海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2009年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

東紀州防災ボランティアコーディネーター養成講座の募集
c0010936_23194482.jpg


c0010936_23203320.jpg


京都から帰ってきました。
その話はのちほどですが、東紀州でも同様の講座を企画しています。

東紀州を対象にした講座は、初めての試みです。
東紀州での連携を期待しての講座です。
しかし、「知っておく」だけの参加も歓迎です。
まずは、こういった活動があることを、体験してみませんか?

申し込みを希望する方は、メッセージ(匿名でも出せます)をください。
もちろん、尾鷲市社協に電話をされても大丈夫です。

よろしくお願いします。

by kurage874 | 2009-11-29 23:24 |  地域イベント情報
週末は尾鷲におりません
今から寝るところです。

明日から2日間、京都に行って来ます。
日々の減災意識を高めるために、こんなことをしてきます。
c0010936_2142123.jpg


c0010936_12102887.jpg


c0010936_12111821.jpg


明日は、8時までには松阪庁舎に集合です。
ということは、余裕をみて6時には出発になります。
5時半に起きないと…

また様子はブログにします。

by kurage874 | 2009-11-28 02:17 |  市民減災まちづくり
中心市街地の空洞化が招くもの
やや寒いです。
もしやここだけか?

商店街通りの空洞化が加速しています。
c0010936_15373732.jpg
ガラン


お好み焼き、弘味焼きの弘味さんが、海山に店舗を移すそうです。あの界隈の老舗が、また1軒閉店します。あと、中井町のミートショップたなかも、12月4日に南陽町に移転します。中井町店での営業は、29日(日)となっています。この移転も、商店街通りには大きな影響がありそうです。

飲食店や食材の店舗がなくなると、周辺の生活も変化します。「ちょっと買出しに。」が遠くなると、遠出をしにくい高齢者なども出歩かなくなってしまいます。それは、絶対的に、まちの活気を失ってしまいます。それが、商店街通りの出来事だと、もはや致命的です。

商店街通りには、八百屋や魚屋や肉屋があるものです。

スーパーとしては、中井町にナガセがありますが、魚屋は野地町の谷魚店だけになってしまいました。たなかが移転すると、肉屋も野地町のぶたふくだけになってしまいます。八百屋がないので、できれば函箱でやりたいと考えているのに…

こないだも、野地町の空き店舗が取り壊されて更地になっていました。商店街通りは、間違いなく生活する場になっていっています。住宅地化するので、商店街としての機能がますますなくなっていきます。これは、行政だけの責任ではなく、私たち店舗の責任でもあります。

駅前から中井町までの商店街通りは、商店街連合会として組織化されてはいるけれど、活動実態は閉塞気味です。また、短い1本の通りで、3つも4つも商店会が存在するので、連携が取れているとは言いがたい実情です。盛況だった頃とは違い、どの商店会も加入店舗が減り、独自の活動がなくなってきています。

商店街通りの街灯も、商店会ごとに取り決めが異なるので、たとえば私のカフェがある尾鷲一番街については、街灯の電気代は、毎月一定額が徴収されています。しかし、全ての通りの店舗の負担割合が同じでは無いので、一番街に加盟している店舗は同額でも、加盟していない店舗は任意の支払いです。そのため、今は余剰金があるにしても、今後の支払いに支障が出るのは必至です。これは、いつかは街灯が消えていくことを予想させます。

これらの解決策は単純です。残る店舗が同じテーブルについて、今後の商店街通りをどうしていくのかを決めるだけのことです。いっしょにやれないのであれば、このまま衰退するのを待つだけとなるかも知れません。しかし、その単純作業は、実は長い歴史とか確執とかもあってややこしいです。「そんなことまでしなくとも、うちの店はうちの代で終わりだし。」という声が大半かも知れません。事実、今の代で終わりという店舗は、過半数を占めています。

手をこまねくだけはつらいです。かといって、私が率先するだけの自信が無いのも本音です。今の状態を束ねるのには、店舗によるかなりの自助努力が必要になってくるので、そこまで協力してくれる店舗も定かではありません。思いだけは募りながら、5年も手を出せないでいるのが現実です。やっとのこと、2年前からは、商店街通りで共通のイベントができるようになったくらいです。それも成果としてはまだまだです。

