海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2013年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

7月のCReAM営業日
c0010936_13541983.jpg


キタガワノホトリのCReAM、7月の営業日です。
カフェもはじめますが、ボチボチコソッとです。
まずは、ドリップコーヒーとドリンクのみです。

日替わりコックさんは、smileさんとやきやまふぁーむさんです。
2組と寂しいですが、どちらも満足いただける人気のコックさんです。
なお、日替わりコックさんは随時募集しています。

個人はもとより、事業所、NPOなどの参加も可能です。
広告媒体として、CReAMをお使いください。
相談もお気軽に、丁寧に対応します。

■問い合わせ先
 東紀州コミュニティデザイン
  コミュニティカフェ事業部
  電話:0597-22-5554

by kurage874 | 2013-06-30 18:51 |  カフェの営業日
【飛鳥熊レス村】空撮!飛鳥熊レス村赤紫蘇畑



熊レス正会員のAさんによる空撮です。
なんでも、PHANTOMという専用ヘリを使っています。

こうして見ると、意外にも広く、やはりいい景色です。
ここに、飛鳥熊レス村があって、そのうち空き家も整備します。
その空き家が、農家民宿のようにもなって、ゲストハウスになります。

そして、村長さんを募集して、仲間とともに切り盛りします。

夢は現実にしないと面白くありません。

そんな夢から逃げない人、募集中です。

by kurage874 | 2013-06-30 17:58 |  熊野レストレーション
新緑
c0010936_17493132.jpg


c0010936_17504325.jpg


c0010936_17521956.jpg


雨上がりの新緑は、少し怖い。
緑が映えすぎて、圧倒される。

この気持は、忘れてはいけない。
そして、そのまま娘に繋いでいく。

裏表のない世界。

by kurage874 | 2013-06-29 17:56 |  飛鳥町漫遊記
【飛鳥熊レス村】雨でも農業~赤紫蘇の刈り取りをする~
今日も、皆さんに助けられました。

僕は、1時間も遅刻しての参加でしたが、娘も早起きしました。
c0010936_1142432.jpg
山本専務理事撮影


c0010936_117022.jpg
キロいくらで取り引きです


熊レス会員のAさん、Mさん、Hさん、理事の柳さん、山本さん、三鬼さん、今日は一般のOさんにも来ていただきました。雨のなかの早朝集合でしたが、たくさんの方で賑わいました。
c0010936_11113789.jpg
良い香りがします


c0010936_11145866.jpg
娘は泥団子


収穫した赤紫蘇は、梅干し用に納品されます。行く先がある農業をしているので、いわば手堅いです。まずは、収入がえられることをやり、収益を上げていきます。継続させるためには、確実着実にです。

動画版刈り取り


2時間ほどで作業が終わり、今日はこれでおしまいです。遠くは京都からも来ていただきましたが、飛鳥熊レス村、これからますますおもしろくなりますね。ご期待ください!

by kurage874 | 2013-06-29 11:20 |  熊野レストレーション
N-06Dが修理から戻る
まずは、よかった。

タブレットのN-06Dが戻って来ました。とくに悪いところはないとのことですが、中身がサラで、前面パネルも変わっていました。まあ、サクサク動くし、タッチ感がよいです。
c0010936_2352266.jpg


