海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2013年 09月 ( 45 )   > この月の画像一覧

熊野尾鷲道路がもたらすもの
速報的に書きます。

夕方、熊野尾鷲道路を、尾鷲南ICから、大泊ICまで往復しました。
行きは、平均速度55キロくらいの車に引っ張られ、長い列にいました。
それでも、ICから30分くらいで、大泊まで走りました。速い、早すぎる。

市内で夕食を食べ、熊野倶楽部でお風呂に入って帰って来ました。
だいたい30分ちょいくらいで、駐車場から家まで来ました。早い…

熊野倶楽部では、顔見知りのフロントマンから、「今日は、やはり尾鷲方面のお客さんが多いですよ」って話をしました。「熊野から、尾鷲に行く人もおるやろしね」とのことでしたが、このへんのヒントは、ここではもう書きません。しかし、これって予想以上に、革命的なことが起こるのではと実感(直感)しました。

ストロー現象とか、そんなちっぽけな話ではなく、もっと近い自治体間で、生き残りのような流動があるやに感じます。ライバル意識でやりあうのか、手を携え合うのかは、自治体間でもいろいろとあるでしょう。しかし、人間自体の行き来は、誰に抑制されるものでもないので、アイディアひとつで、この地域の自治体が被る影響は甚大かも知れません。その意味では、うちが某実行委員会の事務局機能を返納させられた結果が、早いうちに出てくるでしょう。その対策を考えて、3年間やってきたこともあるので、このノウハウをほかで試したいとも感じています。

おそらくは、自立しないイベントやなんかは、ほかの魅力にかき消されると感じます。わずか小一時間で、東紀州を行き来できる現実は、やがては消費や生産などを含めた商工業にも影響するし、しいては自治体にも影響するとの見方です。それを如実に実感するのは、イベントごとなどで顕著に出るのではと感じています。たとえば、熊野大花火大会なんかは、上手に自治体間で折り合いをつけないと、自動車専用道路が、出口のない地獄の道にもなりかねません。反対に、輸送路として使えた場合は、これほど便利の良いパークアンドバスライドはありません。しかし、ここに自治体間の思惑はあるでしょう。つまりは、そういうことなのです。

もちろん、否定的な見方は一切していませんし、この交通革命は歓迎すべきことです。手前味噌ですが、飛鳥熊レス村を誕生させた経緯も、この開通前に合わせたこともあります。やはり、飛鳥町は、今後は交通の要所になる可能性があると感じました。ここを拠点に、これまでにない取り組みをしていこうと考えています。来月には、開村式以来の第2弾が幕を開ける予定です。

ちょっと興奮気味にですが、速報として記録しておきます。

皆さんは、もう走られましたか?

■熊野尾鷲道路開通式典の内容について(PDFです)
 http://www.cbr.mlit.go.jp/kisei/kisya/25nendo/130927.pdf

by kurage874 | 2013-09-29 23:57 |  海月のぼやき
近況、飛鳥熊レス村
飛鳥熊レス村も、忘れていませんよ。

遅れていますが、来週から本格的にネクストです。
c0010936_2132591.jpg
コントラスト健在


c0010936_2135164.jpg
花が切ない…


花が咲いていますが、葉は青々としています。
これをすべて引き抜いて、次の開墾をします。

次は、めはり寿司の高菜栽培です。
これも、売り先ある農業です。

急ぎ、作業のスケジュールを組んでいます。
熊レスの皆さん、興味アル皆さんも、よろしくお願いします。
また、お知らせしますね。

※おまけ
 さらかっぱのいた大又川も、秋の気配でいっぱいでした。
c0010936_216177.jpg
コントラスト最高



by kurage874 | 2013-09-28 21:07 |  熊野レストレーション
やきやふぁーむのボンゴレ
先週の金曜日は、やきやふぁーむさんでした。

日替わりコックさんとして、CReAMで腕を奮っています。
c0010936_20505522.jpg
これ


この日は、いつものトマトソースのパスタが、ボンゴレになっていました。インターン生の彼女が考案したそうで、いつもと違った味に大満足でした。
c0010936_2054382.jpg
その彼女


ピザにも変化があって、これまでのレパートリーがあれば、やきやふぁーむのレシピに人気が出ることコト間違いなしです。

そうそう、インターン生が考案した、やきやふぁーむのランチをすべて食べました。そこまでするか!という驚愕と不安があって、不安の方は、「インターン生がいなくなってもやる、よね?」です。ぜひともよろしくお願いします。

