海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2011年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

娘の保育参観
午前中、保育参観日でした。

初めて、保育園での娘の姿をみました。
駆けつけると、早くも、オトンを見つけて、気もそぞろでした。
予想以上に、園に馴染んでいる様子で安心しました。

4月には、奇蹟的に妻も入園式に参加しました。
「見せてやりたい」と、思う気持ちしかないです。
娘の成長を見られないなんてね…僕にとっては残酷です。
娘に会えない現実を、周りはどう感じるんだろ?

娘は、トイレにもいってたし、お昼ご飯も自分で食べてた。
お昼寝の時間に帰ってきたけど、先生に抱かれて寝むそうやった。
母親のぬくもりを知らない娘は、ちゃんと育ってくれるかいな。
僕のような人生だけは、歩まんでほしいね。

今週は、夜に会議やらで忙しく、実家に送り迎えする毎日です。
連日、うだるような暑さなので、実家の飛鳥町の夜は快適です。
クーラーなんかいらないし、朝方は布団を探します。

保育園の娘は、基本的に私の知らない娘です。
そういう娘でいることも、実は大事なんだと感じています。
オトンにばかりべったりではイカンしね。

娘は、置かれた境遇のなかで、精一杯生きていきます。

そう信じて、毎日を送っています。

by kurage874 | 2011-06-29 22:05 |  さらさに贈る言葉
尾鷲市商店会連合会の全体会議が流会する
これが、尾鷲の商店街の実情かと思いました。

尾鷲市商店会連合会は、市内5つの商店会の集まりです。尾鷲駅より、”駅前発展会”、”駅前商店会”、”尾鷲一番街”、”栄町商店会”、”中井町商店会”となっています。海月のカフェは、尾鷲一番街にあるので、ここの会員になっています。年に数回程度ですが会合があり、イベント支援や、防災の取り組みもやっています。また、尾鷲一番街は、商店街通りで一番明るい通りとなっているのですが、この街灯の電気料金の一部も負担しています。月にして、約2,000円の負担です。

今日の全体会議は、海月が商店会に加入してから初めてと言える集まりでしたので、議題の内容の重さからも、ぜひ参加して発言したいと考えていました。その議題ですが、①商店会組織の一本化について、②現在の商店街の現状について、③提案公募型研修について、④郵便局を活用した販促事業について、⑤その他(道の駅のアンケート集計について)でした。いまの商店街にとっては、避けては通れない実情や現状もあったので、本腰を入れて考えねばと出席ました。

しかし、定刻の19時半に集まったのは、連合会会長代理と、尾鷲一番街の会長、そして私の3名だけでした。あとは、取りまとめをしている事務局1名で、20時まで待っても、4名から増えることはなく、さすがに流会となりました。関係がないのか、尾鷲観光物産協会すらも、参加はありませんでした。同じ、商店街通りにあるのに…

それで、前段の言葉に繋がるのですが、ここまで深刻な事態になっている証明かとも感じました。いくらなんでも、3名しか商店主が集まらないのは、寂しく異常にも感じました。かといって、”まちなかにぎわい”、”集客交流”、”よいとこスタンプ”、”びっくり夜店”などなど、さまざまな商店街へのテコ入れとも受け取れるイベントや事業があるのに、あまりにもの乖離を感じずにはいられませんでした。

居合わせた4名で、なかば愚痴のような、あるいは嘆きのような会話をして帰ってきましたが、海月は、ある方の言葉を思い出していました。それは、数年前に新潟でお会いした、”清水義晴”さんの言葉で、「商店街が廃れるのは、残った商店主が胡坐をかいている現実があるからだ」でした。また、「接客が大事」、「長くいてもらう工夫が必要」とも言っていました。それが尾鷲に当てはまるかどうかではなく、そういった単純なことができにくくなっている現状を感じたのは、言うまでもありません。

帰りに、商店街通りを通りましたが、駅前商店会の空き店舗では、大勢の人が集まり、何かしらのイベントが行われていました。詳しくはわかりませんが、全体会議と重なったことには違いありません。また、そこだけに”にぎわい”があっただけで、明々としているだけの、野良猫すらいない通りのままでした。もちろん、1年前までは、しつこく開いていた海月のカフェも、シャッターのままになっています。このブログを書いている私でさえ、カフェを維持するのに苦労しいきりです。

商店会を対象にした、道の駅のアンケート集計をいただきましたが、道の駅と商店街を結ぶ意見は少なく、肯定もなく否定もない印象でした。これが一番イカン、アカンとも感じました。かといって、道の駅とまちなかへのにぎわいは、イコール商店街とはならいだろうなとも感じてしまいます。それに耐えるだけの余力が、いまの商店会には残っているのだろうか?でしょう。

