海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2010年 04月 ( 61 )   > この月の画像一覧

5月は尾鷲イタダキ市ではじまります
明日は、5月の第1土曜日です。
尾鷲イタダキ市が開催されます。

海月も大同楽座で駄菓子などを出店します。
5月は連休のはじまりなので、子どもも多く来場します。
縁日気分が味わえるような仕掛けをしておきます。

9時きっかりに販売がはじまりますので、8時や8時半にきても買えません。いままでは、フライングで販売をしていましたが、5月からきちんと9時はじまりを徹底することになりました。

約43店舗の出店をお楽しみください。
明日は、よく晴れるみたいですしね。

by kurage874 | 2010-04-30 21:16 |  地域イベント情報
5月のカフェ営業日
5月は連休ではじまります。
研修中の調理員がいますので、温かく応援してい。

■営業日
P 02日(日) 11時半~17時半
P 03日(月) 11時半~17時、19時半~23時
P 04日(火) 11時半~17時、19時半~23時
 05日(水) 11時半~16時、19時半~23時
P 06日(木) 11時半~17時、19時半~23時
P 08日(土) 11時半~16時
P 09日(日) 11時半~17時
P 10日(月) 11時半~17時
 11日(火) 14時~17時
P 12日(水) 11時~17時、20時~23時
P 13日(木) 11時~17時
P 14日(金) 11時~16時
P 16日(日) 11時~16時
P 17日(月) 11時~16時、20時~23時
P 18日(火) 11時~16時
P 21日(金) 11時~16時、20時~23時
P 22日(土) 11時~17時、20時~23時
P 23日(日) 11時~17時
 24日(月) 11時~16時、20時~23時
P 25日(火) 11時~16時、20時~23時
26日(水) 20時半~23時
P 27日(木) 11時~16時
P 28日(金) 11時~16時
P 29日(土) 11時~16時、19時~23時
 30日(日) 11時~16時
P 31日(月) 11時~17時、20時~23時
※パートを雇用しているので、端無が不在の場合もあります
※パートは11時~16時のシフトで、Pの表示がパートの日です
※Pマークの日でも、夜の部は端無が在住です
※ただし、都合により、急な休業や変更もあります

■カフェ利用
 13日(木) 14時 プロジェクトCReAM定例会
 25日(火) 19時半 owasebon第31号製本
 26日(水) 19時半 owasebon第31号製本
 29日(土) 19時 ガンダムナイトZ
 31日(月) 20時 owasebon制作委員会反省会

■休業日
 01日(土)
 07日(金)
 15日(土)
 19日(水)
 20日(木)

■海月の予定
 01日(土) 尾鷲イタダキ市
 07日(金) 議会活動(全協)
 07日(金) 議会活動(地区懇談会)
 08日(土) 第2回北川マーケット
 09日(日) 第2回北川マーケット
 10日(月) 議会活動(生活文教常任委員会)
 11日(火) 商議所青年部役員会
 12日(水) 議会活動(議運・全協)
 13日(木) プロジェクトCReAM定例会
 13日(木) HCD面接
 13日(木) 尾鷲イタダキ市企画部会
 14日(金) 茶摘み
 14日(金) DVC養成講座オリエンテーション
 15日(土) 茶摘み
 17日(月) 議会活動(傍聴)
 17日(月) 議会活動(議員研修)
 18日(火) HCD面接
 18日(火) 飲食店営業講習会
 18日(火) メディア取材対応
 19日(水) 議会活動(臨時会)
 19日(水) 二重被爆上映会実行委員会CMTG
 22日(土) 大同楽座ガレージセール
 23日(日) 大同楽座ガレージセール
 26日(水) 紀北地区薬物乱用防止指導者協議会研修
 27日(木) 尾鷲イタダキ市役員会
 28日(金) 議会活動(議運・全協)
 29日(土) 大同楽座ガレージセール
 29日(土) ガンダムナイトZ

■地域のイベント
 01日(土) 09時~13時 尾鷲イタダキ市
 08日(土) 10時~17時 第2回北川マーケット(第14回古本大市)
 09日(日) 10時~17時 第2回北川マーケット(第14回古本大市)
 11日(火) 14時~15時半 ベビーマッサージ教室
 18日(火) 14時~15時半 ベビーマッサージ教室
 22日(土) 10時~16時 大同楽座ガレージセール
 23日(日) 10時~16時 大同楽座ガレージセール
 24日(月) 11時~23時 第4回ガンダム作品展
 25日(火) 14時~15時半 ベビーマッサージ体験教室
 29日(土) 10時~16時 大同楽座ガレージセール
 29日(土) 19時~22時 ガンダムナイトZ
※北川マーケットへの出店者、ベビーマッサージ体験教室(@夢古道おわせ)への参加者を募集中!

