海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2009年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

思春期講座に行ってきます
今日は晴れ。
花粉に注意。

まもなく始まる思春期講座に行ってきます。

対象は、小学5・6年生とその保護者ですが、問い合わせると「参加可能」とのことでした。講師である、NPO法人MCサポートセンター「みっくみえ」を設立した松岡典子氏にも興味があります。この活動自体にも、子育ての分野を中間支援していると感じるので、HCDにとっても参考になりそうです。また、松岡氏と同じ助産師と言うことで、彼女と一緒に参加してきます。

■日時:2月28日(土) 13時~15時
■場所:三重県尾鷲庁舎3階301会議室
■講演:自分で守ろう いのち・こころ・からだ
■講師:NPO法人MCサポートセンター「みっくみえ」代表松岡典子先生

by kurage874 | 2009-02-28 12:37 |  地域イベント情報
コーディネーターは誰がやる?
1日おきに天気が変わります。
季節の変わり目を感じます。

さて、今日も活動についてひとことふたこと。
4年間の集大成を考えているので、いつになく考えることが多いです。

海月たちが仲間とともに立ち上げてきた、プロジェクトCReAMやowasebon製作委員会、東紀州コミュニティデザインセンターなどで得たことは、人生のきっかけであり、収穫であり、将来への希望であり、あと少しの後悔です。

どの活動も、基本的には原則自己資金で運営されています。

立ち上げ時には、それなりの公的資金が投入されましたが、定期的な資金投入はそれぞれ1年で終わっています。ですので、現在は公的資金はほぼ0円です。全てで無いのは、プロジェクトCReAMが関わったイベントのひとつに、公的資金が一部投入されているからです(商店街通りでの夏祭り)。

このような活動には資金が要ります。
このような活動には人材が要ります。
このような活動には人材をコーディネートする人材が要ります。

このうち、資金調達については、スタッフ自ら調達するだけでなく、賛同者からの寄付などでまかなわれています。東紀州コミュニティデザインセンターなどでは、ビジネスに近い活動で資金を得ています。活動における資金調達は、活動する上で必須事項です。これが備わっていないと、継続的な活動が難しくなります。

次に、人材ですが、人材=ボランティアと考えれば、イベントで20-50人くらいのボランティアが集まるようになっています。そのときだけ、したい時間だけ、興味ある人が集まってくれます。スタッフの友人知人も来てくれるので、苦労はしますがボランティアが集まる仕組みは確立されている気がします。

ここで一番難しいのが、ボランティアをコーディネートする人材です。

プロジェクトCReAMは、このコーディネーターの養成を主にしていたこともあり、1イベント1リーダーの体制をとってきました。イベントごとにリーダーが変わり、企画から報告書までを、リーダーが主になって進めることになります。他のスタッフは、リーダーの補佐として活動します。しかし、企画立案から報告書作成までを担当する負担は、実務的な負担だけでなく、気持ち的な負担が大きい現実があります。もちろん、サポートする体制はありますが、それもリーダーの行動力で違ってきます。

この苦労は人材の確保に響き、「プロジェクトCReAMがやっていることは関わりにくい。」との声が出る原因です。確かに、ボランティアの立場からみると、プロジェクトCReAMの活動はボランティアを超えています。自治体によっては、この分野を未だに行政主導でやっているところもあるからです。

そこで、その負担軽減と、それでも人材をコーディネートする必要性もあることから、これらを中間支援する東紀州コミュニティデザインセンターを立ち上げました。現在は、海月の個人的な資金投入によって、事務局として活動する人材を雇用し、自活できるように奔走している状態です。

もしも、行政に余裕があって、恒久的にコーディネートする人材に公的資金が投入されるのであれば、それは理想のひとつです。しかし、財政難などでカットされやすい分野でもあるので、本当の理想は、地域住民ができる活動ではないかと考えています。なぜなら、対応する職員の人件費など考えるからです。これは、美し国おこし・三重の取り組みを見ても、一連の活動を行政として主導するべきではないと問いかけている気もします。

