海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: 飛鳥町漫遊記( 75 )

カッパの碑の川で泳ぐ
今日も、泳ぎにだけ行きました。

地元の川で泳げるって、実はいいことだなって。
c0010936_082595.jpg
カッパの碑


飛鳥熊レス村のある平地区は、300年もキュウリを栽培しませんでした。それは、カッパとの約束でした。

しかし、僕が小学校5年生のとき、肥料用のキュウリをつくると儲かるとかで、当時の農協の勧めもあって、キュウリをつくることになりました。ちょうどこのころ、飛鳥のいたるところでキュウリが栽培され、あまったキュウリが、「ご自由にどうぞ」って、段ボール箱に捨て置かれてもいたっけ…僕ら子どもも、キュウリを食べながら登下校し、遊びで集まると、マヨネーズ片手にキュウリをかじりながらってやつもいたな。

その栽培も、数年で下火になり、300年の伝統を水の泡にしてしまったことに、僕ら子どもは戦慄を覚えた記憶があります。いつか、カッパが水泳中に足を引っ張るのではないかと…まあ、大丈夫でしたけどね。

ただ、いまでもこうしてキュウリが供えられ、泳ぐ人の安全を祈願しています。この碑を知る部外者は少ないかもしれませんが、だからこそ、安全に泳げる川なんですよって言いたいね。くらもとの重なり岩の下には、このカッパがいまも潜んでいて、川を汚す人を引っ張りこんでくかも知れません。

でも、こういうことをいまでも守っているって、いいですよね。
c0010936_0235991.jpg


c0010936_0242351.jpg


今日も、お気に入りのお姉ちゃんたちを従えて、さらかっぱは、シャチホコ号に乗って遊びまくりでした。深みももろともせずに、泳ぎもマスターしそうな勢いです。オトンといえば、さすがに体力も限界になってきて、ただただ日焼けばかりが進んでしまい、松崎しげる風になっていっています。

でもね、伝説のある川って、やっぱ守っていきたいですよね。
飛鳥熊レス村は、そんな場所にあるんですよ。

by kurage874 | 2013-07-22 00:28 |  飛鳥町漫遊記
さらかっぱ
イベントのあと、お昼寝をするわけもなく、夕方から川へ。

父娘がいく大又川のこの場所は、地元だけでなく、他所からもよく来ます。アクセスしやすいし、トイレはあるし、ほどよく流れがあり、深みがあり、浅瀬があり、砂浜にもなっています。地元の方が、川ざらえをしたり、草を刈ったり、トイレ掃除を毎日のようにやったりして、いまの姿を守っています。
c0010936_7543930.jpg


ただ、毎年残されるごみが、実は気になっています。今年も、ペットボトルにお菓子の袋、忘れ物…焚き火をするのはNGではありませんが、下手くそな焚き火と後処理で、8月の終わりには、焦げ跡が小山のように残ります。自然であそばせてもろて、なんでやろね?ちょとだけ、今日は片付けてきました。
c0010936_757038.jpg


ところで、今日も”さらかっぱ”は、「およげるんやで」と、元気いっぱいでした。水に入る前の体操もやり、徐々に身体も慣らしてから入りますが、一度入ればもうカッパです。そして、「おとーさん、とびこんで」、「おとーさん、もぐって」、「おとーさん、かめになって」…40歳という歳を、ヒシヒシと感じる瞬間です。



この日は、遅からだったので、1時間弱で切り上げましたが、「おとーさん、あしたもくるでね」って、不敵な笑いとともに、念押しされました。飛び込みもやってしまうもうすぐ4歳ですが、この地域の自然を、余すことなく楽しめる大人になってもらえれば、まずはそこからです。

by kurage874 | 2013-07-21 08:14 |  飛鳥町漫遊記
新緑
c0010936_17493132.jpg


c0010936_17504325.jpg


c0010936_17521956.jpg


雨上がりの新緑は、少し怖い。
緑が映えすぎて、圧倒される。

この気持は、忘れてはいけない。
そして、そのまま娘に繋いでいく。

裏表のない世界。

by kurage874 | 2013-06-29 17:56 |  飛鳥町漫遊記
田舎の子!
今日も娘は、飛鳥熊レス村で元気に泥んこでした。

カエルも、ダンゴムシも、ケラはちょっと恐いけど、まあ平気。
カエルは、気の毒なほどにオモチャにされています。災難…
c0010936_2003333.jpg
「かえるさん、おる!」