なお、すべてにおいて、時間の変更や急な休業があることをご了承願います。

by kurage874 | 2010-04-30 16:18 |  カフェの営業日
黄金週間は営業です
今日はさらにいい天気。
風が何より心地よいん。

さらさの風邪も徐々に回復傾向。
いい加減この寒さには参ります。
c0010936_1228862.jpg


カフェもいい感じでやっています。
どんないい感じかはわかりませんが、商店主たちが世間話に華を咲かせています。宵街の世間話は、痴話話のなかにも尾鷲の今が反映されています。長らくやっている人たちなので、羽振りよかった頃からの衰退は、「まあ歳になってきたし、ちょうどよいん」だそうです。確かに、みなさん60歳を超えている人たちばかりなので、「あと10年やんな」が共通語のようです。

「10年後には何ものうなっていきますやん」

そう口を挟むのですが、10年後の商店街通りを想像すると、次の代がありそうな店舗は数店だけです。よほどのことがない限りは、この周辺は普通の住宅街になっているかもしれません。そういう海月のカフェだって、10年後は海月も47歳。頑固に赤字ばかりで続けているのでしょうかねえ…

「商店街として遺すのか、商店のある街にしていのか」

この選択は、商店主たちの考えが先ですが、このまち全体のデザインの必要性として、そろそろ真剣に考える場があってもいいのではと感じるところです。

今日も人通りは少ないですが、気分は黄金週間です。

by kurage874 | 2010-04-30 12:45 |  クリーム日記
アンテナショップでまちは再活性するのか?
タイムリーな話題です。
なぜかよく聞かれます。
あ、カフェのお客です。

海月のカフェは、尾鷲一番街という商店会に所属しています。先だって、総会に参加したばかりです。今日は、その尾鷲一番街より回覧板が回ってきました。
c0010936_21425239.jpg
4月22日付


c0010936_21431452.jpg
4月27日付


地元紙などでも話題になっていた、駅前のアンテナショップ「熊野古道停」についてでした。昨年だったか、駅前の元土産物屋を改装するとか、「もろぼた市」なる販売所を開設するとか、商店会でも話題に上がったことがありました。今年に入って、公っぽいところからも、アンテナショップの話はあったような気がします。

その内容が22日付の説明書きで、「アンテナショップが28日に開店するので、各商店会からも参加して下さい」という内容でした。また、27日付の説明書きは、「売り上げの2割を賦課金徴収しますが、商品の出品をお願いします」との内容でした。また、27日付のほうは、尾鷲商工会議所からのFAXをコピーしたものです。さらに、その差出人のどちらもが、地元紙では会長職になっていながら、商店会では会長代行で通っている尾鷲商店会連合会からでした。

これよりほんの少し前には、野地町の駅前商店会の空き店舗で、アンテナショップとは呼んでいませんが、特産品や地元野菜などを販売する拠点「のーじへいこらい」ができました。ここも、主に週末営業で、時間になれば人だかりができています。すでに、妻が2回もお忍びで行ってました(馬越屋はほぼ常連に)。

アンテナショップってなんだろうって思いますが(文末に参考)、尾鷲の商店街といえる場所で、はじめに展開したのが中井町通りの「馬越屋」でした。同じくらいの時期には、尾鷲一番街の「ふるさと工房」でも、押し寿司や菓子パンが並べられていました(いつのまにか無くなった)。その後しばらくは、この周辺では馬越屋だけが週末営業を欠かさずにやっています。

なので、同じ週末営業の、まま内容的にも似たような店舗が、これで3店舗営業を始めたことになります。ちょっと調べてみると、熊野古道停と馬越屋は、直線距離で約580mだったので、半径約290mの円内に、これら3つのショップが点在していることになります。しかし、空き店舗を有効利用したり、似たような商品だとしても、お客からのニーズがあることなので、これからのショップが商店街通りを中心に営業することには手放しで喜んでいます。

で、ここからが本題。これらのショップは、言いだしっぺというか、個人であれ、組織であれ、NPOであれ、主宰側の意思と努力と責任でやっているのであれば、直接間接問わず協力や支援を続けていかなければと考えています。それは、お互いにビジネスとしてやっていることなので、相互に協力支援する必要を感じるからです。たとえば、商店街通りの周辺で言えば、野菜を売っている大小のスーパーや、個人商店があります。さまざまな惣菜を売っている店舗も、同じようにいくつかあります。
独自性を出す意味で、それぞれ値段などのサービスの差はでるでしょうが、これもビジネスだと納得できます。

