海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: さらさに贈る言葉( 229 )

豊浦海岸で遊ぶ
日曜日、マンボウの帰りに寄った。

「えー、ここしったある!」
c0010936_1285134.jpg
スタコラサッサ


夕暮れも近く、風が冷たくなってきたが、陽だまりはまだあった。
娘は、さっそくなにやら集め始めた。もうわかっているのである。
c0010936_13044.jpg
なにこれ?


c0010936_1303293.jpg
あのしまいける?


豊浦海岸は、大潮のときの磯場も楽しい。
タイドプールになって、生き物がワンサカいる。
c0010936_1324464.jpg
この日の成果


ここは、キャンピング禁止で、夜は鹿だらけになる。
知る人は、「淋しいところやで」と敬遠する。
確かに、何度か、ここで不幸もあった…
しかし、僕はこの場所が好きなのだ。

ねきにある豊浦神社は、もっと淋しいけど、由緒正しき神社である。
ここのバクチノキを求めて、とあるストリッパーを案内したこともある。
当時、なんか中上健次の小説に出てきそうな感じで高揚した。

ここのバクチノキも、見たことないような木々も、ステキである。

やはり、カミサマの気配がするのだ。

僕の娘は、カミサマに近いところで育っています。

by kurage874 | 2013-11-26 01:38 |  さらさに贈る言葉
大白公園とイルミの取り付け
紀北町海山区に、大白公園はあります。

整備された公園で、海がねきにあります。
c0010936_1132183.jpg
遊具もたくさん


娘のリクエストで、昨日のお昼寝後に来ました。
けっこう子どももいて、にぎやかでした。
c0010936_113309.jpg
ええとこです


ねきにある大白浜は、昔と比べて砂利浜が小さくなったような…
ここは、ビーチコーミングには最適な場所です。
c0010936_1135395.jpg
こんなことも


漂流ごみも多いですが、まだキレイな方です。
どこもかしこも、鹿のフンでいっぱいです。
近くでも、甲高い声で鳴いていました。
c0010936_11361926.jpg
イルミ


静さんちで夕飯を食べ、帰ってきてからイルミの取り付け。
父娘であーだこだと、上手にできました。

by kurage874 | 2013-11-24 11:37 |  さらさに贈る言葉
今日も親バカ
今日も、娘はオテンバさん。

オトンを困らせたり、嬉しがらせたり…
c0010936_19371189.jpg
今日も看板娘


やきやまふぁーむさんの看板娘を引き受けて、目を離したらもうそのへんで遊んでる。手の包帯もおかまいなしに、アカン言うても、いつの間にか真っ黒に…あとで定期の診察に行ったら、「小石入っていますね」だって。今日の検診で、さらに1周間はかかるとのことでした。
c0010936_19374869.jpg
大ヒット!


このみたらし団子、知っていますか?獅子岩の近くの和菓子屋さんにあります。もうね、柔らかくていくつでも食べられます。娘と取り合いして食べました。

しっかし、1周間も一緒にいると、また保育園に行くかいな…

by kurage874 | 2013-11-22 19:47 |  さらさに贈る言葉
キタガワノホトリの看板娘
今日は、穏やかで過ごしやすかった。

保育園を忘れてしまった娘は、終日、オトンといます。
c0010936_20304355.jpg
ランチ


お昼は、求められてオープンカフェで、きしめんパスタ。
「おそとでたべるとおいしいねえ」と大満足。
c0010936_203156100.jpg
看板娘のオシゴトも


12月のキタガワマーケットは手前味噌作りがありますよ。
明日は、やきやまふぁーむのランチもありますよ。
看板娘としても、ゴキゲンにPRしてくれます。
c0010936_2033418.jpg
時間が来ると撃沈…


長島のショッピーまで行く間に寝てしまい、豊浦海岸あたりで時間を過ごしました。お昼寝しなくても、車に乗せるとほどなく寝ます。しばし、オトンは感傷に浸り、娘は爆睡…

ショッピーでは、アカイカの小さいと、すき焼き用の豚モモ切り落としを買ってきました。夜は、すき焼きを父娘でつつき、明日は、お昼に残したきしめんを入れて食べます。

さて、そろそろお風呂に入ってと…

by kurage874 | 2013-11-21 20:40 |  さらさに贈る言葉
元気なのにねえ…
保育園、今週は全休です。

指のケガの養生のためですが、さすがにかわいそうです。でも、指が2本も不自由なので、なにをやっても不便そうです。本人は、早いもので慣れてしまってますが、ポカして手を洗う時に洗ってしまっています。
c0010936_20174438.jpg
お昼ご飯


