海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2011年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

平成23年度チェーンソー伐木研修会に参加する
2日の研修会は、なんだか筋肉痛です。

紀伊半島生活取戻し隊の参加者が、私を含めて5名もいました。非常に嬉しいことで、今後のきっかけづくりにもなりました。
c0010936_1535433.jpg
開講式


c0010936_1545179.jpg
チェンソーの使い方


チェンソーを使える人は、実は多くはありません。実際に使ったことがある人が少ないのです。林業関係者は別ですが、それ以外の環境下では、薪ストーブや薪風呂を使っているとか、特殊といえる事情になってしまいます。しかし、災害現場を見ると、チェンソーは当たり前の資機材となっており、「うちのボランティアセンターでは、チェンソーは使えません」とは、ナンセンスな時代となっています。このギャップを埋めるために、紀伊半島生活取戻し隊の裏テーマは、チェンソーの認知を高めることにあるのです。
c0010936_205560.jpg
目立て講習


c0010936_213377.jpg
講師のお手本


2日間の研修では、1.チェンソーの使い方、2.ソーチェンの目立て、3.座学による安全講習、4.伐木指導を大きく学びました。自称、中学生時代からチェンソーを使っている私としては、おさらいのようでありましたが、ちゃんとした研修ははじめてです。参加費が2万円であったので、その分を取り返そうと、必至になって学んだところです。とくに実技が多く、体でみて覚えるという感じで、チェンソーを手っ取り早く覚えるには、理にかなっているとも言えました。
c0010936_263816.jpg
私の目立て


c0010936_275231.jpg
ロープを掛ける指導


c0010936_2153985.jpg
安全講習


盛りだくさんの内容で、1日目の安全講習は、時間を押しての講義となりました。チェンソーに関係する研修会は、調べるといくつかあるようですが、それぞれ受けておきたい気にもなりました。おそらく、今後の私の活動において、チェンソーはライフワークの一つになると感じています。しかし、災害モードで活動するのは息が切れるので、間伐や除伐などの伐木を必要とする作業が、日常的な活動に組み入れられる必要があります。そのためには、新たな事業体が必要となってくるのです。
c0010936_2184170.jpg
伐木講習


c0010936_2194491.jpg
伐木指導


2日目は、実際の山林に入っての伐木講習でした。なだらかな斜面のヒノキ林で、20年生くらいのヒノキがそれなりに密集しています。ヒノキの心材は腐りにくいはずですが、ここのヒノキの多くは、芯が抜けている場合が多く、叩くと空洞音がしてました。伐木した多くは、チップにするようですが、一部は小径木市場にも出荷するようでした。おおよそですが、4mで直径20cmのヒノキは立米あたり14,000円くらいでしょうか?これで計算すると、1本2,240円になります。検尺して4mちょいに切りましたが、1本2千円になるだろうかと考えました。
c0010936_2463427.jpg
芯に腐り


c0010936_2471711.jpg
ヒノキの林


ロープを掛けて切りましたが、ほとんどが掛かり木になるので、ロープを引いたり、フェリングレバーで回したりしました。それでも、木が倒れると達成感はあります。直感的に、こうした仕事が性にあっているのでは感じる場面です。でも今日は研修会なので、2本しか切りませんでした。それでも、十分に成果のあった研修会でもありました。
c0010936_2562418.jpg
最後の講話


今回の参加は、チェンソーの基礎を学び直すだけでなく、災害現場でチェンソーが認知されるための、その前段階の日常的な活動組織のための下準備でした(ややこし!)。ということは、組織化をどのような形と手段でやるかですが、その準備にも入っています。やはり、私は”山の子”なので、こっちの方が性に合っています。また、世界遺産でもある熊野古道は、山に囲まれた参詣道でもあります。もちろん、今回の紀伊半島南部の豪雨災害も大きく影響しています。これだけでも、東紀州地域でやる価値と意義はありうそうです。

林業の振興とか、再興とは大げさですが、それをNPO的な発想と手段で、少しでも近づけるかも知れません。また、災害におけるチェンソーの必要性を、日々の活動で周知させることも大事な広報手段です。そして、最後は人の繋がりです。今回の講習会でも、名刺を交換した人たちがいます。どの方も、今後の繋がりを感じていますし、そうでなければ新たな道は切り開けません。それを大事にするのが、私の役目であり、これを地域で活かすことが、私の使命だと感じています。

