海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2011年 03月 ( 42 )   > この月の画像一覧

モジャコの季節になったのだ
モジャコ、好きです。

小さすぎて、ちょっぴり申しわけなさもあります。
でも、モジャコの空揚げとか、かき揚げとか絶品です。
今日は、地元スーパーで、釜揚げってやつ買いました。
c0010936_23422266.jpg
画像悪いですね


空揚げには勝てないけれど、そのまま食べ尽くしました。
まさか、娘が骨など気にせずに食べるとは思いもよらんかった。
c0010936_2344351.jpg
しかも手づかみ


今度は、素揚げにして食べさせてみようっと。
ちょっぴりのオリーブオイルで揚げてみよう。

今は無き、野地町の西村食堂では、この季節にモジャコの皿がありあました。300円くらいだったか、手ごろで美味しいので、ついつい1品増えてしまった記憶がよみがえります。

アジはやっぱりすごいです。

by kurage874 | 2011-03-31 23:46 |  owaseを食べる
HCD防災・減災事業部からのメール配信について
第1報は、すでに関連しそうな方に発信しました。

まずは、告知前の発送をお許し下さい。現段階では、内容は届いた方にしかわかりませんが、配信停止の案内もしていますので、お手数ですがご一報下さい。不必要と感じた方は、本当にごめんなさい。

このメール配信は、主に三重県内や東紀州で活動している大震災関連の情報提供・共有になります。被災地からの報告も、順次発信していきます。もちろん、既に知っている情報もあるでしょうが、HCDなりにまとめたものを、不定期ですが発信していきます。多少なり被災地に対して、私たちができることがあると感じています。また、このメールがきっかけとなり、実際の支援にもつながればと感じています。展開次第では、メーリングリスト化してもかまわないと感じています。

また、興味をもたれた方や、情報共有を望まれる方は、私宛にメールアドレスを教えて下さい。このブログのコメントに、非公開設定でアドレスを教えていただければ、私にしか見えません。直接メールで伝えていただいてもかまいません。情報発信は、すべてBCCで行いますので、ほかの方にはアドレスが開示されないようにもしています。なお、今回のメールが届いていない募金箱の設置店の皆さまで、PCメールのある方は、お手数ですが教えていただけると嬉しいです。

以上、簡単ですが、東紀州コミュニティデザインよりのお知らせです。

**********************
中間支援による市民活動支援センターを目指して
任意団体 東紀州コミュニティデザイン(HCD)
防災・減災事業部 事務局 端無徹也
〒519-3618 尾鷲市栄町5-33 CReAM Lab.
URL:http://crepm.exblog.jp/i29/
mail:kurage874@mbd.nifty.com
**********************

※当事業は、日本財団のROADプロジェクトより支援を受けております

◆日本財団からの助成を受けました
 http://crepm.exblog.jp/16317752/

by kurage874 | 2011-03-31 01:20 |  市民減災まちづくり
予防接種と保育園への入園間近
さらさの予防接種に行ってきました。

かかりつけ医である、尾鷲総合病院で接種しました。
今回の接種は、DPTワクチンの第1期追加でした。
DTPとは、ジフテリア・百日せき・破傷風のワクチンです。

小児科の診察室に入り、聴診器をあてられるあたりから、さらさは気づいてごね始めます。あとは、接種を受け終わるまで泣きじゃくります。終わるとすぐに泣き止みますが、今回は「イタイ」と叫びました。よく知ってたね、その言葉。そのあとは、「チクした」と、付き添った祖母(バアバ)に報告してました。

次回は、4月に入ってから、MRワクチン(麻しん・風しん)をやって、再開された小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)の2回目を接種します。すでに予約をしてきたので、忘れないようにスケジュールに入れておきました。

ワクチンの接種については、さまざまな情報が溢れており、「接種したほうがいいのかな?」、「危険があるからやめた方がいいのかな?」と、悩みどころでもあります。しかし、私の家族の方針では、「受けさせよう」と決めています。当たり前ですが、子どもが判断できないので、これは親が決めるしかありません。それでも、正直恐いです。しかし、病気にかかって苦しむのも恐いです。

まもなく4月に入ると、さらさも保育園に入園します。おなじ環境の子どもと過ごすことを”良し”としながらも、どこかで寂しい気持ちもあります。また、尾鷲は布オムツ対応なので、これにも不安はあります。「けっこう慣れるよ」との声も聞いていますが、毎晩布オムツを洗う日々が続きそうです。それ以上に、早くオムツが外れることに期待するとします。

