海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: 飛鳥町漫遊記( 75 )

我がふるさと飛鳥町
途中の出入りはあったけど、22年ぶりに住んでみて、このまちの風景はどうもたまらない。そこかしこに、懐かしさと発見があり、いまこのときにこそ、なにかをやらかさなければと、はやる気持ちになるのだ。
c0010936_23410002.jpg
もちろん、過疎化や少子化、高齢化、空き家など、言い出せばキリがないくらいのオンパレードになるけれど、それでも人は住んでいるってことを全面に出せばいいわけで。
c0010936_23441779.jpg
ここ数日、ボチボチと、議員の報告書を配布しながら、あらためて、我がふるさとの奥の深さとか、人の優しさとかが身にしみて、これを外の仲間や友人にも、味わって欲しいなと思うばかりなわけで。
c0010936_23471911.jpg
「ひがないちにちの、こうやってしとるとの」
「こうやってきてくれたらの、たのしみなけどの」
「となりも、あそこもの、知らん間におらんなってくんさ」
「わしゃおらんなったら、この家はどないすんやろの」
c0010936_23542664.jpg
ただ、どこに行っても、あまり楽しみな言葉はなかった。なら、少しでも楽しみな言葉が出るようにしたりたいし、なんぞしよんのやって噂立つくらいのことをすればいいわけで。
c0010936_23575391.jpg
まずは、いまの家の隣の古納屋を早くサロンにしてもろて、ぶらっと寄れる場所をつくりたいね。また、こっちから行くこともつくって、足運んでもらえる距離を縮めなアカンね。若い力って無限大やから、こんなんに関心ある学生とかにも入り込んできてほしね。

なんとなく、そんなことを考えながら、できることはみなせんならん気になったのは確かなわけで。

さて、この指とまれしてくれる人は、おるんかいのし。


by kurage874 | 2015-03-06 23:35 |  飛鳥町漫遊記
大又川の飛鳥ブルー
清流大又川、ホームリバーです。

20歳までは鮎の友釣りもしたし、ウナギも捕って売っていました。フライフィッシングでアマゴも狙ったし、ウナギの夜捕りにも行きました。ひとりで川に入って、相当怖い思いもしたし、それでもひとりで川に通っていました。だって、そんな遊びを続ける同級生とかいませんでしたからね。
c0010936_102853.jpg
飛鳥ブルー


台風11号の増水で、川の石がひっくり返り、苔が剥がれてキレイになったままです。あと数日もすれば、元通りの苔色になりますが、水流がある程度あるときは、けっこうこんな感じです。僕は、これを飛鳥ブルーと呼んで、昔から慣れしたんできました。
c0010936_134954.jpg
果てしなくブルー


今日も、ときおり小雨がぱらつくなかでしたが、娘にねだられて泳ぎに行っていました。ちょうど、facebook友だちで、名古屋から来たお客さんを案内していたので、同い年の娘さんと意気投合していました。ちょっと泳げるもんだから、自慢そうに泳いで見せていて笑えました。子どもって、こういう歳から見栄張るんだな。

ただ、娘を腹に乗せて泳ごうとして流されて、そのまま左腕で抱えて泳ごうとしたら、さらに深みに流されて、ちょっとヤバイと感じました。サンダルの鼻緒が引っかかって足漕ぎしにくくなり、なかなか外れずに慌てました。しかし、それでも冷静に底をのぞいて地形を確認し、立ち漕ぎしながら泳ぎ着けました。たまたまでしたが、あれでサンダルが外れなかったら、僕は溺れていたかも知れません。娘を背中に乗せて泳ぐのは、手も使えるし、足も使えるので、相当の自信がありますが、さすがに右手しか使えないと、20キロ近い娘を抱えたままでは沈みます。それでも、娘は恐怖を感じることなく、楽しんでいたと思います。なにせ慌てふためくとダメです。

そんなことがあっても、大又川、好きですけどね。

・おまけ
 16日の午後から夜遅くまで、車2-3台か4台かで来ていた若者グループが、忘れ物しまくりで帰ってしまいました。ピンクの靴下、花火のカス、コンビニのおにぎりの包み紙、チューハイの空き缶などなど、焚き火したあともそのままで、もとに戻すのを忘れてしまったようです。さらに、公衆トイレのトイレットペーパーも散乱していて、おそらくは、怒ったカッパが出て慌てふためいて逃げ帰ったのかも知れませんが…
c0010936_1161693.jpg


 ただ昨年は、なんども掃除をしましたが、今年はこれが初めてです。しかし、これだけの忘れ物をする人たちには、ここへは来てほしくありません。地元の方も、「ひどいなら出入口を閉めたらなあかんの」って怒っていました。

