海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: 東紀州漫遊記( 109 )

洋食屋のオムライス
先だっての雨の中、ちょっと走って洋食屋へ。

久しぶりですが、ここらしいオムライスでした。
c0010936_22571625.jpg
王道です


しっとり系のオムライスで、ソースがうまい。
卵のボテッと感が、またたまりません。

洋食屋さんて感じがまたいいです。

by kurage874 | 2013-06-28 22:58 |  東紀州漫遊記
熊野市五郷町大井谷のホタル
今年2回目です。

たくさん飛んでいましたが、時間は遅いほうがよかったかも。
ヒメホタルが飛んでいたので、時期としては終わりかなあって。
c0010936_1255793.jpg
人の気配がわかるよう


c0010936_1261695.jpg
少ないといってもこんな感じ


写真は素人のコネコネですが、やはり飛んでいる姿は幻想的です。

たまーに、フラッシュをたいてくれる人もいますが、わりと慌てています。
高価なカメラを構えているオジサンからの声が、鬱陶しいときもあります。
それでも、皆さんがきちんと見ていることには感心します。

やはり、写真に収めてなんぼではなく、見てなんぼの世界です。

大井谷の皆さんに感謝、ありがとうございます。

by kurage874 | 2013-06-19 01:29 |  東紀州漫遊記
家族でトンカツデー
実家の両親と、娘の4人で行きました。

端無家は、揚げ物でも、トンカツと天ぷらが大好きです。
c0010936_224867.jpg
大はしゃぎの図


c0010936_224365.jpg
おこさまセットもあるよ


ここには、おこさまセットもあります。
これが絶妙な量と盛りつけです。
娘も大満足でよく食べます。
c0010936_2253711.jpg
オトンの定番になりつつある


オトンは、今回も同じメニューでした。
味噌系と悩みますが、エビフライがたまりません。

ちょっとおいしい贅沢しませんか?
家族が笑顔になりますよ。

by kurage874 | 2013-05-28 02:26 |  東紀州漫遊記
旬を愛でる、今年もホタル
行ってきました。熊野市某所、教えないことはないけれど。

最近、マナーの悪さを耳します。大声で話をする。ごみを捨てていく。
長時間場所を譲らない。フラッシュで撮影する…なんだかねえ。

ここに住んでいる皆さんは、家の灯りが邪魔にならいよう、外に漏れないよう、戸を閉めたり、目張りして迎えてくれてるんですけどね。しかも、この小川にホタルがたくさん舞うよう、たくさんのことを気遣って実践くれています。僕たちは、そういう空間にちょっとだけお邪魔する気持ちで、コソコソヒソヒソ行くだけです。
c0010936_9354574.jpg
4枚重ねています


この日は、時期が早くて、人の気配もありませんでした。しかし、ボヤ-っと飛んでいて、数は少ないけれど、堪能しました。どうして、あのホタルは、あんな切ない飛び方をするんだろうねえ…
c0010936_9562132.jpg
こちらは1枚もの、処理なし


全盛は1週間後って気がしましたが、さすがにそのときは来れそうにないので、次は晴れ晴れしい気持ちで来たいと思います。

熊野に感謝します。

by kurage874 | 2013-05-26 09:38 |  東紀州漫遊記
おとーさん、きしゃどうろはしっとる!
好奇心旺盛な3歳9ヶ月です。

国道42号を北上している途中、なめこアプリをいじっていた娘が、汽車を見つけた。カメラの起動なんてお手の物で、すぐにシャッターを押していた。
c0010936_395551.jpg
けっこう上手


「すごいねえ、どこからきたんやろ」
「これは新宮からかな」
「じゃあ、どこへいくん?」
「多気やな」
「たきって、おふろのあるとこ?」
「そうやね、多気の湯があるとこやね」