商店街通りは、まちの中心市街地です。商業地が国道筋に移転しようとも、商店街通りが持っている可能性は、衰退を待つだけにしておくにはもったいない気がします。しかし、安易に行政の手を借りると、自分たちで自分の首を絞めることにもなってしまいます。まずは、残る店舗の考えが共有できるかです。

思いある店主が集まることができればとも考えます。この商店街通りでは、37歳の私が最年少です。その微妙な若さと、よそ者という遠慮に似た踏ん切りのなさが、最後の1歩を踏み出せないでいます。商店会などの枠を超えて、今の現状に満足いかない店主が集まれば、この通りの目標が持てるような気がします。やがては、イベントなどの自助努力によって、自然と目的が内外に理解できるようになってくるはずです。

そうなれば、行政もほっとかなくなるものです。

このままでは、都市計画にも、総合計画にも、この商店街通りは外れていきかねません。そうなると、いよいよ商店街通りは、形骸化された商業地となるだけです。今しか無い気がするので、早く動くしかないのはわかっているのですが…

尾鷲に限ったことが無いにしても、このままでは悔いが残ります。カフエクリームが商店街通りにあるのは、何か意味があるから存在しているはずなのです。その知恵を、そろそろ共有できるようにしなければと考えています。このカフェで培った知恵や継続している活動は、伊達ではないはずです。

「苦しいところから考えていく。」、この言葉が頭から離れません。

by kurage874 | 2009-11-27 16:28 |  海月のぼやき
魚三昧、食欲の秋
気を取り直して。

この時期の空の色が素晴らしい。
また、海の色も素晴らしい。

近海で獲れる魚を、毎日のように食べています。
c0010936_23441184.jpg
大敷の大アジ


塩焼きにして、モクモクしお学舎の夏柑塩で食べた。
これが、お気に入りの一番の食べ方。
c0010936_23444836.jpg
チカメキントキダイ


これは、底引き網で獲れたと思います。
深海の魚らしい姿です。
c0010936_23461247.jpg
ギョロ目


c0010936_1054288.jpg
淡白な味でした


煮付けにしてみました。
刺身が美味しいようです。
c0010936_23481053.jpg
小コブ付きの天然マダイ


この鯛は、さらさの生誕3ヶ月記念に塩焼きです。
さらさには、ちょこっと口をつけさせました。
c0010936_2350247.jpg
これも夏柑塩で


ぜいたくな夕食ですが、単価は1匹1,000円もしません。
ほんとうに、魚には事欠かないまちに感謝です。

いただきました。

by kurage874 | 2009-11-27 00:02 |  owaseを食べる
育児の困りごと、生活のリズムがつかめない?
「早く、風呂にも入れて寝かさないと!」
さきほど、実家の母に叱られました。

現在22時、わかっています。確かに遅い。
しかし、21時に会議から帰ってきて、飯を食べてこの時間。
それまでに風呂となると、風呂は妻一人に任せるしかない。
では、妻はいつに夕飯を食べるんだろうか?

今日の場合、19時からの会議なので、それまでに風呂へ入れる?
だとすれば、彼女だけでも風呂に入ってもらい、ついでさらさも入れる。
出てくるときに海月が手間取りできるので、早い時間となると18時から18時半の間になるか。このあと、事前に妻には食事をつくってもらい、風呂を出てからの時間で夕食を食べてもらうことにすればいいか。海月は、帰ってきてからの夕食なので、21時以降になってもかまわない。

で、この時間までには、妻にもさらさにも寝てもらう。
妻は、さらさが寝たあとに、起きてきてもよいわけだし。
整理すれば、こんなスケジュールだと実家の母も納得か?
c0010936_23355422.jpg
生誕3ヶ月記念


さらさが生まれ、生活が変わりました。
それは、それで当然だし、受け入れることに何も不満はありません。しかし、夜23時までのカフェをしなくなり、会議が多いこともあるけれど、カフェ自体も休みがちになっています。一緒に育児をしたいという思いもあるので、すべてを妻に任せているわけでもなく、その分だけ、海月の活動時間は狭まっています。