バアバのおかげで、入園までの準備も進んでいます。いつのまにか、アンパンマングッズが増えています。「パンパン」と呼んでしまうさらさですが、食べる「パン」との違いを知っているようです。しかし、食べるパンを見つけると、「パンパン」と雄たけびをあげます。すごいなあ、子どもって。

その保育園への入園ですが、あまり過度にならないようにと考えています。毎日通わせようとか、無理してでもそうしようとか考えないようにしています。ある程度は、子どもの気分にもあわせてやりたいし、家族の状況をみて判断しようとも思います。助言をくれた子育ての先輩に、「うちんとこも最初は、ほとんど通わせなんだよ」って行ってもらえたことが後押ししています。

それでも、「保育園にいきたーない」って泣かれたら、そのときは迷うんだろうなあって感じます。そういう気分になったときがないので、4月は初体験が続出しそうです。

妻がちょっとしんどくなってきているので、とりあえずの目標で、入園式まで奮闘は続きます。

by kurage874 | 2011-03-30 23:30 |  さらさに贈る言葉
たくましく育つを祈る
来月には、1歳半健診です。

子どもがいると和みます。
c0010936_2334528.jpg
日曜日、朝


題名のない音楽会が好きみたいです。
音にあわせて踊ったり、ときに手さばきをみています。
c0010936_2343865.jpg
日曜日、午後


久々に散髪をやってもらいました。
さすがに嫌がるので、寝ている間を狙いましたが…失敗
c0010936_23719100.jpg
月曜日、夜


風呂上りに、バスタオルを巻けといいます。
どうみても、取り組み後のシャワー室から出てきた関取です。
c0010936_2385481.jpg
月曜日、夜


裸ではしゃぐ親子をみて、妻はあきれ顔です。
このあとすぐに、スヤスヤ寝てくれました。

さて、いまから妻を寝かせます。

by kurage874 | 2011-03-28 23:10 |  さらさに贈る言葉
たまには息抜き
IKINUKIとタイプしたら、生き抜きとでた。
ほんとは息抜きでよかったのに、なんともなあ。

24時間のうち、寝ている時間以外はドタバタです。
娘もいるし、妻もいるし、内容の濃い毎日です。
くよくよなんてしていられないしねえ。

災害救援ボランティアモードなので、普段とは違った行動力で活動しています。こっちでもできることやすることはあるので、即応・即断に努めています。そのなかで、同じように応えてくれる人たちがいることに感謝する一方、無下に愛想もなく却下されることにもめげてられません。しかし、料簡の狭いと感じることもありますね。この災害は、きっとこの地域が教訓にしなくてはならないのにな。また、ダメもとでも考えてくれる人と、門前払いをする人にも遭遇します。「できません」を前提に進める人と、「できるにはどうすれば」を考える人の違いでもあります。少なくとも被災地では、これだけの違いで、救われる人と、肩を落とす人がでてしまいます。それは、生死をわける可能性でもあります。

過去の被災地で出会った人や、普段は音信不通状態の友人からも、「被災地のどこにおるんじゃ?」と連絡が入ります。もっとも、被災地で汗かいておりたいのもヤマヤマですが、ブログ見てないなあと応えるしかありません。しかし嬉しいことに、「今度は自分が被災地に行きたいと思ってるんやけどね」って連絡も入ります。どこもかしこも、ボランティアは完全シャットアウトでないので、正式に受け入れをしている災害VCなどを紹介もしています。できれば、チームを組んで現地派遣できれば、大きな戦力になるのは間違いないです。いずれは、東紀州からもせめて車1台は出したい気持ちを持っています。それは、被災地を見てくるという現実が、なによりも心に響くものがあるからです。

さて、この週末に、歩き人のふみとあゆみさんが訪ねてくれました。昨夏以来の再会ですが、妻のお見舞いに来てくれたのです。嬉しいですよね。同じく、夏に知り合ったMさんも来てくれて、来客に興奮する娘を囲んで話しに花が咲きました。ふみさんもあゆみさんも、さらにたくましくなって、また歩き旅を続けたいとおっしゃってました。いまは石垣島にいる二瓶さんの話にもなって、「あの人も神出鬼没だね。5月にはバイク隊で被災地にいくそう」と話しました。なんとも懐かしい人たちです。そういえば、いまは八戸で裁判官の卵とかになった、旅人のダイスケのことも気になりました。本当に、昨年の夏は人の往来が激しかったです。あついゆうたちも、沖縄にゴールしたようですし。