今日のお昼は、モエビをバリバリやり、帰りはクリーム揚げパンを買いました。100円しか持っていないのに、「とーちゃんにぱんこうたるで」って言うんですよね。
c0010936_20185427.jpg
ルンルン気分で


15時からの病院は、待つこと90分で、さすがに寝てしまってました。診察結果は、抗生物質をもらって金曜日に再びとなりました。まだ治りそうにありません。うーん、困った。毎日いっしょなのですが、遊びまわるわけにもいかず、オトンが仕事しているときは、お絵かきやユウツベを見て過ごしています。そればかりもね…
c0010936_2022478.jpg
薬局で


病院から出ると、すっかり暗くなり、薬をもらってほどなく「おなかすいた。まてーん」…家飯するまでなく、今月3回目の牛丼を求められました。でも、好きなようで、いつも平らげますね。

しかしながら、元気なのに、遊びも制限されるので、さていつになったら快方に向かうのか…待つしかないって、子どもにとっては酷ですね。

by kurage874 | 2013-11-20 20:26 |  さらさに贈る言葉
宗教への誘い
c0010936_18193269.jpg
飛鳥町の落日


日曜日、娘が指先をドアに挟んでしました。

大事には至りませんでしたが、病院で包帯ぐるぐる巻に。昨日には、絆創膏とテーピング巻きになりましたが、利き腕ではないとはいえ、中指が2本も使えないと不便そうです。昨日と今日も、保育園を休んで過ごしています。それ以外は元気なので、なんともかわいそうです。お風呂も、ビニル袋を被せていますしね。

さて、今日のお昼前に、ある宗教の方がやって来ました。たまに来ている方とは違い、初めての顔でした。僕は、宗教心はほとんどありませんが、信仰は自由だと感じているし、他人のことまでは言及するつもりもありません。しかし、押し付けてくるような態度で来られると、スイッチが入ります。

宗教って、自分で見つけるものじゃないかな?

キッカケとして、教えられることはあっても、「いい教えだから信じましょう」って来られても、「知らんがな」ってことです。しかし、ほんまに今日は、僕にとっては酷い講釈でした。つまりは、「死んだ人は生き返る」と言うことで、「そうなるってことを信じますか?」、「信じませんか?」って話でした。

「そんなことあろうわけがない」

って話ですが、宗教上、それを事実として受け止める方がいても、なんらかまいません。一度は死んだ人が復活して、再びこの世に降臨したとしても、僕には関係のない話です。いくら、「人間は神がお造りになった」と言われても、「そうですね」、「そうなのか?」くらいのことです。しかし、「死んだ人が復活する」と断言されると、「それは、あなた方の宗教上のことですよね」って話なのです。

「では、この子の母親を復活させてください」

これを言うしかないくらいに、その方は詰め寄って来るのです。しかし、本題を反らせる講釈をするだけなのです。「復活して、この娘に合わせてくれたら、または母親に抱っこさせられたら、僕は入信しますよ」ってまで言うてるのに、復活させるのは精神的な面でしかないのです。それは、41歳の僕には理解できても、4歳の娘には理解できないのです。

「さらちゃんのかあちゃんはしんだん」

話を聞いていた娘が、自分からそのことを明るい表情で言うのを聞いて、一緒にいた連れの方のほうが涙を誘われた感じでした。まさに、それが人間の感情であり、宗教とはかけ離れた正直な気持ちです。しかし、話を切り出すその方は、それすらも受け止められないのか、受け止めたくないのか、論点を変えようとするのです。でも、娘の言葉はきつかったようで、それが最後で引き上げていきました。

「二度と来るな」

正直、そう思いました。少なくとも、その方には二度と会いたくはないです。人間の皮を被った違う生物だと思います。一生懸命に信心しても、死んだ人はこの世には生き返りません。もしも、数千年前にそうであっても、現実世では無理なはずです。身近に言えば、娘の母親は、もう二度と娘の前に人間として現れることはありません。

久しぶりに、声を荒らげてやろうかとも思いましたが、違う生物だと思い直し、静かに対応しました。長い時間に感じられ、とても気分が悪かったです。この宗教は否定しませんが、僕は絶対に受け入れることはありません。まだ、八百万の神さんのほうが身近で、納得することのほうが多いです。そのくらいが、僕にとってはちょうどいい宗教なのです。

宗教する人によっては、いまの僕がそのような救いを求めている人に見えているのでしょうか?大なり小なりはいろいろあるとしても、深刻な悩みも不安もありません。僕自身が、持てる知恵と経験で、乗りきれることばかりです。できないとすれば、それは僕に足りないものがあるだけで、それを補えばいいだけのことです。それを、宗教によって満たすことは、絶対にないし、できないことです。