現在、23時です。
海月も風呂に入り、その間には、食事の洗い物も済ませました。さらさは、ご機嫌で指しゃぶりをしているけれど、これから妻と共に寝床に移動します。さすがに、遅いか。でも、こんな日々が続いているのも確か。アカンなあと思いつつ。
c0010936_23373442.jpg
飯の間にあぐらの上で寝る


なので、やっぱりカフェを11時~23時までやることはできません。その分の妻の負担が増えることになります。だからといって、働かなければ稼ぎはありません。月に10日しか営業しないカフェは、カフェではないですし。どうも、子どもができて、子ども中心の生活のリズムがつかめない状態です。みんなの家はどうしているのだろう?

「いつもブログの更新時間が深夜ですね。」

そう言われて、確かにそうだと感じます。
ぐずったりすると、さらさは24時頃まで寝てくれません。しかし、一度爆睡に入ると、朝までは賢く寝てくれます。なので、この時間が海月の1日のクールダウンです。友人たちのブログに目を通したり、議会が近いと調べもので時間が過ぎていきます。短くても、ブログで1時間、議会の調べもので1時間、そのあとにブログを書いていると、確かに2時3時になってしまいます。このごろの平均睡眠時間が4時間半から6時間なので、もう少し6時間にシフトしなくてはと考えています。
c0010936_2334255.jpg
寝ぐずり


もう23時半になりました。
さらさがぐずっているためです。
オカンの乳をもらって、24時には寝るかなあって感じです。

育児は楽しいけれど、考えることも多いです。
結局は、手探りであわせていくしかありません。

by kurage874 | 2009-11-26 23:38 |  さらさに贈る言葉
グリーンスタイルVol.19
今日の日中は暖かかったですね。

グリーンスタイルが届きました。
c0010936_18544182.jpg


owasebonも、このぐらいの紙面にステップアップすれば、「オヨヨ」となるのですが…けっこうそんな時期に来ているのかな?なんてね。
c0010936_1856475.jpg


さーたーあんだぎーを頂きました。
販売元は、安室奈美恵のおばあちゃんだとか。
なんか、冷めていても美味しいんですよね。

今夜は、21時ごろまでやっています。

by kurage874 | 2009-11-25 18:59 |  クリーム日記
産田神社にタマコを帰す
昨日23日は、産田神社の秋祭でした。
産田神社は、熊野市有馬町にあります。
イザナミノミコトがカグツチを産んだところです。
c0010936_16491332.jpg
駐車場も完備


なぜ、産田神社かというと、ちょうど1年前の深夜、ここにタマコを頂戴にあがったのです。タマコとは、海月がたちが勝手につけた白石のことですが、神社の白石を持ち帰ると、子授けと安産のご利益があるからです。1年前の夜、暗闇の中から、1個の白石(タマコ)を見つけ出し、その1ヵ月後には妊娠がわかったのです。
c0010936_16531886.jpg
タマコとさらさ


無事に、子授けも安産も成就し、1年が経ったこの日に、さらさも連れてお参りに行きました。その前に、実家の両親も連れ立って、花の窟前の七里御浜へ、新たなタマコを探しに行きました。
c0010936_16575988.jpg
花の窟


c0010936_1658406.jpg
さらさはおねむさん


タマコのような白石を6つばかり見つけ出し、産田神社へお参りに。

神社では、秋祭の片づけをやっていましたが、白石を帰す儀式をしてきました。といっても、好きなところにタマコと新しいタマコを置いてきました。同じような願いがある方は、ぜひとも海月一家のタマコを探して預かって来てください。けっこうご利益があると思いますよ。

さらさは終始ご機嫌でしたが、実家に戻ってくると、カグツチのように真っ赤になって泣き出しました。思い出したのかな?

