海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2011年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

連休に入り、親子が一緒になれる日々
さらさの水疱瘡は、だいぶとかせてきました。
いまは、かゆがるようになってきたみたいです。
でも、熱もさがり、いくぶん元気もでてきました。
だけど、一緒には生活できないので、いまも実家です。

なので、2日続けて、飛鳥に行っています。
実家に甘えていますが、子どもと一緒はいいものです。
妻も、まあ、なんとかかんとかやっています。
しかし、今月は2回も軽い痙攣を起こしました。
伊勢の主治医からは、ターミナルケアの話もでています。

今の私では、介護と育児と仕事の3両立は、毎日が限界です。
でも、今日の限界を乗り越えると、明日がちゃんときています。
ちゃんと朝が来るので、昨日の限界は、へっちゃらです。

できれば、身内の方からは、「さらさの母親らしくしたるんやで」みたいに言って欲しいです。もう、さらさには、私と妻との兄弟姉妹は望めないので、あとは母親の部分を、どれだけ娘に残してやるかです。なので、せめて身内からは、妻にはさらさの母親でいて欲しいと願ってもらいたいです。これだけで、私の胸のつかえは、かなり落ちていきます。この一瞬でも、引き離してなんになると願うのは、私の我がままでしかないのでしょうか?

妻が大病をして、その病気にだけ集中できると、はじめは思っていました。周りはもちろんですが、身内からも、そういう環境をこしらえてくれるものと楽観視してました。しかし、現実は大きく異なり、妻が緊急手術になるあの日から、私はよそ事にも目を配りながら対応していかなければならくなりました。それは、とても労力のいることで、私と妻とさらさ3人の家族に、土足でヅカヅカ入ってこられる気分でしかありませんでした。

勝手な希望かも知れませんが、私がSOSを出したときだけに、身内は対応してくれたら十分です。あとは、残された時間を、家族3人の時間として共有させてほしいのです。妻は必死に生きようとし、私は必死になって支えているつもりです。その間には、さらさがいるので、このトライアングルは崩したくはありません。それに外圧をかけていると感じれば、私は遠慮なく口にしています。でも、その意を汲んで、そっとしておいて、またはそっと見守ってほしいのです。それだけでも、私の余計な心労はなくなります。

妻が病気になり、共通の友人の皆さんには、本当に支えられてきました。その支えが、僕の生命力の源にもなっています。まさか、身内の一部が、その身を削るとは思いもよりませんでしたが、これも現実だとあきらめて対応はしています。でも、でも、もうこの件では限界です。これ以上は、理性では抑えきれなくなりそうです。

私たち家族は、それを理解してくれている人たちに支えながら生きています。理解できなければ、身内でもあっても、このサンクチュアリには入ってきて欲しくないです。波風を立てていい時期は、もうとっくに終わっています。あとは、静かに、遠巻きに、応援してください。最後の最期まで、私は、私と妻と娘の3人の家族でいたいのです。

by kurage874 | 2011-04-30 00:04 |  さらさに贈る言葉
みえボラ新聞第2号
第2号の発行です。

今日のボラバス第1便にあわせて、急ぎ間に合ったようです。
集合写真もありますが、これは明日のメディア発表後に掲載するかも?
c0010936_23524477.jpg


c0010936_23525885.jpg


こういった後方支援が、官民協働のよいところです。三重らしい。

by kurage874 | 2011-04-28 23:57 |  市民減災まちづくり
かみ合わない地域防災・減災
3月11日以降、海月は災害救援モードです。

義援金箱の設置に始まり、関東に水を送り、人材を求められたボラセンに専科スタッフを送り、被災地にボラセンの運営スタッフを送りと、後方支援としてできることをフル活動しています。これは、きっとこの地域の防災・減災に繋がるものがあると信じているからです。

しかし、地域防災や減災を考える上で、行政や社会福祉協議会(社協)との連携は欠かせないのですが、どうにもこうにもかみ合いません。市民活動として、これまでに築いてきたネットワークを駆使しながら、継続的に被災地支援をしているのですが、地域防災に還元するには至っていないのが現状です。

この件について、先だって尾鷲市社協の会長に面会を求め、有益情報の共有などで合意事項ができたのですが、会長の言葉が何だったのか、その後も全く変化がありません。聞こえてくるのは、私に対する嫌悪感だけで、「まさかそんなことはないだろう」とは思っています。私が求めた情報共有は、尾鷲市社協などが募集している”被災地へのボランティアエントリシート(http://www.v-bosaimie.jp/mvic/#/detail/337491351270993741)”のことで、これは官民協働で設置された”みえ災害ボランティア支援センター”に集計されていくものです。

