海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: owasebon制作委員会( 287 )

owasebon第40号は、尾鷲イタダキ市とのコラボです
owasebon第40号を手にしましたか?

第40号は、尾鷲イタダキ市とのタイアップ号です。
c0010936_12101082.jpg


関連する市内の主要な事業所も紹介し、尾鷲を楽しめる1冊にしています。チラシもいいですが、owasebonのような冊子ですと、手元に残ることが多いので、ぜひowasebon片手に、尾鷲イタダキ市にいらしてください。

表紙は、みやちとーるです。
裏表紙は、岡智之の豪華版です。

4月の尾鷲イタダキ市は、7日(土)になります。

by kurage874 | 2012-03-28 12:14 |  owasebon制作委員会
owasebon 終刊します
とうとうこの日がやって来ました。
っていうか、よくここまで持ちこたえました。

カフエクリームというコミュニティカフェがなくなり、それがあっさりとしていたので、確実な予感として持っていました。なので、驚きもなければ、感想もありません。おそらく、これまで長く関わってきたスタッフにも、焦燥感はあったとしても、それ以上はないのかも知れません。

昨日、第41号の編集会議のちょい前に、終刊のお知らせをしました。多くの意見もなく、またあったとしても、いまさらどうすることもできない空気がありました。なんだか、残っている方がバツが悪いみたいな感じは、こういった活動の最悪な終焉にも思えました。みなさん、本当に最期までよく残ってくれました。

スタッフ不足、資金不足のないないづくしのなかで、資金確保の道は意外と簡単でしたが、スタッフ不足だけはどうしようもありませんでした。第41号まで発行しても、赤字でないという現実は、ちょっと誇ってよいのかも知れません。しかし、人の出入りだけは激しくて、owasebonに関わっていただいた人を数えてみると、ざっと30人くらいいたと思います。

毎号12万円ほどの資金をかき集め、やりくりしていくのは、私にとっては楽しいものでした。何かをつくりあげていく過程というのは、実際の汗はかかなくとも、心の汗みたいなのは、毎回かいていた感じです。ここに、面白みを感じるスタッフがいなかったことも、ボディブローのように効いてきました。傍から見ると、こういった会計上の仕事は、かき集めた少ない入金の連続ですし、単純作業のデータ入力も面倒です。また、資金の調達先や調達方法も指南していましたが、これも傍から見ると面倒な仕事かと感じます。しかし、どれも私には面白いものでした。

なにせ、自分たちでやっている実感があるのです。
それが、ちゃんとowasebonとして形になるからです。
こない、おもっしょい活動は、なかなかないはずです。

また、私は編集責任者として、記者のデータ処理を一手に引き受けていたことも、仕事量の多さに自身がついていけないオーバーフローをしていました。旅先のホテルでデータ処理したり、妻が入院していた伊勢や千葉でも、送られてくるデータを処理していました。伊勢の時なんかは、夜中に尾鷲に戻って来て、ポストのUSBメモリをピックアップして伊勢に戻ったこともありました。たかだか16ページのミニコミでしたが、”尾鷲”という宇宙が詰められているだけに、編集そのものは楽しいものでした。最終編集を、プロのデザイン会社に依頼していたので、データ編集といっても素人の手習いですが、記者の尾鷲愛がこめられた記事には、それぞれの命が吹き込まれていました。

それでも、owasebonは終刊します。
廃刊という表現は、廃れる気分で嫌です。
どうでもいいことですが、ひっそり終刊です。
もうこれ以上、どうしようにもありません。

私の妻も記者をしていた時期があって、”ハナジャコ”の愛称でした。彼女自身は、記事を書くことは苦手なようでしたが、取材は大好きでした。尾鷲の魚を題材に取材をしていましたが、いつも絶妙なよそ者の視点で、どんな取材先でも人と仲良くなってきました。また、取材から帰ってくると、「もらっちゃった」って笑顔で、”ガランドウ”や”ハバ”を手にしていました。owasebonの記者っていうのは、こういう取材の楽しみもあったはずですし、そこで繋がる人と人は、大きな財産でもありました。だから、地域のコミュニティ誌として確立できていたと思います。