それにしても、筋肉痛で体がバリバリとは情けない。

by kurage874 | 2011-11-28 02:52 |  市民減災まちづくり
クリスマスイルミネーション
今日の尾鷲は肌寒い。

とうとうこの季節になりましたね。
c0010936_11122157.jpg


娘が保育園に行ってるあいだに仕込み、夜になって見せた。
「わー、ぴかぴか!」って声をあげ、オトンはウシシです。
c0010936_11133549.jpg


「きれいねえ」、「しゃんたおるねえ」
娘の言葉も多くなり、会話も成立してきました。

日々の成長を見られないオカンは、かわいそうです。

来月、最後の調停に行ってきます。
はたして最後になるのか、最期になるのか…

by kurage874 | 2011-11-25 11:15 |  さらさに贈る言葉
ランチの時間に迷う
冬みたいな空と気温です。

尾鷲のランチ、ほんの一部です。
まだまだ行き足りていないです。
c0010936_15104588.jpg
夢古道おわせ 大人1,200円


c0010936_15112318.jpg
レストラン幸 1,050円


c0010936_15115726.jpg
台湾料理美味館 680円


c0010936_15124860.jpg
喫茶凜 600円


今月は、ちょっと外食ランチが多いです。
オススメあれば、行ってみますので、お知らせを。

うまいもんがるまちは、幸福です。

by kurage874 | 2011-11-24 15:15 |  owaseを食べる
名古屋アンパンマンミュージアム
いやあ、凄すぎます、やなせたかしさん!

子どもの心を鷲掴みにするアンパンマンは、おそらく子どもの成長の過程で外せない存在になっているんだと実感した。あそこにいた子どもの眼の輝きが違ってた。もちろんですが、うちの娘もね。
c0010936_062897.jpg
駐車場より歩く


10時前に出発できて、12時半までに会場入りできた。伊勢湾岸自動車道は、ナガシマスパーランドの駐車場に横付けするかのように下りられるので、「ゆうえんちいく!」の感嘆の声とともに駐車した。しかし、結構な距離を歩くので、Kelty Kids Child Carriers TC 3.0が威力を発揮したよ。
c0010936_0161922.jpg
これが今日のオスマシ顔…


やっとこさ歩いて、アンパンマンミュージアムの前まで来ると、「アンパンマンみゅーじあむあった!」の声に変わり、卒倒するんではないだろうかと心配するほどの喜びよう。しかし、これが今日のピークで、いざ中に入ると、人の多さと、何をするんでも順番待ち、その順番もあってないようなものなので(遊具的なものね)、娘は遠慮がち子になってしまいました。まあ、あの人の多さは、尾鷲では体験できないもんなあ。
c0010936_018273.jpg
しょくぱんまんさま~


c0010936_020720.jpg
だけどこの表情…


何が困ったって、娘のトイレ。男性用には子ども用がなく、娘にトイレをさせることができない。仕方なく、オムツにひらせてオムツ台で交換した。なんだか、娘に屈辱を与えたような気がした。しかし、トイレが済むととたんに機嫌が戻り、再びアンパンマンに酔いしれた、はず。
c0010936_0245033.jpg
かじりつき


ここが一番気に入っていたかも知れない。アンパンマンたちのミニュチュアがあって、目移りするほどの数と情景もあり、かじりついてた。しゃがんだところには、バイキンマンのモグラ型マシンもあって、それを見つけて嬉しそうにしてた。どこにいっても、アンパンマンで、それよりも遥かに多い人だかりに、グッタリしている大人も多かったなあ。
c0010936_0303789.jpg
ドキンちゃん


ドキンちゃんとバイキンマンの着ぐるみが出てくると、さらに人だかりができた。ちょうど近くにいて、恐る恐る遠慮がちに握手をしてもらいにいくのだが、「おとうきて」と目で合図する。仕方が無いので、近くまで手を引いて、ドキンちゃんに聞こえるように、「握手しいな」って声かけた。やっとこさ握手をすると、満面の笑みで戻ってきた。
c0010936_03437.jpg
「とんねるっ」て言ってます


c0010936_0342579.jpg
一番の笑顔かな


子どもは、こういうくぐったり、のぼったり、すべったりが大好き。娘も、雨で人が避けているのをいいいことに、ここぞとばかりはしゃいでた。親子とも雨が平気なので、この時間は気にせずに遊んでたな。って、それほどの雨ではなかったけどね。これは、尾鷲で仕込んでるしな。