しかし、アンテナショップと名づければ、公の支援が期待できるというようなことになれば、周辺の商店や店舗にとって打撃になりえないでしょうか?ここに、手放しでは喜べない気分の重さがあるように感じます。あくまで、協力支援できるのは、自力でのビジネスであり、「やがては公金で」と言うような考えではないでしょうが、そうなると、とたんに不協和音がでてくるでしょう。ただでさえ衰退している、商店街通りの店舗や市内のビジネスの体系を変えてしまう気がしてなりません。似たような商品が、こっちでは仕入れ値や店舗全体の経費を勘案しながら細々と売っているのに、こちらでは、公の資本が入り、さほど苦労も無く安い値段で売れていって万歳では、やりきれない気がしませんか?

ビジネスの分で努力して、ほかより安い値段で商品を売ったり、コーヒーを無料で振る舞ったりすることには異論はないでしょう。損をするのは自分自身だし、それを相乗効果に販売益をあげる手段でもあります。100歩譲って、たとえば、商店を支援する助成金や補助金のプランがあって、これが公平に公開募集されたなかで、意欲ある店舗が名乗りを上げて獲得するのは、誰も文句は言えません。これも、ビジネスとしての努力だと納得できます。

私も商店街通りで、けったいなカフェをやっています。割と仕入れ値の高いコーヒーが350円で、1時間を超えても滞在できるし、読書もでき、インターネットも使い放題のカフェは、尾鷲ではほかにないでしょう。でもそれは、店主の勝手な志と信念があるからで、誰にも迷惑はかけていないし、たとえ同業者がとやかくいうのであれば、それはやっかみでしかありません。海月にとってビジネスとは、共存共栄のなかのずば抜けたアイディアだと考えているので、今回のアンテナショップがどうのこうのというのではなく、チラチラと聞こえてくる延長線上の噂話が本当にならないようにと懸念しているところです。

まあ、取り越し苦労で終われば、なんともないんですけどね!

◆参考(そもそもアンテナショップとは?)
・アンテナショップ特集(Let's Enjoy TOKYOより)
 http://antenashop.enjoytokyo.jp/
・風土47
 http://www.antennashop.jp/index.html

by kurage874 | 2010-04-29 22:45 |  海月のぼやき
ニコンF2フォトミックにため息
いい天気になっていますね。

ニコンF2フォトミック使いました。
c0010936_1473877.jpg


お客さんからの預かりカメラで、長い間借りっぱなしでした。2回ほど撮影したのですが、フィルムの巻取りがうまくいかず、3回目にして撮影できたという感じです。ただし、露出計は動かしていないので、具合のよくない写りもありました。

でもね、さすがニコンのF2です。1970年代の製品ですが、よい仕事をしています。海月はど素人ですが、コンパクトなフィルムカメラとは比較できません。たしかに味はでるのですが、このニコンF2は違います。見比べるとはっきりとわかります。

機械モノは総じて好きですが、フィルムカメラはたまりませんね。

いやあ、ホシなった。

by kurage874 | 2010-04-29 14:17 |  owaseを愉しむ
尾鷲駅前のシンボルが更地になる
よい青空です。目に青葉ですね。
めずしくカフェ営業しています。

尾鷲駅前の宅急便会社の建屋が取り壊されていました。
c0010936_11255312.jpg
これだけでは想像つかないでしょ


日本通運のペリカン便が、JPエクスプレスに事業を継承したことによる統廃合だと思います。これは仕方がないし、取り壊しも仕方がないです。だけど、歴史ある建屋だっただけに、心惜しい気持ちは否定できません。
c0010936_11295479.jpg
昭和10年代後半


この写真は、「目で見る尾鷲・紀北の100年(郷土出版社)」に掲載されているものです。説明には、「紀伊自動車株式会社の営業所」とあります。紀伊自動車は、戦時下の統制により、三重交通株式会社に統合されるのですが、大正時代に建造されたモルタル造りのモダンな洋館は、当時の尾鷲駅前の名物になったそうです。
c0010936_11354146.jpg
年代不明


そして、この写真は、「矢ノ川峠おもいでの夕べ資料集(矢ノ川峠おもいでの会編集)」に掲載されているものです。省営バスが運行を始めたのが昭和11年のことなので、それ以降には違いないのですが、看板が日本通運になっているので、戦後の写真になります。
(画像検索中)
在りし日の建屋