 そう、「二度と来ないでください」

 この川で楽しんでもらうために、大又川沿いではここにしかない公衆トイレを整備し、地元婦人会の方が掃除をしています。また、僕もやっていますが、何度か川岸の草刈りもして、お客さんを迎える作業をしています。ここには、カッパ之碑があって、いつもカッパが見守っています。ほんまに、カッパ様にお叱り受けますよ。

by kurage874 | 2014-08-18 01:18 |  飛鳥町漫遊記
ジャジャツクって楽器!?
簡単に言うと、小型の釣り鐘と太鼓のセットです。

熊野市の無形民俗文化財になっています。
c0010936_9171033.jpg
からっと8月号


c0010936_9195493.jpg
からっと8月号


からっとに詳細が特集されていましたが、こういった企画はほっこりとします。また、神山地区の人たちの中には、「あれ(からっと)に俺のったでな。一生モンの宝やの」って喜んでいました。現場に、そのからっとがあればよかったのですが、見あたらなかったので手持ちの数部を置いてきました。
c0010936_9284760.jpg
3歳によるジャジャツク


神山(こうのやま)の光福寺では、追善盆踊りを2日連続で開催しています。僕が行ったのは2日目ですが、1日目となる15日には、火とぼし(ひとぼし)と呼ばれる灯明も幻想的です。これは、初盆の家から光福寺のお墓まで、108本のロウソクが灯されます。淡い光が揺らめいて、遠くから見ると、故人の魂が家とお墓を行き来しているようです。こういった田舎の原風景が、ここにはまだ残っています。
c0010936_9422265.jpg
盆踊り


また、盆踊りの前に披露されるジャジャツクも見ましたが、保育園児、小学生と受け継がれていました。20歳を越えてから初めて見ましたが、それぞれで調子や緩急も異なっていて、単純なバチさばきのように見えて、これは練習しないとできないなと感じました。こういった田舎の文化伝統は、人口の減少とともに消えていく現実もありますが、脈々と受け継がれていくことを願わずにはいられません。折しも、今日は熊野大花火大会ですが、多額の行政支援を受けながら守られている、これも熊野市の伝統です。その違いを感じつつ、僕たちにできることは、地道に気長に、それでいてちょっと急ぎ足でやる必要を強く感じた夜になりました。

by kurage874 | 2014-08-17 09:49 |  飛鳥町漫遊記
天理教飛鳥分教会での追善盆踊り
連日連夜、盆踊りを楽しんでいます。

甚句の振り付けは、なんとなく覚えています。
大和踊りとも言われる”アレ”です。
しかし、三拍子のコツが掴めません…
c0010936_23575144.jpg


15日は、天理教飛鳥分教会の追善盆踊りなので、朝から準備に行きました。これより前には、昨夜の長泉寺での片付けにも行ってましたが、指定された時間よりも30分以上も早くに集まってくるので、定時に行くと終わりかけています。田舎時間は、とかく指定時間の小一時間前集合のようです。
c0010936_014981.jpg


天理教の追善盆踊りでは、鹿肉や猪肉などの振る舞いもあり、子どもも楽しめるように、カキ氷や金魚すくいなどもあります。また、中入り後には、おにぎりもでて、小さい頃からの楽しみでもありました。僕が、甚句の大和踊りを覚えたのも、ここ天理教の追善盆踊りでした。

娘にアングル合わせています


今回で、なんとなく感じましたが、僕もけっこう踊り好きです。
なので、娘にそのDNAがあって当然だと納得しました。

盆踊りの最終は、神山の光福寺です。

by kurage874 | 2014-08-17 00:08 |  飛鳥町漫遊記
長泉寺の追善盆踊り
昨日は、僕が住んでいる佐渡地区の追善盆踊りでした。

準備から、翌日の片付けまで、一連の作業を体験しました。
c0010936_1151302.jpg


c0010936_1159211.jpg


提灯付けから、櫓組み、飲み物の準備などして夜を迎えました。火とぼしという、初盆の家からお墓までを108本のろうそくで照らす風習もあったようですが、いまはお墓周りにだけろうそくを灯しています。火とぼしの風習が残っているのは、飛鳥町では神山地区だけではないでしょうか?
c0010936_1203193.jpg


あちこちから人が集まってきてて、盆の間だけは、地区住民も倍増しています。それでも、全体的には人は少なくなっているようで、ざっと数えても300人はいない感じでした。また、クジ引きの番号が250番くらいまでだったので、やはりそのくらいの人が訪れていたはずです。
c0010936_1231931.jpg


