海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
カテゴリ: 三重県漫遊記( 48 )

カフェ日和
雨の日、行きたくなるのがカフェです。

津に行く用事があったので、ランチをしてきました。
c0010936_20582225.jpg


ボーとしながら、オーナーと話しをするのもいいのですが、今日は時間に追われていました。ゆっくり流れている時間のなかで、僕だけがバタバタとしていました。あーもったいない。このあと、コーヒータイムを予定していましたが、それは次回へのお楽しみになりました。残念…
c0010936_20585343.jpg
豆カレーの大盛り


このカフェが落ちつくのは、カフェそのものが持つ雰囲気だけでなく、カフェテーブルやイスがしっかりしているからです。美里の油田さん作なので、なるほど納得がいきます(ここ)。

よい時間を過ごすには、よい家具が必要だと実感します。木の温もりを感じるのは、木の息づかいがあるからです。この息づかいは、木が生きている証拠です。ここに、家具作家の妙技を感じます。そういえば、友人の製材所の若大将も、生きている木をつくり出しています。やはり、人によって、木はいつまでも生き続ける気がします。

カフェは、そんな妄想をするには持ってこいの居場所です。

by kurage874 | 2014-03-20 21:12 |  三重県漫遊記
アナドレナイ…
なんとなく、温浴ブーム到来…

きよもん湯、夢古道の湯、そして、一志温泉やすらぎの湯。
c0010936_23353987.jpg
これはガスト


侮れないなと感じたのは、ガストの子どもメニュー。
トビっきりではないにしても、子どもの興味を掴んでいる。
なるほど、食通にはまだ早いので、視覚から入るしね。
だから、オトンのオススメは無視され、ここだったのね。
c0010936_2337357.jpg
やすらぎの湯


今年2度目の一志温泉でした。
前回、爺さまに思い切り車の後ろををアテられた…
「ゆるしてくれー」と泣きつかれてね。免許証がないとか…
いまでも、娘はそのときの会話を覚えて言うてます。

「とーちゃん、ここってなんでおじいちゃんばっかりなん?」

と聞いてくるほどに、高齢化率の高い温浴施設です。
なのに、風呂場は薄暗い方だと感じます。それで雰囲気あるけど。
きよもん湯と同じ泉質で、ベールのようにぬるりとします。

侮れないと感じたのは、フロアに貼ってあったポスター。
本当に、さすがです。どこの施設に行っても、目につきます。
苦労もしていると聞きましたが、努力してこその結果です。

いやあ、アナドレナイと感じた1日でした。

by kurage874 | 2013-12-09 23:43 |  三重県漫遊記
伊勢の国、遷宮の戦略
今年は、伊勢が熱いですね。

20年前、僕は21歳でしたが、これほどまでに遷宮がクローズアップされていたようには記憶にありません。地元伊勢の方に聞けば、今回の遷宮の広報戦略が凄まじいと聞きました。確かに、メディアが毎度のように報道するし、広報もアチラコチラで見かけます。
c0010936_212898.jpg
手こね寿司と伊勢うどん


二瓶さんがお伊勢参りをするというので、伊勢のYさんにお願いし、付き合っていただきました。まずは、お昼ということで、鳥羽市内の某店へ、伊勢うどんを食べに行きました。ドボドボでない伊勢うどんは、伊勢うどんらしくて美味しかったです。なんでも、このお店で製麺しているらしく、ダシの香りもよかったです。
c0010936_2154965.jpg
正宮


伊勢神宮に来るのも久しぶりで、風日祈宮→正宮→荒祭宮と回りました。予想よりも人出は少なかったですが、若い人が多いのには驚きました。いままでのイメージでは、爺さんや婆さんが歩いている印象でしたが、若い夫婦や女子旅がけっこういました。また、ちょうどタレントの照英さんがロケに来ていて、湿気ムンムンのなかでしたが、さすがに笑顔でした。ただ、遷宮にあたって、毎日どこでなにをしているのか、または参加するのはどうすればいいのかなどは、インターネットでは見つけられませんでした。
c0010936_21142155.jpg
定番