この3枚の写真は、確かにその場所に存在していた証です。大正時代の建屋のよさは、ファサード(建築物の正面)にあると思います。絶妙なアールをモルタルで造り上げているますが、その裏は杉の板を曲げています。大同楽座(中央町)の建屋の一部も、このアールが見られます。洋式でありながら、和の技術を取り入れているあたりが、職人の粋を感じます。

壊すことに異論はありませんが、壊す前になんとかならなかったかと悔やまれます。駅前のシンボルがなくなったことは、実は大変な地域資源を失ったことになります。また、こうなることを知らなかった自分自身に憤りを感じます。100年を超える建築物は、尾鷲は極端に少なくて(調査している人たちがいます)、雨の多いこの地域で培われた技術や伝統工法が、いとも簡単に更地なってしまうまちなんだと実感します。

海月が尾鷲に来たとき、その路地や建屋に魅了され、カメラ片手に歩き回りました(いまもやってますが)。そのなかで、この建屋には、中にお邪魔してまで話を聞いた記憶があります。それだけ、この周辺では目立っていたからです。実にもったいないことをしてしまった気がしています。

こうなる時世は、どうにかならないのでしょうか?
言っていることと、現実のギャップを感じます。
二度と再現できない財産がなくなった気がします。

by kurage874 | 2010-04-29 11:52 |  クリーム日記
喉から来る発熱と、ウロタエル父
さらさが、2度目の発熱をしました。

日曜日あたりから、喉からゴボゴボ言うので、痰が詰まっていると感じていました。しかし、元気は元気だし、食欲も睡眠欲もあるので、気にしながら見守っていました。
c0010936_22463075.jpg
月曜日のさらさ


といっても、痰がからむとぐずるので、夜は抱っこしたまま寝かしつける日々が続いていました。かといって、痰を吐き出すこともできないし、ここ数日は、ほんとヤキモキしてました。海月も昼夜言わず仕事で忙しく、おろそかになっていたかも知れないと反省しているのですが、月曜の夜はお風呂に入らずに寝かせました。
c0010936_22501236.jpg
火曜日のさらさ


それが、昨日の朝から熱っぽさが出始め、それでも元気だし、食欲あるしで、その夜は1日ぶりに風呂へ入れました。そのときははしゃいでいましたが、夜中あたりから熱がはっきりとわかりました。風呂がいけなかったのかと、これまた反省したのですが、さすがに子どもの発熱にはうろたえてしまいます。

今日は、午前中に総合病院で受診し、喉からくる風邪との診断でした。午後からも、時おり38度6分近い発熱をしながら、さすがにしんどいのか、氷枕で冷やすと寝てしまいますが、深い眠りではありません。鼻水をたらし、喉をゴロゴロ言わせながら泣かれると、親として恥ずかしい気持ちにもなります。

「4月で二度目だ…」

夕方には、イオン飲料などを買い出してきましたが、これは好んで飲んでくれました(海月にとっては、マズイ飲み物ですが)。食欲は旺盛ではなく、好きなものを食べる程度になっていますが、それでも食べてくれるのでひと安心です。妻の母乳も飲んでくれています。お気に入りのベビーダノンはよく食べます。

さらさの事に関しては、情けないほどに心配性ですが、ネットでも調べながら、「同じ思いをしている親はいるんだな」と思うだけで安心します。みんな、どこかで誰かに「大丈夫」って言われたいものです。それでも安心に浸ることはないので、あと数日は気の重い日々が続きます。

さらさは何よりの生きがいです。

by kurage874 | 2010-04-28 23:02 |  さらさに贈る言葉
東紀州コミュニティデザインセンターが紹介されました
けっこう降っていますね、雨。

みえ市民活動・ボランティアニュース5月号が発行されています。
c0010936_12304487.jpg
表紙


発行は、みえNPOセンター・ワーカーズコープになります。
この組織は、みえ県民交流センターの指定管理者でもあります。
このセンターは、アスト津と呼ばれている建物にあるので、海月のブログでもたびたび登場します。アスト津に行くと書けば、たいていはセンターへの用事か会議になります。つまり、大変にお世話になっています。
c0010936_12363191.jpg
NPO物語


手前味噌ですが、NPO物語には海月が登場しています。
東紀州コミュニティデザインセンターという、民設民営の市民活動支援センターを運営していることから、今回取材を受けることになりました。東紀州でこの手のセクタは、紀宝町の尾鷲市の2つ組織だけです。細々とやっていますが、県内ではけっこう認知はされてきていると自負しています。え、市内の認知?ここが非常に微妙で難しいですね…

