海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: 飛鳥町漫遊記( 75 )

地元の名店
c0010936_6581430.jpg


何度かここでも書いていますが、地元飛鳥町には、客がひっきりなしの焼肉店があります。店主さんが隣近所のつきあいですので、もう通って十数年になります。

地元客はもちろん、通り道でもあるので、関西圏からのお客さんも多いです。また、尾鷲や紀北からのお客さんも来ているとのことです。この地域に、焼肉店は多い方ですが、周りに田んぼが多く、人家もまばらなここにあっての盛況ぶりには感心します。

それでも、世間の経済動向に合わせて客も動くとか、季節や時期によって変動があるところは、市街地中心部と変わりないようです。また、「うちはめし屋であって、居酒屋ではない」という店主さんの頑固さも、人気の一つだと感じます。

うまいもんがあると、人は自然に動きます。

これに尽きます。

by kurage874 | 2013-12-04 07:08 |  飛鳥町漫遊記
飛鳥で焼肉の名店
地元、飛鳥町の焼き肉屋は、ちょっと有名です。

店主が、隣の家なので、昔からお世話になっています。
c0010936_22404990.jpg
まだかなー


ホルモン
ツラ
上ミノ
焼レバ

間違いなく、ウマイです。
店内は、よそのお客さんもいっぱいです。

ぜひ、ぜひ!

by kurage874 | 2013-10-14 22:41 |  飛鳥町漫遊記
たばらして
ここらの一部には、十五夜のたばらしてが、風習として残っています。
c0010936_3481351.jpg
もう秋なんさね


興味深いことに、同じ地域でも、あるところとないところがあります。飛鳥町でも、この風習が残っているところと、ないところがあります。なぜなのかな?
c0010936_3351238.jpg
「たばらしてー」


僕が小さいころも、もちろんあって、中学生くらいまでは、ごみ袋を担いで歩きまわりました。歩くのが基本で、家々を回って、お供えのお菓子や果物をいただくのです。このときに、「たばらしてー」ってひと声かけるのです。
c0010936_3374351.jpg
娘の成果


今日は、尾鷲イタダキ市の理事会があって、オトンは付き合いできませんでした(残念…)。理事会で、途方に暮れる話をしているさなか、娘はたばらしてーって、ホクホク顔だったようです。

こんな風習って、ほんとステキです。
他人の庭先に、気兼ねなく入れます。
相互理解が、子どもと大人でも成立します。

我だけがいいという概念は、ここにはありません。

「たばらしてー」

by kurage874 | 2013-09-20 03:40 |  飛鳥町漫遊記
もう夏も終わりみたいに、大又川は冷たかった
朝夕の冷え込みは、尾鷲市街も同じです。

昼間に温められた部屋だけが、いつまでも暑いです。
c0010936_161550.jpg
稲も刈られている


保育園帰り、車を走らせ大又川へ。
さすがに、もう泳いでいる気配がありません。
飛鳥熊レス村も、回りは稲刈りがはじまっています。
週末の台風を考えると、今週中が山場です。
c0010936_172949.jpg
ジャンプ!


さすがに、水が冷たく、オトンは限界に近いです。
オトンは、普段も水風呂にも入れないので、キッツいです。
とくに、底の水の冷たさは半端ないです。
それでも、さらカッパは、まさに水を得た魚のようです。
c0010936_194276.jpg
みずへーき


なんどか溺れた夏でしたが、水にもなれました。
水泳を習ってほしいとは感じますが、本人はどこ吹く風です。
実は絵も習って欲しいのですが、どうようにどこ吹く風です。
しばらくは、自然で遊ぶことに、興味関心を持ってもらおっと。


by kurage874 | 2013-08-29 01:12 |  飛鳥町漫遊記
さらカッパ、顔をつけて泳ぐの動画
えらくなったでしょ!