「目の前に、連れてきて」

この願いを叶えてくれるなら、娘にもう一度、会わせてやれるなら…それは宗教では補えません。それだけはハッキリとしています。ほんとに、「だから毛嫌いされるんだよな」って、そんな宗教の押し付けでした。

by kurage874 | 2013-11-19 18:48 |  さらさに贈る言葉
ツリーイングとハーネスとケーキ?
娘っ子、実は熱を出しました。

昨日の夜のことで、急な夜の発熱は凹みます。
しかし、慣れたもので、早々と寝かせました。
夜中、熱はけっこう上がりましたが、水分補給とトイレを3回…
3回目、ようやく熱も下がり、その後は朝までぐっすり。
朝は、熱は平熱まだあと少しに。でも、よく食べました。
熱でも食べるのは、オトンも同じです。
よくぞ、似てくれた。

ハーネスが届きました。フルボディタイプです。
c0010936_0164541.jpg
オモテ


c0010936_017517.jpg
ウラ


先だって、ツリーイングを体験し、本格的にデビューさせます。
ボルダリングをさせているので、身体の使い方は上手です。
c0010936_0201840.jpg
ツリーイング


うーん、楽しみだ。
できれば、市内で出来る場所を探したい。
いや、実はもう見つけていて、あとは交渉次第。
けっこううちの娘、アウトドアライフな生活してるね。
c0010936_0172457.jpg
菓子の樹


でも、やはりケーキにはかなわない。
熊野の菓子の樹、ひそかにオススメです。
シュークリームがうまいと評判ですが、ケーキもナイス。
御浜に住んでいた頃は、よく買うてました。

店員さんが可愛いのは、内緒の内緒です…

娘、この週末で完全回復させます!
てか、もう元気ですが、様子みます。

by kurage874 | 2013-11-16 00:28 |  さらさに贈る言葉
週末ドライブ
土日は、ドライブ日和でした。

土曜日は、伊賀市、三木市と移動し、三木市の道の駅で車中泊。翌日は、神戸市立須磨海浜水族園に立ち寄って、第二名神経由で松阪まで戻ってきて、夕食の後に、多気の湯で帰着でした。けっこうな距離を走りましたが、旅なれた娘なので、適度に寝て、起きているときはよくしゃべり…よく食べもしました。
c0010936_10533254.jpg
桐ヶ丘フェスタにて


c0010936_10515971.jpg
ツリーイングも体験


c0010936_10524663.jpg
車中泊


車中泊は初めてでしたので、「ほてるいきたーい」、「おうちのべっどがええ」とゴン太言うてました。「きゃんぴんぐかーほしい!」との声には、「そうか、買うか」って気持ちになりました。父娘2人、寝られれるだけの小ぢんまりしたトレーラーを、欲しいなあと感じました。旅の幅も広がるだろうしね。ホテルもいいんだけど…
c0010936_10565334.jpg
神戸市立須磨海浜水族園


次の日は、三木市から南下して須磨の水族園へ。市立ということで、地元の人がようけいました。園内が広く、あちこち歩きまわって見ないと行けないのが、若い世代が多かった理由かなあ…迷子になりそうな配置ですが、あとになって、その対策がしてあることに気づきました。
c0010936_1059367.jpg
定番メニュー


c0010936_1131122.jpg
ナンもうまい!


お腹がすいたのとことで、水族園向いにあるインド料理店に入りました。よくありそうな店内で、出てくるセットもよく似ています。ただ、子ども用てのがあって、これを娘はほぼ平らげました。スパイシーさも甘めでよかったです。また行きたいけど、ちょっと遠いな…地元で食べたいジャンルなんで、これはもう覚えるしかないかな…
c0010936_113395.jpg
これも定番


須磨を後にしてからは、ひたすら高速で帰ってきました。将来的には、尾鷲北インターまで直通になるので、やはり日本の高速道路網は凄いなと感じました。そのまま帰ってくる予定でしたが、「よるはうどんね」との囁きに負けて、松阪で途中下車しました。いつもいく讃岐うどん店は、コシがあまりないのですが、娘にはヒットのようで、ここでもほぼ平らげました。オトンは、どこに行っても釜揚げを食べます。
c0010936_1135780.jpg
多気のUSランド