こういった活動がおもっしょいと思え、そしてそれなりの活動が継続できるスタッフさえいれば、owasebonは細々とでも続いていたでしょう。しかし、1人1ページを責任編集でつくっていくowasebonは、圧倒的に”人”に頼る部分が大きいのです。それは、記者と写真家と編集者でつくっていくのとは違い、全てを1人でこなせ、かつ資金調達や製本作業、各店舗などに配布の活動も求められるのです。もちろん、私たち素人でも十分にできる範囲なのですが、あとに続くものがでなかったのは、多くの意味でも残念なことです。ほかのやり方だと、owasebonは残せるかも知れませんけどね。

この地域では、雇用された職員がつくるコミュニティ誌や関連誌が豊富です。私の側にもいくつかありますが、クオリティも高く、内容もそれなりにおもっしょいです。私がやりたかったことが、すべて職員さんたちの”仕事”として発行してくれています。大いに違和感もありますが、owasebonのように民間が手を出すには、時期尚早な地域かも知れません。それでも、2005年5月に創刊し、2012年3月で第41号を飾る目処がついたのは、これら職員さんの仕事ではできない仕事でしょう。

ここに、民間のおもっしょいがあるのです。
それが、この地域の尾鷲でできていたのです。

ま、終刊しますけどね

できれば、owasebonを登竜門として、そこで満足できない人たちで、本格的なリトルプレスを発行することが、私の最終目標でした。県域を超えたコミュニティ誌は、まさに民間でしかできないことだからです。それができてこそ、各県にまたがる世界遺産の魅力を伝える本質になったはずです。さらに、英訳版も発行して、素朴な日本の精神文化を海外に伝えてみようとも巡らせていました。

ま、かなり先の夢になっちゃいましたけどね。
私は、叶えられない夢は見ないので、これは幻しです。

本当の終刊は、第41号を発行し終えたあとですので、この段階での発表は、まさに時期尚早ですね。そこに、ちょっとした未練を感じ取っていただければ幸いです。だって、寂しいですもの。

この寂しさは、ボディブローのように効いてくるかな?

by kurage874 | 2012-02-21 03:46 |  owasebon制作委員会
owasebon第41号の編集会議
本日、20日(月)の19時半より、キタガワノホトリにおいて編集会議をします。

尾鷲イタダキ市とタイアップした第40号は、大幅に遅れていますが印刷に入っています。今月には製本した形であがってきますので、配布だけはよろしくお願いします。

また、この第41号で、大きな区切りになる予定です。

2005年5月に、この尾鷲で登場した無料のミニコミ誌でしたが、その役目を終えようとしています。それは、発展的な解消ではない気もしますが、私の力不足が大きいです。まあ、それも明日決まります。もちろん、あとに繋ぐ方がいれば、私も全力で支援なり、応援はします。

私にとって、そういう潮時を感じます。

by kurage874 | 2012-02-20 00:44 |  owasebon制作委員会
「タウン誌カフェ」はじめます!に出典されるらしいです
これを企画・主催しているサザンカンパニーからの案内です。
c0010936_2242100.jpg


送られてきた封筒には、チラシとリーフレットしか入っていないので、イベントの中身はよくわかりませんが、なんでもowasebonも出典されるようで、出典リストのなかに入っていました。三重県では、owasebonと”おくまの”だけです。

広く知られることはよいことなので、都合のよい方はお出かけください。そして、レポートをよろしくお願いします。

でもなんだか楽しそうで、関係者行ってくれないかな?

