海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: 東紀州漫遊記( 109 )

熊野を魅せる旅案内をする
11月の連休に、僕が好きな熊野の日常を案内しました。

参加者は、関東から1名、関西から2名の参加がありました。3連休とあって、逆に日程調整できなかった方が多かったようです。
c0010936_121487.jpg
キタガワノホトリ


尾鷲市内のキタガワノホトリで落ち合い、施設を案内したあとに、熊野市内に向けて出発しました。コースは、大曽根から九鬼に抜ける旧道を走りました。ここが超ナイスな風景を魅せつけてくれます。
c0010936_1223191.jpg
桃頭島(王蟲島)


大海原に向かっていく王蟲のような桃頭島が見え、遠くは志摩半島も見渡せます。熊野灘が眼下にあって、九鬼のブリ敷も見渡せます。皆伐をしているので、いまの景色は最高です。
c0010936_1243061.jpg
九鬼湾


九鬼では、干物と雑貨のお店に寄って、ここでしか売っていないお土産を買いました。僕は、定番の削り節を買いましたが、食べきればいときは冷凍保存もできます。
c0010936_127169.jpg
鬼ヶ城


九鬼から311号線で三木里まで移動し、熊野尾鷲道路で大泊まで走りました。夕暮れが近づくなか、鬼ヶ城を見たいとのリクエストに応えて歩きました。落日の鬼ヶ城も勇壮で、海と空と鬼ヶ城のコントラストがたまりません。
c0010936_1291454.jpg
夜食?


さっぱりと湯の口温泉に入ったあと、夜はさらに地元の1名と合流し、夕食と夜食をハシゴしました。実は、ここまでは順調でしたが、この日は折しもスポーツの合宿などがあって、熊野市も尾鷲市も宿泊客でいっぱいで、普段は絶対に空いている民宿までもが、連休の観光客もあって満室御礼でした。そこで、最後の手段の未来874事務室をご案内しました。
c0010936_135913.jpg
大森神社


c0010936_138160.jpg
神事の後は、みんなで宴


次の日は、育生町大森神社祭礼に参列しましたが、どぶろく祭りとも呼ばれているどぶろくを堪能してもらいました。厳かな神事や、地元主体の素朴で賑やかな祭りを、最初から最後まで楽しんでももらいました。最後の餅ほりは、初体験の参加者もいて、「まるで強奪戦だわ」とのことでした。
c0010936_1385424.jpg
大丹倉


祭りをあとにし、夕暮れどきに合わせて、赤倉の大丹倉へ案内しました。早朝の雲海もステキですが、夕暮れも最高で、熊野三山辺りに落日する瞬間と、その後の夜の帳が落ちるまでを体験してもらいました。熊野の雄大さだけでなく、ここが神が住まう土地であることを、いやが上にも感じたことでしょう。
c0010936_1431833.jpg
大丹倉の落日


暗いなかを車に戻り、熊野灘の魚を堪能できる店に入り、かんぽの湯で温まったあとは、未来874事務室で、ひらってきた餅を焼きました。これまたウマイとの声で、ひとり2個は平らげました。そして、そのまま2日目の宿泊へ…1泊2日の旅が、2泊目となったその理由は…
c0010936_1501840.jpg
飛鳥熊レス村


なかば強引に、飛鳥熊レス村での畑作業も堪能してもらい、さほど嫌そうでもなく、土いじりをしてくれました。ここでの作業が、きっと次に来たいとなるはずです。だって、赤大葉高菜とホウレンソウが待ってますもん。
c0010936_1523035.jpg
七輪BBQ


実は、これを食べさせたくて、予定外の労働をしてもらった次第ですが、言わずと知れた例の焼き肉屋さんのホルモンです。炭火で焼くから、ことさらウマイこと間違いなしです。実家の家族も巻き込む、賑やかな宴となりました。
c0010936_1564657.jpg
焼きミカン


これ以上はタイムリミットとなり、それでも2日連続のかんぽの湯で汗を流し、キタガワノホトリにて解散しました。そういえば、大ちゃんに言うてた、那智黒石の制作現場に案内できなかった。すまなかったね。

とは言え、2泊3日の端無的熊野探訪は、そこそこの評価をいただいて、なんとか無事に終わりました。次回は、ちゃんと宿泊先も押さえてご案内しますね。まあ、雑魚寝も楽しかったですけど。