c0010936_2013991.jpg
「とーちゃん、どくきのこある!」


c0010936_202654.jpg
「おこめになるん?ただのくさやんか」


c0010936_2033861.jpg
「みずつめたいわ」


水も平気、泥んこも平気、トンビとカラスは、ちょっと苦手。大きいもん。

やっぱちょい冷たい


このあと、久しぶりに、姪っ子の家にお泊りに行きました。

ちゃんと寝てくれるかいな? ※前回は夜中にお迎えに…

by kurage874 | 2013-06-22 20:09 |  飛鳥町漫遊記
おそらく今年最後のワラビ取り
今年は都合3回、行けました。

すべて娘と一緒でした。ヨカッタ。
c0010936_11294213.jpg
この日は、お姉ちゃんたちと


実家近くの穴場は、やはり時期が1週間弱過ぎていました。
ただ、ここはたくましく生えているので、太く力強いです。
昔は、秘密基地的によく遊んだ場所でもあります。
c0010936_11312586.jpg
4人の成果


藪こぎする娘は、すっかり田舎の子です。
こうして、自分なりに学んでくれたら嬉しいです。

とってきたワラビは、さっそく整えて、茹でてアクを抜きます。
Yちゃんと、Hちゃんにももって帰ってもらいました。
さてはて、どんな料理になるのかな?

いやあ、自然の恵、ありがとう。

by kurage874 | 2013-05-07 11:33 |  飛鳥町漫遊記
飛鳥町の1・8の魅力
ちょっと前、飛鳥町の1・8に行ってきました。

店主が近所で、海月一家は、当初からのお客さんです。
c0010936_23275463.jpg
うまそ~でしょ


このお店の凄いところは、こんな田舎のヘンピな場所でも、美味しいとわかれば人が来るってことです。地元4割、地以外6割って感じです。地元では数少ない飲食店ですが、遠方からのお客さんもよく見かけます。もちろん、尾鷲からやってきてくれる常連客もいるはずです。

そこで、ここでのオーダーのコツは…というか、海月オーダーは、
 ・ホルモン(テッチャン)
 ・ツラミ(ホホ)
 ・上ミノ
 ・骨付きカルビ
 ・上ロース、または上カルビ

そして、アサリ汁も実は外せません。
大人3人ですと、上から3-2-2-2-1って感じです。

あと、ホルモンは、皮の方から先に焼くべし、です。

by kurage874 | 2013-05-01 23:35 |  飛鳥町漫遊記
里山のめぐみ
また、ワラビ取りに行って来ました。

娘を背負っての、ヒミツの場所入りです。
c0010936_923033.jpg
もののけ姫


飛鳥では、まだまだ行けそうですが、雨が降って気温が高くなれば、あっという間な感じですね。来週の火曜日以降が雨なので、ここが分かれ目になる感じです。あと、山茶の方は、まだまだって感じです。5月の第2週目か第3週目の週末かなあって感じです。
c0010936_9315956.jpg
ゲットー!


c0010936_937339.jpg
これから茹でます


こないだと同じくらい取ってきて、形を揃えて茹でました。
今回は、ゴンパチ(イタドリ)も3本ありました。

自然の恵って、凄いなあ。

by kurage874 | 2013-04-28 09:43 |  飛鳥町漫遊記
自然の恵、恵みの伝達、旬を遊ぶ
用事で、飛鳥町に行ってきました。

この時期は、山菜では王道のワラビとゼンマイとイタドリです。
僕は、小学校のランドセルに、ゼンマイを入れたくらいに好きでした。
当時は、婆ちゃんが丁寧に処理してくれて、一斗缶にためてました。
そして、長年貯めていたのを、婆ちゃんの葬式のときに出しました。
ワラビも、婆ちゃんと試行錯誤しながら、塩漬けしたこともありました。

もっと前には、爺ちゃんがズタ袋いっぱいに山菜をとってくるのを記憶しているので、僕にとって飛鳥の山菜採りは、当たり前のような風物詩です。僕が高専時代でも、朝早起きして山に入り、「てっちゃんには負けるわ」って、当時のライバルたちに笑われたものです。そのライバルたちも、いつしか鬼籍に入り、こんな目的で山を駆けまわるのは、あまりいなくなったようです。

恵みをいただき、それをあとにも伝えていく。
そのためには、残しておかなければいけないことがあります。
それが、熊野レストレーションの原点だと感じています。
c0010936_502468.jpg
イッシッシー