日替わりコックさん、面白い制度だと実感します。
素人も、誰でも、料理が好きであれば、Okです。

by kurage874 | 2013-09-28 21:00 |  クリーム日記
チョー狭い範囲で、インターン生を語ってみる
あくまで、個人の雑感ですよ。
まちごてたら、指摘くださいね。

日替わりコックさんの事業所から、インターン生が2名来ていました。また、キタガワマーケットには、出店舗として、同じ事業所から、2名のインターン生が来ていました。ともに、尾鷲商工会議所がやっているインターンシップ・プログラムの一環です。

■尾鷲商工会議所 長期実践型インターンシップ・プログラム
 https://www.facebook.com/internship.owasecci

この取り組みは、県が背中を押していた初期の頃から知っていましたが、正直、あまりよい印象ではありませんでした。学生が主体となって取り組む趣旨や展開には理解できましたが、公的資金で後押しすることに対しては、この地域で継続的にやっていけるのかという、どちらかと言うと、運営などの仕組みの面で疑問があったのです。それが、尾鷲商工会議所に移ってからは、生き残りの道としては、それしか無いだろうなとも感じています。

一番いい形としては、学生を求める事業所や企業が、自らの意志と計画に基づいて、自らの資金でやりくりすることだと感じます。それを肩代わりしてもらっているのが現状なのかなと感じますが、商議所が窓口ってことは、未来永劫的に取り組むという事なら、それなりに理解が進みます。ちなみに、東紀州コミュニティデザインも、商議所の会員になっているので、インターンシッププログラムを受け入れる権利が有るということです。これは、どの事業所にも当てはまるので、ここに生き残る意味があると感じています。

しかし、学生をああして受け入れる苦労や周辺への配慮は、ただでさえ、正規雇用や非常勤雇用している現状から考えても、直接現場で担当する苦労が伺えます。その苦労は、キタガワノホトリで見ただけの個人観に過ぎませんが、学生であれ、従業員として受け入れるからには、余計な時間と出費があるかと見ています。だからこそ、弱小な事業所だと、受け入れ自体に余裕がないだろうし、しかし、そこにこそ必要なのかと感じることもあります。

さて、日替わりコックさんに来ていたインターン生ですが、最初にお話をしたときは、他所様の事業所に来ているインターン生なので、どこまで意見すればいいのかに迷いました。それは、インターン生も同じで、双方が噛み合わずにファーストインプレッションしたと感じています。なので、あとで文書でもって意見を送っていただいたので、それはそれでよかったです。ただ、「あまり口出すことは控えよう。求められたらにしよう」と決めました。当然ですが、うちのインターン生ではないので、また、そのような橋渡しもなかったので、よけいにインターン生を悩ませることはないだろうと感じたからです。しかし、日替わりコックさんとして、キタガワノホトリに出入りすることにはなるので、”ランチを数多く提供する”、”より多くの顧客を掴む”という点においては、こちらとのすり合わせがあったほうが良かったとも感じました。

それが如実にでたのは、インターン生の一人が先に帰り、残ったインターン生が切り盛りしたランチの営業成績に出ています。つまり、最初は、インターン生が2名も日替わりコックさんとしてキタガワノホトリに出入りしているので、ご祝儀的に、または物珍しさ的に、お客さんは多かったです。東紀州コミュニティデザインからの広報においても、「インターン生が来ています」的な広報で客寄せできましたが、後半の2回は、予想よりも下回る客入りで、結果としては予想数に達することはできませんでした。つまり、ネタが切れたのです。

しかし、料理の内容や手際の良さは、数をこなしただけに良くなっていて、ここに僕の悔しさがありました。「もっと早くメニューを知ることができたら…」、「次回のランチの戦略を、双方で検討ができたら…」なんてことを、強く感じたのも確かです。これは、インターン生の至らぬ点ではなく、受け入れ側の情報共有不足だと感じたのです。もちろん、東紀州コミュニティデザインは、受け入れ事業所ではありませんが、せっかくの会員でもあるので、そういう橋渡しができていたなら、もっと戦略的に広報ができたはずです。そういう柔軟さにかけていた気がします。もっと広い視野で、学生の力を引き出してやる術を提供することができるはずなのです。