雨も降ってきて、2時間もいいへんかったけど、お昼ごはんをジャズドリーム長島で食べた。しかし、ここがダダゴミで、親子2人だと席をとっておくこともできず、かといって注文も長蛇の列で、ほとんど客がいなかった”伊勢うどん”で注文した。早々と伊勢うどんとミニ天丼のトレイを持ったが、やはり座ることができず、「さらちゃんたべるん」って悲痛な声を聞きながら、30分近く待って席を確保した。

席に着くと、おかげでたくさん食べてくれて、オトンの分はちょっぴりになった。2度目の注文もする気になれず、お腹が空いたまま出てきた。もちろん、娘はゴキゲンで、「たべたねー」だって。グスン。しかし、子連れの親子2人は、こういうときに困るなあって実感した。寂しいもんだねえ。

何か子ども服でもこうてやろうと歩いたけど、迷子になるばかりで、後半はグダグダな状態で帰ってきた。「まだあそぶー」の娘も観念したらしく、最後は車に乗るなり寝てしまった。そりゃあ、疲れたやろなあ。なんか、子どもも大変って気になったよ。

早いうちに尾鷲に戻り、夕食の支度も待ちきれず、台所に横に立ってツマミ食いをするくらいだからよしとしよう。アンパンマンミュージアムのパンフレットを見ては、「これいったねー」ってはしゃいでいるしね。夜の寝付きもよく、明日は早起きだろうなあ。

妻よ!オトンは娘をナントカカントカ育てているぞ!!

by kurage874 | 2011-11-24 00:54 |  さらさに贈る言葉
平成23年度チェーンソー伐木研修会と、その後の展望
c0010936_2334073.jpg


上記研修会に参加します。
この研修会への参加理由は2つあります。

1つは、紀伊半島生活取戻し隊がチェンソーを使った災害ボランティアであるので、主宰している東紀州コミュニティデザインの関係者として、ひと通りの研修は受けておこうとなりました。私のほか、職員1名も受講してもらうようにしました。中学生時代からチェンソーを使っていた私にとっては、曲がった根性?を叩き直していただく、よい機会です。

もう1つは、東紀州地域で活動する”森林ボランティア”ないし、”里山保全ボランティア”のような事業をするためです。災害ボランティアとしての、紀伊半島生活取戻し隊は、いつまでも災害モードでやるわけにもいかないので、かといって、これまでのチェンソー仲間との”縁”も大事にしたいので、日常的なチェンソーボラを継続していくための手段でもあります。現在、主となるスタッフを募集しています。

また、来年には、東紀州地域で、チェンソー研修会を開催予定です。これは、紀伊半島生活取戻し隊の参加者と、あらたな希望者を対象にした、上記事業体のお披露目イベントにもするつもりです。

by kurage874 | 2011-11-21 23:11 |  市民減災まちづくり
【紀伊半島生活取戻し隊】第10次隊の活動が終了しました
最終日はよく晴れました。
風がありましたが、チェンソーにはちょうどよい。
削りカスが、勢いよく飛んでいくからです。

今日は、熊野市五郷町で活動しました。
柚木橋(ゆうのきばし)の近くで、3回目となります。
c0010936_2313063.jpg
キレイな切断面でしょ


ヒノキですが、あまりにも太いので、僕の40cmのバーでは届きません。芯のほうが残ってしまいましたが、なんとかかんとか切りました。こういうのが流れるので、水の勢いってのは凄いです。また、生木で水分も含んでいるので、輪切りにしても重たいのです。
c0010936_2361383.jpg


元返し(木の根株)は、太く堅いので、チェンソー部隊にも気合が入ります。また、チェンソーに興味がある参加者が多いので、今日は勉強会の続きのようでもありました。
c0010936_2393792.jpg


さすがに、根株そのものには、石や砂が噛んでいるので、なかなか切れません。みんなで、よいしょと運びます。
c0010936_23104277.jpg


c0010936_23115489.jpg


チェンソーで切った流木は、みんなで運びます。ここでは、薪に使えるようにと、小さく小切っています。なので、使いかってはいいのですが、その分だけ、切る手間と運ぶ手間が増えます。今日の参加者も、本当によく運んでくれました。いつもながら、初対面で初参加もあるのに、皆さんの連携プレーには脱帽です。
c0010936_23141621.jpg
最初と比較してもかなりキレイに


c0010936_23253281.jpg
10月8日の初回


目につきやすい場所がこうだと、近隣住民はもちろんですが、車で走っていても気になります。また、ここの場所は、私の友人の有機栽培の田んぼでした。せっかく実った稲穂も、ほとんどが押し流され、土砂で埋まりました。初回に行ったとき、友人が残った稲穂を手刈りしていて、あの光景は忘れられません。