アプリを戻しながら、何につけてもこれが戻ってよかった。
保存できることを知り、四苦八苦しながらデータ起こしました。

おかげで、娘に叱られずに済みました。

「おとーさん、なめこ からしたらあかんやん」
「おとーさん、なめこ ぜんぜんはえてないやん」
「おとーさん、もはや なめこらしないね…」

相当な、なめこファンですが、キッチンアイドルまいんちゃん改め、すえんサーガールズの福原遥ちゃんには、手厳しい娘です。

「なんか、まいんちゃんのほうがよかったね」
「おとーさん、まいんちゃんは りょうりやめたん」
「おとーさん、まいんちゃん おちぶれたん…」

もうね、どこで言葉を覚えてくるやら。
まあ、オトンの影響は否めません。

とりえあえず、タブレット治ってひと安心です。
2年の縛りもあるしね…

by kurage874 | 2013-06-28 23:11 |  尾鷲の足あと
洋食屋のオムライス
先だっての雨の中、ちょっと走って洋食屋へ。

久しぶりですが、ここらしいオムライスでした。
c0010936_22571625.jpg
王道です


しっとり系のオムライスで、ソースがうまい。
卵のボテッと感が、またたまりません。

洋食屋さんて感じがまたいいです。

by kurage874 | 2013-06-28 22:58 |  東紀州漫遊記
7月の尾鷲イタダキ市に、浴衣で参加しませんか?
湿気すごいです。除湿機バンバンです。

毎年恒例のペアでゆかたショー、今年もやります。
尾鷲イタダキ市では、多くの参加者を募っています。
c0010936_20523889.jpg


c0010936_20524946.jpg


7月の尾鷲イタダキ市は、今回で8回目となる「ペアーでゆかたショー」を開催します。

開催にあたり、尾鷲イタダキ市実行委員会では、参加者を大募集しています。今回も、市内の呉服店の協賛をいただき、入賞者への豪華商品を用意しています。また、親子や友人、恋人などとのペアーだけでなく、愛するペットなど動物との参加もいただけます。

■概要
 日 時:7月6日(土) 10:30 ~ 12:30(受付9:30~)
 場 所:尾鷲イタダキ市特設ステージ(尾鷲魚市場)
 主 催:尾鷲イタダキ市実行委員会
 対 象:一般応募によるペアー(30組限定 友人、恋人、ペットなど)
 内 容:ペアーの浴衣姿をステージで披露します
 協 賛:ササキ・つるや・ミヤイ・ヤマヒロ・うえむら
 申込み:尾鷲イタダキ市実行委員会事務局
      〒519-3606 尾鷲市北浦町1-8キタガワノホトリ
      0597-22-5554(TEL&FAX)まで
      ※以下のフォームからも申込み可能
      http://ws.formzu.net/fgen/S47152456/ (PC用)
      http://ws.formzu.net/mfgen/S47152456/ (携帯用)

by kurage874 | 2013-06-27 20:54 |  地域イベント情報
熊野レストレーションとは?
熊野レストレーションについて、複数の方より、いくつかの質問と問い合わせがありました。facebookでも説明しましたが、このブログでも、視覚的、歴史的に説明させていただきます。

熊レスの前進は、紀伊半島生活取戻し隊です。これは、2011年9月の紀伊半島大水害がキッカケで立ち上げた個人ボラセン(個人が設置する災害ボランティアセンター)です。しかし、個人ボラセンと言っても、金銭的な支援を受けるボラセンではなく(場合によっては、赤い羽根共同募金からの支援も受けられます)、被災地と災害ボランティアを橋渡しする、自己資金による私的センターでした。

※設置するに至った経緯は、僕のブログで当時の思いを書いています。

なぜ設置したかは、ブログでもおわかりのように、そこに助けを求める声があり、これまで被災とは縁遠い地域の方々に、災害ボランティアの活動で勇気を与えることも目的でした。どうしても、災害と被災では、気力や前途を失ってしまいます。そこから立ち上がり、再起を奮い立たせるには、災害ボランティアの活躍も有効であることが、これまでの自身の活動で体験していました。

困っている人に手を差し伸べるまでのことですので、設置に躊躇はありませんでした。ただし、一人でできることは限られていますので、はやる気持ちを抑えながら、人が集まる仕組みをつくりました。とは言え、時間的な制約があり、当時9月6日に現地視察をやり、9日に災害ボラの案内を発信、11日に作業開始が最短プランでした。これで果たして集まるのかとの不安はありましたが、災害ボラの仲間による的確な情報拡散もあって、初日は15名もの災害ボランティアに駆けつけていただきました。

