海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2013年 05月 ( 63 )   > この月の画像一覧

今日は、5月最後の日替わりコックさん
蒸しっとするけど、風が心地よい尾鷲市街です。

今日の日替わりコックさんは、やきやまふぁーむさんです。
三木里町で、就労支援継続A型事業所を運営しています。
c0010936_11284173.jpg
手書きメニューもいい感じ


朝から、薪を焚いて石窯を温めています。
仕込みもバッチリで、皆さまをお待ちしています。

予約が確実ですので、0597-22-5554まで。
よろしくお願いします。

できる支援の形は、いろいろあります。

by kurage874 | 2013-05-31 11:29 |  CReAMイベント
平成25年度三重県・熊野市・御浜町・紀宝町総合防災訓練にかかる説明会
目まぐるしく1日が過ぎる。いま何時だよ?

昨日、三重県総合文化センターまで行ってきました。
表記の説明会に初参加してきましたが、90分の説明会でした。
尾鷲から津までの往復が約180分なので、トホホと言えばそれまでか。
ただ、この距離が、この訓練でも重要になってくるはずです。

しかし、総合防災訓練への参加は、NPOとしては大事なはずです。
実際には、多くの災害現場で、NPOやNGOが活動しています。
そこには、「道が寸断された」、「物資や環境がない」は関係ないです。
良くも悪くも、いやNPOやNGOだって、行政並みの行動力があります。
いいや、いいや、NPOやNGOだからこその機動性と行動力です。

これが、行政側に理解できていないことが多いです。
もちろん、被災地域も同様で、外部支援には激しく動揺もします。
しかし、東日本大震災クラスになると、そんなことは言うてられません。
実際にも、被災に直面した人ほど、外部も内部もありません。
訓練とはいえ、そういう視点でも、NPOやNGOを見て欲しいです。

説明を聞きながら、なんとなくそんなことを考えていました。
質問もしましたが、「ご提案いただけたら嬉しい」とのことでした。

今回、三重県が実行する総合防災訓練は、これまでの劇場型と呼ばれるお膳立て訓練を辞めにするとのことです。そのため、メイン会場は設定せず、想定地域のあちこちで被災した状況を想定しながら、直接支援と後方支援を行なっていくとのことでした。

被害想定は、平成25年9月1日の午前9時、南海トラフを震源としたM9.0の海溝型地震が発生し、三重県全域は震度5強以上の地震動、熊野地域においては、震度7の揺れを観測とあります。さらに3分後の午前9時3分には、気象庁が三重県南部に大津波警報を発表とあります。また、これに伴う人的被害の推計は、家屋倒壊、火災、津波等の最大値で、熊野市の死者400名、負傷者270名、御浜町の死者130名、負傷者140名、紀宝町の死者310名、負傷者240名となっています。

訓練の概要は、①熊野地域における災害時医療のあり方検討、②県広域防災拠点を基点とした、熊野地域における部隊・物資の配分検討、③陸路断絶を想定した、海上アクセスの活用による部隊・物資の派遣検討とあります。

私たちNPO関係者の関わりとしては、住民が実施する訓練への支援を柱とし、①住民の津波避難訓練等の実施時における安全管理等、②避難所運営訓練、資機材取扱訓練等の実施支援、③避難所運営訓練の会場等における炊出しの実施、④情報通信設備の活用による訓練映像の配信等が具体的に想定されています。

このうち、もしも僕たちの関係で応対ができるとすれば、上記の①や②なのかなと感じました。①については、井谷さんが手がけているかけモックを絡めた実践が有効であるし、②については、チェンソーの取扱訓練が有益です。これを、来月12日までに、具体的な内容でもって提案することになります。ただし、今回の説明会への参加は、NPO法人みえNPOネットワークセンターの理事としてでしたので、こちらでの関わりも検討していただく必要もあります。いまのところ、僕たちが応対できると考えたのは、東紀州コミュニティデザインや熊野レストレーションでの参加ということになります。

なんとなくゆるい感じで進んでいましたが、もしも本気度を増して考えるならば、県の地域防をより実践的に改定した上で、県、市町、NPOやNGOの協働を、ハナから想定して取り組むべきでしょうね。そうなる、またはそうしたいための新たなスタートが、今回の劇場型を辞めにした訓練であると感じたところです。期待度も含めてですが…

終わってから、とんぼ返りで尾鷲に戻り、17時には、娘を保育園に迎えに行きました。なんのことはない、この子をはじめとする地域住民の命を護るため、その手段のひとつとして、総合防災訓練にも参加するということです。南海トラフを震源とした地震と津波は、この地域の存続に関わってくるのです。