僕たちの活動は、生活に密着したボランティアではないようにも言われそうですが、ちょっと視点を変えると、実に生活に密着したボランティアだと思っています。ボランティアセンターが閉所され、活動を継続的にやっているのは、三重県ではおそらく僕らだけかも知れません。しかし、それがボランティアでできるかどうかの判断をつけることができない住民が多く、ある意味それは、自活できる住民が多い証明でもありますが、そっと手を差し伸べていい場所は、まだいくらでもあります。

僕たちの活動は、チェンソーを使ったニードしか対応しませんが、対岸の田んぼには石が転がり、細かな流木が転がったままです。日常生活がはじまり、なんでもないように感じますが、当事者にとっては、頭を抱える問題には違いありません。また、五郷町においては、ここより下流域の地区(湯谷)では、寺所有の墓地が壊滅的になるなど、橋も渡れない状態です。

何が出来るのかを考える上でも、ぜひ見に来て惨状を確認して欲しいものです。絶対的に、まだまだボランティアで出来ることはあるはずです。…と思うのです。

今月の活動はしまいですが、12月も第11次隊を編成したいです。高速道路の無料証明も無くなり(鈴木知事は、「確認する」と言ったなりだしね)、私たちの活動を担保するセンターもなくなる公算です。そのときのために、森林ボランティアを新たに組織化することを目論んでいますが、主になる人材は、この地域で果たしているだろうか?あくまで僕は、”支援する側”でいるほうがいいはずです。しかし、この組織化は、すでに事務作業を始めていますよ。

次に繋がる活動がなければ、災害の教訓はいかされません。すでに、三重県南部では、大方が日常生活です。災害ボランティアが終息するのは当たり前ですが、次は森林ボランティアで対応していきます。ぜひとも、スタッフ、支援者、タニマチ…なんでもいいので、力を貸してくださいね。

人が動くと、金も動くけれど、心も動くのです。

by kurage874 | 2011-11-20 23:23 |  市民減災まちづくり
大村みさこのライヴを愉しむ
紀伊半島生活取戻し隊の仲間9人で行って来ました。
c0010936_22482347.jpg


会場となったカフェスケールは、ちょうどよいお客の入りでした。あれ以上いると、立ち見になりかねないので、なんだか落ち着きませんからね。僕は、電話がかかったり、緊急のメールがきたりと、なんだかせわしなかったです。かといって、”聞き入ると寝入る”状態でした。

大村みさこのライヴでは、よくあることだそうです。

しっとりとした歌い口で、休憩を挟んだ90分のライヴを楽しんできました。紀伊半島生活取戻し隊の仲間にも、音楽好きが多かったので、ちょうど良い時間となりました。

カラオケではない生歌を聞ける環境は、尾鷲ではまだまだ稀です。カフエクリームでも、最初の頃はライヴをよくやりましたが、やはりよいもんだと感じました。ぜひ、どっかで再開したいものだと感じました。

こういった時間は、とても大事なものなのです。

by kurage874 | 2011-11-20 22:53 |  owaseを愉しむ
【紀伊半島生活取戻し隊】第10次隊の活動~1日目~
天気予報通りの大雨でした。

現地情報からも判断し、直前でしたが中止にしました。
その代わりに、参加者を対象にしたチェンソー勉強会などを提案し、キタガワノホトリを会場に始めました。前もって中止をうたっているとはいえ、快く応じていただきました。
c0010936_23314811.jpg


まずは、参加者のチェンソーを持ちだして、基本的な構造などを紹介しました。20CCから、50CCクラスまでが出揃ったので、排気量の違いや、メーカーでの違い、年代による違いなど、面白い勉強会となりました。また、参加者の食いつきも悪くはなかったので、内心ほっとしたところです。
c0010936_23343799.jpg


単純な作りではありますが、ミニバイク並みの排気量があるエンジンを両手のみで扱うので、チェンソーは危険な資機材です。しかし、それだけ利便性のある資機材でもあるので、参加者は熱心に質問と疑問を投げかけてくれました。また、チェンソーの構造に詳しい参加者もいるので、午前中の講義は盛況のうちに終わりました。
c0010936_23373286.jpg


