海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: さらさに贈る言葉( 229 )

ただいま反抗期
血を分けたわが子、ソックリです。

4歳にして、反抗期なる抵抗と葛藤をしとります。
とにかく、ハイとは素直に言いません。
天の邪鬼とは、こんな感じやないかな?
って言うくらい、文句からはじまります。

かと言って、離れるまではしたくないようです。
オトンが、「まあええは。一人でせい」って言うと…
「とーちゃん」ってすり寄ってきます。
その瞬間は可愛いけど、また文句がはじまります。
辻褄が合わなくなると、笑って誤魔化します。
c0010936_025942.jpg
凜さんにて


さっきは、オトンから寝る寸前に叱られました。
電気も消えているのに、団扇で扇ぐと聞きません。
寒くもないのに、暗闇でガサガサしまくりです。
ほっておいたら、さらにうるさくします。
3回目くらいに、雷落ちました。

しかし、それで寝ないのが、いまの娘です。
さんざん叱られ、謝っていたのに、文句がスタート!
やれ、枕はこっち、寝る場所が狭いと、抵抗しまくり。
とうとう、オトンが床に移動して、そのまま寝たふり。
ブツブツ言いながらも、睡魔に負けて寝ていきました。
c0010936_034080.jpg
CReAMにて


なんでもない日常ですが、娘の成長は著しいです。
いちいちオトンが腹立ててたら、もうもちませんわ。
かと言って、絞るとことの強弱はあった方がいいようです。
これでいいのかと考えても、目の前が現実です。
少なくとも、いまは好きなようにさせておけばいいでしょう。
絞るとこは、オトンが決めるしかありません、
あとは、保育園や世間が、絞ってくれます。

ひとり親でも、子どもは成長します。
ただし、二人の方がもっといいに決まっています。
かと言って、オトンにその経験は浅すぎて、実感はありません。
こうしてひとり親で育てながら、そう感じているだけです。
しかし、娘にとっては、どうなのかとは考えます。

その点で考えることは、尽きません。
しかし、現実の方がもっと大事です。

僕は、娘と同じように葛藤しながら、子育てを楽しんでいます。
とりあえずは、それしか出来ません。

by kurage874 | 2013-10-25 23:52 |  さらさに贈る言葉
3年目の運動会、よーく頑張りました!
秋晴れってくらいの、空の高さと青、でした。

3年目となる運動会は、「今年こそは走るのか?」でした。
過去2回、「はしったらなんだ」と、歩いてのかけっこでした。
c0010936_21361955.jpg
ミッキーマウスマーチ


そのかけっこは、「いちばんやで」の言う通りでした。ひと安心やね。
今日は、出だしが良かったのか、ノリノリでした。踊りも、お遊戯もね。
c0010936_2136473.jpg
お遊戯


午後からもあったので、実家から弁当を差し入れてもらい、「おしいねえーみんなでたべるとおいしいねー」とご機嫌でした。終始、ニコニコと笑顔で、オトンはかなり嬉しかったです。暑かったけど…
c0010936_21372450.jpg
おとーさーん


c0010936_21375279.jpg
親子競技


c0010936_2139983.jpg
オニギリ転がし?


帰ってくると、シャワーを浴びて、お昼寝しました。
あれだけ騒げば、疲れるはずです。でも、ほんまヨカッタ。
見せてやりたかった、けどね…

日々成長するを感じる時間でした。
大丈夫、大きなってるよ。大丈夫、任せとき。

by kurage874 | 2013-10-13 21:43 |  さらさに贈る言葉
食べる、食べる、食べる、命をいただく
8月で4歳になった娘、元気です。

人は好いたように言うけれど、ほんま、悲しいね。
子育てって、叱るし、ときに怒鳴るし、そして後悔もする。
でも、「とーちゃん」って抱きついてくる。それって大事でしょ?
子どもが抱きつける人がいることって、なによりも大事です。

