海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2010年 07月 ( 55 )   > この月の画像一覧

子を持つ親としてでなく、人間として
今週はどいそがしい。

書こうか迷いながら、ちょっとやりきれなくなった。
子どもの虐待の報道が目に付くことが多くなった。
あまり、センセーショナルに報道するなよな。
人間の尊厳が薄いものに感じる。

その都度、死んだ子の親を責めたくもなるが、その親にだって事情はあったはず。だからと言って、命を絶っていいとはならないし、わが子なら刑が軽いのもアカン。そこには、揺るぎない刑罰があって然りだけど、子どもを死なせた親以外にも、責任を感じてほしいと思うことも多い。

身内もそうだし、周辺の住民もそうだし、警察もこどもセンターにも責任の一端はあると思いたい。幼くても、命が消えるには時間がかかり、死んだ子たちには生き地獄のような毎日が繰り返されたいたのだ。感情的になってはと思うけれど、寄り添うように死んでいたなんてやりきれない。

社会の仕組みが希薄になっているなんて、そんなひらくったいコメントはいらない。何のために、子どもを特別に大事にするなんていった政党に、政権交代させたとかもいいたくはない。でも、国の宝を簡単に死なせていいなんて、この国はどうにかなっているのかと思ってしまう。

「泣き声がしたならば、それは生きていたんだよ!」

つべこべ言わずに、誰もが命を守れる国にしなくては。
子どもは、親を選んで生まれてくるなんて信じたくない。
死ぬのがわかって選ぶなんて、そんなことあるもんか!

とても悔しい気持ちが、後味悪く残っています。

by kurage874 | 2010-07-31 00:48 |  尾鷲の足あと
石窯の火入れ順調です
キタガワノホトリの石窯の続報です。

ようやく微調整に入りました。
c0010936_222813.jpg
煙突をつける


c0010936_22282217.jpg
ちょっと抜けが心配


横ばいの煙突が長く、煙の抜けを心配しました。
案の定、抜けがよくなく、明日に修正します。
二瓶さんにまかせっきりです。
c0010936_2229353.jpg
煙漏れも解消


c0010936_222925100.jpg
すでに職人技


何度か火入れをして、微調整に入っています。
煙突を修正すれば、ほぼ完成です。

あとは、ピザかパンかを試し焼きするだけです。
週末あたりに、実行できるかな?

by kurage874 | 2010-07-29 22:35 |  キタガワノホトリ
尾鷲市の港まつりで、環境ボランティアしてみませんか?
ごみナビゲートボランティアを募集しています。

現在までに、10名にも満たない申し込みです。

ボランティアの入門編だし、学生には参加証明書も発行します。
c0010936_012064.jpg
締切日は、7月30日(金)の誤り


☆尾鷲市ごみナビ
■コアスタッフ
 計5名
  事務局・カウンターパート…1名
  ボランティアリーダー…4名
■ボランティア
 ・募集…最低40名(8班各5名)
 ・申し込み先…http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95568158
■分別
 ・ペットボトル(フタ別)
 ・アルミ缶(中身出す)
 ・スチール缶(中身出す)
 ・ビン(中身出す)
 ・可燃ごみ(プラスチック、汚れたトレーも)
■ごみステーション
 ・4箇所

ぜひとも、よろしく参加をお願いします。

by kurage874 | 2010-07-28 00:11 |  東紀州コミュニティデザイン
石窯の火入れ
今日もまたもや暑かった。

キタガワノホトリの石窯に火を入れました。
c0010936_23522873.jpg
この型枠を焼く


型枠を焼いてしまうのと、耐火煉瓦と耐火モルタルに、焼いて強度を持たせるためです。
c0010936_23541130.jpg
順調に燃える


と、思っていたら、あちこちから煙が漏れています。
c0010936_23545937.jpg
わかります?


乾燥のときにヒビが入ったのと、耐火モルタルが均等に乗ってなかったのが原因です。
c0010936_23561440.jpg
赤印をつける


漏れた箇所に印をつけ、ひと通り燃やし尽くしました。漏れた箇所は、耐火モルタルで補修します。それにしても、けっこうな火力になるので、早く石窯ピザか、石窯パンを焼きたくなりました。
c0010936_2357552.jpg
おきを端に寄せれば


煙突の具合もわかったし、補修もできそうです。
二瓶さんも伊勢路踏破から帰ってきたので、明日からでも実行です。

いやあ、楽しみになってきたぞ。

周辺で、使ってくれるパン教室とかあるのかな?
石窯でパンを焼く講座も楽しいだろうなあ。

by kurage874 | 2010-07-26 23:59 |  キタガワノホトリ
紀北町燈籠祭でのごみナビゲートボランティア
昨日も暑かったですね。
加えて、燈籠祭も熱かったです。

ごみナビゲートボランティアも、4年目になりました。
目標30名には及びませんでしたが、25名の登録がありました。
飛び込みのような形で、2名の方にも参加していただきました。
c0010936_20342829.jpg


