海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2014年 02月 ( 44 )   > この月の画像一覧

隠れ家カフェ
やはり、場所ではなく、魅力なのだよ。

そういうカフェに行ってきました。やっと、行けたって感じです。
c0010936_1345949.jpg
こじんまりと


c0010936_1371393.jpg
ネコヤナギ


まだまだ、”熊野”には魅力が隠れているのです。

その魅力は、こそっと楽しむのがいいのかも知れません。

by kurage874 | 2014-02-28 01:38 |  美味しい東紀州
みえ次世代育成応援ネットワークの第1回地域別座談会
みえ次世代育成応援ネットワークの会議に、ひょんなことから参加してきました。

地域別座談会の1回目だったらしく、以前に案内が来ていたように記憶していました。たまたま、熊野の庁舎に行く用事があって、18時からはじまることを知ったので、そのまま出席しました。このネットワーク自体には、古くから、鷲ツ子mamaプロジェクトで参加していました。尾鷲でベビーマッサージをやっていた頃ですので、娘が1歳になろうかという頃です。いまでも、希望があれば講師派遣の相談に乗っています。
c0010936_020182.jpg
資料


このネットワークには、企業や団体の登録があって、東紀州地域はまだまだ登録が少ないとのことでした。東紀州コミュニティデザインとしても、中間支援組織という利点を生かせますので、のちほど登録させていただくことにします。子育ての環境は、地域の特色はあったとしても、少なくとも三重県内では統一したサービスや福利厚生があって然りです。このネットワークが、政策提言もできるような仕組みなればと、話を聞いていて強く感じました。また、企業にしかできないこと、団体にしかできないこと、または双方が合わさってできることなどあろうかとも感じますので、第2回目の座談会にも、ぜひ参加したいと感じました。

■みえ次世代育成応援ネットワーク
 http://www.jisedai.pref.mie.lg.jp/

子育てに、格差があってなりません。子どもは国家の宝ですから、まさに社会や地域がバックアップしていく体制づくりが急務です。そして、それを後押しする行政と市民団体が、企業なども巻き込みながら、子どもを支えていく仕組みづくりをしていかねばなりません。

子育てに力を入れている自治体には、元気な高齢者が多いはずです。さて、それがなぜだかわかりますよね。そういうことを、実践できる地域にしたいと考えています。そのためには、キタガワノホトリや飛鳥熊レス村の存在は、とても大きいと自負しています。

by kurage874 | 2014-02-27 00:26 |  東紀州コミュニティデザイン
【飛鳥熊レス村】赤大葉高菜の成長著しく
自分が何屋さんかわからなくなります…

たぶん、何でも屋で落ち着くと思いますが…
c0010936_02533.jpg
腰が痛い…


朝から殺人的なスケジュールで、僕のご本尊様は千手観音様なのに、なんで腕が2本しかないのだろうと思うほどにバタバタとしました。仕事ってのは、効率を求めるとキリがないのですが、多方面にいろんなことをしていると、どうにもこうにも一人称はきっついです。当たり前だけど…
c0010936_041167.jpg
いよいよ収穫できる


家族や親戚総出で、今日は追肥やりをしました。また、下葉処理もしたので、大量の不揃いの葉が集まりました。これも親戚が漬け物にすると喜んで引き取ってくれて、残りは即席にぎり飯で食べました。これがまた旨いこと。さっと湯通しして、酢味噌を入れてご飯を巻くと…食べ過ぎるって話は、この時期の飛鳥町では日常会話です。
c0010936_072911.jpg
動噴が活躍


けっこうな畝なので、単純作業ですが手間もかかります。やっとこさで追肥が終われば、今度は休耕田の獣害網の追加です。どうも、網の下からシカが侵入しているらしく、網を二重にすることになりました。確かに、休耕田には奴らのブツが落ちていました。これはすぐに終わることができて、今日の畑作業は無事に終了です。
c0010936_0102318.jpg
娘もお手伝い?