※オマケ
例の座礁フェリー、さすがに大きいです。
c0010936_17471623.jpg
赤丸


七里御浜では、投げ釣りの人がいましたが、今後の課題は大きいです。

by kurage874 | 2009-11-24 17:53 |  さらさに贈る言葉
なばりNPOセンター設立記念祝賀会に参加する
土曜日、名張市に行ってきました。
高速から名阪を走り、伊賀から名張に入りました。
(帰りは、国道165号線から久居ICで高速へ)

名張市は、イメージとしては、「砂漠の中のオアシス、言うなればラスベガス」って感じです。山あいの中に、突如して都会が形成されているからです。国道165号線が主要道路ですが、あとは目立った幹線道路がありません。名阪国道からは30分弱だし、久居ICからは1時間強って位置づけです。この祝賀会のパネルディスカッションでも、井川名張市地域づくり代表者会議会長が言っていたように、「名阪国道からの2車線化の実現」は、少しでも利便性をよくするための願いだと感じました。

今回、久しぶりに名張市を訪れましたが、市内の道路網は整備が進んでいました。ファーストフードやファミレス、有名店舗の名張店など、以前よりもずい分と様変わりしていました。しかし、165号線の渋滞が増えたようにも感じました。勝手な意見ですが、近鉄線近くと並行する道路網がより整備されれば、もっと面白いまちになる気がしました。
c0010936_0121731.jpg
有名人の伊井野氏


なばりNPOセンターは、NPO法人を8月末に取得し、3つの志を実行のポリシーとして、センター立ち上げを行いました。この3つの志とは、

1.パートナーシップ
2.情報公開
3.政策提言

になります。

パートナーシップとは、「どんな立場の人たちとも仲良く手を携えて頑張っていける。」、情報公開とは、「NPOの運営には隠すことは何もありません。多くの人たちに活動をしってもらい、理解を深めてもらうことが大切です。」、政策提言とは、「自分たちにしかできないことをやっている中で、社会に対して具体的な提案や提言を行うことがNPOの使命です。」とうたっています。

まず、この祝賀会にお招きをいただいたとき、その敷居の高さが気に入りました。市民目線の活動をするには違いありませんが、だからといってお安くまとめるのではなく、会場が名張産業振興センターであったり、会費が3,000円であったり、来賓に亀井名張市長や、辰巳名張商工会議所会頭など、自治体を形成する上で、欠かせない組織や団体の長を迎えていたことです。この点において、センター理事長の伊井野氏とも話をしましたが、「そうなんですよ。NPOらしく廃校でやってもいいんですが、それだと自分たちだけになってしまう。盛大な内容で、会費を払ってまで参加する人が集まってくれば、きっと大きな力になると考えてるんです。」と力説していました。

確かに、名張市からも20名近くの市関係者が出席していたし、名張商工会議所の事務局の顔ぶれもありました。三重県からも、美し国おこし・三重のスタッフも出席していました。もちろん、120名を超える参加者の中には、私のような各種団体の代表者もいたし、地域の自治会長もいました。少なくとも、地域のネットワークの必要性は、出席者に印象付けることができていました。まさに、伊井野氏の手腕ですが、それを支えるだけの土壌作りを、伊井野氏は長年続けてきた集大成でもありました。
c0010936_029327.jpg
パネルディスカッション


亀井名張市長からも、「名張は市町村合併をしない選択をしました。だからこそ、生き残るためには、住民自治を拡大することだと考えて実行しています。市民でできることを、こうしたセンターを通じて、もっともっと還元していきます。」と言っていました。自治体の長に理解があり、それをサポートする率先市民と連携すれば、名張市の今後に期待せずにいられなくなります。また、その現場に立ち会った市民は、「うちには何ができるんだろう?」って宿題をもらった気になったはずです。

会食の合間には、私も東紀州コミュニティデザインセンターとして祝辞のスピーチをさせていただきました。「魚の美味しい尾鷲市から来ました。」と挨拶をしたら、「わしも尾鷲出身なんや。」と、声をかけてくれた名張市在住者がいました。「ほんと、尾鷲の人は、どこのまちにでもいてるな。」という感じがします(ちょっと前の津での会議でも、伊勢市在住の尾鷲人に出会った)。しかし、こういったつながりが、尾鷲市のアピールにもなるし、今後の人的ネットワークにも発展していきます。