多気行きの鈍行としばらく並走することになり、長島造船のドックあたりでいっしょになるのではと思って走った。

「とーちゃん、きしゃどうろはしっとる!」
c0010936_3144364.jpg
迫力あるもんね


想定通り、ドックを過ぎたあたりで追いぬかれたが、それが娘には道路に飛び出してくるように見えたらしい。
c0010936_3164055.jpg
さよなら~


「びっくりしたあー」
「道路に来るとおもたんかいな?」
「よこからきたんやもん」
「道路走れるかいな?」
「たいやちがうではしれんわ」

相変わらず、語彙が多く、オトンのおふざけはキッパリ切り捨てられた…

しかし、汽車と並走なんていいもんだ。

by kurage874 | 2013-05-25 03:20 |  東紀州漫遊記
トンカツの響きに誘われて
facebookページの発信が気になります。

そして、無性にトンカツが食べたくなるのです。
c0010936_342167.jpg
エビフライとトンカツのコラボ


鷲毛を越えるのも軽やかに、このお店の明かりが見えてくると、お腹もグーってな感じです。ただ、一番に食べたがってた娘は、峠がゆりかごのようで、またもや寝てしまいました。なので、今回もありつけず、あとで拗ねて大変でした。なんとか、すき家のテイクアウトで慰めましたが…

豚を叩く音を聞きながら、優雅に待つ時間が楽しいです。エビフライもぷりっぷり。至極の時間を過ごして来ました。やっぱりトンカツは、家で食べるよりも専門店です。

このお店、お昼の日替わりランチも魅力的ですよ。

■こだわりトンカツ カツ家
 https://www.facebook.com/katsuya01

by kurage874 | 2013-05-18 03:09 |  東紀州漫遊記
トンカツを食べたいときは、迷わずここに
食べ物ネタ連発です。

尾鷲の隣町、海山には、旨いトンカツ屋さんがあります。

トンカツは、どこの町でもありますが、尾鷲ではトンカツ屋がありません。その昔、商店街通りには、杉乃井と言う、最強最味のトンカツ屋がありました。ちょうど、カフエクリームにも近く、夜遅くまでやっていたので、はまやのうどん(はまやさんは、現在改装中です。なんと、費用軽減のため、大将自らも改装していました。いつ完成するかわからないそうですが、2階でも宴会ができるとか…乞うご期待)と並んで御用達店でした。いまでも、当時の味が名残惜しいと、オバちゃんにごちることがあるほどです。
c0010936_23583932.jpg
味噌カツ丼


鰻とトンカツは、すぐに出てくると味を疑いますが、ここのトンカツは、注文してからの「トントントン」の響きがたまりません。あのトントントンが、余計に食味をそそります。また、おこちゃま用の定食もあるので、3歳の娘の定番になっています。

お昼の日替わり定食もオススメで、この時にしかでないメニューもあります。facebookでは、そのメニューの紹介もあるので、見てからやっぱり食べたいと、急ぎ足を運ぶこともあります。僕は、油で揚げるフライと天ぷらには目がありません。

旨いトンカツは、まちの定番食です。尾鷲にも欲しいところですが、ひと息つくのに出かけるのも悪くはありません。あー、食べたなってきたよ。

by kurage874 | 2013-04-09 00:06 |  東紀州漫遊記
月夜の熊野
土曜日の夜、友人らと熊野市へ。

月明かりの熊野を見てみようと走りました。
産田神社、花の窟、七里御浜に行って来ました。
c0010936_2012414.jpg


c0010936_2023521.jpg


c0010936_203441.jpg


c0010936_2032956.jpg


昔ならば、神秘的と表現しました。
いまなら、人の気配がするのです。

熊野には、人の息づかいが感じられるのです。

皆さんにも、体験していただきたい、熊野の月夜でした。

by kurage874 | 2012-04-09 20:14 |  東紀州漫遊記
大馬神社の例大祭
1年に一度のお祭です。

この日のために、紀伊半島生活取戻し隊も協力してきました。
なので、いままで以上に、非常に思い入れがあります。
大馬地区の山越えた場所に、飛鳥町と私の実家があります。
歩いて、水大師や大馬神社に遊びにも来ていました。
ここは、熊野総鎮守と呼ばれる神社です。
清滝がスバラシイ。海月スポットのひとつです。
c0010936_3364246.jpg


c0010936_3373148.jpg


災害前とは見る影無いですが、それでもかなり片付いています。
あとは、ほぼ元通りになることですが、熊野総鎮守ですよ、ここ。
c0010936_3395759.jpg