4年目を迎えようとする中で、それぞれの仕組みづくりは構築されてきました。何が必要で、何を協働していくのかも、それなりに見えてきました。要求する先があるとすれば、それはお金でもなく、ボランティアでもありません。

「コーディネートできる人材を確保してください。」

これだけです。
自らも企画立案ができ、そのことに助言でき、資金調達もできる人材です。それに、わずかでも公的資金が投入される仕組みがあれば、行政主導よりも費用対効果は保証します。それだけの活動をしてきているので、そう言い切れる自信があります。

これが、海月だけでなく、おそらくコーディネートする側の市民として、自分たちが頭を抱えている壁です。

by kurage874 | 2009-02-27 17:45 |  海月のぼやき
海月のショートショート
また雨、ジッタリンジンの雨のようやな。

四国を歩いたとき、それでも先に進む自分自身が、何でかわからなくなるときがあった。あのときのいいようのない苦しさやもどかしさは、今でも夢見るくらいなん。しかしね、どこでやろか、歩いた分だけの証しがあって、それが理由になってるって気づいたんさ。人に生きるってそんなもん。だから、歩かないと見つからないことばかりだわ。


航海に出て沈没する船からは、前もってネズミが逃げ出すらしいね。危険を察知する動物の感ってやつやな。しかしさ、海月たちはネズミじゃないんだから、たとえ沈没する船でも、そのときにどうするかやんか。沈没せんように対応すればいいんやし、近くに助けを呼べる知恵もあるやり。人である以上、その可能性を捨てたらアカンやろ。まあネズミならかまんけどさ。


久しぶりに、地獄少女を見た。
そして、今から黒執事。
寝なアカンのに!

by kurage874 | 2009-02-27 02:33 |  携帯リアルタイム
献血
c0010936_14365287.jpg

よい天気になっています。
花粉には辛い1日です。

さて、ジャスコ尾鷲店でやっている献血に来ています。現場で広報している佐藤君からメールが入ったからです。15時まで時間が開いてたので、ちょうどよかったです。

久しぶりに献血しましたが、今日は16時までやっているそうです。

冬場は献血が減ると聞いたので、皆さまのご協力をお願いします。

by kurage874 | 2009-02-26 14:36 |  携帯リアルタイム
今日の夜は食持会
晴れてきました。

今日の19時から、大同楽座で食持会です。
1,000円分の食事を持ち寄っていただければ、誰でも参加できます。
現在までに、7名ほど参加する予定です。

座談ネタとして、美し国づくり・三重の資料を持っていきます。
その資料と、照らし合わせるための資料も用意します。
まあ、その雰囲気になれば、意見ください。

まずは、お気軽に参加を。

※食持会は、プロジェクトCReAMが言い出しっぺではじめたイベントです。毎月第4水曜日の19時から、大同楽座で食事持ち寄りの座談会をしています。参加資格は、1,000円分の食事を持参することだけです。食事を囲んで、まずは食べる。次にしゃべる。それだけで、何かしら話題になります。

by kurage874 | 2009-02-25 12:35 |  地域イベント情報
22時、長野からやってきたチャリダーに声をかける
雨は小康状態ですが、けっこう降りました。
花粉に悩む人にとっては、しばし休戦といったところでしょうか?

