海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2009年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

おなじ轍を踏むのか、踏まされるのか?
わかる人にはわかってしまう内容です。

食持会のとき、集まった4人でそんな話になったのです。

それぞれは、気楽ではない自営業であったり、過去に会社を倒してしまったりと、それなりに苦労している面々です。だからこそ、ビジネスにはシビアで、斜めで見ているところがあるのかも知れません。だからこそ、この東紀州で繰り広げられるビジネスの中でも、とりわけ流行りのコミュニティビジネスには、ちょっと苦い意見を持っている面々なのかも知れません。

コミュニティビジネスは、海月が主宰しているHCDでは、スモールビジネスと言っています。そのような言葉や定義は、現実にあるのかはわかりませんが、HCDの言うスモールビジネスは、「ビジネスに毛が生えたビジネス」的な要素を持っている言葉です。具体的には、「コミュニティが継続して活動できるだけの資金源収入と、それに携わるコーディネーターやカウンタパートが生活の足しになるくらいのビジネス」のことです。このために、「スタートダッシュの資金は提供するか貸すけれど、自活できる稼ぎは、自分自身で考えてね。」って言う支援をやっているつもりです。

しかし、これが実に難しいし、理解される土壌にない気がしています。

だって、いつも海月が言っているのだけれども、「それって、行政がやっているやん。」で片付いてしまう現実があるからです。東紀州を見渡しても、このコミュニティビジネスに挑戦しようとする現場はいくつかあります。古民家再生や、古民家再利用をはじめ、農業や水産業の世界にまで、このビジネスは浸透しつつあります。しかし、決まって先導しているのが行政で、それは国や県や市町で占められています。

流行りに目つけるのが早いのが行政ですが、それに乗っかる人たちは、それぞれの地域に住んでいる住民です。私たちと同じような率先市民とも言われる人たちですが、「おなじ轍を踏まされるのはイカンぜよ。」って言いたくなるような人たちもいます。これが、「おなじ轍と知ってて踏んでいく」と、「おなじ轍とは知らずに踏まされている」のとでは、かなり違った結果になると感じています。

前者で言えば、してやったり的になるけれど、その後の継続で自活できるのかが不安視されます。行政の支援がなくても、継続できたり事業拡大できたりすれば、それは「してやったり」になるけれど、つぶれるようなことがあれば、それは税金の無駄遣いといわれても仕方ありません。実は、カフエクリームや大同楽座は、この路線から始まった事業でした。もとは、県の助成事業で立ち上げがされているからです。

しかし、当時の県の思惑を出し抜いてやろうという思いは、「その後の金銭的な支援を求めなくても、自分たちで、東紀州の民で、なんとでもしたるわい。」という気概からです。残念ながら、私たちより先にも後にも、継続している事業はほとんどないからです。カフェも大同楽座も、最初の1年間の立ち上げは、県の金銭的な支援を受けていましたが、2年目からは金銭以外の支援でここまでやってきています。まあ、ここ数年は、あまり期待できるとは言い難いですけれど、それはこっちが苦労しつつもやっているからだと言い聞かせています。

いつになれば、1年目に支援されていた県の事業費(つまり税金)の呪縛が解けるのかはわかりませんが、それは地域で根付けば解放されるものと考えています。そう考えると、カフェも大同楽座も、一定の評価はされていいのかも知れません。カフェは、コミュニティカフェとして、市民活動をやっているプロジェクトCReAMを生み出し、大小年に約20ものイベントを企画運営しています。また、無料のミニコミを発行するowasebon制作委員会も、11月で第28号を発行する予定です。

大同楽座をみても、古民家再生をうたったアートとイベントスペースとして、3軒のアトリエをテナントに抱え、毎月第3日曜日に開催する大同楽座楽市は、9月で41回目を数えました。当時は、「お化け屋敷」と揶揄されていた場所は、人が集まる仕組みとして継続してきました。そのどちらも、自分たちで継続させてきた自負を持っていますが、独りよがりに過ぎないと言われないためにも、第3者による外部評価を受けてもいいと考えています。