歓談の席では、何人かとも名刺を交換させていただきましたが、私のブログなどの情報配信もあって、私自身や尾鷲での活動を知っている方が大半でした。「意外と若いですね。」と言われることが多く、「ブログのイメージでは年配者なのかな?」とも感じました。それでも、ブログの利点の大きさを感じることであり、長く続けることの意味は、意外と広く影響を与えているもんだなとも思いました。それにしても、こういった場所では、似たような率先市民が多いので、「三重県内のNPOセクターの充実が必須やなあ。」とも感じました。やがては、みえNPOセンターあたりが、新潟NPO協会のようになればいいですね。

すでに進められている住民自治では、第3の市民、つまりは、「市民を支援する率先市民」を求めています。今までは、住んでいるだけの住民も、市民として意思表示をする必要がある時代になってきました。「何ができるのか?」を考え、「意外と何でもできる。」が住民自治へのスタートラインになってます。今までは、本当に行政に頼り過ぎていました。しかし、それでよかった時代は終焉し、ともに手を携えて自治体の存続を考えていく時代になっているのです。ただの住人であり続ければ、やがてはその自治体は解体へと進みます。

なばりNPOセンターは、満を持して設立した気がしました。「尾鷲でも。」と願うのが、東紀州コミュニティデザインセンターであり、私の熱い思いです。しかし、現状は地域が求めているわけではないので、捨石になるくらいの思いでやるしかありません。ここに、例えば名張市との違いを感じるのですが、最初は伊井野氏でも大変に苦労をしてきたようです。それが、何よりの光であり、先駆者に相談できる強みとして希望を持っています。

しかし、名張市には、名張市市民活動支援センター名張市ボランティアセンターといった、なばりNPOセンターとの連携を必要とする市民活動支援セクターがあります。私が勉強不足だけかもしれませんが、そこがイマイチよく理解できていないところでもあります。

それでも、3者が連携し、それぞれの得意分野で、住民を市民へと誘う(いざなう)ことができれば、名張市は合併しなくとも存続していく気がします。または、時代の流れで大きな単位のまちに集約されることになったとしても、名張に住む市民の住民自治は、自治体としての力を発揮し続けると考えています。

by kurage874 | 2009-11-24 01:14 |  東紀州コミュニティデザイン
実は残すところあと1回の楽座楽市
日曜日の楽座楽市は、やはりもったりでした。

最後に向かっているようにも感じたし、おそらく海月の気持ちがそうなんですよね。
c0010936_23205019.jpg
懐かしい初期の頃の写真


c0010936_23214378.jpg
カーロも暇そうでしたね


c0010936_23221717.jpg
昼は豪華に来来軒


c0010936_23225683.jpg
アーティストの会話は面白い


42回目というと、台風で中止にした1回を覗き、毎月やった成果です。
出店や教室や展示やらと、毎月思考を凝らしてやりました。
当時の伊藤市長は見学に来ましたが、それ以降は…

スタッフとなって関わった人は、尾鷲内外で50名近くを数えます。
どの方も個性的で、ある意味変人ばかりの友人たちでした。
今も、全国のあちこちで、自我の追及やら、世界平和やらやっています。
間違いなく、そういった面々が、全国からここ大同楽座に集まってきました。その時々に、その瞬間に出会えた来場者は、絶対にラッキーでした。

しかしね、楽しい苦労は、いつまでも続きません。
いや、続くことで、ほかに迷惑をかけることもあるしね。
関わってくれる人には、感謝の気持ちでいっぱいです。

来月で43回目、これで大同楽座楽市は、海月の主催ではおしまいです。
最後ももったりとひっそりとやってみます。

ありがとうございました。
いやあ、楽しかったよ。

by kurage874 | 2009-11-23 23:31 |  大同楽座
42回目の楽座楽市
c0010936_9563611.jpg

c0010936_9563683.jpg

c0010936_9563660.jpg

もったりと始まっております。
まったりではなく、もったりなのです。

駄菓子、東南アジアの雑貨、もろてってい市などなど。

ボチボチ来ています。

by kurage874 | 2009-11-22 09:56 |  携帯リアルタイム