そういえば、昨日の夕方に、久しぶりに散髪をしてきました。両サイドの白髪が目立ちすぎ、捨てられたたわしのような髪の毛が邪魔になったからです。かなり短めにカットしてきましたが、娘がそのザラザラ感が気に入ったらしく、寄るとなでまわしてきます。そして、「むほッ」と笑うので、なんだか水木しげるの漫画の吹き出しを思い出しました。言葉を発してたまらない時期に突入しています。

3月のまもなく終了しますが、イロイロと考えた、内容の濃い3月でした。4月になれば、また違った毎日が訪れるでしょうが、やはり子どもの成長が何よりの楽しみです。と同時に、妻にとっても実りあるというか、まさに生き抜くことに家族で取り組みたいと感じているところです。被災地のことは忘れることはできませんが、当たり前に、家族はもっと大事です。

by kurage874 | 2011-03-28 01:09 |  尾鷲の足あと
飲料水がないことと、福島原発事故の余波
ほんとに、飲料水のペットボトルがないですね。

困っている人が少数だからか、周りもあまり話題にしてくれませんね。しかし、尾鷲市でも商店には飲料水のペットボトルは売っていません。入荷の見込みもなく、貼り紙を恨めしそうに眺める人が通り過ぎていきます。尾鷲には水道水があるので、事情がない限り飲料水はいらないはずです。それでもないのは、保存用に買い占めたというよりは、関東地方の息子や娘たちに、水を送っているのがあきらかです。海月の近所の方も、求められて水を送っていました。宅配便でも、水やオムツの取り扱いが増えているとのことでした。

一方、被災地では、地域によっては水が倉庫にたくさん積まれたままをTVでも見ます。実際にも、余っている地域もあるとの報告も受けています。なので、被災地向けの飲料水の確保のために、今回の水不足が起こっているともいえます。三重県においても、各自治体が物資の受け入れを始めましたが、19日には、毛布とともに飲料水の受付が一時停止されました。もしかすると、自治体が受け付けた倉庫や、県内の物資を集積している三重県の倉庫には、提供された水が余っているかもです(※三重県からの物資は、宮城県向けに発送されています)。もちろん、被災地からの再要求があれば、保管している分を発送できますが、「いま欲しい」と願っている人に行き渡らないのは、なんとも不公平だと感じませんか?

今回の水不足は、福島原発の事故が発端ですが、この震災が引き金になっています。日夜問わず、原発事故に対応している人たちは、まさに命をかけてやっています。おそらく、放射能の検知器が、”ピーピー”と鳴り響いていても、ギリギリまで現場に留まって活動をしているはずです。それを思う気持ちもありますが、この時期に「だから原発はいらない」旨の発言も悲しくなります。「ほれ見たことか」は簡単ですが、過剰に電力を消費してきたのは私たち国民です。まずは、それを見直すことからはじめなければと思っています。

ただし、原子力発電については、私にも思うところがあります。学生時代の私は、高電圧系と電気法規を主に学んできたので、原子力発電の仕組みやそれにかかわる法規については、幾分かの知識があります。それだけに、無下に原発はYESとはいえないし、もちろんNOともいえません。今回の福島原発のように、想定外の事故とはいえ、ひとたび放射能汚染が拡がってしまうと、関東地方は大きく動揺することになります。今回の報道を見る限りでは、首都圏は平穏そうに見えていますが、神奈川や埼玉、千葉あたりでは、非常に敏感になっている感じがします。福島県周辺についても、風評被害も含めた実被害は、留まることがないほどに大きくなっています。

原発事故に始まった今回の飲料水不足は、対象となった乳幼児はもちろんですが、周産期のお母さんにも動揺が拡がったと感じています。短期間であれば、水道水の飲用も大丈夫とありますが、後手にまわった感もあるので、やはりペットボトルの水を求める声は当たり前ですし、この感情は仕方がありません。大事なことは、あまり過敏にならないことですが、すぐにでも欲しいといえる人には、物資が行き渡ることです。現実には、尾鷲市からでも、求められる物資を個々に送っているので、この混乱をいちはやく収拾することも必要です。また、自分にも乳幼児の娘がいるので、よけいに感情移入してしまうのもいけないとは思っていますが…

水に対しては、電気以上に当たり前に使ってきた私たちですが、今回の原発事故が発端となり、電気や水、原発を考え直す、または考えてみるよい機会になったことは言うまでもありません。この考えた結果で、YESかNOを出しても遅くはないと考えています。また、今後もできることを考えながらやっていくしかありません。

by kurage874 | 2011-03-27 13:31 |  市民減災まちづくり
1988 CAFE SHOZOのカフェ菓子を食べる
大きな被害はなかったとはいえ、地震に見舞われた栃木県那須塩原市黒磯。