もちろん、東紀州コミュニティデザインが独自に動くこともできたので、実はスタッフには指示をしていました。「事業所にアポイントメントをとって、考案しているメニューの取材をしてはどうか?それを、ランチの営業日までにfacebookなどで広報できるだろう」が主な指示でしたが、どういうわけか実現されずに終わってしまいました。2人のインターン生にも語ったことは、「何事にも、ストーリーを持たせるとうまくいく。反対に、ストーリーのないものには、人は感動も引き込まれもしない」でした。双方で共有できなくとも、こちらから擦り寄っていくこともできたはずなので、この点は、上司である僕の甘さだと項垂れています。

そして、2人のインターン生の印象ですが、プライベートで絡んだことが極端にすくなかったので、これももったいないことでした。プログラム化されたなかでこちらに来ているので、ほかを見る余裕がなかったのもありますが、”日替わりコックさんをやっているキタガワノホトリをもっと知る”、”そこで働くスタッフをもっと知る”、”ここに関わる人たちと交流する”みたいなことがあれば、インターン生にもっとアイディアのキッカケをつくれたかも知れません。”ランチの新メニューを考案し、数多く提供する”が課題の一つと聞いていたので、なおさら必要なことだったと感じます。しかし、意志ももってこんな田舎に来ていたので、自分がしたいことと、しなければいけないことのギャップに、2人とも頭を抱えていたような気もしました。

短い期間で、多くの課題を乗り切ることは、そうそうできることではないので、インターン生の受け入れの土壌は、まだまだこれからかも知れません。2人を見ていて感じたことは、「予想以上に使命感を感じてやっている」、「自分が、その事業所の社員(職員)として自覚している」、「課題解決に、持てる頭脳をフル回転している」でした。しかし、もう少し考えると、そのキッカケを関わる事業所で提供することもできるというのが、今回の僕の大きな印象でした。単純に、「それは一人で悩むことではないよ」ってことが、あったような気がするのです。それは、受け入れ側の事業にも言えることかも知れませんね。

ともあれ、昨日のランチの営業で、最後のインターン生ともお別れとなりました。労いの言葉をかけてやろうと待っていましたが、別件の嫌な仕事(作業)が入り、ひとり部屋でふてくされてやっていました。ほんと、2人ともよくやったと感心しています。気になることは、短い期間に矢継ぎ早にやってきた、たとえば新メニューなんかは、その後も引き継がれるのかという点です。お客さんのなかには、「またあれが食べたい」、「前回は食べられんかったで、次は食べたい」との欲求があります。すでに、そういう問い合わせもいただいています。もとあった事業所のクオリティを上げたのは事実なので、インターン生後にすべて白紙に戻ってしまうと、日替わりコックさんの受け入れ側としては、少々戦慄するものがあります…大丈夫だよね?

この制度化で、東紀州コミュニティデザインにも、インターン生が来ればどうなるだろうかと想像はしました。これまでの僕にはなかったことです。それだけ、この事業所のインターン生を見てる限りでは、興味関心を持ったのも事実です。反面、ここでは書ききれないことも、不安材料として持ったのも事実です。そこに、学生であるがゆえの…もあることでしょう。ここで取り立てるほどもありませんが。

僕としては、少なからず、キタガワノホトリや東紀州コミュニティデザインに関わったインターン生とは、縁ができたと感じています。この縁を活かすも殺すも、今後のつきあい方でしょう。双方の刺激につながることになれば、また、こちらから継続的に刺激を与えるようなことができればいいんですけどね。

まずは、お疲れさまでした。
よくやっていましたよ。

ありがとうございました。

by kurage874 | 2013-09-28 01:03 |  海月のぼやき
10月のキタガワマーケット、一緒につくっていきましょう!
雲行きが怪しくなってきました。

都合のいいことばかり、そんなんでよく覚悟を決めたものです。
さて、本題ですが、10月のキタガワマーケット、準備しています。
c0010936_15162623.jpg
未完成チラシ


出店者、参加者を、広く募集しています。
どれかには、当てはまるようになっています。

■facebookでのイベントお知らせ
 https://www.facebook.com/events/392989960828861/

宣伝効果もありますし、なによりも、仲間ができます。
お気軽に、事務局までご相談くださいね。

◆東紀州コミュニティデザイン
 キタガワノホトリ事業部
  0597-22-5554

by kurage874 | 2013-09-27 15:19 |  キタガワノホトリ
凛と生きる
娘の保育園で、避難訓練と引き渡しがありました。

尾鷲高校体育館が引き渡しなので、16時に現場に行きました。
実際、離れ離れで被災すると、場所にも寄りますが、深刻です。
ただ、余程のことがない限り、娘の命は危険にはさらされません。
これだけの気持ちの余裕でも、いまは非常に大きいです。
c0010936_2034365.jpg
ハイポーズ!


