海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
自然体でいるということ
c0010936_16533474.jpg


三重県子ども・家庭局が主催した、家族の絆 一行詩コンクールというのがあって、今年で6回目になります。昨年、たまたま気になって応募したところ、なんと育児男子賞をいただきました。

そして、その受賞をもとに、NHK津放送局より依頼があって、考えるところはありましたが、これも縁だと承諾しました。なんと、NHKのほっとイブニングみえで紹介されるということで、取材は3時間くらいかかりました。



実は、育児男子とかイクメンとか、僕にとってはとてもあたり前すぎて、逆にそう呼ばれたり、その言葉がひとり歩きしていることに懸念があります。その裏には、ひとり親家庭として、男であろうが女であろうが、本当に大事なことが蔑ろになってやしないかと感じるからです。どうです?あなた自身は、もしくはあなたのまちは、ひとり親家庭とか、育児をする男子の現状(もちろん育児をする女子も)って素敵な環境だと言えますか?

また、僕自身は、母親を知らない娘にとって、人として素晴らしかったオカンのことが記憶に残ればと、そういう思いもあって取材に応じました。映像を見るとこっ恥ずかしいですが、ひとり親家庭とか育児とか、キラキラしていない面も乗り越えながら、普通に生活している姿を感じていただければ嬉しいです。この放送で、僕が娘と二人暮らしをしていることを初めて知った地域の方もいて、「知らなんだよー」って声をかけられました。

ところで娘ですが、「すこししかうつってなーい」って怒っていました。自転車の練習風景など、さわりしか出なかったので仕方ありません。でも、「おうちきたなかったね」って、客観的に自宅の感想を言っていました。大きくなれば、解決することも、また解決していかないとならないこともでてくるでしょうね。そのときのために、この映像はとっておくとします。グッドタイミングで、取材班より、DVDも届けていただきました。

自然体でいるということは、実は僕にとっては大きなテーマです。

そこからでないと、育児も務まりませんしね!

by kurage874 | 2015-02-27 17:30 |  さらさに贈る言葉
<< 【予定変更!】【お知らせ】3月... 【お願い】熊レスに力をおかしく... >>