海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2012年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

花咲く季節になりました
顔に似合わず、花卉好きです。

まちを歩くと、いろんな季節の花に出会います。
花だけは撮りませんが、まちと花はとてもいいです。
生活のニオイがするので、花は路地と似合います。
近いうちに、フィルムカメラをぶら下げます。
c0010936_2247951.jpg


僕がこよなく愛する花です。
一輪という潔さと、主張する花弁がいいのです。
この花と海月に纏わる話は多いのですが…
とりあえず、書けそうな思いでポロポロを書きます。

学生時代、近鉄に乗るときの花屋で、この花を一輪買いました。
いまとなっては、赤面ですが、ガールフレンドに渡すためです。
その一輪に、シュールなリボンをかけてもらい、一輪持って電車に。
そんなことをしてました。で、毎回同じ花を選んでくれたのは男。
その方はゲイだったんだけど、そんな男心をわかって選んでくれた。
会話も殆ど無いけれど、その楽しみもあって、海月は2度楽しんだ。

やっぱり、この花が好きです。

by kurage874 | 2012-03-28 22:54 |  owaseを愉しむ
owasebon第40号は、尾鷲イタダキ市とのコラボです
owasebon第40号を手にしましたか?

第40号は、尾鷲イタダキ市とのタイアップ号です。
c0010936_12101082.jpg


関連する市内の主要な事業所も紹介し、尾鷲を楽しめる1冊にしています。チラシもいいですが、owasebonのような冊子ですと、手元に残ることが多いので、ぜひowasebon片手に、尾鷲イタダキ市にいらしてください。

表紙は、みやちとーるです。
裏表紙は、岡智之の豪華版です。

4月の尾鷲イタダキ市は、7日(土)になります。

by kurage874 | 2012-03-28 12:14 |  owasebon制作委員会
青い卵を食べる
今日も良い天気、花粉はボチボチ。

いつも事あるごとにお世話になっている方より、青い卵をいただきました。家で飼っているそうで、やはりニワトリを飼いたくなりました。卵を生むニワトリを、娘に見せてやりたいとの思いは募りますね。
c0010936_1022718.jpg


南米チリ原産のアローカナというニワトリらしいのですが、青っぽい殻をしています。中身は普通ですが、これがまた美味しいのです。卵かけご飯も最高でしたし、焼いてもうまいです。玉子好きな海月にとっては、たまりません。

娘は白身にアレルギーはありますが、黄身は大丈夫なので、「きみは だいじょうぶ」って食べています。3歳ぐらいになると、食べられるようになるそうなので、父娘でタマゴニアになります。

by kurage874 | 2012-03-28 10:26 |  尾鷲の足あと
宵の口のランデブー
c0010936_0145332.jpg


このくらいの時間でも、ちゃんと撮れるコンデジが欲しい。
ちなみに、これは携帯カメラですけどね。
手持ちのデジカメは、ここまでも撮れない…

金星は明るく、木星はやや明るく、月は怪しげ。

今日の宵の口には、並ぶそうですよ。

by kurage874 | 2012-03-26 00:17 |  尾鷲の足あと
お昼弁当を松本で食べる
風さえ強くなければなあ…

お昼に、すき家で弁当を2つこうて、松本まで行きました。
行野浦のすぐ先ですが、あんまり風強いので、車内で食べました。
それでも、「えんそくみたい」と喜んでくれました。
c0010936_1557316.jpg


食後、散歩がてら海岸に下りると、引き潮で磯遊びができました。ウミウシがいっぱいいて、「きもちわるい」って言うてました。「ぷにゅ ぷにゅする」って、触ったのも1回きりでした。なんかの魚の卵も張り付いていて、「きもちわるい」でした。
c0010936_15595955.jpg


ほんま、風さえなければもっと遊べたのですが、ほどほどにして世界の椿園にも行きました。山んなかをホイホイ歩いて行くので、近いうちに馬越峠と天狗倉山に挑戦できそうです。椿は見頃を過ぎている感じですが、ここには2棟の廃墟があって、これがなんとも不気味です。毎回のように、撤去の話もでるのですが…財政や補助の関係もあって、難しいの回答です。