チャップスを付けての始動もやったので、排気量の違いなどもよくわかりました。現地での活動は中止になりましたが、こういった真面目な勉強会もいいものだと感じました。昼食は、せっかくだからと夢古道おわせに移動し、ランチバイキングを食べました。これも、皆さんには「この値段でこれだけ食べられるのはすごいなあ」と好評でした。

食後は、人も殆どいなくなったので、カフェを楽しみつつ、災害ボランティアなどにに関する意見交換会となりました。私がいちばんしゃべくりましたが、貴重な時間になりました。今回は、神奈川県、滋賀県、愛知県からの参加もあったので、それぞれの経験や、今後の災害支援のあり方など、私の理想像なども話ししながら、大いに盛り上がったと言えるでしょう。

生憎の雨でしたが、私の活動を座学で知ってもらえる機会にもなったので、紀伊半島生活取戻し隊の表と裏の活動を理解してもらえたかも知れません。ぜひ、この続きを、1月の復興新年会でやりたいと考えています。

明日は、天気も回復しそうなので、現地にて活動する予定です。8時には、マクドの朝マックを食べているので、8時半の集合までに来られた方は、遠慮なくマクドに来てください。おおよそ見当がつく集団がいるので、気軽に声をかけてくださいね。

by kurage874 | 2011-11-19 23:46 |  市民減災まちづくり
大村みさこライブ
しっとり雨が降っています。
なんか、明日のライブの印象みたいです。
いえいえ、湿気ってるって意味でなく、しっとりなのです。

宮ノ上のカフェスケールでやります。
c0010936_146957.jpg


企画は、ステキ工房オワセのみやちとーるです。

どうぞ、行ってみてください。
うちらも行く予定で話をしています。

by kurage874 | 2011-11-19 01:47 |  地域イベント情報
雇用に来よう
東紀州コミュニティデザインで、男女2名を雇用しました。

臨時的な雇用なので、時間給での雇用です。1日最低4時間は保証し、月20日は仕事をやってもらいます。4つの事業部のうち、コミュニティカフェ事業部を除く3つの事業部を担当してもらっています。

防災・減災事業部では、いせ市民活動支援センター主催のボランティアパックで、岩手県山田町での災害ボランティアとして、研修に行ってもらっています。車中2泊の現地3泊ですが、とても貴重な体験をしてくるはずです。自転車で北海道を周遊し、スペインの巡礼道を歩いてきた彼だけに、即断・即決の行動はスバラシイです。あとは、いまのフラフラから、ちょこっととどまることも考えていい時期なんだけどね。

中間支援事業部では、東紀州地域のNPO法人調査や、尾鷲イタダキ市の改善検討会のオブザーバーとして仕事をやってもらっています。もとは、災害ボランティアで活躍していた彼女ですが、災ボラからのクールダウンも必要なので、あえて防災・減災事業部とは違う仕事をしてもらっています。月曜日から本格的に活動しますが、骨のある人だと見込んでいます。

久しぶりに、面白い人材に出会えて嬉しいです。時給制であれば、あと2人は雇用したい勢いです。キタガワノホトリ事業部と、コミュニティカフェ事業部も動かしたいからですが、そうそううまくはいかないやろな。でも、新規の事業を考えているので、こっちを動かしてくれる人材も欲しいです。尾鷲に必要でないものをつくりたいと考えています。キタガワノホトリ事業部で、Ustreamを使ったラジオDJとかをやってくれる人がいれば、なおさらおもっしょいです。なんとなく、東紀州の情報をネット配信したいんですよね。ネタは、あちこちに転がっていますよ。

キタガワノホトリでは、遅くても今年度中には、飲食店を展開します。ワンディシェフが目標ですが、こっちにもアイディアが必要です。あと、アロマサロンも入店する予定なので、こっちの整備も急ぎやらないとなりません。この2つは、できれば12月中には形にしたいです。

地元雇用が理想ですが、地球の裏側からでも、雇用をしたいです。神々が居座り続ける熊野の地で、空いた場所をちょこっと間借りして、おもっしょいことやったろうって人材を待っています。来れば、なんとかなるし、なんとかします。ある程度の人が集まれば、何をどうしたらいいのかが形になるはずです。

さて、茨の道は用意しています。

あとは、靴を脱ぎ捨てられるかです。

by kurage874 | 2011-11-18 01:20 |  海月のぼやき