確かに、子育てする環境って大事だなって、強く思いますは…
c0010936_2039773.jpg
朝からマゼマゼ


c0010936_20393366.jpg
上手にできたよ


c0010936_20403073.jpg
そして、食べる


プチパンケーキをイメージしながら、でした。
けっこう粉モンは、お腹が膨れるのに…お昼はお蕎麦!
c0010936_2043680.jpg
一ざる、ペロっと


お昼寝して、元気を満充電して、夜は手巻き!
c0010936_204404.jpg
豪華


キメジとイサギは紀伊長島産、ガスエビは尾鷲産、こんな豪華な手巻きはないでしょ?サラダ巻きにするガスエビは、ほんまもうね。これで1,000円しませんよ。

とは言え、今日は予算オーバーです。オトンのちょっとしたムシャクシャが、豪華な食事になったわけですが、食べるって大事です。面と向かって言えないってことは、傍観者と同じです。一番、手の施しようがありません。それを越えて言ってくれる方が、お互いの考えを共有できることになります。それって、日本人の美徳でもありません。

でもね、食べたら忘れたよ。

何よりね、娘の笑顔がそうさせてくれます。
これ以上の、至福はありません。

さ、明日からは、ありあわせ飯やな…

by kurage874 | 2013-10-05 20:48 |  さらさに贈る言葉
生きていく
たぶん、娘の母親の四十九日でした。

しかし、正式には知らないので、たぶんです。
でも、公式的な記録では、そうなっています。

月曜日に、保育園帰りの娘が、「おかあさん、かえんの?」って、泣きながらいうてきました。聞けば、お友だちとの会話の中で、そのようなやり取りがあったらしく、おらんのやったら買えばいいと言われたとのことでした。子どもって、素直で残酷なので、こういうことは日々起こると諦めています。もちろん、子どもたちには罪はないし、言われる方が対応していかなければ、つまり乗り越えないといけない試練です。

「おかあさんはかえないね、さらさのおかあさんは、しんじゃったしね」
「うん、しっとる。しんだんやから、かえんのに」

こういう会話がいいのかどうかよりも、母親がこの世にいないのは事実なので、どこまで理解しているかはわかりませんが、僕は逃げてはいけないと考えています。しかし、買えるもんなら…って思うほどに、親としては複雑な気持ちになります。

この日は、夜から津で会議があり、そのままビジネスホテルで泊まりました。次の日が、朔日ということもあったし、遷宮の前日でもあったので、伊勢神宮を翌日に考えていました。もちろん、娘との会話の中で、母親が出てきたので、なにかしら、そういう気持ちになったのです。
c0010936_23532871.jpg
ちょっと不機嫌


翌朝、津から伊勢に走り、内宮へ行きました。
予想よりも人は少なく、それでも賑わっていました。

駐車場はさすがにいっぱいで、内宮の鳥居まで1キロくらい歩き、さらに正宮も自分の足で歩きました。おかげ横丁を見ることなく、歩いただけでしたが、帰りにチーズ棒をねだられて買いました。「さらちゃん、ねがいごとないもん」って言いながら、見よう見まねで参拝してきました。

正宮、荒祭宮、風日祈宮と回りましたが、荒祭宮に向かう途中に、踏まぬ石があるのですが、この石を知らないのか、踏んでいる人がけっこういました。娘に石の由来を教えていると、「そんな由来のある石なんですね」と、声をかけられました。
c0010936_04941.jpg
ご機嫌回復


また、風日祈宮では、「災害とかに合わないようにしてくれる神さんなんやよ」って教えると、あとになって、「さらちゃんね、じしんとつなみがこんようにおねがいしてきたんやで」って言うてました。さすが、災害から地震と津波を連想するあたり、やはり僕の娘だなと実感しました。

車に戻ってきてすぐに、けっこう雨になったので、ぎりぎりセーフでした。お昼前でしたので、ララパークでトイレ休憩兼ねてお昼にし、プラプラと遊んで帰ってきました。高速に乗ると眠りにつき、奥伊勢のPAで少休憩しました。夜は、実家まで移動し、娘にとってはロングドライブになりました。でも、今日も寝る前には、「おとーさん、きょうかしこなかったのごめんなさい」って、眠そうな声でスヤスヤでした。成長とともに、聞き分けないときもよく出てきましたが、叱るのと褒めるのはきっちりしています。叱る理由もきっちり説明するので、どこかで理解しているのかも知れません。なにがどう子育てかは手探りですが、できることをするだけです。