このときの災害ボラは、神戸市、宝塚市、吹田市、奈良市、名古屋市、四日市市、亀山市、津市、伊勢市、尾鷲市、御浜町からの参集でした。やはり、災害ボラは、どの地域からでも集まってくれるもので、これは狙い通りでした。また、この日に至るまでに、災害の起因となった台風12号による被災状況や現地情報を、facebookやGooglemapで情報発信し続けていたので、それを追っていた方からの参加や、twitterの拡散による問い合わせからの参加がほとんどでした。

少し話は戻りますが、僕は、2004年9月の三重県豪雨災害のときに、旧海山町で災害ボラセンの立ち上げと運営に関わりました。このときのボラセンは、社協主導のボラセンでしたが、初めての試みをたくさんやったので、紆余曲折はありましたが、社協と民間と行政が協力するボラセンになりました。このときの経験から、「次に想定される南海トラフによる地震と津波では、地域住民の経験値と行動力をより増しておきたい」と実感しました。

その実現のために、普段から活動していることが、災害時に転嫁できると考え、翌年の2005年4月に、いまの尾鷲市に移住することになりました。尾鷲市を選んだのは、そこに活動の場所(CReAM Lab.)があったからですが、東紀州の中心地域で、もっとも僕が知り得ないまちであったからです。出身地の熊野市ですと、身内や友人たちの支援は想像できましたが、それでは活動範囲は拡がらないと感じました。あえて、尾鷲市を選んだのですが、当時の私は気負いもあったので、なかなか現実的には苦労ばかりでした。

しかし、曲がりなりにも尾鷲市で6年半も活動し、この合間にも災害ボラで出動することもあったので、防災や減災を語る上での認知度は、最初からすればあったようには感じています。また、尾鷲市議にも負託されたことも大きかったです(先だって落選してしまいましたが…)。しかし、2011年3月の東日本大震災を目の当たりにし、近しい仲間の動きに瞬発力がなかったことは、僕にとっては大きな落胆であり、自分を責めることにもなりました。その結果、東北の支援は、尾鷲発でありながら個人的な繋がりで進めていくことになるのですが、そこにきての紀伊半島大水害は、「東北は遠いと敬遠した人たちにとっても、三重県南部はまさにお膝元」との認識でありましたが、これも大誤算でした。

結局、紀伊半島生活取戻し隊は、地域内外の支援で成立していくのですが、このときに、「地域にばかりこだわってはダメ」との結論に達したのは言うまでもありません。それは、僕自身が尾鷲市では通用しなかった証明をしてしまったのかも知れません。しかし、それでも尾鷲発であることは、今後のことを考えると有益だと認識していたので、これはいまも変わりありません。率先する災害ボラの視点ですと、そこに目指す先があるから来るので、間違いなく有事の際は、僕を目指して駆けつけてくれるはずです。そのための準備も用意もしています(拠点となるキタガワノホトリには、サテライト程度の資機材が確保されています)。また、そういう繋がりを、これまでしてきたつもりです。

結果的には、通算24日で、延べ231名の災害ボラを受け入れることになりました。そして、この活動の中心が、三重県初、もしくは全国的にも珍しい、チェンソーを使う災害ボラでした。災害ボラセンでのチェンソー使用は、自己責任が多く、使用を厳禁するボラセンも少なくありません。または、規則や規定が曖昧で、素人同然でも自由に使えたりもします。それが、この当時、三重県として、ある一定の規則のなかで使えることが認められました。いわばお墨付きをいただいたのです。これには、多くの友人たちの支えがあってのことでした。

こうして、一人の怪我人も出さずに、紀伊半島生活取戻し隊の活動は無事に終結しますが、このときに集まった仲間たちで、次に繋がる活動の声も出始めました。また、そういう機運も感じ、2012年の1月に、集まった十数名の仲間たちと、熊野レストレーションの立ち上げを宣言しました。当初は、拘束しないおぼろげながらの活動でもいいと感じていましたが、紀和町小船の視察をしたときに、僕には衝撃が走りました。