追善盆踊りは、甚句は娘もうろ覚えしているので、自分から踊るといって輪のなかに入っていきました。僕も、足の運びが怪しいものですが、身振り手振りで参加しました。盆踊りは、見ている以上に踊るほうが楽しいです。短い時間でしたが、学生ボランティアのIVUSAの2人も参加してくれました。熊野大花火大会の支援に来ている彼らですが、熊野大花火大会自体は、盆の行事ではないので、熊野らしさを味わうのとは趣が違います。こんな田舎の原風景も、ぜひとも味わってもらいたいものです。

甚句


こういったなんでもない田舎の風習や文化伝統行事を、そのときにだけでも、体験してもらえるような仕組みづくりが必要だと感じた夜になりました。祭りが廃れると、まちが廃れるというのは、とても納得がいくような気がします。ましてや、もしもまちが廃れて、花火が残るなんて、それはとても滑稽な出来事ですね。

by kurage874 | 2014-08-15 12:09 |  飛鳥町漫遊記
飛鳥町民夏祭りと現実
毎年8月13日は、飛鳥町民夏祭りです。

この日に固定しているので、日程を合わせて帰省する人たちもいます。僕も、これまでどこに住んでいても、この日は帰ってきていました。しかし、これまで手伝いをすることもなく、主催する飛鳥青年会議所にすら入ってもいませんでした。
c0010936_23553937.jpg


この飛鳥青年会議所は、親父が若い頃に立ち上げたときのメンバーだったらしく、当時の記憶には、大勢の人や準備の忙しさが残っています。しかし、年を追うごとに若手が少なくなり、そもそも飛鳥町に住んでいる人すら少なくなって、今年は運営委員会にも数名しか出てこれない日があったと聞きました。

これまでなにもしてこなかった僕は、うすうすは感じていたけれど、大きな衝撃でした。僕自身は、市民活動としてあちこちでなにかしらしていますが、地元の飛鳥町ではタイミングを失っていたのも事実です。飛鳥青年会議所にも、元在住者として加入することはできましたが、とくに尾鷲に住んでいた頃は、尾鷲市議としての兼ね合いもあったので、そこまで踏み込むことはようしませんでした。
c0010936_004930.jpg


もうすでに、この歳では加入することもできませんが、なんとかして橋渡しはできるはずです。そういったことを、僕の1歳後輩で、いまの議長にも話をしたのですが、もしかすると開催自体も危ぶまれるとさえ聞きました。また、秋には、飛鳥神社での例大祭もあるのですが、これにも飛鳥青年会議所は大きな主導権を握っているので、ここからでも関わることはできるかもと話をしました。もちろん、裏方としての橋渡しです。

飛鳥町に限らず、熊野市内の集落の多くは、このような非常事態のままで、先細りしながら残ったものが踏ん張っている状態です。10年先とは言わず、来年や再来年には無くなってしまうかもという現実を垣間見たとき、僕はとても恥ずかしく、これまでの僕自身を悔いたところです。そして、身の回りの整理整頓をキッパリやって、尽くすところのターゲットを絞らないとって強く感じました。見渡せば、蜘蛛の子ちらす状態ですもんね。

この日の夏祭りは、最後のクライマックスで土砂降りになり、毎年のように雨がふるなと感じつつ帰ってきました。この夏祭りにも、学生ボランティアのIVUSAが参加していましたが、関わり具合を参加だけでなく、参画させることもひとつの手段です。また、そういった若い力、外部の力を上手に取り入れながら、僕のできることを精いっぱい橋渡ししていきます。そして、今後のわがまちについて考えていこうと心に決めたところです。それが、より具体的に見えただけでも、大きな成果と可能性の追求となりました。

飛鳥熊レス村もそうですが、中山間地域のあり方を考え、ひとつのモデルプランをつくるストーリーができつつあります。ぜひとも、僕の政策インターンもほしいところです。

by kurage874 | 2014-08-15 00:13 |  飛鳥町漫遊記
カッパ之碑に祠が欲しい
c0010936_2322032.jpg
カッパ之碑


飛鳥熊レス村の近くにあります。

ちょっと前に、TVでも紹介されました。
僕のblogでも紹介しているので、問い合わせもありました。
c0010936_2323995.jpg
重なり岩


カッパは、重なり岩の底に棲んでいます。この岩の底には穴が空いていて、昔は度胸試しに潜ったりしました。そのときに、「あーカッパっておらへんのやな」って思うのですが、それまでの恐怖と言ったら…