15時過ぎに引き上げると、ほどなく寝てくれて、いまは北浦でお昼寝中です。もう16時なので、そろそろ起きてもいいけれど、あれだけはしゃいだらまだ寝そうです。今日は、熊野倶楽部にでも行きたい気分なので、夕方から出かけるかも知れません。

今週末は、ほんと楽休みしました。また、娘との時間をこゆーく過ごせています。

by kurage874 | 2012-03-25 16:06 |  さらさに贈る言葉
ワイドビューに乗ったよ~
今日も花粉日和か?
でも、薬のおかげか大丈夫。
タウロミン効くかも。

土曜日、ワイドビューに初めて乗りました。
勝浦行きの南紀1号が、2分遅れだったので、飛び乗りました。
c0010936_15334177.jpg


自由席でも空いていて、熊野市駅まで行くか、新宮駅まで行くかを決めかねていたので、とりあえず熊野市駅まで切符を買いました。結局は、新宮駅まで乗り越したのですが、片道2,100円もかかるんかと、ちょい驚きでした。
c0010936_15362052.jpg
黄昏てみる


小一時間の汽車旅ですが、娘には調度良かったです。「うみ みえるねえ」、「くるまより はやいねえ」、「オトンはうんてんしやんでいいの?」とか、はしゃいでみたり、クールに外を見たりしているうちに、新宮駅に到着しました。
c0010936_15392994.jpg


熊野川を渡るときは、身を乗り出して、「きたないねえ」って、川の濁りを見ていました。もともと深い色をしていますが、いまはまだ土色をしています。これを見ると、災害はまだ終わっていない気分になります。
c0010936_15432320.jpg


新宮駅で降りても、行く先を決めていなかったので、とりあえずオークワに行ってみました。でも、あんましヒットもなく、ゲームコーナーでひとしきりお金も使わずに遊んでから、再び駅に戻りました。小一時間で、折り返しのワイドビューがあるのです。そのまえに、立ち食いうどんも経験してみました。
c0010936_15453613.jpg


c0010936_1546591.jpg
はやくたべたい


ついでに駅弁もこうて、車内で食べました。うどんも駅弁も、オトンの分がちょっとなくらいに食べました。帰りは、外の景色を見るのにも飽きたのか、一人芝居や独り言、ときたま「オトン みて」とくだらない顔をみせてくれました。後ろの席のマダムに、あめちゃんをもらうくらいですので、他人から見ると可愛い仕草だったのでしょう。「おばちゃん ありがとう」とは良かったけれど、できれば”おねえさん”って言えればもう1個もらえたと思うな、オトンは。

ちょいと贅沢な旅でしたが、今度は目的をもって乗りたいと考えています。汽車の旅も、けっこう面白いし、歩くにもザックがあればなんとかなります。まだ幼いんだけれど、記憶のどっかに残っていればいいので、父娘の流浪の旅は続きます。

by kurage874 | 2012-03-25 15:50 |  さらさに贈る言葉
3月22日、晴れ
22日は、久しぶりにのんびりしました。

心の解放みたいのができて、今日はスヤスヤ眠ります。
c0010936_026217.jpg
玄関先のモクレン


モクレンって言えば、木蘭の涙か、目目連ですよね。
でも、木蘭の涙は正解ですが、目目連はモクレンではないです。
それがわっかていても、海月は目目連を想像するのです。
鬼太郎も苦労したしね。そういう記憶の残照が好きなのです。
古戸野に、大きなモクレンの木があって、いまが満開です。
c0010936_031919.jpg
ランチバイキング


夢古道おわせのランチバイキングです。
姪っ子が尾鷲に来たので、一緒に行って来ました。
平日なのに、たくさんのお客でした。すごいことです。
イカフェアをやっていて、やたらとイカメニューがあります。
侵略!?イカ娘が欲しいところです。って言うてみた…
c0010936_0331547.jpg
快適ですよ