当時の新宅区長さんの話を、避難先のお寺で聞きながら、少子高齢化、超過疎地域の現状を知ったのですが、災害を契機にそれが加速していくのを、必至になって食い止める手立てを考えておられました。ここにこそ、僕らの次なる活動があるのだと感じずに入られませんでした。これが、熊野レスの向かう先をハッキリとさせる出来事でした。これがキッカケで、熊レスの組み立てなおしを進めていくことになります。しかし、現実的には準備段階でしたので、僕はさらなる信頼できる仲間を求めていました。一過性でない、継続しあえる仲間です。

その後、熊レスとして、大泊海水浴場復活!プロジェクトを主宰し、学生ボランティアであるIVUSAとの連携も確認しました。災害時に動くだけでないことも、当時のIVUSAは求めていたので、熊野とIVUSAの橋渡しが、熊レスにとっても有益であると確信しました。なにより、彼らの求めは、熊レスの理念とも重なりました。それはいまも継続しています。また、小船とのお付き合いも、あれ以来続いています。僕らができることは、熊レスを通じて、地域に寄り添うことです。決して、遠くのカミサマのように、御託と机上の空論を置いていくだけではなく、年に数回でも、人として寄り添い、地域課題を共有することだと感じています。

さらに、熊レスを形付ける出来事が、2012年7月と8月の、九州阿蘇の災害救援遠征です。2度に渡る遠征は、個人負担5万円を越えるものでした。俗的な意味を込めて、ブルジョアなボランティアと揶揄されましたが、賛同する方からの支援金と自己負担で、5名の仲間が参加してくれました。この時の遠征は、災害ボラセンを起点としなかったので、現地では非常に苦労もしました。また、地域によって系統だっていないボラセンもあり、被災は天災でも、その後は人災によることが多いとも再認識しました。しかし、このときの5名には、それぞれ感じ方は違えど、熊野での活動と重なったこともあったはずです。なにより、遠くの地で活動を共にしたことで、いままでにないモノも芽生えた気がしました。

これが、いまの熊レス理事です。

僕が最終段階の形作りに入れたのは、この5名がいたからです。そのためには、お互いが後戻りを簡単にしないためにも、また、これから交流を持つ地域や団体に責任を示せるよう、法人格をとって活動することと、より多くの賛同する仲間を募っていくことでした。幸いにして、30名弱の会員にも集まっていただき、船出は前途多難ですが、いまでもきちんと航行はできています。

熊レスの定款の目的にはこうあります。

「この法人は、県内はもとより、全国の山林里山ボランティア活動団体等と相互に交流を重ね、活動団体の広がりや活性化を促進し、及び互いに協力しながら、世界遺産にも登録されている、紀伊半島をはじめとする、総じて熊野と呼ばれるこの地域の山林里山の保全再生活動、及び普及啓発活動を実施する。また、とくに活動拠点となる東紀州地域の山林里山を再生し、生物多様性の保全、地下水の保全及び活力ある生産・生活の場を創出する。また、自然災害発生時は、災害支援のネットワークを構築し、わが国では稀である、チェンソーという特殊資機材を使用した災害救援活動、及び災害ボランティアを視野に入れて活動する。」

また、この目的の活動としては、以下の通りです。

(1)山林里山活動団体間の交流の促進に関すること
(2)山林里山活動の活性化を図るための施策の検討に関すること
(3)山林里山活動の活性化を図るための広報及び啓発活動に関すること
(4)山林里山活動の人材養成のための講座、研修会等の開催に関すること
(5)山林里山活動団体相互の連絡調整に関すること
(6)災害支援ネットワークの構築と、防災・減災活動の啓発活動に関すること