参加された皆さん、ありがとうございました。

なお、次回は年明けに予定します。声あれば…

by kurage874 | 2014-12-03 02:03 |  東紀州漫遊記
清滝の爆風(熊野市大泊町)
大泊の清滝も、さすがに水量が多いと迫力があります。

近づくことはしませんでしたが、十分に伝わるかなと思います。

清滝


大泊のシンボルですが、この滝の上流には、小さな滝があると聞いています。観音道の清水寺にいた縁者の新谷さんが、水を汲みに行ったり、滝修行したとも、父方のばあちゃんに聞いたことがあります。ぜひ一度、仲間を募って散策したいと考えています。

この爆風では、滝修行したら飛ばされますね。

by kurage874 | 2014-08-10 18:31 |  東紀州漫遊記
とうげミュージアムのフックドラグ&キルト展
とうげミュージアムって知っていますか?

以前にblogにも書きましたが、知り合いの人の作品が出ているので、ちょっと覗いてきました。雨の中のミュージアムもステキな雰囲気で、ほっこりするフックド・ラグやキルトを見てきました。
c0010936_2036382.jpg
尾鷲のまちをキルトで表現


c0010936_20375337.jpg
娘にほしい!


温かみある作品ばかりですが、それぞれに個性があります。こんなんを置けるような家にしたいですが、使い倒せばより味が出そうです。こういった教室を、こんな片田舎でひっそりとやっているなんて、本当にステキなことです。
c0010936_2040118.jpg
これもいい!


c0010936_20405825.jpg
フックド・ラグ


しかし、このフックド・ラグは、味わいがあってとてもステキです。とてもできそうにありませんが、短時間で体験できるのであれば、流行りそうな気がしました。まあ、時間をかけてやるってことにも味わいがあるんでしょうけどね。

しばし、時間を忘れて、いいモノを見させていただきました。

10日(火)までですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

by kurage874 | 2014-06-05 20:50 |  東紀州漫遊記
梅から縁を確認する
昨日の午後、所用で紀和町に行ってきました。

紀和の庁舎で、山林施業の話を聞くための公務でしたが、その前の腹ごしらえで、久しぶりにお気に入りのお店に立ち寄りました。
c0010936_275661.jpg
岩清水豚の生姜焼き


トンカツ食べたいところを、あえて生姜焼きにしましたが、これも絶品でした。ご飯(白米)が美味しいところは、素材も味も良い気がしますね。ごちそうさまでした。
c0010936_283820.jpg
県境の橋


所用のあとは、一般財団法人熊野市ふるさと振興公社にお邪魔して、熊野レストレーションが取り組んでいる赤紫蘇の生育状況を報告してきました。飛鳥熊レス村で栽培している大半を、公社に出荷することになっているので、瀞流荘裏の加工所にも案内していただき、担当者とも情報共有してきました。また、梅を出荷している小船には、今月の第3土曜日と第4日曜日に、梅の収穫に行くことにしています。このときの宿泊先は、湯の口温泉のロッジとバンガローになります。

公社については、事実上熊野市の管理下にあるので、理事長は市長になっています。熊野市議の立場では、予算や決算を審査するのですが、以前から熊野レストレーションがお世話になっていることもあり、人と人との繋がりから感じることも大いにあります(2012年1月に、熊レスを小船に案内いただいてからです)。その目線から言えば、たとえば、もっと公式サイトの概要や公社の実態について広報すればいいのになと感じるのですが、表に出ていくことで得る理解のほうが多いのではないでしょうか?

いずれにせよ、小船の梅を中心に、飛鳥熊レス村の赤紫蘇も使って梅干しを作っているのが公社であり、地域資源を循環させていることに、熊野レストレーションも協力支援をしています。また、学生ボランティアのIVUSAも、小船での災害救援活動をきっかけに、小船の梅に関わったのが縁で、飛鳥熊レス村でも作業をしてくれるようになっています。モノとヒトの資源循環が成立している成功事例のひとつではないかと自負していますが、はじまりを知る者が少なくなっているのも事実です。

公社訪問の帰りに、県境の橋を横目にしながら、「自治体の境はあっても、人の境はないんだよね」って、対岸の嶋津を思い馳せながら帰ってきました。ここには、ツリーイング仲間のHさんが日々奮闘しています。