40から60代の3人のオッサンが、汗をカキカキ歩いたあとは、赤福氷でキンキンに冷えました。この氷のイメージも、あんこ以外は甘くないものでしたが、全てが甘くなった印象でした。もう少し、オトナな味がいいですが、老若男女にウケるには、甘いほうがいいのかも知れませんね。ひょんなことから、お伊勢参りをすることができて、やはり遷宮の年に来てよかったと感じました。そして、娘も連れてこようかいなと思いました。歩くだろうしね。赤福氷がご褒美で…

二瓶さんと別れ、16時半には保育園に迎えに行きました。伊勢も近くなったものです。足を伸ばして、尾鷲やこの地域に来るってプランは、こちら側の広報戦略だなと感じました。団体を見据えるのではなく、個人規模の旅人を誘導ですね。

伊勢のYさんのお陰で、伊勢参りのガイドもしていただき、今日はいい日となりました。二瓶さんとも、近いうちに再会する約束をして、次は滞在できる場所をこしらえておこうと思いました。言うたらやりますからね、僕は。

伊勢からの尾鷲や熊野、熊野からの伊勢って、面白いことできそうです。

by kurage874 | 2013-09-03 21:21 |  三重県漫遊記
津で食べた、カレーとナンのお店
1日中、津でいました。

めずらしく、昼は一人で食べました。
c0010936_031567.jpg
津新町の駅が最寄りやったか?


なんとなく、それらしいお店の記憶があり、辿りつけました。
お昼時もあってか、店内は空き席待ちでした。
ただ、僕は一人だったので、先に通されました。なんか、はずかしよ。
c0010936_044929.jpg
ナンのでかさと言ったら


850円のランチには、2つのカレーとナンがついています。
これを、ハーフナンとハーフライスにもできます。
カレーは、チキンカレーが固定で、あとは選べます。
辛さも選べて、マイルドにもできます。
c0010936_051144.jpg
1050円でラッシー付き


ドリンクも安価で、200円でラッシー飲めました。
女性客が多く、8割に囲まれて食べました。

なんだか、オススメです。
また行きたけど、この手は好き嫌いあるからねえ。

今度は、同伴で行きたいところです。

by kurage874 | 2013-09-01 23:59 |  三重県漫遊記
三沢厚彦 ANIMALS 2013 in 三重
行ってよかった。もう一度、行くかもね。
c0010936_20314194.jpg


尾鷲ヒノキの使い方が、半端無くヨカッタ。
その見せ方を、けっこう考えたようですと、学芸員の説明でした。
そのモチーフも、実はちょろっと展示されていて、書き直ししてた。
とくに、尾鷲ヒノキを使った展示は、ここだけとのことです。
写真撮影は禁止なので、まさに行くしかないのです。
c0010936_20322347.jpg


三沢厚彦さんのアニマルは、無表情なのにユーモラスがあり、見る僕を困らせます。しかし、そのアニマルたちに見られているという感覚は、どこか落ち着く要因でもあるのです。
c0010936_20324753.jpg


娘が発見した、シロクマ(作品には名前が入っていませんので、僕の予想です)の目だけが、左右非対称でした。なぜに、色違いなのかを、知っている方に教えてもらいたいです。娘は、クマたちと同じ格好をして遊んでいました。
c0010936_20332080.jpg


会場内には、ヤモリも2匹いますよ。外にも2体います。そういう演出が憎らしいいほど、可愛いのです。そして、仕切りや台座など、上手に端材をつこています。これは、キタガワノホトリにも、応用できそうなヒントをもらいました。
c0010936_2033655.jpg


ぜひ、足を運んでみてくださいね。
後味の残る、いい作品と演出でした。

やるなあ、三重県立美術館!

by kurage874 | 2013-07-23 20:42 |  三重県漫遊記
ご褒美は、讃岐うどん
昨日の出来事です。

選挙期間中、ドタバタとしたので、ようやく親子水入らず。
なにか食べたいものを聞いたら、「さぬきうどん!」ですって。
欲のない娘に感謝しながら、松阪まで走りました。
c0010936_13385162.jpg
温玉入り


高速は、行きが500円で、帰りが750円、ぶっかけうどんは230円…
高いうどんになりましたが、満足して食べてくれました。
今年こそは、本場に行ってきます!