さらに、この活動を事業体系化すると、以下の通りです。

(1) 森林里山保全事業
(2) 中山間支援事業
(3) 森林レクレーション事業
(4) DRT(Disaster Relief Team:緊急援助隊)事業

現在進められている事業としては、2の飛鳥熊レス村、4の災害チェンソー講座があります。1と3に関しては、まだ手が出せていませんが、準備は進めています。また、全てにおいて、皆さんの協力支援を広く求めています。

もう一つ、これは熊レスを生み出していく原点ですが、飛鳥熊レス村での活動は、僕自身が飛鳥町の出身であることも大きな意義がありますが、それ以上の戦略があります。

南海トラフを想定したとき、広範囲に甚大な被害を受けることになります。その後の支援においては、被災地に近い場所に、災害ボラセンやサテライトが構築されるでしょう。しかし、そのボラセンにスタッフ派遣することや、災害ボラを効率的に派遣するには、ベースキャンプとなる集約ボラセンが必要となります。東日本大震災で言えば、遠野やかわいキャンプを想定していますが、それが飛鳥町には絶対に必要不可欠となってくるはずです。

飛鳥町は、関西方面からの近道であり、延伸する高速道路で言えば、新鹿ICから車で15分の場所にあります。また、災害に強く、津波の心配もありません。2011年には被災しましたが、大きく深層崩落した場所もありません。河川の上流部に位置することも重要です(上流域にダムがありません)。課題はありますが、有事の際の拠点には最適で、ここに飛鳥熊レス村をおいて活動していくことは、地域住民にとっても転嫁しやすい環境をつくっていくことになります。

この飛鳥町も過疎地域です。農業と林業が主体で、いまなお農業との兼業がどうにか保たれています。しかし、5年先には状況が一変するでしょうし、その5年間を寄り添うために、飛鳥熊レス村を立ち上げることにもなりました。僕としては、覚悟をもって、生まれ育ったまちで活動する決意をしたのです。それに、熊レスの仲間たちも賛同してくれたと感じています。

質問に答えられたかは自信がありませんが、これが熊野レストレーションを立ち上げたキッカケであり、今後の目指す先です。僕ならではの、字数の多さとまとまりの無さですが、熊レスの一端を知ってもらえたのであれば、ぜひ皆さんの関われる範囲、出来る範囲での協力をお願いします。楽しいだけの活動ではないかも知れませが、それは皆さんの関わり用です。もちろん、関わる人全てに、僕の考えを押し付けることはありません。しかし、この地域の自然環境を護る上でも、まずは地域住民の生活を護ることが先決です。なぜならば、この地域の自然と暮らしは密接しており、そこかしこに住む人が、この自然を守ってきたはずです。

やはり、まずは人に寄り添うことが、この地域を後世に残す第1歩です。

ありがとうございました。

熊野レストレーション
代表 端無徹也

by kurage874 | 2013-06-27 19:18 |  熊野レストレーション
対面式の産直って、実現難しいかいな?
尾鷲市街は、この時間よく降ってきました。

キタガワノホトリの一画に、産直市場を構想しています。
c0010936_1374311.jpg
キタガワノホトリ


これまでにも、スタッフに指示してイメージを形にしてきましたが、結果的には苦戦しています。プロセスとしては、1.産直に出店できそうな生産者のリスト化、2.キタガワノホトリを産直市場にするための構想、3.生産者への営業、あたりですが、2がしっかりしていないので、3に苦戦しているはずです。しかも、1がきちんとリスト化されていないこともあるでしょう(なんや全部やんっては言わない)。

僕の指示で譲れないのは、対面式で販売できること、です。

生産者の顔が見えないと、それがどういう過程で作られ、自信をもって販売できるかを説明しきれないと考えるからです。安売り店とは違うので、生産者が損をしない価格設定も大事ですし、買う側にも、安心安全に作られたものであるからこそ、納得して買ってもらいたいのです。この両者が現場にいる産直にしたいので、ここが難しくしているのかも知れません。