もう、あとがない気がしています。
あまりにも、課題が多すぎです。

全体会議については、仕切り直しをすることが告げられました。
次回がなければ、尾鷲市商店会連合会の役割を考えてしまいます。

by kurage874 | 2011-06-29 00:22 |  海月のぼやき
市役所からのパノラマ写真
食中毒警報がでました。

それを証明する、暑い尾鷲です。
ジリジリと肌が焼けていきそうです。
c0010936_1216174.jpg


市役所3階のバルコニーから撮影した、尾鷲市の約270度です。
山の稜線に合わせているので、地上は大きくずれています。
雰囲気をお楽しみください。

こうしてみると、海が意外にも狭いですね。
尾鷲湾のこの狭さが、津波には要注意となります。
ここは、地上で約20mあります。
ただし、市庁舎に耐震はありません。

こう暑いと、食欲がありません。
これ以上、痩せると貧相です。
筋肉があったころが懐かしい。

尾鷲はよく晴れていますよ。

by kurage874 | 2011-06-28 12:34 |  owaseを愉しむ
NPO支援の必要性
今日は、アスト津で打ち合わせでした。

県内の中間支援セクターの関係者が集まって、NPO支援について語りました。そういう場に、東紀州から参画しています。三重県民にとって、よりよい未来を想像し、創造するために、われわれにできることを考えるといったところでしょうか。

海月について言えば、尾鷲にやってきた最大の理由は、この地域で発生するであろう大震災(地震や津波)への備えでした。2004年の三重県豪雨災害を経験し、旧海山町で災害ボランティアセンターを立ち上げたことで、市民が率先する防災や減災の必要性を思い知らされました。しかし、災害を待つことはできないので、その間の日常的活動として、いまの市民活動を継続させてきました。

しかし、1年もしないうちに、市民活動そのものよりも、その活動を支援する活動の必要性にかられることが多くなりました。市民活動は、任意の活動であって、行政に勧められてやるものでもなく、自分たちのしたいことを、まずは自己資金でやってみるという単純明快なことになっていない現実があったからです。また、市民活動の内容によっては、”新しい公”、いまで言う”新しい公共”的な活動もあるのに、行政との連携がなく、NPO同士のネットワーク化もしていない不具合も感じるようになりました。いろんな活動はあるけれど、ニーズ把握とマッチングがされないまま、効率の悪い市民活動の点在のようにも感じました。

ここに、中間支援の必要性を感じるようになり、「これが進めば、住民自治に繋がるかもしれない」と考えるようにもなりました。こうして、東紀州コミュニティデザインは、細々とですが活動をやめないで踏ん張ってきています。この地域でも、NPO支援の必要性を感じるからです。しかし、支援をしてあげたい活動は数多ありますが、「(いまやっている活動は)自分の代で終わるやろしね」とか言われるので、そこに支援の必要性を訴えたいのだと、ヤキモキすることもあります。

実際にも、海月が仲間たちと立ち上げた市民活動も、年々ジリ貧になっています。人材確保が困難を極めているからですが、「(市民活動が)自然淘汰されるのは仕方ない」と言ってしまえば、少子高齢化の激しい東紀州には、明るい未来がないのと同じに思えてしまいます。だからこその中間支援ですが、自らの活動にすら、中間支援ないしNPO支援できていないことになりますね…行政にぶら下がっている活動が、未来永劫残ればいいでしょうが、残るのは行政担当ばかりだとも感じてしまいます。

そう言い切ってしまうと、行政からのクレームをもらってしまいそうですが、「なぜ残らないのか?」の答えは明白です。

「NPOでは、飯が食えない」

からです。その現実があるから、NPOは緊急雇用で食いつなぎをやり、打開策のないままに、雇用期限を迎えようとしています。そう言うと、今度はNPOにクレームをもらいそうですが、来年度末には、職にあぶれる人材がきっと増えると思います。いまでも、緊急雇用を渡り歩く人材もいるので(悪いとは言っていませんよ)、ここいらで本腰を入れて考えることが、われわれ中間支援の腕の見せ所と感じるのです。

そのためには、中間支援セクターによる”政策提言”も必要となってきます。自治体の総合計画などをみると、必ずと言っていいほどに、”市民活動センター”や、”中間支援”、”市民活動支援”などの言葉が踊っています。しかし、そこを中間支援セクターに議論させているかといえば、「NO!」がほとんどでしょう。多くは、職員やコンサルが描いた”絵に描いた餅”になっています。または、”付録”か”おまけ”程度の扱いで終わっています。この責任は中間支援セクターにあって、市民活動やNPO支援の必要性を肌で感じながら、大事な議論に参画せずに、どこか行政とは一線を画している面があるからではないでしょうか?また、行政も、本音のところでは敬遠している気配を感じます。