さてさて、詳しくは紙面を読んでいただきたいのですが、尾鷲市内で手に入れるには、私に直接言っていただくか(カフエクリームにも設置)、カフェスケール158(宮之上町)、キタガワノホトリ(北浦町)、県立熊野古道センター(向井)、尾鷲市役所(古戸町)、尾鷲市福祉保健センター(尾鷲市社協、栄町)、尾鷲庁舎(坂場町)あたりで手に入れることができます。

長時間の取材を受け、上手に編集していただきましたが、海月が尾鷲にこだわる理由なども述べています。また、こういった活動が、今後の地方自治体に必須なだけでなく、率先する市民の必然性も訴えているつもりです。

毎回、このニュースには目を通していますが、今回より紙面が刷新され、見やすくなった感じがします。ただし、情報誌といっても、万人受けする内容ではないので、万人にウケルわけでもありません。かといって、紙媒体のこの手の情報は、インターネットで容易く手に入る時代では貴重な存在です。いつか、HCDとしても、助成金や支援金を補助できるような展開ができればとも感じるところです。

by kurage874 | 2010-04-27 13:05 |  東紀州コミュニティデザイン
第3回編集会議と取材する醍醐味
第31号の編集会議がありました。

なんだか編集会議ばっかりですが、人がそろわなかったり、記事がそろわなかったりで、より深く担当するスタッフにとってはヤキモキですね。これが、こういった活動の温度差ですが、これって共有したり、理解できたりするのには、けっこう時間がかかる気がします。
c0010936_21435267.jpg
北浦方面


5月に発行予定の第31号は、北浦町や馬越町が特集地域なので、対象範囲がちと広すぎました。また、店舗もけっこうあるのですが、スタッフの入れ替えが激しかったので、広告費をお願いするまでの余裕がありませんでした。幸いにして、ストックの広告があったので、なんとかかんとかって感じです。
c0010936_21454132.jpg
尾鷲港周辺


海月も、ハナジャコの記事を助っ人しているので、急ぎ取材や記事集めをしているところです。まあ、オーバーワークですが、市民的な活動のオーバーワークは、すでに5年を超えたって感じですね。慣れたというよりも、これが生活の一部になってしまいました。
c0010936_21495652.jpg
中村山周辺


ところで、このブログの写真ですが、滅多にお目にかかれない場所からになります。どうしても、高い位置から北川や尾鷲神社方面の画像がほしかったので、フロントに無理言って行ってきました。快く許可いただいたので、また違った尾鷲を切り取ることになります。もちろん、owasebon第31号の記事を楽しみにしていただいて、どのような絵になっているかを見てくださいね。
c0010936_21534432.jpg
この屋上より


ここからの景色は、生活が身近に感じられる抜群の距離感があります。いつか、スケッチ画家の岡君にも書いてもらいたいねえ。もちろん、葉書サイズを繋げたパノラマで。

考えるだけでワクワクします。

by kurage874 | 2010-04-26 21:57 |  owasebon制作委員会
北川を散歩しながら魚屋へ
昨日も今日もよい天気。
木々の緑が鮮やかです。

さらさが夕方ぐずりするので、ベビーカーで散歩しました。
c0010936_1443574.jpg
座ってる


北川沿いは、歩道がある神社側と、車の往来がほとんどない護岸沿いがあるので、行って帰ってくるのにはちょうどよい加減です。行きは、尾鷲神社の楠さまにお参りし、文治橋を渡って竹本魚店までお買い物です。日帰りカツオの刺身(尾鷲では、シャッシミって響きですね)を狙ってですが、メブシの方を選んでいただきました。これも尾鷲にきて覚えた贅沢です。
c0010936_14473017.jpg
楠さま


いまの北川には水量があるので、やはり流れがあるほうが川らしいです。また、流れがあると、水のよどみも少ないです。もっと魚影に期待したいところですが、ここに流れる家庭排水がいつも気になります。
c0010936_15355587.jpg
アップ


c0010936_1536890.jpg
近くはダメ!


さらさは寝るどころか、あちこちが気になって、サギが飛べば「ヒュー」、猫が鳴けば「ヒューヒュー」とご機嫌でした。帰って来てすぐに風呂に入りましたが、今度はなかなか寝付いてくれないので、海月の胸を枕にやっとのことで寝かしつけました。しかし、おさまりのいい場所を探しながら寝息を立てるさらさを見ていると、これ以上にない至福を感じますね。

そうそう、今日で8ヶ月になりました。
順調に大きくなってくれてるかな。

by kurage874 | 2010-04-26 15:46 |  さらさに贈る言葉