c0010936_0115698.jpg
ぢゃないよな…


作業は単純明快ですが、手間と時間がかかります。それを惜しむと、よい物ができません。これほど正直で真っ直ぐな仕事はないと感じます。そして、ちゃんと与えた愛情の分だけ、実りを約束してくれます。なんと、素直なことか…

農業が与えるものは、脳内には絶対にいいと感じます。

引き続き、新規就農希望者を募集ています。
お気軽にご相談くださいませ。

by kurage874 | 2014-02-27 00:14 |  熊野レストレーション
地域を考えるときの範囲は?
日々、悶々と前を向きながら…

地域を考えると言っても、その地域の範囲はひとそれぞれです。自治体をひとつの地域とも考えられるし、この自治体だって、自治体の集合体である、たとえば三重県とか、南三重とか、東紀州とかの単位を地域とみることもできます。反対に、自治体の中の学校区や住所地や字などを、ひとつの地域として捉えることもできます。

つまりは、人によって違う地域の範囲には、実は大きな意味や意義があったりもします。より小さな単位での地域では、互助の力が優先することが多く、善し悪しあれど「おらがまち」ってプライドがあります。しかし、その枠から外れる地域に関しては、「そんなん知らん」ってことにもなるので、小さな単位の地域間の橋渡しや交流、連携には苦労も徒労も多くなります。また、大きな単位での地域になると、自助と共助が噛み合わないこともあるので、地域の範囲が広くなるほどに、共助の精神が失われることも出てきます。そういった橋渡しも連携にも、同じように苦労や徒労が絶えません。

ただし、公助に関しては、地域の範囲が小さかろうが大きかろうが、「行政がやって当たり前」、「行政の関与なくてありえない」と言った要求が、ときとして共通しているのを目の当たりにします。先だっても、あるところで、「やはり行政がなくては」的な発言を聞いて、「まだまだ率先しているふりの人は多いかもな…」って感じたところです。もちろん、これらのことについては、僕の活動範囲でもあるので、たとえば、字くらいの単位で、互助と共助と公助をうまく噛みあわせている地域もあります。そういったところでは、行政にしかできないことを行政に依頼し、多くは互助や共助の力で解決している姿があります。これもまた、率先している地域には、共通することがいくつもあります。そして、僕には、それをモデルケースとして、まだできていない地域に橋渡しや還元することができます。

さてはて、この地域の範囲ですが、僕のような立場の人にとっては、その範囲はフレシキブルなんでしょうが、常にフレシキブルであってよいのか、ある程度の範囲を自分で持っていて、そこを基準にほかを考えるのかなどと、これが日々悶々とするところでもあります。なんか、どうでもいい事を言っている気もしますが、これってけっこう人によっては大事にしていることだと気付いているので、なにをするのでも、考えずには始まらないのが実感です。

さて、あなたにとっての地域の範囲は、どのくらいなのでしょうか?

by kurage874 | 2014-02-26 01:25 |  海月のぼやき
【お知らせ】3月の土日、大泊と小船でボランティアしませんか?
熊野レストレーションがサポートする、ボランティアの募集です。

3月1日(土)の9時登山口集合で、大泊の観音道の先にある、清水寺の解体撤去を行います。事前に解体は済ませてあるので、ご神体である岩座の前に倒したままの撤去をします。
c0010936_20397.jpg
現場



解体風景


ボランティア保険の申し込みをしたいので、参加人数の把握をしておきたいです。当日参加でもかまいませんが、できるならば事前に参加申し込みをよろしくお願いします。

■日時
 3月1日(土) 9時登り口集合 小雨決行

■場所
 熊野市大泊

■スケジュール
 09:00 登り口集合
 10:00 作業説明
 12:00 昼食
 13:00 再開
 16:00 終了、下山

■持ち物A(必須)
 昼食、飲み物、革製か人工皮革製の手袋(軍手は不便)