その後は、これまた定番の多気で遊んで風呂入って帰ってきました。「おうちのふとんがいいね」と言う娘を見ながら、この子の成長に、オトンはどれだけ関わってやれるだろうかと感じました。大人気なく、あるいはいっちょ前に、父娘ゲンカもしますが、全ての時間が、これからの娘にとっての糧になればいいだけです。

by kurage874 | 2013-11-11 11:11 |  さらさに贈る言葉
娘でよかった…
風邪ひいちゃったオトン。

娘が世話を焼いてくれます。
c0010936_23152368.jpg
台所(しかし荒れてれるな)


夕食の洗いモンをするって張り切っていました。
思いのほか上手に洗えて感心しました。
調理も手伝ってくれて、娘さまさまです。

「おとーさん、やすんどって」
「手伝うよ」
「かぜひきさんは、やすまなあかんの」
「見いよるわ」
「そこまではなれといて」

もうね、4歳てこんな感じなんですね。
オトンは、ちょーシアワセモノです。
c0010936_23181956.jpg
飴ちゃんと


夕方、キタガワノホトリを訪ねてくれた方に、飴ちゃんをいただき、「かわいいねえ。たべたらかわいそうやねえ」って言いながら、好きな図柄を選んで食べていました。この飴ちゃん、可愛いですね。

キタガワノホトリ、また面白くなりそうですよ。

さて、風邪を朝までに治します!

by kurage874 | 2013-11-05 23:19 |  さらさに贈る言葉
さらさの連休と、ながぐつをはいたねこ(劇団柿喰う客)
まだ明日もあるけど、待てません。

娘、成長著しく、いまは手伝いがマイブーム。
なんでも、「とーちゃん、てつだったろ」です。
c0010936_23482982.jpg
まかないカレーも手伝う


家事手伝いがブームなので、料理する、食器出す、お茶汲む、お皿洗う、洗濯干す、洗濯たたむ、窓開ける、カーテン開ける、窓閉める、カーテン閉める、ごみ出す…なんでも、「さらちゃんしたろ」です。ただ、時間かかりこむんで、苦笑いしつつ待つしかありません。
c0010936_23493875.jpg
昨日の朝は、ホットケーキ


ホットケーキも最近のツボです。ひっくり返すのがうまくなり、食べるよりもそれがしたい。小さく焼くので、大量にひっくり返し、次を焼く。おかげで、小さいホットケーキだらけになります。しかし、いつの間にか、なくなっているので、食べているようです。
c0010936_2352423.jpg
「やけたらゆーて」


「おとーさん、さらちゃんてつだうで、らくやろ?」
「せやな、楽やな」
「おとーさん、やすんどいてい。さらちゃんしたるよって」
「そうするわい(ほんとは、気が気でない・・・)」
「もーおとーさんはなにもできんのやから」
「…」

しかし、他に興味が移ると、まるでプイッと男でも捨てるように、そっちに向かってしまいます。なんか、オトンは置いてかれて、もてあそばれとるみたいです。
c0010936_00658.jpg
これを見に行ってきました


c0010936_23561459.jpg
開始前に


今日(日曜日)は、総文で劇団柿喰う客の「ながぐつをはいたねこ」でした。このチラシを総文で見つけ、「おとーさん、これみたい」と言ったので、半信半疑でチケットを買いました。しかも、地べたに座る前の席に行くといい、最後までかぶりつきで見てました。オトンは、ちょっと以上に嬉しく感じました。

「おとーさん、すごかった。ねこかわいかった。にんげんやったけど…」

娘らしい寸評もいただき、満足して帰ってきました。劇団て、オトンも興味があって、あまりにもありすぎた時代があったので、それを敬遠するという過去もありました。なにせ、のめり込むタイプなので、この道に進むと戻れないと感じたからです。しかし、久しぶりに目の当たりにすると、なんかドキドキしましたね。

■平成25年度公共ホール演劇ネットワーク事業 柿喰う客 こどもと観る演劇プロジェクト「ながぐつをはいたねこ」
 http://kaki-kuu-kyaku.com/nagagutsu/page/about.html
c0010936_073891.jpg
うどん娘


麺好きの娘、とくに讃岐うどんが好物で、これは親善大使になるくらいの讃岐好き。オトンは、はし家の鰻を思い描いていたのに、「おひるはうどん。おしょうゆかけるのね。たまごもいれてね」と聞かず…しゃーなく、イオンの城山に立ち寄り、フードコートの讃岐うどんを食べました。予は満足ぢゃ見たいな顔してました。

ここでは、運動靴とハーフブーツも買って、夜はアフターバルになだれ込みました。もちろん、津からの帰りは爆睡で、オトンも奥伊勢のPAでウトウトしました。

よし、残りの連休は、夜に向けて落ち着いていこう。

by kurage874 | 2013-11-04 00:17 |  さらさに贈る言葉