熊野の郷で風呂に入り、帰ってくると玄関に黒い影。
一瞬、ゴキかと見ると、今年初のコクワガタでした。
c0010936_13395839.jpg
5cmくらい


c0010936_14155271.jpg
おおお!


なんなく捕まえる娘に驚きながら、さすがにほうてくると、顔がこわばりました。しかし、カエルも平気、動物も平気、いやはや誰に似たんだか…

それはそうと、「おとーさん、せんきょおちたん」には参った。
子どもって、素直に残酷なんだよね…

by kurage874 | 2013-06-13 14:17 |  三重県漫遊記
来たぜ!サルシカ秘密基地
ヒビコレに来たならと、さらに足を伸ばした。

サルシカ隊員である以上、秘密基地は見ておかねば…
c0010936_22272812.jpg
デッキがいいねえ


c0010936_22275067.jpg
これが例の石窯だ


けっこうな田舎にあって、飛鳥熊レス村にも通じるものがありました。来た甲斐がありました。熊野レストレーションも、このようにしていけたら面白くなりそうです。隊長からも、ヒントとなる話を聞きました。そうですよね、人の輪をどう拡げていくかです。熊レスなら、それができる気がします。
c0010936_2231314.jpg
娘にはたまらん


ブランコに、ハシゴに、ハンモックに、崖に…娘が欲しいもの全てがあったようで、帰りの車のなかでも、これらをすべて作ってと言うてました。まあ、あの木柱ハシゴに登ったのには驚きましたが、やりよる子ですわ。

こういった場所が、県内のあちこちにあったら、それを繋ぐ人が必ず出てきます。そうなれば、人も動くし、イベントも動きます。田舎で、田舎らしく遊ぶのは、これからもっとウケると感じています。やはり、秘密基地が必要です。

三重県の南端では、ブーワさんがパッチワークハウスなる家を開放しています。これを知ったのは、ここと僕のカフェを行き来する人からでした。僕がそのブーワさんと対面したのは、つい昨年のことでした。しかし、お互いがけっこう知り合っていたので、なんとも不可思議な対面でした。

サルシカ秘密基地、恐るべし。
負けじと飛鳥熊レス村もやりたいね。

これで県内3ヶ所やな。

by kurage874 | 2013-05-26 22:37 |  三重県漫遊記
グッバイ!カフェヒビコレ
行きたいと思うときは、行くべきだ。

それは、人生の何においても、そうするべきことだ。
c0010936_2217185.jpg
娘は初めて


僕がヒビコレを知ったのは、いまから数年前、自分がカフェをはじめてすぐで、友人の紹介でした。それ以来、行きたくなると行く感じで、数回ですけど足を運びました。そのカフェが、今日を終いにカフェ部門を終わると言うので、ふとやっぱり行っておきたくなりました。
c0010936_2220368.jpg
古民家カフェ


ここの良さは、行った人それぞれだと思います。僕は、自分ちのようだけど、ちょっと違う場所に来た感じです。不思議と、ここに来ると眠くなります。僕にとってはそういうカフェです。娘は、初めてでしたが、絵本を読んだり、玩具で遊んだりと、好きなように時間を過ごしていました。

カフェは終わるそうですが、建物は当然残るし、ここでの活動も、これからさらに広がるそうです。僕は、あんまし社交性がないほうだけど、ここに共通するけっこうな知り合いができました。すごくいいカフェでした。

■hibicore.com
 hibicore.com

by kurage874 | 2013-05-26 22:23 |  三重県漫遊記
第4回森の中のマルシェに行ってみる
c0010936_21135382.jpg
デザインステキ


今日も暑かった。

百聞は一見にしかずということで、4回目にして行ってきました。これまでも気になっていましたが、facebookでイベントの招待を受けると、なぜか本気度が増してくるものです。今回は、亀山市在住の桂織さんにご招待を受けていました。しかし、現地につくと、すでに彼女の講座がはじまっていて、見守るだけとなってしまいました。
c0010936_21191581.jpg
恵みを食べる