話が懸案の大同楽座になってしまいましたが、一番に気になるのは、後者の「おなじ轍とは知らずに踏まされている」場合です。どこかとは言い難いですが、「補助金や助成金のために事業をやっている事業」が目に付きます。それは、最初は自分たちのしたいことを叶えるための公的資金の支援だったはずなのに、いつしか報告書を作成するための事業をやってしまっていることです。間違いなく言えることは、ビジネスとしての見通しが甘いことが原因です。これが、コミュニティビジネスの大きな落とし穴のひとつです。

ボランティアでやっているうちは、協力や支援は、「できる範囲」でよかったはずです。しかし、公的資金を使ってしまうと、その計画に甘さがあれば、「できる範囲」は、「ここまでは、しなくてはならない」に変わってしまいます。同じイベントをやっていても、いつしか行政っぽくなり、最初の顔ぶれがいなくなり、いつの間にか行政の支援で動いているなんてこともありえます。

やがて行政の支援なしでは、事業が継続できないなんてことになれば、「公的支援スパイラル」に陥ることになります。それは、行政の支援なくしては、事業が成立しないので、行政が好むような活動をやってしまうことになってしまいます。そんな事業は、初心のやりたい事業ではなくなり、やらないとつぶれるからの本音が見え隠れする活動です。正直に言って、そんな事業や活動が、東紀州では多いように感じるのです。

また、一番いけないのは、それを知ってか知らずか、その公的支援をそそのかす輩がいることです。また、その輩に、性善説的な率先市民や行政がうまくコミットしてしまう現実です。これは、本来の中間支援ではなく、行政主導の誘導に過ぎず、「同じ轍を踏ませていく」やり方です。これもまた、目に付くようなことが東紀州には多いです。それは、東紀州以外の率先市民からも、「独特だね。東紀州は。」ってからかわれます。

ようは、「事業のための事業をさせる」のです。

そんな話をしたり、聞いたりしながら、「ここにいる面々は、本質がわかるかわかってきているのかな?」と感じました。そんな仲間が増えていけば、東紀州は本来の自活できるまちづくりが再興できると考えています。その支援に、公的資金や行政の力を貸してもらうことには賛成です。しかし、そのためには、きちんとした継続できるだけの計画が必要です。湯水のように税金を使ってこれた時代とは異なり、今の公的資金は、コミュニティビジネスなどと冠をつけて、「最後は自分たちでやってね」が明記されているのです。

それに気づいていない人たちが、結果として自分自身の首を絞めるのです。また、それを知っているはずの人たちが、気楽に支援をしてしまい、主宰側に淡い期待を持たせてしまうのです。自分には、主宰としての責任がないことをいいことにね。

海月は、中間支援組織の成立が必須だと活動を続けていますが、本当はそれに至るまでの環境が未熟であることに気づいています。それでも、言い続けて活動を続けることで、比較対照となる定めだと考えています。しかし、今の東紀州に必要なのは、行政の意図をきちんと地域に伝えるカウンターパートの成熟に力を入れるべきかも知れません。このカウンターパートが、あきらかに不足です。

しかし、見えて掴める現実が、なかなか手の内にできいない歯がゆさがあります。

by kurage874 | 2009-10-29 01:26 |  海月のぼやき
久しぶりの食持会
晴れた1日でした。
夜の冷え込みも本格的になってきました。
もうすぐ冬です。

今日は、大同楽座で食持会の日です。
久しぶりの開催で、今夜は何人集まるのかな?

1,000円分の食事を持って、大同楽座にきてい。
時間は19時からです。誰でも歓迎です。

よろしくお願いします。

by kurage874 | 2009-10-28 17:26 |  地域イベント情報
インターネットでお買い物
夜はだいぶ寒くなりました。

インターネットショッピング歴の長い海月です。
まだモザイクを使っていたころ(IEなんてなかったんじゃないかな?)、京都発のTシャツを発注したのが最初でした。今から数えて13年位前です。そのころは、電話をかけなおすか、かかってきて確認するくらいの精度で、どちらも疑心暗鬼のままでした。確か、その会社は今でもあると思います(あとで調べてみよ)。

あれから、衣類のほとんどはインターネットです。
フェリシモも、当時から使っています。ベルメゾンは、千趣会のほうが主流だった時代です。ユニクロはありませんでした。なので、ユニクロが出たころは、近くに店舗があっても注文していた時期がありました。今は、インターくらいしか買いませんが…