私も、この支援センターの幹事団体に所属する会員であり、中間支援組織としても積極的に協力しているので、この地域からの応募者や希望者がいれば、ボランティアバスへの搭乗や、現地への在留スタッフとしての派遣など、いち早い情報などを提供できればと考えています。また、率先してボランティアを送り込むことで、この地域の防災や減災のヒントになることも多々あるだろうと考えているのです。

県社協のスタッフからも、「地元社協と連携してやってくれるのがベスト」ととまで言われているのに、実現できていない歯がゆさを感じています。また、行政においても、地域防災計画を見ての通り、”民間などの組織と連携して”との文言があるにも関わらず、手を携えてまで至っていないのが現状です。それができないのは、”私だから”とは思いつつも、そういうことを言っている場合ではないとも感じます。自治会や自主防災会の活動も大切で、それは大いに理解もしているのですが、災害救援の民間ネットワークの活用や活躍は、今回の大震災をみても明らかであります。ほぼ全ての被災地で、民間ネットワークが連携して活動しています。

また、三重県の特徴として、官民協働で支援センターが設置され、明日にはボランティアバスの第1便が三重県を出発します。これには、鈴木知事も見送りに参加しますが、これを実現させるために、先遣隊を第4次まで岩手県山田町に派遣してきたのです。しかも、この先遣隊には、私の所属する中間支援組織から、20名中、半分に近い9名ものスタッフを派遣しているのです。

しかし、三重県では、行政も県社協もNPOも分け隔てなく参画して、防災・減災活動に繋がる行動をしているのに、東紀州のこの地域までくると、民間(NPO)は後回しになっている気がします。私たちのように、率先して活動していることがわかっているはずなのに、同じテーブルに着かせてもらう話はありません(話自体あるのかな?)。能力やスキルがないならいざ知らず、すでに活動しているからには、三重県と同じやり方はできないものでしょうか?この方式は、伊賀市や名張市、桑名市などでも実践されているので、いつもの東紀州クオリティなのでしょうか?

被災地の支援は待ったなしなので、地元がどうであれ、私の活動は継続しています。いまも、岩手県山田町では、尾鷲から派遣した2名のスタッフが、過酷な環境でボラセン運営をしています。明日には、盛岡で待機している2名が、同じく山田町入りしてボラバスを迎えます。今後も、ボラバス派遣を現地でサポートする在留スタッフを、定期的に派遣するべく活動していきます。しかし、この活動すらに、この地域の行政や社協などが参画していただければ、東紀州の防災力や減災力は向上するはずです。タッグを組みべき次期と、今回の大震災ではなかろうかと思うのは、私だけなのでしょうか?

かみ合わないことで一番に被害をこうむるのは、間違いなくこの地域の住民です。それを少しでも潤沢に回して行こうとする気があるならば、お互いに前進する道は見えているはずだと感じています。または、率先する市民が、声なき声をあげていいとも切に感じています。私や、私の組織は、いつでも同じテーブルで議論していく準備ができています。

町や村がなくなる地震や津波が、この地域でも十分に想像できたはずです。

by kurage874 | 2011-04-28 02:05 |  海月のぼやき
第4次先遣隊が出発します
27日に、第4次先遣隊が岩手県山田町を目指します。

盛岡で集合し、翌日レンタカーで山田入りする計画です。
今回のスタッフ3名のうち2名が、HCDからの推薦スタッフです。
1名は亀山市在住、1名は東京在住の学生です。
これで、9人のスタッフを推薦することになりました。

尾鷲市在住ばかりではありませんが、ここからでもできることがあると、スタッフの調査、勧誘、推薦を続けています。HCDの人的ネットワークは、いずれやこの地域に還ってくると信じています。そこから、減災や防災を考えるきっかけをつくりたいとも考えています。

引き続き、現地駐留スタッフを募集しているので、興味関心のある方は、HCDまでお問い合わせ下さい。詳しい現地情報や、説明をさせていただきます。


東紀州コミュニティデザイン
防災・減災事業部 端無
kurage874@mbd.nifty.com

※当事業は、日本財団のROADプロジェクトより支援を受けております

◆日本財団からの助成を受けました
 http://crepm.exblog.jp/16317752/

by kurage874 | 2011-04-27 01:00 |  市民減災まちづくり
今年も、紀北町燈籠祭で”ごみナビ”します
実行委員会より打診がありました。

5月11日に、会が決起集会を開催するので、それまでに準備することがでてきました。紀北町燈籠祭は、紀北町商工会議所青年部の活躍が際立っています。当日の会場にいけばもちろんですが、準備段階でも、若い顔ぶれに出会います。

