、毎月の理事会や会員との交流も目的にした拡大理事会、ひとりでも多くの仲間の意見を集めるようにと、facebookの利用なども合わせてやりながら、思いに寄せ集まってくれた人たちの気持ちを、組織として1枚岩にするのに必死のパッチです。

 思えば、組織の休みなどない日々で、飛鳥熊レス村での農作業は大変だし、仲間も四苦八苦しながらやっています。しかし、そこでわずかに得る収益が、災害時の遠征費用の足しになるし、休耕田が赤紫蘇や赤大葉高菜の畑に変わったので、動いた分だけの成果はついてきます。だからこそ、30名を超える会員たちに支えられ、それ以上の方に、活動支援金などで背中を押していただいています。

 しかし、災害直後から走り続けているのは、東日本大震災で活動している仲間たちも同じで、古くは阪神淡路大震災でも言えることです。組織を編成し、それを社会で役に立つ、困った人に寄り添える組織にしていくには、常に動かす人が必要で、それは出入り自由であることが大事なことです。そして、動かす人が、入れ替わり立ち代りが、僕にとって理想な組織の形です。熊レスは、さすがにそこまで到達していませんが、より理想な形になってきています。そこまでは、僕も責任を負う立ち場でいなくてはなりません。
c0010936_9435831.jpg
2014年丹波水害支援


 昨年の丹波水害では、テクニカルボランティアの認知を向上させようと、災害部門の上位組織となる日本テクニカルボランティア協会を立ち上げました。単に肩書だけが増えるのは、僕はいっそう嫌いなので、それに見合った活動をすることが、自分が関わった責任だと感じています。火中の栗を拾うようなことかも知れませんが、誰かがしなくてはならないことがあるとすれば、僕は進んでそれをやりたい人なのでしょう。

 今日は、熊レスの専務理事、監事らと、飛鳥熊レス村の農業について学んできましたが、三重県南部の農業は、柑橘類で成立する言葉であって、僕らのやっている規模は、農業ではなく農作業であると、笑うしかないねと帰ってきました。残念ながら、中山間地域の農業は、いまの仕組みの中では農作業規模で支援策がないという結論でした。しかし、やり方と見方を変えようと、次の矢か一手を打つことも話し合いました。僕が納得できたのは、農業としては、いまの限界をみせてもらいました。
c0010936_9431032.jpg
飛鳥熊レス村


 うまくはいかないことのほうが多い世の中で、それでも人を集めて、または集まってもらって何かをするのは、うまくはいかないことをよけいに増やしかねません。意見はようけでるし、その意見はマチマチだし、温度差も知識の差もバラバラです。意見を言わない人も、なぜか混じってもいます。その意見がでないことの真意を確かめようとして、よけいな気力も使います。また、同じ方向を向いていると言えば収まりつきますが、本来向く方向なんて限られているので、上下左右程度の同じ方向なら、血液型占いみたいなことに過ぎません。O型がいっぱいいる中で、「同じ方向だね」って言ってなんになるのかってことです(^^)

 だから、組織を強引に引っ張る人も必要だし、独善的にもなるときがあります。しかし、民主的に組織を動かすのは、ある程度の勢いもリーダーには必要です。反面、それをたしなめるご意見番も必要ですし、多くのブーイングもときには必要です。そうやって軌道修正しながら、熊野レスはここまで走り続けてこれています。その内部にいるから、意見を言っても言わなくても、ちゃんと骨となり血となるのだと感じてもいます。大事な仲間です。なので、蚊帳の外にいる人の意見は、イイトコどりしかしませんけどね。

 今後も、熊レスは熊レスであり続けると感じています。しかし、僕が代表でいる間の話です。いつかは、僕も後身に任せることも出てくるし、そのときには違った熊レスであるかも知れません。だとしても、熊レスが動き続けるのは違いありません。それこそが、被災地発の組織であり、中山間地域で居座る覚悟です。

代表理事 端無徹也

※クラウドファンディングのリンクを貼らせてね^^;
 https://readyfor.jp/projects/KumanoRestoration

すでに7名様より支援をいただいています。きちんとお礼はしますが、とりあえずこの場をお借りして、ありがとうございます。

by kurage874 | 2015-02-05 09:44 |  熊野レストレーション
<< さあ、まもなくお昼ごはんですよ 【熊レス会員限定】学生と地域を... >>