食品や家電もインターネットが多いです。
食品は、田舎にはない食材などが手に入ります。家電は、その安さが一番ですが、このごろはアフターサービスも充実しています。ざっと今いる部屋を見渡しても、ビデオレコーダー、FAX電話機、除湿機、シェーバー、ドライヤー、デジタルカメラ、ADSLモデム、無線ルーター、ノートパソコンなどがそうです。

さらに、書籍や古本も多いです。
イーブックオフは、大量買いするのを控えるために、1ヶ月に2千円までと決めています。入荷メールが便利で、ついついチェックを増やしてしまいます。さっき数えると、ざっと20冊は越えていました。さてはて、いつ入荷するのかな?おそらく、在庫を持っている3分の2はネット経由です。

画面を見ながら、価格を比較するのもネットです。使用感や、メーカーの情報もネットです。ほとんどは、ネットをググれば情報が手に入ります。さらに、買い物したあとの精算が、クレジットカード決済できるのが便利です。このあたりは、利用者によっては警戒するところですが、海月は面倒な手間が要らないカード決済できる店舗でよく買い物をします。基本的に、海月の個人情報はネットに公開状態なので、いまさら感が強いと思います。

確かに、過去には怪しい店舗と綱渡り状態で取り引きもしましたが、幸いにして、泣きをみたことはありません。このあたりは、今までの利用歴での経験値が大きいし、最大限に、インターネットの情報網を使っているつもりです。

と、前置きしておいてですが、この地域でネットショッピングできる店舗はまだまだです。それでも、前にググッたとき、けっこうな数がヒットしました。しかし、モール形式にはなっていないので、充実感はありませんでした。まあ、モールにする利便性は良し悪しでしょうが、せめて東紀州でまとまっていれば、海月にとってはおもしろいなと感じます。

そのときは、ひとつの店舗で買い物をまとめることをしなくても、各店舗でよりどりみどり買い物できるシステムがいいですね。A店で2点、B店で3点、C店で1点の買い物を、最終的にひとまとめで支払えるシステムです。さらに、その決済がカードでもできれば、この場所にいる海月でも、利用率は高いと感じます。だって、じかに買い物するのもいいけれど、東紀州の複数店舗で買い物することは、この地域ではけっこう移動距離が長いからです。

おそらく、こういったシステムは、簡単に構築できるので、あとは参加店舗の充実と、これをバックアップする体制づくりだと感じます。そこに、ビジネスの種があるように考えていますが、こういった支援は、あんがい行政の得意とする部分かも知れません。

よく、高齢者社会にインターネットは否定的な道具に捉えられがちですが、簡単に普及できるシステムにできれば、あっというまに広がるはずです。今までのパソコンをイメージすると、そりゃあ無理難題ですが、TVとの融合などすれば、ここにもビジネスチャンスがあるやも知れません。リモコンの操作で処理できるシステムなんかは、あっという間に構築できるじゃないですか。

つらつらとそんなことを考えながら、逆手に取るビジネスは、こんな田舎だからこそ、実現普及していくのかも知れません。
c0010936_11314843.jpg
お気に入り


あとは、やったもん勝ちです。
なので、考えているところです。

by kurage874 | 2009-10-28 00:45 |  尾鷲の足あと
いやあ2ヶ月になって、百面相ももうすぐ
さらさ、2ヶ月になりました。

大きくなって、体重も5キロを超えています。
表情も豊かになり、ご機嫌だと百面相に挑戦しています。
c0010936_052929.jpg
笑った風


c0010936_055052.jpg
苦虫を噛んだ政治家風


c0010936_061938.jpg
中嶋みゆきの悪女風


いやあ、なんとも表情が出ています。
いやあ、なんともオヤバカですみません。

よく泣くけれど、その声もしっかりとしてきた!
はよう、しゃべってくれんかいな?

by kurage874 | 2009-10-27 00:09 |  さらさに贈る言葉
みえ防災ボランティアコーディネーター養成講座に参加する
今年の講座のテーマは、「水害」です。
第1回のテーマは、「災害とボランティアコーディネーターの役割を知る」でした。

今年で9期生を迎えることとなり、率先市民をめざした11名が、あらたに参加することになりました。私のような法人会員も、25名参加していました。
c0010936_937306.jpg


内容的には、基調講演・自己紹介・講義①・グループワーク・講義②と進みました。朝の9時に受付をやって、16時半に閉講するという長い時間の拘束です。北は桑名市から、南は紀宝町までの参加なので、遠いほどに出発や帰宅の時間は、早かったり、遅かったりになります。私も、7時には尾鷲を出発していました。