■持ち物B(任意)
 バール、ノコギリ、ハンマー、ヘルメット

■注意
・釘の踏抜きに最新の注意を払うこと
・ホコリが舞うので、喉の弱い方はマスク着用
・うがい用の水を持参しておくと便利です

■参加条件
・未成年者は、保護者の同意を得ること。高校生以下は保護者同伴とします
・健康で、自分をコントロールできること
・集団行動でき、リーダーの指示に従えること
・チェンソー持参の方は、特別教育を受けていること
・チェンソー作業するときは、指示に従えること
・チェンソー作業するときは、チャップス・ヘルメット着用のこと
・ボランティア保険の範囲内でしか保証できません

■駐車場
 登り口付近に約6台、旧42号線沿いに数十台可能

■トイレ
 現場にはありません。鬼ヶ城入り口の公共トイレで済ませておくこと。キジ撃ちする分には関与しません^^;
c0010936_263323.jpg
小船梅まつり


また、2日(日)は、紀和町小船の梅まつりです。今年3回目のイベントボランティアを募集していますので、お気軽に参加ください。裏方として、梅祭りを楽しんで見ませんか?

大泊も、小船も、関西方面の学生ボランティアが参加します。ぜひ、地元高校生などの参加があれば、同じ年代の交流にもなりますよ。

また、ボランティア保険の申し込みをしたいので、参加人数の把握をしておきたいです。当日参加でもかまいませんが、できるならば事前に参加申し込みをよろしくお願いします。

■日時
 3月2日(日) 8時半 現地集合(小船地区の河川敷駐車場)

■場所
 熊野市紀和町小船

■内容
 梅まつりのイベントボランティア
 ・駐車場係、警備、受付・案内、イベント進行、片付けなど

■参加条件
・健康な方、自分をコントロールできる方
・団体行動できる方
・現地集合、現地解散できる方
・未成年の場合、高校生以下は、保護者同伴必須、高校生以上は親の同意が必要

■当日のスケジュール
・2日(日)
 07:00 朝食
 07:30 湯の口温泉出発
 08:00 現地集合
 15:30 イベント修了
 16:30 片付け修了
 17:00 解散 

■宿泊される方のスケジュール
・1日(土)
 17:00 湯の口温泉集合
     入浴
 18:00 夕食調理
 19:00 夕食
     交流会
 22:00 片付け
     交流会 2次会
     一部、朝食買い出し
 23:00 就寝

■宿泊される方の参加費(1泊夕食、朝食は各自)
 大人 熊レス会員 4,000円(学生ボランティアのカンパ込み)
    会員以外 5,000円(学生ボランティアのカンパ込み)
 学生 3,000円(IVUSA以外の学生)
 ※未成年の場合、高校生以下は保護者同伴必須、高校生以上は親の同意が必要

どちらかの参加でも、双方の参加でもかまいません。

■申し込み方法
・大人の方
 現地集合でもかまいません
・未成年の方
 面倒ですが、保護者の了解を下記の電話で伝えてください。端無宛のメッセージでもかまいません。
※ともに、熊野レストレーションがサポートします

◆問い合わせ先
 熊野レストレーション 事務局 0597-22-5554 端無まで

by kurage874 | 2014-02-25 02:12 |  熊野レストレーション
サロンHASUからのお知らせです
キタガワノホトリ内にあるサロンHASUさんが、下記の講座を開催する予定です。
c0010936_23215664.jpg
ステキな外装です


興味ある方は、お気軽にご相談してくださいね。

以下、転載…

5月11日に開催されるアロマテラピー検定1級試験に対応!アロマテラピーBASIC講座を久々開講します。全3回、集中講座です。

第一回は、2月26日水曜日13時〜16時。場所はサロンハスです。あと3名様受付中♡

わたくし、アロマテラピー検定主催のアロマ環境協会総合認定校にて講師もしておりますので、しめるところはビシッといきますが・笑、基本的には和気あいあい楽しく実習ふまえて進めていきますのでどうぞお気軽に(*^^*)♡