行政の役割の一部を削ったり、移譲したりすることで、NPOでも飯が食えるようになると考えています。それが、海月のめざす住民自治へのいざないですが、仕事を譲渡することは、仕事を失うことになります。ここに、行政職員の焦りや懸念もあるでしょうが、議論する必要性は、海月たちの政策提言にもかかっています。

今後も、県内の中間支援セクターができることを、目に見える形で率先していくことになります。「行政も大事、NPOも大事」そう言われる社会をつくり、そこを行き来する市民によって、自治体としてのポテンシャルが上がっていけば、自ずと”住みよいまち”になるのではと妄想しています。

by kurage874 | 2011-06-27 23:58 |  海月のぼやき
owasebon 第37号を発行しました
大変にお待たせしました。急ぎ、製本と配布をします。

昨夜は、多くのスタッフとボランティアに集まってもらいました。
c0010936_0385973.jpg


表紙は、みやちとーるの作品です。
彼らしい、仕上がりで好評です。

特集は、「尾鷲のホッとスポット」です。

今日も、19時半より、カフエクリームで製本します。
世間話をしがてら、多くの参加をお待ちしております。

人の手によって、owasebonは製本されていきます。
まさに、ハンドメイドです。

by kurage874 | 2011-06-26 00:41 |  owasebon制作委員会
第37号の製本、今日19時半からしましょう!
すこぶる暑いです。
熱中症や熱射病には、十分に気をつけてい。

owasebon第37号の印刷があがりました。
1ヶ月以上の遅れで発行です。もう恥ずかしくって…

今日19時半より、カフエクリームで製本します。
急ぎ、500部は製本したいですよね。定期購読の宛名書きもあるし。

スタッフのみならず、みなさまの協力をお願いします。

by kurage874 | 2011-06-25 15:56 |  owasebon制作委員会
関係するスタッフに連絡事項です
プロジェクトCReAM、owasebon制作委員会、東紀州コミュニティデザインのスタッフにお知らせです。

7月と8月は、イベントが目白押しです。
とくに、今年は、7月に集中しています。
日程調整をお願いするのと、mixiでの参加表明よろしくです。

■7月2日(土) 尾鷲イタダキ市
 http://mixi.jp/view_event.pl?id=63144873&comm_id=768144

■7月9日(土)・10日(日) 第9回北川マーケット
 http://mixi.jp/view_event.pl?id=63234627&comm_id=4850006

■7月9日(土)・10日(日) 第22回古本大市
 http://mixi.jp/view_event.pl?id=63234728&comm_id=327592

■7月23日(土) 2011きほく燈籠祭ごみナビ
 http://mixi.jp/view_event.pl?id=62275419&comm_id=327592
※きほくごみナビ受付
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P4830497

■7月30日(土) びっくり夜店
 http://mixi.jp/view_event.pl?id=62275372&comm_id=327592

■8月6日(土) 尾鷲イタダキ市
 http://mixi.jp/view_event.pl?id=63306728&comm_id=768144

■8月6日(土) 第61回おわせ港まつりごみナビ
 http://mixi.jp/view_event.pl?id=63282317&comm_id=327592
※おわせごみナビ受付
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P95568158

スタッフが集まりにくくなっていますが、皆さまのご協力をお願いします。

でも、こうして書き上げると、ちょっとぞっとするね。
昔は、スタッフも多かったから、ワクワクしたんだけどなあ。

これって歳かいな?

by kurage874 | 2011-06-24 23:19 |  東紀州コミュニティデザイン
巨石の魅力
17日付の日経流通新聞の特集記事より。

巷は巨石ブームらしく、出版物やツアーも人気らしい。

尾鷲で巨石といえば、天狗倉山や岩屋堂、オチョボ岩、象の背と多い。
これだけで、ツアー組めるやんかな。1泊2日、ないし2泊3日やね。
熊野まで足を伸ばせば、船石、獅子岩、花の窟、大丹倉…
この地域って、巨石が多いし、神さまだって宿っとるからね。

実は、海月も巨石好きで、名もない巨石を制覇している。
尾鷲にも、けっこうあって、こっそり行ってた。
巨石って、巨木以上になんかあるんだよなあ。

だから紀伊半島の一帯って、神さま多いでしょ。

こっそり、案内しますよ。

by kurage874 | 2011-06-23 21:39 |  owaseを愉しむ
HCDは、”つながる野菜プロジェクト(仮)”に賛同します
東紀州コミュニティデザインは、以下の活動を後方支援していきます。