三重県での養成講座は、「起承転結」で講座が組まれるので、全4回の講座が来年の3月までに予定されています。なかには、宿泊を伴う缶詰めの講座もあるので、参加するにはけっこうな覚悟がいります。また、県内をAブロックからEブロックまで区切ったそれぞれが、講座を受け持つので、担当するブロックの準備も大変です。しかしながらEブロック(東紀州)は、法人会員が2名しかいないので、講座を担当した経験がありません。しかし、今年度は、尾鷲市を中心として東紀州で、この地域に特化した養成講座を企画しています。
c0010936_947071.jpg
伊勢湾台風の記録映画


私のような法人会員は、過去に養成講座を受講した者が大半なのですが、被災地における現場での活動が未経験の者もいます。反対に、災害における後方支援をやってきた者もいます。全てに経験はないけれど、特化した特技や得意分野を持った者もいます。それぞれにスペシャリストがいるので、寄せ集めた力はそれだけに強固で大きくなります。

しかし、養成講座で気になる点もあります。議長である山本氏に頼ることが多く、今回の講座でも基調講演は山本氏でした。それはかまわないとしても、全ての話を山本氏がするので、おもわず「苦行」と感じてしまいました。せっかく、県内のスペシャリストが集まっているので、基調講演は30分くらいにして、それぞれのコーディネーターの話でも間に合ったように感じました。
c0010936_9544462.jpg
興味深い資料も


グループワークのクロスロードは、「災害から防災や減災をイメージする」ゲーム感覚のワークショップですが、これが実によくできています(詳細は、ここ)。「答えのない答え」から、「自分や地域にあった答え」を探すので、それぞれに特化したいく通りの答えがみつかることになります。

今回のクロスロードは、「避難について考える」だったので、「一人暮らしの25歳男性が、深夜12時に発表された避難勧告で避難するかしないか?」や、「伊勢湾台風並みの台風が接近し、未明に最も接近することがわかっている午後6時、幼子2人と足に障害を持った祖母の3人と、ペット2匹をあずかる30代主婦は、この時点で避難をするか否か?」など、実際にありえそうな例題を、「YesかNo」でディスカッションしていくのです。

先だっての台風18号では、尾鷲市でも深夜に避難勧告が発表され、それが尾鷲市全体が対象だっただけに、地域住民というよりは、地域外の人たちの心配を引き寄せる結果となりました。そのために、隣の独居宅が避難しているかどうか、近所が確認しなければならないなど、「この地区は想定上大丈夫」とわかっている地区でも、深夜の激しい雨の中を確認するという事態もあったようです。

答えはそれぞれありますが、避難勧告が出たからといって、避難をする必要はありません。自分のいる場所が危険と判断できる場所であるならば、避難できる場所に早い目に避難をすることです。そのためには、日ごろから、自分の住んでいる場所や避難経路、避難場所の状況を想定しておくことが大事で、家族であれば話し合っておくことです。その延長線上に、避難があって、避難勧告で家を飛び出すのはかえって危険です。今回の想定では、大半が「避難をする」結果でした。

それでも、参加者の中からは、「(今回の想定では)避難をしない」などの意見もあって、それがどうしてなのかを知りたい気持ちはありました。時間の都合で、少数意見の反映はされませんでしたが、クロスロードは多数決で決まらないところによさがあるので、ちょっと勿体ない気がしました。あと、グループワークの担当者が県職員であったことも影響してか、参加者からの質問が「対行政」となっていた場面がありました。民間主催の養成講座だけに、「どっちもどっちやねえ。」との声が班からも出ていました。

フォローする意味ではないですが、全体的には有意義な講座になりました。全ては公益に繋がる講座なので、どこかで地域で反映されるきっかけをつくることになります。「知らないことを知る」、これだけでも成果はあり、頭の片隅に記憶として残ります。比較する対象とあることも大切で、この講座では自分の考えと比較することで、納得や修正もできます。