ご一緒できるみなさま、いまからわたしも楽しみにしています。

…ここまで
c0010936_2323694.jpg
ステキな空間です


ところで、サロンHASUのオーナー真弓さんは、2児のママさんをしながら、予約制のサロンを運営しています。キタガワノホトリは、ちょこっと稼げる環境の提供もしています。

by kurage874 | 2014-02-24 23:24 |  キタガワノホトリ
Smileのランチは予約で売り切れ
予約売り切れだったSmileさん。

スペシャルゲストに伊勢から料理人を招いていました。
c0010936_23114734.jpg
にぎり寿司


にぎり寿司とは、粋なメニューで、鯖の寿司が美味しかったです。
写真を見てから理解しましたが、男雛と女雛だったんですね…
c0010936_2313329.jpg
胡麻豆腐にイチゴのムース


たいへん美味しゅうございました。

次回は、金曜日のやきやまふぁーむさんです。

by kurage874 | 2014-02-24 23:18 |  クリーム日記
佐渡の庚申様
(さっきの投稿で)頭からの湯気が消えたので…

昨日は、地区内の庚申様でした。
c0010936_0451242.jpg


ここ数年、毎年参加していますが、ほんまに地味な神事です。しかし、ここの庚申様は最強で、無くし物を必ず見つけてくれます。たまに見に行くと、縄で地蔵さんを縛っていることがあって、「だれかが、なにかをなくしたな」って思います。

僕も、先だっての里山整備で、車の鍵をふてたったので、縛ってこようかいな?キーレスエントリーなので、いまの予備キーが不便悪くって仕方がないのです。

さて、神事のあとは、場所を移動して餅まきです。今年の参加者は多い方でしたが、それでもまく方が多くて取り放題でした。庚申様が終われば、3月9日の稲荷様ですが、先約の防災の講師があって行けません。残念ですが、お菓子くらいは奉納させていただきますので、ようけひろたってい。

こういった地域の神事や祭事は、脈々とですね。

by kurage874 | 2014-02-24 00:50 |  飛鳥町漫遊記
これでいいのか?今日の訓練…
ちょっと怒っていますよ。

紀北町社会福祉会館にて、避難者支援拠点運営訓練の2回目、事前会議を入れると3回目の研修会でした。結果から言うと、事前会議、1回目と順序立ててやってきて、前回は鳴り物入りでfacebookまで使って訓練したのに、今日の座学(しかもほぼ聴講のみ)で終わった研修会は、「なんじゃあれは」というものでした。
c0010936_2302974.jpg


終盤、会場からトンチンカンな質問が出る始末のイベントは、まさに年度末の消化試合のようにさえ感じられました。今日の参加者で、「(避難者支援拠点運営訓練によって)よい経験した」という方は、ぜひご一報いただきたいくらいの内容構成でした。
c0010936_231947.jpg


しかし、言っておきますが、講師の内容には賛同も多く、それを聞きに行く頭であれば、なんの問題もありませんでした。しかし、前回の振り返りをやるべきところを、およそ2時間、聞きっぱなしで論点がズレていては、起承転結の3回目がどこにあるのかが大いに疑問でした。なんのための宿題かは知りませんが、終了20分前に、10分足らずで議論せよとなったあたりは、もう目も当てられないドタバタでした。あれに、公的資金が投入されていたのであれば、大いに疑問と問題とすら感じます。

もう一度いいますが、避難者支援拠点運営訓練でしたよね?

facebookを使って、情報の双方向通信訓練をやり、そこでの課題を宿題にして、今日はそれを消化する構成ではなかったのでしょうか?その前ふりに、講師の説明があってもいいのですが、およそ外れた内容だと感じました。最後に、ゴリ押しのように回答風に持って行きましたが、前回のファシリテーターがごっそりいなくて、本当に参加者を馬鹿にした内容だと、僕には感じいました。参加者自体も、半数近く減っており、行政と社協関係者しかいないイベントになっていました。
c0010936_232332.jpg