引き渡し後に、近くの草むらで、傘をつくりました。
「とーちゃん、すごい。かきまぜるのや」
どうやら、引き伸ばして、泡だて器に見えたようです。
「とーちゃん、おはなー」
今度は、引き戻した形が、花に見えたようです。
「とーちゃん、ぷりきゅあのみたい」
中途半端に戻すと、プリキュアのスティックのようです。
娘のほうが、遊び心があるやんけ…
c0010936_2030549.jpg
夕暮れ


昨日の今日で、訪ねてくれる人、電話をくれる人、優しいね。
しかし、凛として、まっすぐ生きるほうが、自分には似合っている。
娘も、そうして育って欲しいし、できれば触れさせたないね。

家に戻り、夕飯を作り、いまから風呂です。
親子の時間は多く、遊んだり、ユウツベ見たり…

「おそとのかぜすごいね。おこっとるん?」

そう、怒ってねんで…

by kurage874 | 2013-09-26 20:37 |  さらさに贈る言葉
居場所のある場所
今日の秋晴れ、空がどこまでも高い。

僕は、この季節がたまらず好き。旅にでたい…
c0010936_1711338.jpg
空が高い


c0010936_17115860.jpg
デザインって大事


c0010936_17123697.jpg
黒板も更新


c0010936_17125637.jpg
出番を待つ


でも、キタガワノホトリでまったりも悪くはない。
居場所があるのが、キタガワノホトリの良いところ。
椅子に座って、なんともなく、言葉をかわす。
読書をしながら、たまに雲を眺めてね。
毎日誰かが、ふらりと立ち寄っていく。

キタガワノホトリらしくなってきた。

by kurage874 | 2013-09-26 17:16 |  キタガワノホトリ
【尾鷲イタダキ市実行委員会】みなさまにお知らせ
用件のみ失礼します。
c0010936_23195192.jpg


東紀州コミュニティデザイン事務局長の端無です。
尾鷲イタダキ市実行委員会の事務局を、業務委託しています。

本日の緊急理事会において、事務局の外部委託が廃止され、10月より、再び尾鷲商工会議所さまが担当することになりました。その経緯とともに、緊急全体会において説明させていただき、一連の責任を取る形で、理事会の解散が報告されました。また、東紀州コミュニティデザインとしては、大同楽座の名前で駄菓子などを出店していますが、同様に、一連の責任を取る形で、今後の出店を保留、新理事預かりとなりました。結果としては、今後の出店見込みはなくなりました。また、チャレンジ5の名のもとに、紀北町や熊野市から出店いただいた事業者さまについても、この場において、来月からの出店が保留、新理事預かりとなりました。これも、結果としては、今後の出店はなくなりました。さらに、現理事の体制下で進めてきた事業やイベントも、すべて白紙に戻りました。この件については、尾鷲商工会議所さまが、誠心誠意をもって、対応することになっています。また、個別の案件については、東紀州コミュニティデザインも対応させていただきます。

今後は、尾鷲商工会議所さまによって、新理事の選出と、10月以降の尾鷲イタダキ市の運営を切り盛りしていくことになりますので、東紀州コミュニティデザインが事務局委託を受けて進めてきたことの全てを、今日限りで廃止または停止することになりました。急な出来事ですが、これが、尾鷲イタダキ市が継続する条件でもありますので、これまで応援していただいた皆さまには、本当に申しわけない気持ちしかありませんが、尾鷲イタダキ市自体は、自立をしない方向で継続運営されていきますので、今後ともよろしくお願いします。

結果が全ての世界と言われていますので、最良の結果が、このような形になったことを、申し添えていただきます。足掛け3年、尾鷲イタダキ市の自立に奔走したきた”いち出店者”としては、断腸の思いしかありませんが、尾鷲イタダキ市がさらに発展することを願ってやみません。

また、ご迷惑をお掛けすることになった皆さま、申し訳ありません。
短い期間でしたが、どうもありがとうございました。

2013年9月25日(水)
東紀州コミュニティデザイン
 事務局長 端無徹也

by kurage874 | 2013-09-25 23:13 |  東紀州コミュニティデザイン
この地域で働くということ
今日、キタガワノホトリには、二人の若者が来ました。