実を言うと、伊勢神宮は、元嫁が山田日赤にいたときから、足を運ぶのを敬遠していました。もっと、もっと先に、娘と一緒に荒祭宮に行くことを誓っていたからでした。それが叶わなくなり、多少なり後悔もしましたが、ここで授かった御札を友人たちからいただいていたので、それだけが頼りでした。もちろん、熊野三山はそもそもの趣旨が違うので、「まだまだ早いですから」って敬遠していました。伊勢神宮には、半分感謝で、半分落胆でしたが、これは僕の勝手な言い訳に過ぎません。でも、娘と行けて、胸のつかえがちょこっと堕ちた気になりました。

「安らかに、安心して、黄泉の国から見守ってくれい…」

すっきりとはいきませんが、区切りがつきました。
人は、どこかで折り合いをつけて、生きていかねばなりません。

置かれた環境下で、それに満足するのも、僕の人生ではありません。
ようやく、次に進めそうです。娘だって、必至に生きているのです。

後ろ指をさす人たちの、心はいつも寒いものです。
いまは黙って、次の展開の準備をするだけです。

by kurage874 | 2013-10-01 23:52 |  さらさに贈る言葉
凛と生きる
娘の保育園で、避難訓練と引き渡しがありました。

尾鷲高校体育館が引き渡しなので、16時に現場に行きました。
実際、離れ離れで被災すると、場所にも寄りますが、深刻です。
ただ、余程のことがない限り、娘の命は危険にはさらされません。
これだけの気持ちの余裕でも、いまは非常に大きいです。
c0010936_2034365.jpg
ハイポーズ!


引き渡し後に、近くの草むらで、傘をつくりました。
「とーちゃん、すごい。かきまぜるのや」
どうやら、引き伸ばして、泡だて器に見えたようです。
「とーちゃん、おはなー」
今度は、引き戻した形が、花に見えたようです。
「とーちゃん、ぷりきゅあのみたい」
中途半端に戻すと、プリキュアのスティックのようです。
娘のほうが、遊び心があるやんけ…
c0010936_2030549.jpg
夕暮れ


昨日の今日で、訪ねてくれる人、電話をくれる人、優しいね。
しかし、凛として、まっすぐ生きるほうが、自分には似合っている。
娘も、そうして育って欲しいし、できれば触れさせたないね。

家に戻り、夕飯を作り、いまから風呂です。
親子の時間は多く、遊んだり、ユウツベ見たり…

「おそとのかぜすごいね。おこっとるん?」

そう、怒ってねんで…

by kurage874 | 2013-09-26 20:37 |  さらさに贈る言葉
連休を楽しむ方法
何もしない休日、連休はほぼお家で。

出かけるのも億劫なことがあるのですが、まあね…
その代わり、ダラダラと、娘と過ごすのも悪く無いです。
c0010936_21211897.jpg
おふざけの朝


c0010936_21214496.jpg
おてつだいする、と


c0010936_2122402.jpg
さて、何を植えるか?


c0010936_2123484.jpg
お昼はリクエストの牛丼


ひょんな来客もあって、娘には良かったです。
ただ、昼寝をしなかったので、夕方に撃沈しました。
なんとか、シャワーをかぶったけど、飯は食べる前でした。

オトンは、トランスフォーマーみるしかない時間です。

僕は、大きな決断をしてしまいそうになっています。

by kurage874 | 2013-09-22 21:36 |  さらさに贈る言葉
成長するを実感する毎日
もしも僕に娘がいなかったら…

そんなことをふと考えると、これでよかったのだと言い聞かせます。
4歳になっても、すでに母親のいない娘ですが、すこぶる元気です。
これだけでなく、カミサマの試練はきっついけど、乗り越えますよ。
c0010936_0313665.jpg
負けず嫌い


c0010936_0322913.jpg
猫鍋ならぬ…


c0010936_033348.jpg
麺好き


c0010936_0341194.jpg
目立ちたがりやさん


まるで、恥ずかしいくらいに、オトンに似ています。
もうそれは認めるけど、小さい自分を見ているようです。
しかし、ここまでではなかったので、母親の面影もありますね。
それを否定する理由もないし、いまでもそういう話をします。
しかし、悲しいほど、娘は覚えていないとあっさりです。
ときがたてば…だと感じています。その責任、僕にはあります。