今年の”ごみナビゲートボランティア”についても、最大級の賛辞をいただき、スタッフ一同、気を引き締めたところです。イベントとの一体感を感じるごみナビですので、興味関心のある方は、ボランティアとしてだけでなく、ごみナビスタッフとしても参加していただければ嬉しいです。リーダー研修では、伊勢宮川大花火でのごみナビ(こちらは、ハローボランティアネットワークみえが主宰)への参加も予定するので、人的ネットワークも拡がり込みますよ。

まずは、7月23日(土)の当日、予定を空けておいてくださいね。

■スケジュール(案)
 4月
  25日 燈籠祭でのごみナビ支援決定
  28日 募集チラシ発注
 5月
  11日 紀北町燈籠祭決起集会
  16日 ごみナビスタッフ・ボランティアの募集
 7月
  09日 ボランティア募集締め切り
  12日 ごみナビスタッフ打ち合わせ
  16日 伊勢宮川大花火でのごみナビ研修(ごみナビスタッフ)
  19日 ボランティアマニュアル送付
  23日 紀北町燈籠祭
  29日 報告書提出
※HCDスタッフ会議は別途

by kurage874 | 2011-04-26 12:08 |  東紀州コミュニティデザイン
みえ災害ボランティア支援センター事務局職員を募集します
以下は、中間支援組織へのMLでも共有されています。このような雇用ができる三重県の性格は、ちょっと自慢していい取り組みだと感じています。

みえ災害ボランティア支援センター(http://www.v-bosaimie.jp/mvic/
) では、東日本大震災で被災された方々に寄り添いながら息の長い支援を行うための事務局職員を3人募集します。

1 仕事の内容
ボランティアと連携しつつ、次の業務を行う。
・総務班長:支援金・物資の確保・管理、会議運営、その他労務・経理を含むセンターの運営全般
・情報班長:センターHPの運営、活動の記録、その他情報収集・情報発信全般
・対策班長:現地センターとの調整、ボランティアバス(みえ発ボラパック)の運営、その他被災者・被災地を支援するために必要な対策全般

2 勤務条件
・賃金手当 月21万円+通勤手当(上限あり)
・雇用期間 平成23年5月1日~平成24年3月31日(更新あり)
・勤務場所 津市羽所町700番地 アスト津3階 みえ県民交流センター内
・就業時間 週40時間の変形労働時間制
 8:30~17:15、10:30~19:15、13:15~22:00など

3 応募方法
・4月26日12時までに、次の書類を、下記あて提出ください。
 ①履歴書(写真貼付)、②職務経歴書
・4月26日中に書類選考結果連絡。
・4月27日午前 面接

4 応募書類提出先
三重県庁 生活・文化部
男女共同参画・NPO室 NPOグループ
TEL 059-222-5981
FAX 059-222-5984

by kurage874 | 2011-04-26 01:47 |  東紀州コミュニティデザイン
東紀州コミュニティデザインの防災・減災事業部について
3月11日以降フル活動しています。

東紀州コミュニティデザインは、4月1日より、東紀州コミュニティデザインセンターから、”センター”を抜きました。お楽しみはあとにおいておこうと決めました。組織としては同じもので、中間支援を目的とした市民活動支援センターになります。東紀州では、民設民営は東紀州コミュニティデザインだけです。以下、HCDとします。

このHCDには、コミュニティカフェ事業部と、キタガワノホトリ事業部、防災・減災事業部とがあり、経験と歴史としては、前進も含めて、防災・減災事業部がもっとも古いです。もともと、尾鷲市で立ち上げたのも、2004年の三重県豪雨災害があったからで、この時に旧海山町に設置された災害ボランティアセンターの関わりからです。

現在、HCDのスタッフには、NPOみえ防災市民会議が主催する”防災ボランティアコーディネーター養成講座”の受講生が4名おり、被災地での活動経験者も2名(うち1名は私)おります。また、2008年には、尾鷲から災害現場(長野県岡谷市)に2名同行させた経験もあります。2010年には、災害系ボランティアとの広域連携(愛知県名古屋市)にも参画しております。と、密かに、尾鷲から活動することで、逆に尾鷲に注目してもらおうとする試みです。

また、HCDという組織というよるは、人とのネットワークになっているのですが、災害系だけでもかなりの数の組織・団体と連携・共有しており、「熊野灘沖で地震が発生したときは、一目散に尾鷲を目指してね」と口酸っぱくいっています。なので、今回のような東日本大震災の際には、11日の夕方から、情報収集と共有が始まり、いまの後方支援に繋がっています。