◆三重オーガニックマーケットのブログ
 http://mie-o-market.cocolog-nifty.com/blog/

19日に閉店してしまった亀山の”月の庭”の縁で、三重オーガニックマーケットの加藤君を紹介され、活動への支援を即決しました。「つながる野菜プロジェクト(仮)」と、単純明快なプロジェクトを計画しているので、「まずは、被災地を感じてきてい!」と、今月24日からの、石巻への支援を後押ししました。今後は、「つながる野菜プロジェクト(仮)」が、自立した活動になるべく、東紀州コミュニティデザインも支援していきます。

支援の輪は、どこでつながるかわかりません。

東紀州だけをみていると、思うように進まないことにアクセクしますが、県内外の活動を後方支援できれば、それが東紀州に還ってくることがあるかもしれません。それにばかりに期待するわけではないですが、東紀州からの支援で、ひとつの方向性が見いだせた気がします。

今後は、県内のこうした動きを、まとめサイトのように情報発信できるサイトの構築を模索していきます。「ボランティアがしたい!」と、1歩を踏み出す勇気ができた人に、または、その勇気を出してもらいやすくするために、わかりやすい案内サイトにもなればと考えています。って、そういう人材がいれば、この指とまれをしてください。

あちこちからの支援や活動は、東日本大震災からの復興を支えています。しかし、それが県内での”見える活動”になれば、どこかで誰かがつながっていくはずです。それは、とてつもない可能性を秘めた、三重県の市民力のポテンシャルをあげる活動になっていくのではないでしょうか?

この指とまれ!をしませんか?

・・・・・・・・・・・・・・
東紀州コミュニティデザイン
防災・減災事業部 担当:端無
kurage874@mbd.nifty.com
・・・・・・・・・・・・・・

※当事業は、日本財団のROADプロジェクトより支援を受けております

◆日本財団からの助成を受けました
 http://crepm.exblog.jp/16317752/

by kurage874 | 2011-06-23 09:55 |  市民減災まちづくり
子育て、親育て
今日は、本当に蒸し暑かった。

夕方、ちょっと早い目に、娘を迎えに行った。
所用でバアバが来ていたので、娘にとっては盆正となった。
買い物して、風呂に入り、仕込んでおいた”鯛めし”もバッチリ。
タイのアラで炊くので、骨をきいつけてとっておく。
風呂→夕飯は、素早くしないと、娘は待てないとキーキー言う。
でも今日は、バアバがいてくれたので、時間を持たせれた。

味ご飯が大好きなので、ようけ食べてくれた。
保育園の大量の洗濯も終わり、今日はバアバに干してもらう。
その間に、台所を片付け、あとは寝るだけに。
いつもならば、眠くて待てない娘になるのだが…

バアバがいて、困ったちゃんになるのがここから。

眠たいのに、バアバから離れようとしない。
で、ゴンタくれになって、オトンもバアバも困らせる。
しかも、オトンを拒否するので、バアバが相手することに。
帰りたいバアバに、娘はやりたい放題甘えている。
引き継ごうとしても、オトンを見るだけでキーキー泣く。

困った。実に、困った。

先ほど、疲れ果てて、娘は寝てくれた。
年の功で、バアバが寝かせてくれた。オトン出る幕なし。
バアバの帰りが遅くなり、ジイジはひとりで夕食やった。
でも、オトンはどうすることもできへん…
バアバも大変だったやろな。

オトンと2人のときは、風呂→夕食→寝るは、実にスムーズだ。
でも、それって、娘がガマンしているのかな?そう考えてしまう。
甘えたい気持ちもわかるし、放っておくしかない現実もある。
オトン肩なし…でも、頼れるところはそうしんとね。
でも、どこかでは、「明日から大丈夫か?」との不安もある。

生活のリズムって、難しいなあ。
やっぱり、普段はガマンしたあるんかいな?
でも、無理くりはしていないつもりなんだけどなあ。
夕食つくるときと、夕食の片付けでは、相手してやれずグズるけど。
でも、保育園のときは、片付けの時には寝ていることが多いし。

うーん、子育てが先か、親育てが先か?

いまは、自由にしたほうがいいんかいな?
好きなように、ゴンタくれになったほうがいいんかな?
1日1回は、ムギューってしてるんだけどなあ。

オトン、娘の気持ちになるべし!やな。

by kurage874 | 2011-06-22 22:21 |  さらさに贈る言葉