そこには、われわれカフェ経営者にとっては伝説的なカフェがあります。その名も”1988 CAFE SHOZO”。古いアパートを改築したそのカフェも、今回被災したことを知りました。しかし、負けじと、カフェ菓子を地方発送するというので、たまらず発注しました。ちょっとでも、応援する気持ちを込めて。

◆発送承ります
 http://shozo-news.blogspot.com/
c0010936_2252928.jpg


20日に注文、21日に注文完了メール、25日に発送、26日に送料着払いで、ずっしりと重たい菓子箱が届きました。娘は、すぐに食べ物を察知したらしく、「ちょらい」を繰り返し、引き破ってしまいました。仕方なく、卵白が入っていないお菓子を掴ませると、「おいちー」って歓声がでました。
c0010936_22121679.jpg


ちょっと贅沢ですが、どれも心に残るお菓子ばかりで、取り置き分を残して食べてしまいました。カフェを訪れたのは、6年前ですが、オーナーとの会話も印象的に残っています。カフェでまちが変わるって本当なんだなとつくづく思いました。妻とのはじめての旅行でもありましたし。

いろんな想い出が流れていきました。
よし、がんばろって気になりました。

◆1988 CAFE SHOZO
 http://www.shozo.co.jp/

by kurage874 | 2011-03-26 22:18 |  尾鷲の足あと
尾鷲湾で虹を見た
昨日の話です。

夕方、尾鷲湾に虹がかかっていましたね。
c0010936_12424029.jpg


間近で見えた虹は、天狗倉山のほうへ伸びていました。

ちょうど妻との買い物の途中で、

「きれいやんな」
「きれい」

と短く言葉を交わして見つめました。

虹は何かの架け橋だそうです。
たぶん思いは一つであってほしい。

by kurage874 | 2011-03-26 12:44 |  owaseを愉しむ
さらさが戻ってきたよ
もう桜の季節です。
でも、ちょい寒いです。

20日ぶりに、さからが戻ってきて2日目。
子どもがいない寂しさは、なんとも耐え難い。
妻も、あんまし調子がようないし…
c0010936_15235880.jpg
ネギボウズ


重粒子の効果は、ピンポイントでガン細胞が壊死することです。
しかし、ガン細胞はもともとは脳細胞だから、じわりじわりと脳細胞が死んでしまいます。妻の場合は、その範囲が広かったので、だんだんと効果がでてくるとともに、脳の活性も衰えてきたようです。なんとも歯がゆいし、衝動的にもなりそうです。

1日は24時間、これをかえることはできないので、体内時計にちょっと無理をさせています。そのくらいの無理はなんともないけれど、さらさが戻ってきて、いくぶん気持ちにも安堵感が入ってきました。やはり、わが子は最高です。私にとっては、何よりの特効薬です。

しかし、どこか娘を犠牲にしてはいないかと、考えることもあります。妻の介助で娘にも「待った」をかけるときがあります。それでも、娘にとっては、「かーたん」です。ちなみに、私のことは、「とーたん」です。あずけている妹夫婦のことを、姪っ子に習って「パパ、ママ」と呼んでしまうそうで、「とーたんとかーたん」にしているようです。泣けてくるねえ…

家族総出で、妻や私たち家族を応援してくれています。それには感謝しいきりです。でも、娘と離れ離れになる不安と現実は、私には苦痛でたまらなくなってきました。妻にはそこまでの感情がないので、よけいに寂しくなります。本当に、この病気の恐ろしさを痛感しています。性格までが変化していく病気なんて、まさか目の当たりにするとも思ってもみませんでした。

でも、まだあきらめるわけにはいきません。
娘の成長には、かーたんが必要です。

脳は未知数と言われています。
それを信じて、リハビリもしていきます。
いまは、グッとこらえる時期だと感じています。

by kurage874 | 2011-03-25 15:59 |  さらさに贈る言葉
災害発生2週間!何ができるか?
3.11より2週間が経過。

一般的には、災害発生3日後に立ち上がる災害VCだが、今回は1週間ほど要している。いまだに目処が立っていない自治体や地域もある。しかし、2週間が経ち、ようやく災害救援ボランティアの出番が回ってきたと強く感じる毎日である。

しかし、それとは対象的に、この地域での熱が冷めた感じがする。募金活動は続いていて、誰がいくらしたとか、誰が何をやったとかは、まちを瞬く間に駆け巡っているが、具体的な支援策を声にする人は少ない。また、そういう行動も集まりも無い。

「この地域でも十分に起こりうる津波なのに」

熱が冷めるのは無理もなく、日常生活とはこんなものだ。それが普通に送られている以上、いくら被災地が日本にあったとしても、やはり対岸の火事でしかない。そうではないのはわかっていてもだ。しかし、新燃岳の火山活動は、もはや過去の話になっているし、あそこで火山灰に悩まされている人たちのことは、メディアでも見なくなってしまった。ニュージーランドの地震で、身元が判明した日本人は何人になった?