この連休は、キタガワマーケットで遊びまくり、だれでもトモダチ作戦を実行していました。しかし、自分を受け入れてくれなさそうな人には、ゲゲゲの鬼太郎のアンテナばりに、近寄ることすらしません。それをハタから見ていると、子どもながらに凄い感覚だと感心します。

昨日は、ほぼCReAMでダラダラと過ごし、夕方から出かけました。お気に入りの鐵屋でうどんを食べ、多気の湯でコッソリと泳いできました。イオンでは、念願のエプロンを買いました。なんでも、近々保育園で、月見団子をコネコネするようです。

日々、娘は成長しています。

正しい成長かはわかりませんが、オトンのつくる飯を食べ、いまは一緒に手伝ってもくれます。将来は結婚すると言ってるので、洗濯物のオトンのパンツもたとんでくれます。いつか録音して、未来のダンナになりそーな奴に聞かせてやりますよ♪

同い年の子どもと遊ぶ機会がないのが気にはなりますが、与えられた環境で育つということも、それはそれで大事だと思います。常にワガママっぷりを発揮してるわけでもないし、上手に大人の世界をわたっている気がします。それがいいかどうかは…

ほんま、娘がいて、僕は人間でいられています。

by kurage874 | 2013-09-17 00:47 |  さらさに贈る言葉
4歳になったあとで

間に合った


26日の夜は、アスト津で理事会がありました。

NPO法人みえNPOネットワークセンターの理事会ですが、この日は娘の誕生日でもありました。いつもであれば、理事会の会場に連れて行き、オモチャなどが置いてある場所で遊ばします。しかし、この日は特別な日でもあるので、実家の両親にお願いして、ホテルにて面倒をみてもらうことにしました。ただ、東紀州コミュニティデザインの仕事もあって、ギリギリまで調整したので、けっこう慌てて準備して出かけました。

津市内でケーキをこうて、津のホテルにチェックインしたのが18時で、18時からの会議には多少遅れましたが、会議が終わったのは20時半で、なんとか娘が起きているうちに、ハッピーバースデーができました。それが、この動画です。
c0010936_1116241.jpg


さらに余談ですが、NPO法人みえNPOネットワークセンターの理事になるきっかけとなった会議が、その前年度にありました。月に一度、中間支援組織の代表者がアスト津に集まり、中間支援のあり方を討議する会議でしたが、ちょうど元妻の体調が思わしくない時期と、その後の手術や治療と重なり、当時の入院先だった山田日赤から通ったり、宿泊先のホテルから通ったりしていました。その頃は、「率先する市民活動をこうまでしてするのか」と自問自答もしましたが、これを乗り越えた先に得られるものがあるのかも知れないとも考えていました。

僕は、NPOには素人同然ですし、イロハもよく理解していないと感じています。直感的にしか動けないし、セオリーなども習得していません。ただただ言えることは、弱者に響くことを率先してやる意義と、自分自身に与えられた勝手な使命感で、現在にいたっています。一方で、家族を犠牲にしていると後ろ指を指す者もいるようですが、誰かがそれをやらないと、この地域を牽引する、もしくは礎となる者がいないでしょ?との考えがあるので、ほかがいれば当然のこと、僕はやらないでしょう。

では、なぜこうまでしてやっているのかといえば、やはり、娘の存在が大きいです。それまでは、漠然と活動してきた感じが強かったのですが、娘が生まれてからは、この子が大きくなるに連れて、この地域がどう変わっていくのかを考えたとき、いまから準備しておくことがたくさんあることに気づきました。いまできていることが、娘が同年代になったときには、とうていできていないこともあるし、もっと早い段階で、それらの限界が来ることも容易に想像できました。だからこそ、いましかできないことを前もってやっておくことで、娘の将来や未来に残せるものがあると感じているのです。

0歳、1歳、2歳、3歳、そして4歳と、この地域は年を負うごとに変化しています。それが当然のこともありますし、変化の度合いが急激な場合もあります。また、僕自身の環境も変わっているなかで、踏ん張りどころがいまじゃなかいと考えるのも当然です。