次回は、11月の28日と29日に、宿泊を伴って開催されます。しかも、京都府の防災ボランティアとの協働です。私も講師役としても参加するので、このように広域で交流することも民間ならではの成果になります。

by kurage874 | 2009-10-26 10:23 |  市民減災まちづくり
アスト津で防災を学ぶ
c0010936_1633177.jpg

朝から津に来ています。

津は県庁ですが、自動車で2時間くらいかかります。

詳しい内容はまた書きますが、「水害」がテーマの講座なので、地震よりも身近な話題が多いです。

深夜の避難勧告で避難するか?など、興味深いテーマですね。尾鷲にも反映されます。

まもなく終わるので、また2時間かけて帰ります。

by kurage874 | 2009-10-25 16:33 |  携帯リアルタイム
北浦菜園で勤しむ
こんな日は、菜園日和。

北浦の借家では、菜園が楽しめるようになりました。
c0010936_16593922.jpg
左が大家さん


長らく、アリとキリギリスのように、大家さんが世話している姿をのぞき見しながらでしたが、やっとこさ、サニーレタスの苗を植え、とチンゲンサイの種を撒きました。なかたねやで買いましたが、苗がしっかりしています。
c0010936_170680.jpg
こっちがわが家


新聞紙でマルチングし、隣ではチンゲンサイをばら撒きしました。うまくいけば、100株は実るでしょう。栄町のクリーム菜園にでも植え替えします。

いやあ、ちょっと楽しくなってきたぞ。
来年あたりは、さらさにサツマイモをひっこぬかせようで。

by kurage874 | 2009-10-24 17:04 |  owaseを愉しむ
今日明日のイベント情報
あいにくの冷たい雨になっています。

尾鷲は週末にぎやかです。
c0010936_1650101.jpg
県立熊野古道センター


c0010936_16503550.jpg
大同楽座の出店


土日は、熊野古道まつりが開催されます。
今日は19時までです。
c0010936_16513970.jpg


c0010936_1651524.jpg


明日は、カーロ英語塾が、大同楽座でハロウィンをします。
あめちゃんを持ってくれば、誰でも参加できます。
今日の夜19時半に準備をするそうで、てったいもよろしくです。

by kurage874 | 2009-10-24 16:53 |  地域イベント情報
宍粟市の夜
尾鷲の天気はどうなんかな?

議会の視察で宍粟市に来ています。大阪府の視察先を経て、宍粟市に来たので、ここでの視察は明日になります。

今は、市役所に近いビジネスホテルに泊まっていますが、このホテルにはインターネットのサービスがありません。尾鷲のホテルの大半は、インターネットのサービスがあるのになあ。

よそに来ると、尾鷲と比較してしまいます。人柄の比較はできませんが、まち的な比較では、尾鷲のレベルは高いです。

パソコンを持ち込んだのに、なんとも仕事が進みません。なので、夕食のあと夜の散歩に出かけました。

商店街らしき通りには、いくつかの寺社があって、一番端っこにあった八幡神社にお参りをしてきました。参道の階段には灯りがあって、なんとも幻想的でした。

小一時間歩いたあと、ホテルに近いところに古本屋があり、ここでも小一時間いました。初めての場所にきて、美味しいコーヒーか、古本屋があると嬉しくなります。1冊見つけて戻ってきましたが、今日は寝るに限ります。

まあ、美味しいコーヒーはおあずけです。

明日の視察先は、病院と教育施設です。ともに、尾鷲市にも反映できると楽しみにしています。

by kurage874 | 2009-10-21 23:42 |  携帯リアルタイム
そろそろ2ヶ月になります
尾鷲は曇っています。

さらさは、日に日に大きくなっています。
表情も豊かになり、機嫌がよいと笑います。
あきらかに、何かに反応して笑っています。


c0010936_1432134.jpg
10月14日


c0010936_1433357.jpg
10月15日


ベビーハンモックは、評判通りにはいってません。
よほど機嫌がよくなければ、すぐに泣き出します。
「抱っこしてー」って甘泣きしながら訴えてきます。
c0010936_1434896.jpg
10月19日


なので、私や妻のひざの上で寝てしまいます。
さらさの背中は、熱がこもって暑いだろうに、寝息も大きいです。
ベッドに移すと泣き出すし、昨日は怒ったように泣きじゃくりました。

「おーごめんいー…」

夜遅くから、2人であーだこだーとあやしました。
そろそろ車でマイマイもせならんやろな。

by kurage874 | 2009-10-20 15:39 |  さらさに贈る言葉