さて、先ほど22時ごろ、商店街通りで見慣れないチャリダーに声をかけました。赤いMTB、荷台の両サイドにはツーリングバッグ、青いカッパ姿の彼は、パンクしたMTBを引きずっていました。どうみても、困っているか、何かを探している姿です。

「おーい、何か探してるんか?泊まる場所か?」

彼をカフェに案内し事情を聞いた。
店内には数人のお客がいて、「オーナーまたかー」の顔。
こうしてよそ者に声かけするのを知っているので、気にしない様子。
僕自身は、過去の四国徒歩遍路で声かけられ慣れしているもあるので、すぐに彼の確信をついた。

「今日は、僕が管理する別の古民家で泊まれい。明日、自転車屋案内するわい。」

と言いながら、吉澤に大同楽座を案内させた。
信州大2年生の彼は、長野から京都、奈良、和歌山をまわって尾鷲にやってきた。どうやら、MTBのパンクは、矢ノ川トンネルで起こったらしい。そう考えると、この時間で何も見つからないのは当然だし、何よりも心細いだろう。

明日、吉澤が彼を風呂に連れて行ったり、朝飯をおごったりと、何かしらでお接待するとのこと。これは、僕にとっても嬉しい展開。吉澤にとっても、プラスになる出会いとなるだろう。

このブログをみた、彼のお友達!

「井上君は尾鷲におるよー」

by kurage874 | 2009-02-24 23:22 |  クリーム日記
久しぶりにスカイフードで食べる
4人で夢古道おわせのランチバイキングへ。
c0010936_1712119.jpg
NPO天満浦百人会が当番


c0010936_17123462.jpg
3月には雛祭りイベントも


雨で白く煙る尾鷲湾を眺めながら、よりどりみどり食べました。

たまにはいいもんです。

by kurage874 | 2009-02-24 17:15 |  owaseを食べる
3月の大同楽座楽市に出店しませんか?
けっこうな雨になっている尾鷲です。
嫌なこと、全部洗い流して欲しいですね。

さて、3月の楽座楽市への出店者を募集しています。
c0010936_12223027.jpg


c0010936_1222517.jpg


来場客は、50-100人くらいです。
講座や教室は人気があります。
来る人の年齢層も幅広いです。
ものづくりしたい人がきます。
子どもの姿も見かけます。

500円の出店料のみいただきます。
500円~1,000円程度の講座や教室が多いです。
もちろん、体験者なしの場合もあります。
物販も可能です。
以上、すべて事前審査があります(電話のみでも可能)。

第3日曜日、尾鷲で過ごしてみませんか?
または、集まっている仲間たちと、濃くない交流してみませんか?

そんな場所に、一役買ってください。
よろしくお願いします。

by kurage874 | 2009-02-24 12:27 |  大同楽座
ホッとしたい…おわせごはんを食べに行く
雨上がりは、なんだかワクワクします。

午前中の議会活動が長引きました。
気が重たくなる話が続いたので、ホッとしたくなりました。
c0010936_1512172.jpg
ヒゲダラ


今日の魚は、ヒゲダラの煮つけでした。
調べてみると、ヨロイイタチウオと呼ぶそうです。
(名称が間違ってました…)

凛のおわせごはんは、いつ食べてもほっこりします。

by kurage874 | 2009-02-23 15:19 |  owaseを食べる
美徳のよろめき
雨になりました。
日曜日の夜、しかも雨、期待できへんなー

尾鷲の人は、よく自分たちの地域性を話題にします。
そのうち、ネガティブな意見は決まってこうです。

 「尾鷲の人は、すぐに足の引っ張り合いするんさ。」
 「意見言わんくせに、誰かが言うたら、噛み付くやろ。」
 「どうしたらええか言わんで、アカンしか言わん。」
 「こんなまちらあ、おもっしょないやろ。」

けっこう耳にするので、そこまで自分らのまちを卑下しなくても…って思います。そんなときは、相手にもよりますが、「そんなことないですよ。」、「おもっしょいやないですか。」って言葉を返すのですが、最近、こんな諺を知りました。

 「卑下も自慢の内(ひげもじまんのうち)」

なんだ、調べてみると、卑下することを美徳だと思っている層がいるんだと。本当は、誰よりもこのまちを好ききってくんやないかと…

ちょっと安心しました。

でも、卑下ばかりしていると、美徳がよろめくこともあるかもしれません。

by kurage874 | 2009-02-22 19:05 |  海月のぼやき