こういう事態を、被災地の人は一番に恐れているという。世間から当たり前のようになってしまい、見放されてしまうことを。もちろん、メディアの報道も変化してきた。悲劇や感動の話を優先する番組も増えてきた。確かに、凄惨極まりないが、どこかワイドショー的興味関心をひこうとする意図も見えてしまう。人が生きるか死ぬかは、ほんの些細な一瞬で決まり、それでも生き残った人たちは、多くの「…」を持って生き続けなければいけないのだ。

僕がこの地震を感じたとき、尾鷲にやってきた意味を考え直した。このときのために、尾鷲に移住し活動を続けてきた。それ以後も、日本は災害に見舞われたけれど、今回の震災ほど、この地域に重ねたことはなかった。それぐらい、この震災は、この地域の明日を見るような惨状になった。だからこそ、尾鷲でやってきた活動の集大成を、ここで発揮せねばとじっとしていられないのだ。もちろん、人が人でしか救えないことを知っているつもりだし、誰にでもある感情である。

僕が先に声をあげると、僕を好としない人たちの熱を覚ましてしまう。しかし、そうであっても、いまは日本の非常事態であるし、いままでは声なき声だとしても、満を持して声にするときだとも思う。いま出さないでいつ出すの?って考えている。この地域でできることは、簡単には募金活動で間違いない。でも、それだけで終わってはいけない。この地域の将来や未来を感じて、いまこそできることを声にする作業が必要不可欠ではないだろうか?

その分野のスペシャリストがいる。それは、災害には対応していなくとも、災害時に発揮することも多い。イベントを企画できる人材は、災害時には大変に重宝する。普段なんでもない生活を送っていても、緊急事態に頭の回転が速くなる人もいる。実際にも、「こうしたらよいのではないか」などと考えている人もいるだろう。そういった声を、この地域で集める必要を感じている。そして、その声を、被災地に届けるまでをやろうとしていきたいのだ。それは、この地域にいずれは還ってくることなのだ。

とりあえずは、尾鷲市で、災害ボランティア支援センターができればと思う。官民協働で、できる可能性だけを話し合い、実際に行動に移せるまでの活動をしたい。少なくとも、今回の震災では、3-4年のスパンで活動を継続しなければ、被災地の復興を手助けできないのではと考えている。同じように、3-4年は活動できる体制作りを伴う必要もあるだろう。それが必ず、この地域の市民防災を築くのは間違いないだろうし、防災とまちづくりが一体化する事例にもなるだろう。

重ねて言うけど、僕のことを好としない人がいても、災害が発生すれば、生き残った人で復興はしなくてはならない。いまはそんな事態ではないだろうか?04年の海山での災害で、多くのボランティアが田舎町を訪れた。それを支えたのが、この地域の人たちであったはずだ。もう一度、思い出して欲しいし、あれから育った人材もあるだろう。僕はこのときのために、歯を食いしばってきたんだ。

「現地に行ってみたいんだが?」

そういった声でもいい。できる限りのサポートはするし、そういった受け入れ先は、確かな情報として持ち合わせている。なによりも、声なき声を声にする必要を感じ、同じテーブルにみんなが集まることも想定している。「自分のことだろうな」と感じた人は、迷わずに声をあげてほしい。それが個人であっても、組織であってもかまわない。組織であった方が近道の場合もあるだろう。

尾鷲市では、想定している津波で、約2,000人が死亡するとのことだ。7年前にその想定を知ったとき、尾鷲市だけが突出していたのが気になった。それが、尾鷲市に移住する根拠になったし、それを1人でも減らす可能性は、民間の活動でもなしえるとも感じたからだ。

2週間という時間は、人が最初のできごとを忘れるのに十分な時間である。それを忘れないで、次につなげるかのターニングポイントでもある。4月になれば、入学式や入園式や楽しい話題が先行する。それは当たり前で否定はしないけれど、被災地を忘れない作業は、いましかできないと感じている。

私たちには、できることがあります。

by kurage874 | 2011-03-24 22:57 |  市民減災まちづくり