やはり、人の繋がりは縁であり、その縁を大事しなきゃって感じた次第です。

by kurage874 | 2014-06-03 02:34 |  東紀州漫遊記
大井谷のホタルを愛でる
まだシーズン走りですね。

それでも、幻想的なくらいに飛んでいます。
c0010936_22492373.jpg
今日の様子


画像処理していますが、やはり実際に見に来て欲しいですね。ただし、マナーいうか、なぜこの地区の街灯は点いていないのか、なぜ、人家は恐ろしいほどにくらがしいのかを感じて欲しいです。街灯は、わざと点灯していませんし、人家の光がもれないようにもしてくれています。そうです。ホタルを愛でるためにそうしているのです。

なので、高輝度のLEDをあちこち照らしながら歩きまわり、ホタルにまで照射するようなことはやめて欲しいものです。また、カメラのフラッシュたいても、絶対にあのような光は写りません。やはり、迷惑にならないようにするか、ただただ愛でるしかないのです。また、車の侵入は、地元以外はご遠慮してほしいとの立て看板もあります。

ここは、ホタルの世界に入ってくるための流儀がいるので、人間が主導では決してありません。迷惑がかからないようにと、赤いライトを持参する人がいるくらいですので、もっとホタル主導でここには来てほしいものです。それだけの感動は、絶対的に約束できる場所でもあります。

カエルの声を聞きながら、星空を見上げ、ホタルを愛でる。

こんな贅沢は、めったにない場所がここにはあります。

by kurage874 | 2014-06-01 22:58 |  東紀州漫遊記
大井谷のホタル
30日に、今年も行ってきました。

6月1日から7月15日くらいまでが、集落に入る看板ではシーズンのようです。車の侵入が禁止され、過度に灯りを点けることもできません。もっと言えば、デジタルカメラの補光もOFFにして欲しいし、フラッシュなんてもってのほかです。というか、それではホタルは写りません。
c0010936_045439.jpg
写真は参考程度…


携帯カメラでは、まったく表現されていませんが、けっこうな数が飛んでいました。ホタルって、当たり前ですが自分の目で見てナンボですね。ぜひ、静かに見に来てください。きっと、感動しますよ。

僕は、今日の夜にも行こうか検討中です。
また、希望される方は、ご案内もしますね。

by kurage874 | 2014-06-01 00:47 |  東紀州漫遊記
小森の杜
土曜日に、小森へ行ってきました。

選挙が縁で顔見知りができ、娘を連れてドライブしました。
c0010936_9104237.jpg
七色ダム


ダムの堰堤の右と左では、娘にとってはどちらも恐怖のようで、昼間に通ることがなかったので、「とーちゃん、はよ走って」と、トンネルに入るまで目をつむっていました。しかし、トンネルも手掘りの薄暗い仕様なので、「どこへいくん?」と抜けるまで恐怖でした。やはり、僕も子ども時分は同じ感覚だったので、そんなもんなんですね。
c0010936_9135952.jpg
上瀞橋


小森の近道と聞いているので、軽自動車のときはいつもここを渡ります。けっこう揺れるので、一定速度で走るのがコツです。もちろん、さすがに途中では停まりません。娘はけっこう平気でした。しかし、ここを走り抜けていくカブのオッチャンをみると、さすがに僕にはできそうにありません。
c0010936_917136.jpg
小森


小森は、写真の左側のこんもりとした小さな杜があることから名づけられたと聞きました。正面かなと思って撮影したら、実は左側でした。小さな集落ですが、ジブリに出てきそうな隠れ里のようで雰囲気があります。ついつい話し込んでしまって、写真を撮るのはまた今度です。今日は、娘におうてみたいわのリクエストに答えたので、娘もゴキゲンさんでした。

さすがに、ちょっと遠いかなとは思いますが、ここに私設の図書館があって、集落のどこでも読書ができるベンチとか、小屋とかあれば、読書の杜とか銘打って、密かにはやらないかと妄想しました。選別していない本なら、ざっと6千冊くらいはありますが、選別図書も1,000冊くらいは集まりそうだしね。

午後からは畑作業なので、また来るねとあとにしました。

by kurage874 | 2014-05-26 09:25 |  東紀州漫遊記
雨ニモマケズ
写真を撮る気力がなかった。昨日の疲れです。

雨のせいもありましたが、もっと取りたい場所があった…
c0010936_150422.jpg
カモがいるよ


IVUSAが帰った翌日、けっこうな雨になった飛鳥熊レス村を見に行くと、隣の田んぼでカモが餌をついばんでいました。荒代かきが終わる頃から飛来し、ここ周辺にいついています。稲を食べることはありませんが、けっこう好き勝手に泳いでは潜っています。
c0010936_1515878.jpg
水の道