今回の災害では、官民協働で設置された”みえ災害ボランティア支援センター”へ参画しており、主に先遣隊へのスタッフ派遣を中心に支援しています。これまでに、2次隊2組5名、3次隊2組2名、4次隊2組2名の計9名を推薦しています。できれば、この地域、とりわけ尾鷲市からスタッフを派遣したいのですが、現在までに1名の派遣しか実現しておりません。残りの9名は、大げさでなく全国から参集してもらっています。しかし、尾鷲やこの地域からの参加を促すことは、被災地とのかけ橋になるだけでなく、貴重な経験とネットワークを還元することになります。

ぜひ、被災地でのボランティアセンター活動に興味関心がある方は、自分にスキルがあるかないかにに関わらず、HCDまで問い合わせをしてください。面接や面談などを経て、支援センターのスタッフとして推薦、または紹介をさせていただきます。

なお、「HCDの活動は、支援センターの活動と別物?」と聞かれることもありますが、支援センターを支援する活動ですので、別物ではありません。こういうときにこそ、県民挙げての後方支援が、被災地には絶対必要不可欠です。縄張り争いや、権威意識では、被災地支援は成しえません。また、そういった行動にならないために、HCDでは、日頃より活動・行動をしています。いかに、日常の中で備えるかが、こういったときに力を発揮すると考えています。

・・・・・・・・・・・・・・
東紀州コミュニティデザイン
防災・減災事業部 担当:端無
kurage874@mbd.nifty.com
・・・・・・・・・・・・・・

※当事業は、日本財団のROADプロジェクトより支援を受けております

◆日本財団からの助成を受けました
 http://crepm.exblog.jp/16317752/

by kurage874 | 2011-04-25 18:49 |  市民減災まちづくり
高熱→発疹→病院→水疱瘡と断定
素人判断ではダメでした。

実家では、突発性湿疹かと見ていたようですが、実家にやってきた妹が見ての判断では”水疱瘡”。実家でもその気配を感じていて、すぐに病院へ行ってきました。看護師さんからも、「見事な水疱瘡ですね」と言われ、隔離された個室で、医師の診察を受けて帰ってきました。しかし、この全ての行程に、オトンは参加できていません。任すしかない現状を知りつつも、悔しい気持ちも、妙に安堵した気持ちもあります。

夕方に実家を訪ねると、特有の湿疹だらけのさらさがいて、高熱と湿疹の不快感で、こっちも泣きたくなりました。一緒にいてやれない辛さはありますが、グッとこらえて、抱きしめて帰ってきました。しばらくは、実家で養生しながら、快方を待つばかりです。もちろん、可能な限り会いに行きますが、妻との兼ね合いもあります。

子ども病気は、いままでにないダメージを受けますね。
でも、水疱瘡はかかった方がいいので、辛いのは今だけです。

しばらく、あの泣き顔は忘れられませんけど。

by kurage874 | 2011-04-24 01:42 |  さらさに贈る言葉
春一番
尾鷲は、しとしとしています。

「元気ですかァー」ではない、春一番。
この楽曲は、キャンディーズの名曲です。

1978年の解散コンサートは、幼いながらもTVで見た記憶があります。ピンクレディーや沢田研二とともに、海月にとっては幼少時代の欠かせないアイドルでした。よく真似をしたものです。

しばらくは遠ざかっていた”春一番”を再び聞いたのは、ウルフルズの確かコンサートでした。DVDのエンディングロールにも入っていて、とても懐かしくありがたくも感じました。

スーちゃんは、海月にとってはあまり印象はないのですが(ランちゃん派でしたからね)、CMの揖保乃糸が印象に残っています。たまたま、この会社の資料館に立ち寄ったことがあって、「スーちゃんのCMだったよなあ」ってポスター見ながら昼食を食べました。

「雪が溶けて川になって流れていきます…」

ほんま、そんな感じがしました。

今日まで、よう生き抜きました。
ありがとう。

by kurage874 | 2011-04-22 17:56 |  尾鷲の足あと
owasebon 第36号発行しました
かなり遅れてしまいましたが、第36号発行しました。

製本もままなっていない、人材不足ですが、急ぎ配布をしています。
c0010936_0451170.jpg
表紙はみやちとーる


特集地域は、光ヶ丘&桂ヶ丘です。渋いです。

市内外で130箇所以上に配布します。
それにしても、スタッフ不足が激しい…

それと、尾鷲通地図が入稿時と変わっていました。
c0010936_1593474.jpg


本来は、このように構成されていたので、現在原因を調査中です。また、16マス広告の、ボデーショップ シオザキの住所で、光ヶ丘の”光”が抜けていました。関係者の皆さまには、あわせて、お詫び申し上げます。今後の対応は、担当者にてさせていただきます。

by kurage874 | 2011-04-22 00:46 |  owasebon制作委員会