二人とも、まだ20代前半で、一人は大学4年生です。
急ですが、声掛けすると8人になり、中華をつつきに行きました。
c0010936_23424079.jpg
まさに中華のよう


二人は、2011年の紀伊半島大水害とその後の支援で、学生ボランティアとして駆けつけていました。先輩後輩の仲ですが、学生ボラの繋がりしかありません。僕とは、幾度となく活動をともにしていますが、まさかこの地域で就職するとまでは驚きでした。

そのへんの核心の話は、実はわかっているようで理解できていません。しかし、あの災害やその後をキッカケに、この地域に根を下ろしたい気持ちを固めたのは事実です。こうして、就職口や方向性を見出しにやってきているので、ほんの出来心ではないのも確かです。

ただ、この地域で働くということの意図が、いまだに僕には読みきれません。将来、自分がどんな人間で、どんな立ち位置でやっていくのかが、この二人からは全然想像もつきません。本来、そういうものなんでしょうが、例えば、この地域の現状を知り、そこに直に触れながら、将来的には政治を目指していく…このくらいなら合点がいくのですが、そこまでの気概は感じられません。

でも、そうでないにしても、彼らの人生にキッカケを与えた者として、彼らを全力で支えたいと感じています。客観的に、そういう立場になりそうなので、困ったときに背中を押したり、手を差し伸べる位置にいようと決めています。多くの地元高校生が、住み慣れたわが地域を離れ、下手をすれば一生帰ってこないくらいになってしまう現実から見れば、貴重な存在であることには違いありません。地域の人で支えることができなければ、彼らがこれから受けるさまざまな洗礼は、一人では乗り切れないこともあるでしょう。

中華をつつく彼らからは、大きな気負いは感じられませんでしたが、ここに集まった大半が、働くということに実感をもって生活しています。生きていく上では、働かないと生活は成立しません。働いたお金のほとんどが、遊興費やお小遣いとなっている人たちではないので、非常にシビアに生きている人たちです。ようは、貧乏をしていると言うことです。しかし、この地域の大半の住民が、こうした底辺のような所得層であるのです。それが、自治体を支え、地域を支え、この地域を脈々と受け継いでいるのです。

そこに、組み敷かれようとしていることを、彼らはどれだけ覚悟できているのかが、僕には読みきれない要素としてあります。なにも、これはネガティブなことではなく、この組み敷かれるのが嫌であれば、起業してひと旗揚げるか、安定的な職業に絞って目指すかです。そのどちらかでもないようなので、その位置でいかに満足して生きるのかが、僕が考える覚悟です。そして、この覚悟を楽しむことができるなら、この地域でも十分に生きていけると感じています。

もっと簡単にいえば、年収700万円の生活ではなく、年収300万円で満足のいく暮らしができるかなのです。

ちなみに、僕の立ち位置は、年収300万円でも暮らしていける自治体を目指すことですけどね。もちろん、もっと欲しいと努力する人がいても、不思議ではないです。そういう人には、もっと違う視点で、支える仕組みづくりがあるようにも感じています。

20歳前半の彼が、この地域に根づくというのは、今後のこの地域の変遷を想像しても、大きな財産となるはずです。その財産を、ちゃんち自治体規模で貯蓄できるかも、大きな鍵としてあろうかと思います。

by kurage874 | 2013-09-24 00:09 |  海月のぼやき
旨かったぞ、ナンとカレーのコラボランチ
日替わりコックさん、やはりステキです。

今日は、カレーの久兵衛さんと、女性ユニットのsmileさんでした。
日替わりコックさん繋がりの二店舗が、コラボで出店しました。
c0010936_2320750.jpg
ボリューム満点


ナンには、プレーンとチーズ入りがありました。
カレーは、久兵衛さんのオリジナルで、やはりウマイ。
これに、ご飯もついて1,000円ランチでもいけたなあ…
c0010936_2322816.jpg
このバクつき


娘も、ナン1枚をペロリでした。チキンもパクっでした。カレーはさすがに辛かったようでしたが、ミルクポーションいれたりゃよかったって、あとになって思いました。甘くなるからね。でも、デザートは横取りされました…

日替わりコックさんって、夢がありますよ。
今日も、45食ちょい、出たようです。
予約で40食埋まるなんてね。

いつでも、コックさんの説明会してますよ。
素人でも、気軽に挑戦できるのがコックさんです。

ご馳走さまでした。

by kurage874 | 2013-09-23 23:26 |  クリーム日記