訪れている人も多く、駐車場からもけっこう歩きました。会場内も混んでいて、人気ぶりがうかがえました。それに、若い世代の姿が多く、こういったイベントの客層は、出店しているお店と重なりあうなと感じました。
c0010936_21223697.jpg
カホンに夢中


お昼どきだったので、素朴なおにぎり弁当を買い、木陰に座って食べました。この会場の雰囲気はいいのですが、もう少し空き地というか、ベタッと座れるところがあれば最高かも知れません。しかし、父娘むさぼるように食べました。
c0010936_21262491.jpg
紙芝居、絵本朗読も


娘には、なにがなんだかわからんかったようだけど、人がいっぱいで、音楽が鳴り響き、最後にアイスを買ってもらえたので、満足して帰ってきました。ただ、五桂池の足こぎボートに乗りたかったらしく、「さらちゃんもこげるのにー」ってブータレていました。

こういったイベントは、この地域でも受けるような気がするし、紀伊半島南部くらいで集まれる要素があれば、年1回からはじめてもよいのかも知れません。おそらく、分散型でやってしまうと、人もそこそこ以下でしょうが、田辺から南伊勢あたりが、一同に介して50店舗も集まれば、近畿や東海圏からもやってくるように感じました。面白そうな企画になりそうです。

さて、プチ旅ははじまったばかりです。

by kurage874 | 2013-05-26 21:32 |  三重県漫遊記
岡村とうふの戦略
食べ物ネタが多いと、病んでるという噂が…
海月の場合は、「家で飯つくってない」と言われたことも…

いえいえ、気分転換も必要ですよ。食は人生を左右しますし。
c0010936_6551758.jpg
キツネとカレーうどん


松阪に、岡村とうふができてしばらくになります。派手なワゴンが目印で、「買ったことはないけど、よう見るな」って気がしていました。それが、尾鷲でもワゴンを見るようになり、実は何度か買うようになりました。ワゴン販売は、田舎者の海月には、懐かしくワクワクするのです。

その岡村とうふが、飲食店をオープンさせていました。多気と松阪にありますが、1号店の多気店に行って来ました。相変わらず、派手な看板ですが、これに嫌味を感じず、岡村とうふを連想させるところがうまいです。また、店内は、たくさんのお客を捌けるように工夫されており、厨房も大きくつくられていました。

ただし、この日のお客はウチラだけで、後にも先にもでした。しかし、ここのうどんは、三重県産の小麦を使い、讃岐のシコシコが苦手な人には抜群にウケると思います。また、ダシも化学調味料を使っていないホンモノで、さっぱりとしています。
c0010936_7103338.jpg
キツネうどんをペロリ


海月は、多気の湯に来たときのリピーター間違いなしです。ここでの夕食のあと、多気の湯、帰りにイオンでお買い物、ついでにガソリンも入れておこうってなるかもです。そういうプランが組めますが、こういうプランを組める要素が、ここら一帯には整備されています。あと、多気周辺って、交通の要所だけあって、人が集まりやすく、その人に対してなにかを考える人が多い気がします。

さて、岡村とうふですが、この店舗名の鐵屋は、代表者の名前にちなんでいることがわかりました。どうりで気合が入ってるわけですね。キツネうどんは、岡村とうふの揚げもタップリと入っているし、カレーはダシバージョンも選べます。ふと、岡村とうふの商品で、日替わりコックさんがランチを提供したらオモシロイのになって感じました。

100人を超える従業員を抱える豆腐屋さんですが、岡村とうふの戦略には学ぶことがありそうです。そんなこと考えて食べているうちに、娘にキツネうどんを完食されてしまいました。オトンは、カレーうどんとご飯を楽しみましたが、あのキツネは今度にとっておきます。

ちなみに、この隣の焼肉屋もうまいですよ。

by kurage874 | 2013-05-21 07:21 |  三重県漫遊記