それでも、娘は4歳になり、日々成長しています。その成長には、この地域が大きく影響しているはずですし、地域の影響を受けてこそ、郷土愛やふるさとの記憶が色濃く残るものだと感じています。ただし、僕自身でできることと、僕だけではできない、なしえないこともたくさんあるので、ここに使命感をもって日々生きている自分自身を感じずに入られません。
c0010936_11155649.jpg


わが娘を微笑ましく受け止めながら、親の責任と、この地域に住まう先輩としての責任を感じつつ、もう少し挑戦を続けてみようと考えています。

「さらさ、誕生日おめでとう!」

by kurage874 | 2013-08-28 00:40 |  さらさに贈る言葉
ケジメとつとめ
c0010936_21494519.jpg
下手くそな焚き火あと


c0010936_2150185.jpg
こんなビールはうまいか?


毎回のように、ごみをひらっています。
毎回のように、焚き火あとやBBQの炭で汚れています。
毎回のように、カラスや動物が、食べ残しを荒らします。
すべて、ケジメのないオトナの仕業です。

「ケジメをつける」
「つとめを果たす」

必要なことだと感じています。

僕がまだ公僕のころ、世間には知られていなかった離婚や調停や身内しか知りえない話が、半分正解で半分以上不正解の話として出回っていました。何人かの人が、真意を確かめにもきましたが、そのうちに、その話の出処がわかってきました。なるほど、そうだったのねとは、ある時点で確証もって知りました。そのころは、公僕の身であったので、事が大きくなるのを考えて自粛していました。

「真実は一つであると」

しかし、そのタガが外れたいま、そして、あまりにも不正解な話を面白可笑しく伝えたことに対して、「ケジメをつける」、「つとめを果たす」べきではと考えています。そのために、できうることはしてきたつもりです。公僕であろうと、本来はプライバシーであり、僕以上に娘の今後や名誉もあります。当事者同士に割って入り、真実をねじ曲げた人たちに対し、僕は準備をするべきかも知れません。

ただ、当事者同士では、すでにケジメはついていますので、不可侵であればそれまでです。どうしても許しがたいのが、いまなお嘘をバラマキ、娘が幼いにも関わらず、母親の死をネタのように言いまわることに対しては、このままでいいのかと考えるのです。

僕にも、娘にも、真実とは違うことに対して反論する権利があります。見過ごしてきた人に対しても、本当は大きな憤りがあります。娘は、あと数日たてば4歳になりますが、1歳直後からいままで、母親との闘病期間を除けば、僕が手探り状態ながらも育ててきました。手のひらを返すように、父娘から遠ざかるのは好き勝手ですが、探偵のまね事をしてきたこともバレバレです。

できうるならば、そっとしておいて欲しいのに、見て見ぬふりでもかまわないのに、ネタにされる道理がわかりません。もっとも、本丸に巣食う根源たちについては、いつまでもネガティブキャンペーンをうたれるわけにもいきません。すでに、ケジメもつとめもついているのです。

はしゃぐのは勝手ですが、やり過ぎはどうかいな。
僕の娘の目の前で、同じことが言えるのかいな。

by kurage874 | 2013-08-23 22:23 |  さらさに贈る言葉
さらカッパ、リターンズ
用事を済ませて、飛鳥に着くと17時やった。

それでも、泳ぐと言うので、ヤケクソで川へ…
でも、水はぬるくったく、大きな溜池のようだった。
c0010936_21431992.jpg
稲穂が色づいている!


c0010936_21435351.jpg
水に顔をつけられるように


この夏で、けっこうやりきったさらカッパです。
子どもの成長って、目に見えるのでステキです。
オトンの成長は…まあいいや。
c0010936_21453996.jpg
ヴァハッ


c0010936_21462878.jpg
迫るカッパ


ほどよく泳いで、納得で帰ってきました。
実家に立ち寄って、シャワーして休憩して、贅沢なカッパです。

「あしたは ほいくえんやすみやで またおよぐんやで」

ちゃんと、明日の約束をするあたり、もうすぐ4歳の知恵ですね。

by kurage874 | 2013-08-23 21:47 |  さらさに贈る言葉