■かぐらむら
 http://www.kaguramura.jp/

■タウン誌カフェの案内
 http://www.kaguramura.jp/event/1321336897.html

by kurage874 | 2011-11-15 02:26 |  owasebon制作委員会
owasebon第40号について
owasebonの利用価値を、そろそろ拡大していこうと思います。

owasebonは、次号の11月で、第40号を発行することになります。年6回発行なので、7年目を迎えようとしているミニコミ誌です。創刊は、2005年の5月で、私が4月に尾鷲に移住した翌月から、多くの支援によって発行を継続してきました。データや統計好きの私は、過去のデータを振り返りながら、owasebonが尾鷲やこの地域に与えている”可能性”を強く感じています。

恒常的になったスタッフ不足や、資金不足などなど、多くの障害は言い出したらきりがありませんが、それでも発行は続いているので、”不沈艦”ともいうべき存在です。また、owasebonのすごいところは、A6サイズとはいえ、16ページのオールカラーで、2,000部を無料配布しています。しかも、紙面の広告費は徴収しているものの、すべて自己資金でまかなえています。さらに、市内を中心に約130ヶ所に配布もしているので、owasebonという媒体の魅力は言うまでもありません。それを知ってくれている店舗などからは、継続的に広告を出していただき、大きな支えになっています。

一方、この地域では、公的機関が無料冊子や無料ミニコミを発行しているので、大きなライバルとなっています。というか、資金的・人的すべてにおいて勝っているので、大きな脅威でもあります。そもそも、owasebonの延長線上には、この地域での出版社の発起と、”熊野”を題材にしたリトルプレスの発行が視野にあります。つまりは、民間起業による”雇用の創出”が大きな裏課題であるからです。それを知ってか知らずか、まあ”関係ない”と思われているのでしょうが、公的機関による民業圧迫は、owasebonだけでなく、この地域の可能性まで奪い取っている気になります。そういった視点にセンスのない人たちが、”東紀州地域は遅れている”と勝手に対策をしてくれています。また、厳しく批判をすれば、同じ住民でありながら、そういうことに加勢をして、民設民営に脅威を与えています。これがなにより、私には残念なことです。もっといえば、可能性を自分たちで吸い上げる、間違った雇用だとも感じています。※特定の個人を指しているわけではありませんよ

と、ちょっと言いたいことを書いたので、本題に戻しますね。

次号の第40号ですが、尾鷲イタダキ市とのコラボ企画になります。もっとも、尾鷲イタダキ市を中心にした、代表的な尾鷲市を紹介する紙面にする計画です。具体的には、尾鷲イタダキ市を、owasebonのテイストで紹介しながら、尾鷲市の新産業である海洋深層水などを取り上げて紹介します。現在の案としては、関連する6つの企業や事業を紹介することで、「尾鷲に来て見てい」って雰囲気になればと考えています。これを、owasebon第40号として企画するので、owasebonを愛読していただいている皆さまにとっても、また、新しく手にしたした方にとっても、新鮮味のあるミニコミ誌になると画策しています。

そこで、一般読者やこのブログを見た方にも、紙面に参加できる場を設けましたので、ここで紹介しておきます。主には、ここでのコメントや、Twitterを利用した書き込み(つぶやき)のなかから、owasebon制作委員会がビビっときた内容を、紙面の一部に掲載していきます。尾鷲イタダキ市について、何でも結構ですので、たくさんつぶやいてください。Twitterの場合は、ハッシュタグの#owasebonをつけていただければ、私どもが探しやすくなります。これはぜひ、皆さまにしか参加できないことなので、尾鷲イタダキ市のよいことや改善点なども含めて、どんとお待ちしております。

と、このように、owasebonを媒体にしたコラボ企画は、owasebonの認知度を使った相乗効果を狙っています。手に取りやすく、残しておけるのが、owasebonサイズの良い点です。コレクターアイテムにもなっているowasebonだけに、bon記者の個性が出た紙面も必見です。”小さなことからコツコツと”とは、誰かの名言ですが、コツコツと積み重ねることで、新たな発見や可能性も見えてきます。

あと、なんでもしないと生き残れないですね。

by kurage874 | 2011-10-27 01:22 |  owasebon制作委員会
owasebon第39号が発行されました
遅れに、遅れました。
いまはガマンのときでしょう。
発行できていることに感謝です。
c0010936_1505334.jpg


昨日の製本には、owasebon制作委員会のスタッフ以外にも参加いただきました。多くの方が寄ってくれたおかげで、1,000部の製本を終了することができました。今日の夜19時半からも、同じようにカフエクリームにて製本しますので、都合のつく方は参集ください。

昨日は、娘も同伴させ、お姉ちゃんたちに遊んでもらい、大興奮で帰って来ました。おかげで、バタンキューでした。でも、さっき、悪夢を見たのか、急に大泣きしてバタンキューでした。

あと、mixiでの確認ですが、第40号のスケジュールですが、いかがでしょうか?