良い提案、よい妙案、そして協働してくれる仲間を募集します。

by kurage874 | 2013-05-30 03:09 |  市民減災まちづくり
家族でトンカツデー
実家の両親と、娘の4人で行きました。

端無家は、揚げ物でも、トンカツと天ぷらが大好きです。
c0010936_224867.jpg
大はしゃぎの図


c0010936_224365.jpg
おこさまセットもあるよ


ここには、おこさまセットもあります。
これが絶妙な量と盛りつけです。
娘も大満足でよく食べます。
c0010936_2253711.jpg
オトンの定番になりつつある


オトンは、今回も同じメニューでした。
味噌系と悩みますが、エビフライがたまりません。

ちょっとおいしい贅沢しませんか?
家族が笑顔になりますよ。

by kurage874 | 2013-05-28 02:26 |  東紀州漫遊記
【飛鳥熊レス村】負けじと秘密基地に
サルシカの秘密基地、よかったです。

負けじと、飛鳥熊レス村を見て来ました。
赤紫蘇が元気に育ち、大きくなっていました。
c0010936_2163167.jpg
赤紫になっている


c0010936_2165476.jpg
ほら、大きいでしょ


赤紫蘇の栽培からはじめた飛鳥熊レス村ですが、ゆくゆくは、熊野の秘密基地にしていきます。現在、空き家も物色中で、ここを拠点に活動していく考えです。まずは、深く関わる人が面白いと感じるようにせなはじまりませんしね。

来月の中頃には、小船の梅を収穫します。
イベントにするので、皆さんも参加してね。

by kurage874 | 2013-05-28 02:19 |  熊野レストレーション
アカイカ恐るべし
アカイカ、旨いですね。

刺身が基本でしたが、焼くってのも旨いです。
c0010936_21643.jpg
今日の尾鷲ごはん


ここに来ると、尾鷲であがる魚を覚えます。
そして、食べ方と調理法も学べます。

アカイカ、旨いです。

by kurage874 | 2013-05-28 02:04 |  owaseを食べる
来たぜ!サルシカ秘密基地
ヒビコレに来たならと、さらに足を伸ばした。

サルシカ隊員である以上、秘密基地は見ておかねば…
c0010936_22272812.jpg
デッキがいいねえ


c0010936_22275067.jpg
これが例の石窯だ


けっこうな田舎にあって、飛鳥熊レス村にも通じるものがありました。来た甲斐がありました。熊野レストレーションも、このようにしていけたら面白くなりそうです。隊長からも、ヒントとなる話を聞きました。そうですよね、人の輪をどう拡げていくかです。熊レスなら、それができる気がします。
c0010936_2231314.jpg
娘にはたまらん


ブランコに、ハシゴに、ハンモックに、崖に…娘が欲しいもの全てがあったようで、帰りの車のなかでも、これらをすべて作ってと言うてました。まあ、あの木柱ハシゴに登ったのには驚きましたが、やりよる子ですわ。

こういった場所が、県内のあちこちにあったら、それを繋ぐ人が必ず出てきます。そうなれば、人も動くし、イベントも動きます。田舎で、田舎らしく遊ぶのは、これからもっとウケると感じています。やはり、秘密基地が必要です。

三重県の南端では、ブーワさんがパッチワークハウスなる家を開放しています。これを知ったのは、ここと僕のカフェを行き来する人からでした。僕がそのブーワさんと対面したのは、つい昨年のことでした。しかし、お互いがけっこう知り合っていたので、なんとも不可思議な対面でした。

サルシカ秘密基地、恐るべし。
負けじと飛鳥熊レス村もやりたいね。

これで県内3ヶ所やな。

by kurage874 | 2013-05-26 22:37 |  三重県漫遊記
グッバイ!カフェヒビコレ
行きたいと思うときは、行くべきだ。

それは、人生の何においても、そうするべきことだ。
c0010936_2217185.jpg
娘は初めて


僕がヒビコレを知ったのは、いまから数年前、自分がカフェをはじめてすぐで、友人の紹介でした。それ以来、行きたくなると行く感じで、数回ですけど足を運びました。そのカフェが、今日を終いにカフェ部門を終わると言うので、ふとやっぱり行っておきたくなりました。
c0010936_2220368.jpg
古民家カフェ


ここの良さは、行った人それぞれだと思います。僕は、自分ちのようだけど、ちょっと違う場所に来た感じです。不思議と、ここに来ると眠くなります。僕にとってはそういうカフェです。娘は、初めてでしたが、絵本を読んだり、玩具で遊んだりと、好きなように時間を過ごしていました。

カフェは終わるそうですが、建物は当然残るし、ここでの活動も、これからさらに広がるそうです。僕は、あんまし社交性がないほうだけど、ここに共通するけっこうな知り合いができました。すごくいいカフェでした。