会場内4カ所にエコステーションを設置し、来場者が持ち込むごみを、ボランティアが橋渡しして、分別してもらいます。分別は、可燃ごみ、ペットボトル、キャップ、缶、ビンとなっていて、資源ごみはリサイクルに回します。
c0010936_20493883.jpg
今年のリーダー


c0010936_2050995.jpg
エコステーションにて


紀北ごみナビボランティアは、高速道路の工事関係者が多く、参加人数では、中部電力からがもっとも多かったです。このように、企業の地域貢献は、来場者の見えないところで力を発揮しています。また、これこそが、ボランティアのあり方で、職域や肩書きで色分けされないよさがここにあります。
c0010936_20533795.jpg
準備中


c0010936_20542955.jpg
こんな感じ


c0010936_20545363.jpg
こんな感じ


1ヶ所のエコステーションには、リーダーを含めた約6名が待機し、およそ30分交替で、2班にわかれて活動をします。休憩の間は、花火を楽しんだり、売店で買い物をしたりと、イベントを楽しむことができます。これも、このボランティアのよいところで、誰でも体験することができます。
c0010936_20594322.jpg
目立つように明るい


c0010936_2102653.jpg
花火も楽しめる


17時ごろから活動をはじめ、花火終了の21時頃まで続きます。この日は、花火の終了が伸びたので、30分ほど活動も延長しました。この連絡を密にしなければ、エコステーションの活動に支障をきたすことになります。というのは、帰るお客さんが多くなると、分別をしてもらう余裕がなくなり、一人に対応している間に、他のお客さんが混じったままのごみ袋を置いていきます。流れにのって早く帰りたいお客さんのなかには、エコステーションの存在をしっているはずなのに、ごみ袋を投げ捨てていくこともあります。
c0010936_2161459.jpg
終了ミーティング


本来は、ごみは持ち帰ってもらうのが理想なので、それが定着するまでの橋渡しとして、ごみナビはあります。花火終了と同時にごみナビが終了するのも、持ち帰ろうとしているごみまで分別しなくてもいいのではという発想があるからです。しかし、このやり方にも発展的なやり方はあるかもしれません。

紀北町でのごみナビは、ひとまず成功に終わりました。燈籠祭実行委員会には、このあと報告書と会計決算書などを引き渡すことになっています。そのなかで、もっといいやり方を、来年に提案・実行できればと考えています。

あとは、尾鷲での港まつりでのごみナビです。
間近の8月7日の土曜日に開催します。
しかし、現在までに7名の応募しかないです。
目標は30名、程遠いので、募集に奮闘しなくては。

まずは、紀北ごみナビに参加された皆さま、お疲れさまでした。

by kurage874 | 2010-07-25 21:13 |  東紀州コミュニティデザイン
owasebon第32号の製本(残り1,000部)
19時より、製本を始めます。

すでに2日かけましたが、参加人数が少なく、1,000部を残しています。
あらためて、スタッフの減少を痛感するとともに、根幹が揺るぎそうです。
また、個々がつくりっ放しになってやしないかを感じるところです。
まさに、市民活動やボランティアの難しいところです。

さて、と言っておきながら、海月は参加できません。
妻がちょうど息抜き不在中で、娘をみています。
寝ていますが、置いておけないので、今日は出られません。
ごめんなさい。

現在、19時半から2名、20時から1名、21時から1名となっています。
500部でも仕方がないので、無理のないように製本お願いします。
と言っておきながら、すでに無理な状態が続いているのが現実でしょう。

うーん、悔しい。

by kurage874 | 2010-07-25 19:30 |  owasebon制作委員会
尾鷲でボルダリングが楽しめるようになります!
キタガワノホトリに完成間近です。

ボルダリング(Bouldering)は、「大きな岩を登る」という意味だそうです。
そのボルダリングを、室内で楽しめるスタジオが完成間近ということです。
c0010936_13315694.jpg


c0010936_13323623.jpg


c0010936_13331638.jpg


角度をつけてボルダリングボードを取り付けたので、けっこうな斜度で楽しめまるはずです。肝心なホールドを取り付けていませんが、それをイベントにして杮落としできないかを考えています。

あと少しでオープンです。

by kurage874 | 2010-07-24 13:48 |  キタガワノホトリ
北浦の換気扇を交換する
今日も日差しがはんぱねェ。
熱中症にきをつけよらいね。

台所の換気扇を交換しました。
前のより径を大きくしました。
c0010936_11155452.jpg


c0010936_1117022.jpg


排熱効果に期待しています。

取り付けは汗だくでしたね。

by kurage874 | 2010-07-24 11:21 |  尾鷲の足あと
第32号を発行しました
家の中の温度計が、40度を超えていました。

owasebon第32号を発行しました。
c0010936_20145164.jpg
特集地域は港町


昨日は、500部の製本で精一杯でした。
きょうこそは!ですが、現在までに2名です。
しかも、owasebon制作委員会は1名です。
あーだめだねえー仕方がないけど。

明日は、紀北町のごみナビで不在です。
発行が遅れているので、早く配布せねば。

誰でも参加できますよ。

by kurage874 | 2010-07-23 20:17 |  owasebon制作委員会
携帯電話が壊れて、大事な一部のデータが消えました…
一昨日の午後、不注意から携帯を壊しました。

ちょうど、地元のドコモショップが定休日だったので、昨日の10時半ごろまでは、陸の孤島のような生活になってしまいました。とはいっても、個人的には不安などはないにしても、携帯で連絡を取り合っている方からは、「端無、どうした?」となっていたはずです。
c0010936_117565.jpg


c0010936_1172619.jpg


これでは、復旧はとうてい無理で、データはパソコンに保存していた7月8日現在で復旧させました。しかし、7月8日以降に新規のデータがけっこう入ったので、大事なデータがわからなくなってしまいました。とくに、相手側の携帯の情報がまるっとなくなったので、これを見られた対象の方は、端無までデータを送信してください。また、電話をいただいても、登録できていないので、よそよそしくなるかもしれません。

ほんと、申しわけないです…

いつの間にか、携帯がないと大変な環境になってしまいました。昨日の午前中に、新規の携帯を購入しましたが、留守着信や受信メールの数がけっこうありました。しかし、新規の携帯の使い方が直感で行かない部分もあるので、いまようやく対応できる体制になったくらいです。

なんだか、やりきれないなあ。

by kurage874 | 2010-07-23 01:27 |  尾鷲の足あと