気温も高くなってきたので、これで送迎です。
娘も気に入ってくれて、「とうちゃん たのしい」を連呼です。
わりと安価に入手できるので、海月としてはオススメです。
尾鷲は平坦が少ないので、ツーリングはちょい難ありですけど。
c0010936_035168.jpg
若木屋でこうた


娘はアンコが大好きで、どうみても和菓子派です。
ケーキも好きですが、食べる量は和菓子が勝ります。
今日の団子は、「あんこ はいっとる」とゴキゲン。
ペロッと一人で食べました。桜餅は朝にとっておこう。

尾鷲での日常は、こうして穏やかに過ぎていくのが一番です。

そのために、オトンの”いま”があります。
未来永劫に、続いていくようにね。

by kurage874 | 2012-03-23 00:38 |  owaseを愉しむ
志摩スペイン村パルケエスパーニャ
流浪の父娘です。

月曜日、オトンはアスト津で打ち合わせでした。
その間、娘は置かれているおもちゃで遊んでくれてました。
月に1-2度はこうして同伴出席してるので、娘も慣れたものです。
終わったあとは、津市のMさんと食事に行って、早々にホテルへ。
久居インター近くのルートインは、大浴場もあり、朝食も無料です。
今年に入って、すでに2回目の利用です。
c0010936_2238482.jpg


翌朝、駐車場でツシクンボウを見つけ、大喜びで取りました。
保育園でツクシ取りをしたらしく、「つくし しっとる」とのこと。
こうして言葉を覚え、確実に成長している姿を、オカンにも見せたい。
でも、隔離された世界で、オカンは見ることもままならないよな…
c0010936_22394353.jpg


このあと、高速道を南下し、伊勢方面に東に進路を変え志摩へ。
何年ぶりとなる志摩スペイン村パルケエスパーニャが、今日の目的。
「ゆうえんち いきたい」TVCMのおかげで、ここに決定しました。
あと、JAFカードの優待期間で、20%も安くなりました。ヤッタ!
c0010936_2243376.jpg


c0010936_2244563.jpg


祝日でも人は少なく、閑散な感じでしたが、娘は大喜び。
「てれびで みたことある!」と興奮気味で走ります。
娘でも乗れる乗り物もあって、けっこうイケていました。
ただ、歩く距離が長く、オトンはヘトヘトでしたけどね。
c0010936_2246257.jpg
お子様メニューは必須です


c0010936_2247743.jpg


あれこれ乗って、お昼は「うどん たべる」の声で、和食へ。
ちょうど和食レストランがあって、ドンピシャのメニューが。
おおかた一人で食べて、出てくるとパレードに間に合いました。
ちゃんと知っていれば、もっと見せてやれたのになあ。
「ばいばーい」と、ずっと手を振っていました。
c0010936_22505278.jpg


c0010936_2253537.jpg


c0010936_2252156.jpg


この広場が気に入ったようで、2回も階段を登りました。
「おもしろーい とーちゃん たのしい」と大声で走ります。
「危ないよう」って言うても、「だいじょうぶ」ですって。
なんだが、実際のホンモノの場所に連れったりたなってきました。
うーん、ドイツも行きたいし、ええいってやっちゃうか。
c0010936_22555645.jpg
ここが似合わん父娘


c0010936_22572834.jpg
鳩を追いかける娘


c0010936_2258848.jpg
照れているのです


意外にも肌寒く、オトンはここで風邪引いたようです。
海風が近いので、けっこう風があるのです。これポイントです。
あと、距離を歩くので、小さい子はアイテムが入ります。
娘の場合、背負えるザックを準備して正解でした。
でも、園内は「あるける」って、すべて歩きました。
c0010936_2324219.jpg


さすがに、園から出ると、「だっこして」とザックに入りました。
駐車場まで来て、チャイルドシートに乗ると、途端に寝ていきました。
よっぽど、おもっしょかったのと、そのぶんの疲れが出たようです。
それでも、ジェットコースターにも乗るっていうてたんやけどね。
あと、ここからの帰り道は、ちょっと迷いません?
オトンは、山ん中走る羽目になって、伊勢まで出るのにかかりました。