■hibicore.com
 hibicore.com

by kurage874 | 2013-05-26 22:23 |  三重県漫遊記
第4回森の中のマルシェに行ってみる
c0010936_21135382.jpg
デザインステキ


今日も暑かった。

百聞は一見にしかずということで、4回目にして行ってきました。これまでも気になっていましたが、facebookでイベントの招待を受けると、なぜか本気度が増してくるものです。今回は、亀山市在住の桂織さんにご招待を受けていました。しかし、現地につくと、すでに彼女の講座がはじまっていて、見守るだけとなってしまいました。
c0010936_21191581.jpg
恵みを食べる


訪れている人も多く、駐車場からもけっこう歩きました。会場内も混んでいて、人気ぶりがうかがえました。それに、若い世代の姿が多く、こういったイベントの客層は、出店しているお店と重なりあうなと感じました。
c0010936_21223697.jpg
カホンに夢中


お昼どきだったので、素朴なおにぎり弁当を買い、木陰に座って食べました。この会場の雰囲気はいいのですが、もう少し空き地というか、ベタッと座れるところがあれば最高かも知れません。しかし、父娘むさぼるように食べました。
c0010936_21262491.jpg
紙芝居、絵本朗読も


娘には、なにがなんだかわからんかったようだけど、人がいっぱいで、音楽が鳴り響き、最後にアイスを買ってもらえたので、満足して帰ってきました。ただ、五桂池の足こぎボートに乗りたかったらしく、「さらちゃんもこげるのにー」ってブータレていました。

こういったイベントは、この地域でも受けるような気がするし、紀伊半島南部くらいで集まれる要素があれば、年1回からはじめてもよいのかも知れません。おそらく、分散型でやってしまうと、人もそこそこ以下でしょうが、田辺から南伊勢あたりが、一同に介して50店舗も集まれば、近畿や東海圏からもやってくるように感じました。面白そうな企画になりそうです。

さて、プチ旅ははじまったばかりです。

by kurage874 | 2013-05-26 21:32 |  三重県漫遊記
旬を愛でる、今年もホタル
行ってきました。熊野市某所、教えないことはないけれど。

最近、マナーの悪さを耳します。大声で話をする。ごみを捨てていく。
長時間場所を譲らない。フラッシュで撮影する…なんだかねえ。

ここに住んでいる皆さんは、家の灯りが邪魔にならいよう、外に漏れないよう、戸を閉めたり、目張りして迎えてくれてるんですけどね。しかも、この小川にホタルがたくさん舞うよう、たくさんのことを気遣って実践くれています。僕たちは、そういう空間にちょっとだけお邪魔する気持ちで、コソコソヒソヒソ行くだけです。
c0010936_9354574.jpg
4枚重ねています


この日は、時期が早くて、人の気配もありませんでした。しかし、ボヤ-っと飛んでいて、数は少ないけれど、堪能しました。どうして、あのホタルは、あんな切ない飛び方をするんだろうねえ…
c0010936_9562132.jpg
こちらは1枚もの、処理なし


全盛は1週間後って気がしましたが、さすがにそのときは来れそうにないので、次は晴れ晴れしい気持ちで来たいと思います。

熊野に感謝します。

by kurage874 | 2013-05-26 09:38 |  東紀州漫遊記
おとーさん、きしゃどうろはしっとる!
好奇心旺盛な3歳9ヶ月です。

国道42号を北上している途中、なめこアプリをいじっていた娘が、汽車を見つけた。カメラの起動なんてお手の物で、すぐにシャッターを押していた。
c0010936_395551.jpg
けっこう上手


「すごいねえ、どこからきたんやろ」
「これは新宮からかな」
「じゃあ、どこへいくん?」
「多気やな」
「たきって、おふろのあるとこ?」
「そうやね、多気の湯があるとこやね」

多気行きの鈍行としばらく並走することになり、長島造船のドックあたりでいっしょになるのではと思って走った。

「とーちゃん、きしゃどうろはしっとる!」
c0010936_3144364.jpg
迫力あるもんね


想定通り、ドックを過ぎたあたりで追いぬかれたが、それが娘には道路に飛び出してくるように見えたらしい。
c0010936_3164055.jpg
さよなら~


「びっくりしたあー」
「道路に来るとおもたんかいな?」
「よこからきたんやもん」
「道路走れるかいな?」
「たいやちがうではしれんわ」

相変わらず、語彙が多く、オトンのおふざけはキッパリ切り捨てられた…

しかし、汽車と並走なんていいもんだ。

by kurage874 | 2013-05-25 03:20 |  東紀州漫遊記