撮影は、8月23日でした。



この夏、大きく成長したと感じます。
あと1回は、川に行きたいそうです。

■オマケ
イタズラさらカッパ




by kurage874 | 2013-08-27 23:56 |  飛鳥町漫遊記
今夏に思ふこと
今年は、実家の飛鳥町に通い詰めです。

飛鳥熊レス村の存在が、一番にあります。
c0010936_058653.jpg
飛鳥熊レス村の赤紫蘇


ここで5年間、居住者3組を目指して奔走します。
そのキッカケとなる飛鳥熊レス村は、大きな試練の場です。
公的資金をアテにするでもなく、仲間たちで汗かきました。
その結果、1,200キロの収穫と、対価を得る体験をしました。
農業は、大変です。しかし、大きな可能性を知りました。
次は、高菜、蕪菜、そして、マコモ、小麦、本丸の稲作です。
人が寄れば、知恵が出ます。その人を、この指とまれで集めます。
誰かに与えられる人生もいいけど、切り拓く人生の方が面白い。
c0010936_0555751.jpg
16日夜の火事


たまたま火事の現場に行って、いろんことを考えました。
一瞬で無くなるということは、その原因を境に人生をも変わっていく。
この火事の原因は不明でしたが、不可抗力な面もあるでしょう。
そして、消防団とか消防署員が奔走している姿に、思うことも。
コミュニティが崩壊しているような外部の目は、まさに節穴です。
小さくなっても維持できるように、やはり寄り添わなくてはとね。
c0010936_0562249.jpg
18日夜に汚した人たち


今年ほど、クラモトが汚れた年はないかも知れません。
それだけ通ったこともありますが、この場所が知れたんやろね。
知ってもらうことはいいことですが、こういう輩を呼び寄せることも…
この宴のあとは、岩ガキが散乱し、裸足では歩けなくしてました。
川のなかにも、岩ガキを捨てた大場嘉門は、二度と来ないで欲しい。
平地区の人たちは、トイレの掃除もやり、草刈りもしています。
そのありがたさをわからない人間モドキは、絶えればいい。
c0010936_0572742.jpg
20日になってからの墓参り


うちの実家は、仏さんでなく、神さんの信仰です。
迎え火も送り火も、無縁の環境で育ちました。
なので、形式的な墓参りの作法しか知らず、ご先祖にご無礼を…
手を合わせて、短く深く、いくつかの報告と今後を伝えました。
娘も大きくなりました。しかし、その娘の母親はもういません。
それでも、会えなかったけれど、母親にはかわりありません。
c0010936_0592159.jpg
20日正午の実家


残暑厳しい今年の夏です。
飛鳥も、朝夕は涼しいですが、日中はしんどいです。
昔は、30度を超えると大騒ぎしていました。
また今年は、雨が本当に降らない。
また、豪雨災害が来るのではと、2011年を回想します。

都会であろうと、田舎であろうと、もちろんのこと尾鷲であろうと、飛鳥であろうとも、人は住んでいます。この”住んでいる”ということが、僕にとっては率先する市民であることの根本にあります。どこに住んでいようとも、日常生活を営む点において、生活水準に違いがあってはならぬのです。しかし、その地域に見合った水準もまたあるわけで、ここの追求が大きなテーマです。

それでも、生活している。

そこに寄り添うことで、見えてくるものがあります。
それが、飛鳥熊レス村の挑戦であり、飛鳥での僕です。

尾鷲にいたからこそ、見えてくる現実があります。

by kurage874 | 2013-08-21 01:35 |  飛鳥町漫遊記
この夏最後のさらカッパになるのか?
名残惜しんで、朝からクラモトへ。

川の水が冷たく、さすがに気合入れて入ったオトン。
それに引き換え、さらカッパはスースイスイノスイ…完敗。
c0010936_0333183.jpg
お姉ちゃんたちと


c0010936_03474.jpg
水中メガネのさらカッパ


この夏は、とにかく泳がせそう、好きなように水に浸からせようと。無理に何かを教えるでもなく、自分自身でその何かを見つけてもらおうと、そんな気持ちで通いました。さらカッパは、そんな環境で誕生したと思います。皿のお水が乾いてくると、「とーちゃん、およぎにいきたい」と言うようになったのも、”好き”が先行するからでしょう。それを実行できるように努力しただけで、子どもの成長を垣間見た気がしました。
c0010936_0344220.jpg
カッパ一族?


ワガママっぷりも成長しましたが、外れた人生を歩んでいるとも思いません。1歳半ばからは、母親の愛情を知らずにここまできたので、オトンの甘い考えかも知れませんが、したいようにさせたいとは考えています。もちろん、放任ではないし、メリハリはつけていますが、それが人と違うからといって、責められるいわれもありません。オトンも考えながら、娘がもらってる試練を和らげようと、日々努力しているつもりです。近くもない他人が、とやかく言うのは勝手です。しかし、こちらの領域に入らないで、勝手に言うなやってことですよ。馬鹿者が…ってね。娘のこと考えたことあるかってね。
c0010936_035993.jpg
今年41歳厄年


c0010936_0362529.jpg
岩にしがみついてでも


c0010936_0353189.jpg
崖っぷちで瞑想?