■スケジュール
10月
 25日(火) 19時半 第1回編集会議(基本構想)

11月
 05日(土) 08時半 尾鷲イタダキ市スタッフ
 08日(火) 19時半 第2回編集会議(ページ割)
 11日(金) 18時 イエローレシートキャンペーンスタッフ
 11日(金) 19時半 第3回編集会議(校正)
 12日(土) 09時 北川マーケットスタッフ
 13日(日) 09時 北川マーケットスタッフ
 13日(日) 23時 締め切り
 25日(金) 19時半 製本
 26日(土) 19時半 製本

by kurage874 | 2011-10-20 01:52 |  owasebon制作委員会
owasebon第38号の製本完了!第39号の特集も決まる
2000部を、3日かけて製本しました。

スタッフのみなさん、どうもお疲れさまでした。
このひと手間が、owasebonのよさであるのです。
市内を中心に、130ヶ所以上に配布するのもスタッフ総出です。
ちょい、しんどくなってきたけどねえ。
ちょいスタッフも募集しています!

第39号の特集は、『尾鷲の食』です。
”食”にちなんだ記事を、bon記者が集めてきます。
もちろん、@owasebonでは、ツイートで参加できますよ。
尾鷲の食について、ツイートしてくださいね。

だいぶと、スタッフもすけのうなってしんどいですが、やりますよ。
すけのうなっても、できることはあるはずですしね。

では、よろしくお願いします。

by kurage874 | 2011-08-15 00:01 |  owasebon制作委員会
owasebon第38号の製本をします
暑かったですね。
まだ熱気冷めませんが。
c0010936_2259308.jpg


owasebon第38号の製本をします。
発行の遅れだけでなく、スタッフも少ないです。
皆さんのご協力をお願いします。

場所は、栄町のカフエクリームです。
19時半より始めますので、おいでください

よろしくお願いします

by kurage874 | 2011-08-12 17:41 |  owasebon制作委員会
twitterでつくるowasebonを、はじめることにします
今日の尾鷲は蒸し暑い。

嘆いているうちにアイディアをいただき、twitterにて記事を集めてみることをしてみます。ツイートすることで、owasebonの紙面に掲載されることになります。遠く離れた尾鷲出身者や、尾鷲に縁ある人、尾鷲を訪れたことがある人など、気軽にツイートしてみませんか?

詳しくは、@owasebonまでアクセスお願いします。なお、twitterに登録されていない方は、無料登録できますので、この際にお試しください 。みなさんのツイートが、owasebonの記事になります。なお、著作権は、owasebon制作委員会に帰属します。

編集中の第38号は、特集地域が”瀬木山周辺”です。この地域での思い出話や、感じたことなどなど、この際に集まれば、試験的に記事にしてみようと考えています。ぜひ、ご参加願います。

owasebon制作委員会

by kurage874 | 2011-07-14 16:10 |  owasebon制作委員会
緊急事態…かも知れないですぞ
たいがい暑い、尾鷲でした。

owasebonは、16ページのフリーペーパーです。
1人1ページの責任編集が、もともとの”ウリ”です。
2005年5月に創刊し、これまで37回発行してきました。
これは、2ヶ月に1回になり、2,000部を自分たちで製本しています。
ただし、入稿から印刷までは、プロに発注をかけています。

16ページのうち、表紙はこの地域に縁あるアーティストに依頼しています。広告収入としては、表4(裏表紙)、表2(表紙の裏)、タイアップ広告(紙面内)、16マス広告になります。ただし、広告がないと、それだけ紙面を”埋める”という作業をしなくてはなりません。例えば、タイアップ広告がいなと、誰かが1ページ書くと言うことです。表4や表2については、記事にはできないので、身内から広告を出します。16マス広告においても、16マス埋まらない場合は、身内で埋めることにします。