この碑が建立された昭和58年3月といえば、僕は小学校の5年生でした。記憶にあるのは、このときを境に、飛鳥ではキュウリの栽培が盛んになり、余ったキュウリが「あげます」って道端に置かれていたことです。それが通学路だったので、帰りに隠れて食べたものです。だって、買い食いが禁止だったので、それと似ている行動でしたからね。

ただし、川に行くときだけは、キュウリは食べませんでした。夏休みの事前学習では、決まってカッパの話がでて、「あそこには危ないから行くな」とか教えられました。同じように、「三次郎藪にはツチノコがおるでキケン」ってのも忘れられません。あの時代は、カッパやツチノコと、恐怖がたくさんありました。
c0010936_23342295.jpg
水はまだ冷たい


さて、この碑ですが、2011年の紀伊半島大水害で土台が埋まってしまいました。あと、祠が欲しいと前から思っているので、賛同する人たちでなんとかできないものかと考えています。そして、年に一度、カッパ祭りなどやらかしたいとも考えています。全国のカッパ居住の地とのサミットもええかもね。

ここクラモトには、やはりカッパがいると思います。

by kurage874 | 2014-07-15 23:35 |  飛鳥町漫遊記
藪原稲荷例大祭
今日は、地区内の稲荷様でした。

ここ数年参列していて、今日は先約があったので、オヤジと先参りしてきました。
c0010936_23525625.jpg
緑に赤が映える


後厄でもあるので、精一杯の厄落としにと、駄菓子を奉納してきました。昨年の本厄では、東邦産業のエリンギを袋詰めにしてほりましたが、いまでも伝説のようになっています。なにせ、100キロ超えていたと思います。
c0010936_23565674.jpg
稲荷様からの眺め


c0010936_01448.jpg
昨年の様子


この周辺には、玉置社や山の神もあり、玉置社の裏手には、過去には土俵もあったそうです。また、山の神は、大きな岩座の麓にあって、ここも巨岩信仰がもとではないかと想像します。小中学生の頃、この周辺で遊んだ記憶が懐かしい。当時のTV塔にも登ったよなあ…

by kurage874 | 2014-03-09 23:59 |  飛鳥町漫遊記
佐渡の庚申様
(さっきの投稿で)頭からの湯気が消えたので…

昨日は、地区内の庚申様でした。
c0010936_0451242.jpg


ここ数年、毎年参加していますが、ほんまに地味な神事です。しかし、ここの庚申様は最強で、無くし物を必ず見つけてくれます。たまに見に行くと、縄で地蔵さんを縛っていることがあって、「だれかが、なにかをなくしたな」って思います。

僕も、先だっての里山整備で、車の鍵をふてたったので、縛ってこようかいな?キーレスエントリーなので、いまの予備キーが不便悪くって仕方がないのです。

さて、神事のあとは、場所を移動して餅まきです。今年の参加者は多い方でしたが、それでもまく方が多くて取り放題でした。庚申様が終われば、3月9日の稲荷様ですが、先約の防災の講師があって行けません。残念ですが、お菓子くらいは奉納させていただきますので、ようけひろたってい。

こういった地域の神事や祭事は、脈々とですね。

by kurage874 | 2014-02-24 00:50 |  飛鳥町漫遊記
熊野原木市場を遠巻きに見る
c0010936_19523948.jpg
5日の30周年記念市


5日、熊野原木市場が、30周年の記念市でした。

■熊野原木市場 - オフィシャルサイト - 紀州材を熊野原木市場から
 http://www.kumagen.com/

前日の夜遅くまで、準備をしていたのを見ていたので、ちょっと気持ちが高揚しました。また、僕自身も、20歳の学生のときに、ここでアルバイトをしていました。当時の池正製材所のおっちゃん(社長)に声をかけられ、短い間でしたが、汗を流しました。チェンソーで切りそろえたり(このとき初めて、スチールのチェンソーを使った)、太さで分別したりしました。

当時は、木の単価もまだまだ高く、「60年越えたの杉はええ値やの」、「このヒノキはたこつくど」など、先輩職員に教えてもらいながら、いまとなってはテンゴしていたのと変わらなかったのかも知れません。しかし、池正のおっちゃんからは、「大学出たら、ここへ戻ってこんか。木はええど」って言葉が忘れられません。

低迷する林業と言われていますが、値がつく丸太もたくさんあったようで、当日は車と人でいっぱいでした。その近くに、飛鳥熊レス村があるので、農業も林業も、ここらへんではまだまだ現役だと感じます。そして、そのどちらも、この地域には絶対的に必要なことです。その一端に関われることが、また関わることが、最初の1歩だと考えています。

by kurage874 | 2013-12-06 20:13 |  飛鳥町漫遊記