10時半の神事には、どうにか間に合いました。
禊がみられなかったのが残念ですが、NHKのニュースで見ました。

拝殿にも入れていただき、玉串奉奠(たまぐしほうてん)もさせていただきました。大馬神社や、大馬地区で活動していただいた、全ての紀伊半島生活取戻し隊とIVUSA、災害ボランティアの気持ちを込めました。非常に寒いなかでしたが、このときばかりは熱が入りました。
c0010936_344049.jpg


第2鳥居の前で弓引き神事があり、今年は20本中6本が命中したようです。流派を聞き忘れたのですが、尾鷲神社は小笠原流だったので、同じなのかなとも感じました(全くの素人です)。見守る住民や関係者など見ていると、田舎の祭りの雰囲気がとてもほのぼのとします。賑やかでも、喧騒さがないのもいいものです。
c0010936_347392.jpg


弓引きが終わり、餅まきにも参加しました。
慌てなくとも、10個くらいは簡単にひらえました。

顔見知りや、この現場を繋いでくれた道後熊野市議にも挨拶してきました。災害時には、現場に明るい方がいると、とてもスムーズに活動ができます。幸にして、この台風12号では、あちこちにそういった方がいてくれたので、紀伊半島生活取戻し隊の活動も進みました。
c0010936_3511689.jpg


大馬神社をあとにして、熊野倶楽部の馳走庵に行きました。
伊勢から友人が来ていたので、ご一緒しました。
友人は、紀伊半島生活取戻し隊のサブリーダ的存在のYさんです。
大馬神社にも思い入れがあるらしく、一緒に参加できてよかったです。

私は、次の用事で早くに失礼しましたが、熊野も遊べますね。
っていうか、やはり海月の地元なので、波長がよく合います。
っていうか、山並みを見ていると、入山したくなります。

今日は、厳かな気持ちにもなれて、凛としました。

大馬神社や大馬地区の災害復興は、まだまだこれからなので、今後とも何かしらで協力と支援をしていきたいところです。

by kurage874 | 2012-01-07 03:57 |  東紀州漫遊記
今宵の月のように
輝きますよ、紀伊半島も、東日本も、そして俺も。

紀伊半島の一部の地域では、十五夜のお供えを子どもたちがもらいに歩く、”たばらして”という風習があります。年に1度の夜更かしできる日で、海月も中学校まで楽しみきってったイベントでした。名称は地域によって違いますが、「たばらしてえ」と言いながら、お供えのお菓子や果物をもらいに歩いたものです。なかには、「この酒飲まんとたばらしたらん」って、酔っ払ったオンじゃんに悩まされたり、「月出とらへんでアカン」って家の中からおめかれのに悪態ついて逃げたりと、あそこの家は豪華だとか、ここは芋しかアラへんとか、懐かしい限りです。今年は、あいにくの災害でしたが、「たばらしてえ」って声が響いいたのでしょうか?
c0010936_23475596.jpg
紀北町より撮影


津に行った帰り、紀北町の某所に立ち寄り、月を眺めてきました。波の音と虫の声しかしんところで、しばし自然に身を委ねて解放しました。今日は、たくさんの言葉が体に染み渡ったので、ちょうどよい放電のようでした。

人間てのは、挫けても、生きている限りは立ち上がるものです。

by kurage874 | 2011-09-12 23:50 |  東紀州漫遊記