マコモを栽培する予定の畑には、終日水を入れています。やはり底が抜けているのか、なかなかたまりません。これが限界であれば、その範囲でマコモを栽培します。水の道も、いまは簡易にしていますが、やがては水路にしないとなりません。
c0010936_159232.jpg
梅成長中


飛鳥熊レス村を視察のあと、紀和町の小船までドライブしました。途中で娘が寝たので、朝が早かった僕もそのまま仮眠し、小船に着いたら15時を回っていました。ちょうど、新宅区長さんがお茶摘みをしていて、それを釜煎りしているところでした。夫婦と話しをしながら、お茶を袋に入れて揉んでいるのが新発見でした。飛鳥の実家でも、今年もお茶摘みをするのですが、この方が絶対的にゴミもつかずに場所もいりません。
c0010936_23959.jpg
揉みにも熟練がいる


c0010936_234442.jpg
釜煎り


6月の梅収穫の打ち合わせをやって、今年も成り年のようだとの話を聞きながら、たわわに実った梅を眺めて小船をあとにしました。このあと、和気にもわけあっていったのですが、あいにく留守のようでした。帰りは、和歌山県側に抜けて、新宮まで南下しました。あちこちで災害復旧が続いていますが、和歌山県側の復旧の方が早いようにも感じます。熊野川対岸の三重県側は、さすがに崩落も規模が大きく広範囲なので、仕方ないとそれまでですが、二次災害にも気を使うなとは感じました。それにしても、2011年の紀伊半島大水害は、大きな爪痕を残したものです。
c0010936_211148.jpg
1日の〆メシ


新宮のイオンで食事をして、熊野倶楽部で立ち寄り湯してきました。昨日からいろいろと考えながら、それでも生かされているという現実を思えば、使命感を感じてやっていることは、僕の与えられた役割だと思います。他人の褌で相撲を取るのが一番キライな僕ですから、イバラの道を裸足で歩いて行くような事態でも仕方がないのです。誰かが、先人を切ってやらないと…楽しいだけでは、それは一過性に過ぎません。

それでも構わないけれど、それでは疲弊に追い越されます。

by kurage874 | 2014-05-07 02:17 |  東紀州漫遊記
吊り橋を車で渡る
和歌山県と三重県の県境に吊り橋があります。

1トンまでの車も通行可能なので、小森に行くには近道です。
c0010936_23385810.jpg
鉄製


c0010936_23392934.jpg
眼下に小森ダム


ここからさらに南下した小松にも、過去に車が通れた吊り橋がありましたが、2011年の台風12号の増水で流されてしまいました。

ゆっくり走ると逆に揺れが大きくなるので、ほどよく走るのがコツです。

この橋を渡って、小森の顔見知りに会いに行ってきました。のどかな庭先で日向ぼっこをしていて、しばし世間話をしてきました。いいところですが、ここも20年後、いや10年後には存続が危ぶまれます。

熊野市の山間部は、廃村危機にさらされた集落が点在しています。せめて、いま住んでいる人たちの生活に寄り添える策が必要です。

by kurage874 | 2014-04-26 23:45 |  東紀州漫遊記
粉所の魅力、絶景、表丹倉、庚申様
素晴らしい、天空の集落です。

ここにしかない景色、絶景があります。
c0010936_2324693.jpg
広い空


遥か彼方まで見通せます。
夜になると、満天の星で埋め尽くされるそうです。
おそらく、空と地上の見分けがつかないかも知れません。
c0010936_233526.jpg
表丹倉


今日も、岩窟の雄姿は健在でした。

こんな場所で生活している人たちがいます。
20年後は、もうないかも知れない集落です。

…それでいいのか?

できることはありそうです。
c0010936_2381060.jpg
庚申


そういえば、粉所にも、庚申様が祀ってありました。

月と太陽の下には、邪鬼を踏んづけている青面金剛、横には2匹の鶏、下には見猿聞か猿言わ猿が、庚申を表していますが、このような庚申像はめずらしいとのことです。育生には、この形の庚申様が、粉所と尾川にあります。また、粉所には、庚申様が3ヶ所もあるそうで、それぞれ形は違うとのことです。

なんだか、行ったことはないけれど、育生のチベットですね。

by kurage874 | 2014-04-26 23:17 |  東紀州漫遊記