伊勢まで来て、災害ボランティアで知り合ったYさん宅にお邪魔しました。ここが、娘にはヒットでして、自分ちのようにはしゃぎ回りました。夕食は、近くのカンパーニュに連れていっていただき、久しぶりに洒落た美味しい物をいただきました。ここのシェフは、熊野の出身で、私の在所にも近いです。

すっかり暗くなって、いよいよ帰るとき、「とまってく うちはいる!」って、大泣きのなか、無理やり車に押し込んで帰って来ました。よっぽどだったのか、高速道の入り口で、娘の心を沈めてから帰って来ました。そのあとは、今日の話をしながら、機嫌もなおりました。家に戻ると、急いで風呂をため、22時には布団に入ることができました。

こうして、今後も父娘の流浪の旅は続きますが、出来る限り、娘の記憶に残る日常を与えてやりたいです。オカンがいなくなって1年が経とうとしていますが、娘はなんとかオトンのもとで成長しています。知らない人は、娘は実家か、よそにあずけていると思っているらしく、遠慮のない言葉をもらうこともあります。そういう話も巷ではあるのでしょう。しかし、こうしてほぼ毎日を娘と暮らすのは、なんの矛盾もない、紛れも無い事実です。オトンが娘を育てるのは、ごくごくあたり前でです。食事をつくるのも当り前、洗濯や家事をするのも当たり前、保育園の送迎では、「さらさちゃんのぱぱや」って言われるようにもなりました。ほかの子どもにもそう見えているのが、ちょっと嬉しいのです。

娘が独り立ちするまで、オトンは何がなんでも生きていきます。
子どもの成長を見届けるのが、親の役目で義務だと思います。
その前に、これほど頼もしい、嬉しい、感動はありません。

by kurage874 | 2012-03-22 23:21 |  さらさに贈る言葉
二瓶窯は本当に楽しいですよ♪
週末、キタガワノホトリの石窯が大活躍でした。

あの二瓶さんがこしらえたので、二瓶窯と呼ぶことにしました。
c0010936_254387.jpg
薪づくり


まずは、石窯と、薪ストーブ用の薪づくりからやりました。
海岸から流木を回収し、キタガワノホトリで薪割りもしました。
柳さんが道具も持参してくれたので、大人から子どもまで挑戦しました。
けっこう難しいので、危険は危険ですが、真剣にやる遊びです。
c0010936_2102378.jpg


肝心の写真は、主催の海月が遊びに徹したので忘れました。
あとで後悔しましたが、ほとんど写真がありません。
やはり、ちゃんと写るデジカメが必要です。でないと撮りませんね。

というわけで、土曜日の石窯ピザづくりやパーティーは、写真がありません。11人が参加して、それはそれは大賑わいでした。でもええ大人なんで、しっとりと賑わった感じでした。吉野や四日市からも駆けつけてくれて、尾鷲を堪能するイベントになりました。晴れていれば、望遠鏡持参の松下さんによる夜の星空観察会も予定していましたが、あいにくの雨でした。しかし、キタガワノホトリは全天候型なので、薪ストーブと石窯の輻射熱もあいまって、ほっこりと夜の時間を過ごしました。

石窯ピザの生地とトマトソースは、海月が用意しました。何度かやっているので、生地はお手のもです。というか、誰にでもできるので、今度は参加者にやってもらえそうです。あとは、参加者で捏ねて形にし、好きなトッピングをして焼くだけです。安井さんの姉妹が大活躍で、海月は食べるだけでした。海鮮中心のピザになったので、けっこうこれもイケました。また、安井さんと木下さんの手際のよさで、食材が次々に料理されていきました。デッキ・チェアに座りながら、さながらキャンプのようでもありました。

盛り上がるも22時頃までには片付けて、仮眠場所のCReAM Lab.に移動したあとに、そのまま夜の尾鷲に繰り出しました。25時頃には撤収しましたが、朝から遊び倒しでさすがに疲れました。なによりも、松本での流木運びが、夜になって響きました。欲張ってたくさん運んだので、あと2回ほど石窯パーティーできる薪が備蓄されています。