人生、同じやりくりするなら、楽しんだほうがいいでしょ。

僕は幸いにして、娘と歩んでいます。
この子だけは、命にかえても護ります。
それが、親のつとめです。

さらカッパ、十分に夏を堪能したかいな?

by kurage874 | 2013-08-21 00:49 |  飛鳥町漫遊記
自然で遊ばせてもろて、ごみ捨ててくの?
さらカッパが泣いてます。

連日、人が増えて、居なくなるとこの有様です。
c0010936_12163074.jpg


c0010936_12164455.jpg


c0010936_12165794.jpg


一番多いポイ捨ては、やっぱり煙草の吸殻です。
また、ごみ袋にまとめて置いていく輩も、定番です。
ここには、住民が管理するトイレもあります。
しかし、どうしたらそんなに汚れるのかと思うほど…

マナーとか、秩序とか言う前に、ほんまに人間の仕業か思います。

昨日までの分は、クラモトのカッパ父娘がさらいました。

しかし、次は、ありませんよー水に沈めますよー

これをイベントにして、関係ない人がひらうなんて、どう考えてもオカシイと思いませんか?捨て得いうか、悪い子とした人がへーへーしてて、片付ける住民やボランティアって、本来はアカンでしょ?

さらカッパは怒っています!

by kurage874 | 2013-08-17 12:20 |  飛鳥町漫遊記
川に出没し、夜は盆踊りに興じる
早くも盆も終わり。

と同時に、夏も終わりな雰囲気に。
c0010936_235916.jpg
出没!


しわびきがなかなか寝ずに、昼寝が遅くなりました。
オトンに叱られて、ようやく寝るも起きたら夕方…
今度は、「およぎにいきたかった」と泣きべそ。
c0010936_245583.jpg
余裕!


人気のない川に行き、さらカッパは今日も出没!
しかし、水はぬるく、ホトホト雨がほしい気になりました。
それでも、さらカッパは水を得た魚のようでした。
c0010936_253327.jpg
満足!


満足して帰ってきて、すぐに地元の盆踊りへ。
天理教の追善盆踊りも、今年で4回目です。
すっかり、ヒトボシを踊るようになりました。
c0010936_26319.jpg
盆踊り!


一人でも輪に入り、何回もグルグルしました。
けっこう様になっていて、みなの注目にも満足気。
さすが、女優です…
c0010936_265982.jpg
オトン見っけ


ひとしきり踊り、実家に戻ってくるとバタンキュー。

明日は、いよいよ熊野大花火大会です。
これで、娘の暑い夏も終わりそうです。

by kurage874 | 2013-08-17 02:13 |  飛鳥町漫遊記
盆を満喫する
15日の出来事です。

毎日のように泳ぎに行き、すっかりカッパに。
c0010936_1252086.jpg
顔を水につける練習


c0010936_1261086.jpg
飛び込み


人が少なくなる16時以降に行くので、まさにカッパです。
それでも、今年の盆は、やけに人間が多いです。
ごみの散乱が気になるさらカッパです。喝!
c0010936_1271766.jpg
オトンを川に引きずりこもうとする


川から上がると、「おなかすいたー」とさらカッパ。
急いで実家に戻り、夕飯の支度をします。もう定番。
この日は、実家の計らいでBBQでした。やったー!
c0010936_1311343.jpg
BBQ!


c0010936_132918.jpg
今年何回目?


まあね、なんでも食べます。
陸に上がったさらカッパは、今度はギャルさらに変身します。
大人を独り占めで、まさに好き放題です。でも、夜は「おとーさんねよ」。
c0010936_1325677.jpg
定番花火


c0010936_134630.jpg
夏も終わりかな


この日も、実家の飛鳥に泊まりました。
バタンと、電池が切れるように寝ていきます。

明日の朝は、飛鳥熊レス村で、赤紫蘇の刈り取りです。
オトンは、遊びに付き合うので精一杯です。
歳は取りたくないね…

by kurage874 | 2013-08-17 01:46 |  飛鳥町漫遊記