わずか30分くらいで、立派なワラビをとってきました。秘密の場所へは、少々藪こぎもするので、娘を背負って這い上がりました。「おとーさん、ここでなにあるん?なんで、こんなことするん?」と、娘も疑心暗鬼でしたが、ワラビ採りを理解させると、それがどういうものなのかはわからないままでしょうが、限定的なそれを”とる”と言う動作が、娘にはヒットしたようです。すぐに覚えて、自分でもとっていました。
c0010936_544768.jpg
立派ですよ


この場所には、すでに誰かが入っていました。それも実は嬉しくて、ちゃんとおこぼれはあります。あと1週間くらいは、まだとれそうな感じでした。昔は、もう少し遅い時期でしたが、やはり温暖化は影響していると感じます。

実家に戻り、すぐに硬くなる下の茎を飛ばし、輪ゴムで揃えたのを均等に縛って茹でます。煮物で2-3人前くらいが6束できたので、まずまずの収穫です。僕は、このワラビのご飯が大好きで、あとは実家の母の腕自慢に期待して待つばかりです。あと、アク抜きですが、うちでは水に晒すだけです。昔は、山水を貯めた婆ちゃん家で晒していました。そういえば、タケノコを湯がくのも、薪と釜でした。これで学校をサボったことも懐かしい。

ボチボチと、娘にも伝えていこうと思います。

と言うか、すでに娘にはspiritありますね。

by kurage874 | 2013-04-15 05:16 |  飛鳥町漫遊記
娘と見た金環日食
朝から雲ばかりで、とうてい無理だと思った。
しかし、雲が切れ、時にはかかるけど、見えた。
c0010936_8291925.jpg
7時55分頃


熊野市飛鳥町佐渡で見た、娘との金環日食。
この場所では、最初で最期の金環日食。
こういう特別な日を、家族で迎えたいと思ってた。

でも、娘とは見たよ。

皆さんも見えましたか?

by kurage874 | 2012-05-21 08:36 |  飛鳥町漫遊記
ふるさとが被災するという実感
実家に物資を届けました。

飛鳥町は、断水・停電が続いています。オール電化にしていた実家は、カセットコンロ頼みです。風呂にも入れないし、TVで情報を見ることもできません。携帯電話が、ようやく繋がるようになったと聞いています。同じように周辺で困っている人は、五郷町と併せてもざっと2,000人はいるでしょう。過疎化と高齢化が進んでいる地域の2千人が、ほぼ孤立状態です。ただし、道路が開通したので、これが大きな救いとなっています。
c0010936_0525917.jpg
尾鷲熊野間の国道42号線、法面がイ型シェッドの上を越えたようです


c0010936_234016.jpg
飛鳥町小阪の橋(畑田)


c0010936_251060.jpg
旧飛鳥中学校裏の谷川、土石が堆積し、田んぼに流れています


c0010936_263976.jpg
旧飛鳥中学校前の橋、この上を川が越えた


c0010936_273228.jpg
妙見さんに行く道もない


c0010936_2934.jpg
旧飛鳥中学校の講堂が浸水、運動場も土砂が堆積


c0010936_2101745.jpg
あすか診療所の法面が崩落、谷川を塞いでいる


c0010936_2131083.jpg
旧日進小学校近くの水路橋が流出


c0010936_2152897.jpg
現飛鳥小学校も1階が浸水


c0010936_2185717.jpg
五郷町寺谷から和田に渡る橋が流出


c0010936_2201360.jpg
五郷町の飛鳥神社横の橋も陥没


c0010936_2211367.jpg
五郷町の小中を結ぶ橋も流出


c0010936_2215725.jpg
湯谷川と大又川の出合い付近も大荒れ


飛鳥町も五郷町も、僕にとっては遊び場でした。大又川は、とくに学校に引けを取らない学び舎だっただけに、これほどの猛威に唖然とします。また、あちこちで床上まで浸水し、自力復旧しているのを見てきたので、ライフラインのないなかだけに胸が痛いです。今日は、ざくっと見てきただけなので、ちょっと自分でできることを考えます。せめて、橋が通れるようになれば、人の行き来くらいはできるだろうな。

実家もそうですが、あちこちで、谷川から水を汲んだり、洗濯をしている人を見かけました。野口の堰では、若者たちが行水していました。水に慣れ親しんだ土地柄なので、その川が氾濫したことは、精神的なダメージ大きいです。

しかし、これからです。

by kurage874 | 2011-09-07 02:32 |  飛鳥町漫遊記