それぞれ寝た日曜日の朝は、純喫茶磯でモーニングしました。他愛のない会話は気軽だし、海月の頭は開放しっぱなしでした。こういった”遊び”が尾鷲でできることは、実はとても大きな要素を含んでいると感じています。なんでもない尾鷲での日常を体験できるのは、もしかすると他にも共感があるかも知れません。少なくとも、海月に電話でも、メールでも1本入れていただければ、海月的尾鷲を楽しんでいただけるようにします。
c0010936_2315020.jpg
パンづくり


日曜日のお昼は、海月の娘も参加して、石窯パンを捏ねました。1次発酵だけでしたが、けっこうそれらしいパンができました。でも、これはまだ改良の余地がありそうで、火加減と焼き加減が未知の世界です。また、炭火焼の海鮮バーベキューもやったので、メインの渡利牡蠣を食べまくりでした。トマトソースとチーズのトッピングも、また違った食感で好評でした。小さいですが、アカザエビ(尾鷲で言うテナガ)も入ったので、けっこう豪華なバーベキューになりました。
c0010936_2371927.jpg


c0010936_14474187.jpg
津市のKさん提供


意外にも、娘の食いつきがよくて、気長にパンを捏ねていました。安井家の姉妹にも遊んでもらい、ボルダリングは過去最高の到達点を叩き出しました。もうオトンが支えきれない限界まで昇ります。そのバランスのよさは、オトンがみていて悔しいくらいです。手前味噌ですが、石窯しながらボルダリングもできるキタガワノホトリは、ちょっと贅沢な遊び場です。この週末の参加費は、一人3千円で済んだので(夜の尾鷲やモーニングは別)、これも大きな魅力だと思います。まあ、労働力もあったので、プライスレスな部分も多いですけどね。
c0010936_2421123.jpg
撃沈…


16時頃までダラダラと食べて、そのあとの撤収は手際よかったです。お土産に、牡蠣ご飯ももって帰ってもらいました。もとのように綺麗にしていただき、それぞれが帰ったのは17時過ぎでした。本当に、楽しい週末を、皆さんに演出していただきました。なによりも、娘が一番楽しかったと思います。お風呂をためる準備中に、こうして寝てしまったくらいです。お風呂はそのあとになり、この日の夕食は遅れてしまいましたが、「遊んだ」と実感できる週末を過ごしました。

また企画しますので、ぜひご参加してください。また、企画してよの声もお待ちしております。ちなみに、石窯のレンタルは1回3千円になります。オプションでいろいろ付けられますが、参加者で頭割りするとお得だと思います。5名から10名くらいがちょいど良いかもしれません。過去には、20名近くでやったこともありますが、ピザやパンだけでは、食べる早さにおっつかない気がします。
c0010936_14484948.jpg
津市のKさん提供


また、皆さんからの写真もはっつけるようにしますね。

by kurage874 | 2012-03-20 02:50 |  キタガワノホトリ
キタガワノホトリの石窯をメンテナンスします
あいにくの雨やねえ。

今日は、キタガワノホトリの石窯を、久しぶりに使います。メンテナンスを兼ねてですが、友人たちにも手伝ってもらいます。

早い人だと、10時過ぎには集まってきて、なんやかんやしてくれます。せっかくなんで、尾鷲を満喫していただこうと計画しています。

興味のある方は、遠慮なく参加できます。夕方からは、石窯パーティーみたいになる予定です。そのまま尾鷲の夜を楽しんで、日曜日までなだれ込んでく感じです。寝袋さえあれば、泊まる場所もありますよ。

途中参加もありなんで、09086586601の私まで連絡くださいね。昼ご飯、石窯パーティー、朝ご飯、バーベキューだけの参加も歓迎します。家族、子ども同伴も大丈夫です。

ディープな尾鷲を体感してみませんか?

よろしくお願いします。

by kurage874 | 2012-03-17 07:05 |  キタガワノホトリ