では、何人の記者が必要かと言うと、16ページから、表紙と各種の広告を引いた数に、さらに”尾鷲通地図”の1ページを引いた数になります。つまり、10ページ10人の記者が必要です。しかし、タイアップ広告がない場合もあるので、予備記者として11人いると、まま安泰です。では、現状のowasebon記者は何人かと言うと、第37号で8人、制作途中の第38号で9人です。第37号は、タイアップが2件あったので、紙面の記者は1ページの不足となりました。これは、ほかの紙面の記者が担当し、2ページを制作したことになります。さらに、タイアップ広告も、記者が請け負うので、書くという点においては、一人で複数ページを担当している現状です。第38号においては、タイアップ広告が0件なので、2ページ分の記者が不足しています。

これまでは、記者が10人はいたので、助っ人に頼むことは”まれ”でした。助っ人とは、今号限りの記者であったり、編集責任者の私が記事を担当して凌いできました。しかし、ここ数年は、記者8人が続いているので、自転車操業なみの忙しさをになってしまう記者が出てきています。数にして1-2人ですが、資金調達から製本、配布までのすべてをこなすので、毎日がowasebonデーになってしまっています。また、複数の市民活動を掛け持ちしているので、それこそ”泣きながらやっている”状態になってしまいます。

海月自体も、ずいぶん前から、この状況に疲れ、打開策を見いだせない悔しさを滲ませながら、なんとか”声”に支えられてやってきました。声とは、「owasebon楽しみにしていますよ」に尽きるのですが、広告や定期購読をいただいている責任も感じます。どこからか降って沸いたお金ではなく、自分たちで汗かいて集めた資金で発行しているので、それに手を差し伸べてくれた人たちへの”感謝”だとも感じています。

中心になるスタッフが疲弊する原因は、owasebon関係だけでも、多くの活動に参加しないとならない現状もあるからです。owasebon記者の関わり具合には、大した制約も規律もない”よさ”がアダになっています。簡単にいえば、記事を出すだけ程度でも、大歓迎というスタイルがあるからです。これを崩したくはないし、このくらいの”ゆるさ”もあって然りと思うからですが、”シェア”する体制が、2-3名のスタッフでとなると、さすがに疲れます。なぜ、多くの人でシェアできないかを、もう何年も考えては実践もしてきましたが、これが”人口の少なさ”でしょうか?”地域性”でしょうか?とかく、関わるスタッフが少なすぎます。

このままでは、次号以降の発行が赤信号です。

記者を増やすことは、ある意味ではイケそうです。第38号には、尾鷲出身者が、データのweb入稿で参加してくれることになりました。この形を呼び掛ければ、尾鷲に思いを持っている人たちが、記者として参加してくれる可能性が見つかりました。いままでは、地元記者にこだわっていましたが、そうこういってられないこともあります。でも、こうして難局を乗り越え、発行を続けることが、実は大事なことだと考える自分がいます。海月が好きな”臨機応変”ってやつです。

しかし、どうにもこうにもならないのが、現地で活動してくれる”仲間”、スタッフです。製本だけでもいい、配布だけでもいい、資金調達へのイベント参加だけでもいい、そんな”シェア”してくれるスタッフをどうするかです。製本については、不定期ですが3-4名が参加してくれる環境があります。イベント参加についても1-2名います。それでも、全然少ないので、東紀州コミュニティデザインの職員が、”仕事”として参加することもあります。今日から雇用した2人目も、初日からその助っ人で入る始末です。

”ゆるさ”があったからこそ、いままで続いてます。しかし、この”ゆるさ”によって、疲弊するスタッフが出てきたことも明らかです。このあたりの苦悩を、某機関に相談したこともありましたが、明後日の回答しかなくて、スタッフ一同失笑した過去もあるくらい、人材不足は深刻です。

さて、どうしようか、ここで頭を使わんとね。
そのために、うちは存在していると、自負できるように。

みんさんも、助けてい。

※だから、長い文章だと読まないんだって!…反省

by kurage874 | 2011-07-09 23:53 |  owasebon制作委員会