しかし、市内の某所では、週に一度ですが、小ぢんまりとこれを実現しています。足を伸ばせば、熊野市飛鳥町の42号線沿いでは、毎週土曜日の朝に、無人市場が有人市場となって対面販売しています。それらを見ていると、ただ単に安いものを求めるだけでない気がするのです。そして何よりも、生産者の顔がイキイキして見えるのです。それは、自信があるからだと感じるのです。

キタガワノホトリでは、毎月第3日曜日に、キタガワマーケットを開催しています。来月より、月1回に縮小しますが、ここでの実施を目論んでいます。平日のほうがいい場合にもあるので、この日に限定はしませんが、考えるベースとして、日程の設定をこの日にしています。7月実施は早急ですが、夏野菜が出まわる頃には、しれ~と実現したいと考えています(スタッフもこの記事を見ているかいな?)。

キタガワノホトリは、市民の交流拠点です。そのために、いろいろなアイテムを用意し、自分自身の選択で関われるようにしています。広い窓口を持つことで、自分の得意分野を活かせる仕組みにしています。維持や管理に奔走しますが、本当に官民協働の言葉があるなら、この場所こそがその現場になるはずです。

さて、これで次の一手に進めるかな。

by kurage874 | 2013-06-26 01:54 |  キタガワノホトリ
大泊海水浴場で、なにを感じた?
彼らへのメッセージです。

日曜日、彼らの求めで、大泊海水浴場に立ち寄りました。
c0010936_1358792.jpg
夕暮れどき


c0010936_140383.jpg
太平洋


c0010936_1412283.jpg
思い出す?


大泊海水浴場は、2012年2月の1週間に、延べ700人のボランティアが作業をした場所です。その大半が、学生ボランティアのIVUSAでした。彼らにとっては、忘れられない思い出の場所です。この日に立ち寄った7人のうち、3人が訪れていたとのことでした。

■【熊野レストレーション】大泊海水浴場復活!プロジェクトの報告 : Cafe_CReAM モノ語り
 http://crepm.exblog.jp/17488438/

大泊海水浴場というくらいですから、自然にできた遠浅の海水浴場として、海月も幼いときから訪れている場所です。ここで初めて、小学校5年生のときに、海月(水母)に刺されました。そのときは、海月を見たことがなかったので、友人たちとぶつけ合いっ子して遊びました。もちろん、刺されて痛くなり、海の家でムヒを塗ってもらった記憶が鮮明に残っています。

あの頃に比べると、大泊海水浴場の人気は下降しています。海が変わったわけでもないのに、海岸が汚くなってしまったわけでもないのに、寂れた海水浴場になってしまっています。ただ、いまは跡形なく片付いていますが、ひとたび海が荒れると、この海岸にも流木が漂着ゴミが散乱します。そういうのが目立つということは、それだけ関心が向いていないことに繋がっているのかも知れません。

そこで、彼らには、まだまだ関われることがあるように感じています。海の家を、夏のハイシーズンに運営することも、できるかも知れません。定期的な清掃活動で、ここが世界遺産に程近い自然豊かな海水浴場であることを、PRする手伝いをすることもできるかも知れません。すぐ近くまで、高速道路が伸びてきていて、その最終出口が大泊になります。
c0010936_14462694.jpg
ここが終着


海月は、もっと彼らと夢を語りたいと感じています。それがきっと、この地域をほっとけない地域にすると感じています。夢は現実にしてなんぼです。その夢を、しっかりと語り合い、現実への道筋をつけたいと考えながら、彼らがはしゃぐ姿を遠目に見ていました。

自然と人が、熊野ではひとセットです。
その人に、彼らも加わるべきです。

そう、大泊海水浴場が問いかけていたはずです。

by kurage874 | 2013-06-25 14:49 |  熊野レストレーション