そもそも、この企画には無理があるように感じていました。このイベントは、紀北町の災害ボランティアコーディネーター養成講座とタイアップさせていましたが、2回分をこのイベントに抱き合わせた結果、そもそもの講座生には、なんの講座かてんで理解できなかったと感じています。前回も2時間、今回も2時間ほど、脈略のない話を聞かされ、途中で講座生は解散となるような中途半端なことにしてしまってました。避難者支援拠点運営の訓練を2回分であれば、養成講座の内容にも沿うように構成するべきで、ゴリ押し感たっぷりの尻切れトンボではなかったでしょうか?途中退室していく講座など、あまり聞いたことがありませんでした。
c0010936_2322480.jpg


また、あの内容で、終盤に質問がでるはずがなく、本当に無駄な時間を過ごした気持ちになりました。しかも、このままの未解決訓練は、26日のまとめイベントがすでに決定しており、企画自体に本気度が感じられないものとなっています。ちゃんと、事前説明会と1回目のファシリテーターが出てくるものだと感じましたし、言うてることと、あの最終では、やはり消化試合という言葉がぴったりな気がしました。
c0010936_2324120.jpg


しかし、再度いいますけど、訓練の内容自体は、今後の視点としては大事なことで、これがうまく機能すれば、避難所は、避難者支援拠点として運営されていく可能性が高いと感じています。しかし、企画はいいとしても、お金を出す側の県担当が、どこまで本気に受け止めていたかは、最後まで理解に至りませんでした。休日出勤、休日手当…そんなんがついた人が多く参加し、そもそもの養成講座生が帰っていくなんて、やはりただごとではない気がしました。
c0010936_2333176.jpg


26日、僕はもう行きたくはありません。こちらでの解決を導かないまま、さもありなんみたなイベントに参加しても、無駄足と時間の無駄だと直感します。これほどまで、投げ捨てられたようなイベントは、防災や減災のイベントでは初めての体験でもありました。…あくまで、僕の私見ですので、ほかの方が満足していればそれでいいですが…
c0010936_2325846.jpg


もう一回いいます。今日の2回目は、避難者支援拠点運営訓練ではなかったです。南海トラフ巨大地震で、待ったなしの思いで各自治体が取り組んでいる最中、現地をダシに訓練の考察もできないようなイベントはダメですよ。ほんまに。今日の参加者の皆さん、前回を受けて、何か次に繋がる回答がでましたか?配布された前回の資料は、ほんとうに今日役に立ちましたか?

遠くのカミサマでは、いかんのですよ!

やはり、自分たちのまち(地域)は、自分たちで守るしかない。

今日の教訓、再確認できただけ。


◆前回の考察
■避難生活で被害を拡大しないために!次の災害に備えるための『避難者支援拠点アセスメント訓練』
 http://crepm.exblog.jp/21555510/

by kurage874 | 2014-02-23 23:05 |  市民減災まちづくり
あるがままの日常
なんでもない娘の日々の戯れ言を…

昨日は尾鷲の朝やって、朝食に食べてきた、大事に食べてきたグラノーラがなくなった。
c0010936_0174932.jpg
グラノーラ


いただきモノでしたので、どうやって手に入るのかと調べたら…
c0010936_0203052.jpg
http://fructus.jp/


うーん、もう少し稼げるようになってからにするでな。娘も大変に好んで食べたので、グラノーラって存在を過小評価してた。よく考えると、これほど自然的な食べ物はないんだよなあ…
c0010936_0294325.jpg
尾鷲神社の河津桜


c0010936_0301623.jpg
路地はいいなあ


朝食後、久しぶりに、自転車で尾鷲の路地をちょこっと走った。補助輪はあるけど、自転車も危なげなく乗れるようになった。ブレーキとハンドル操作を、前方を気にしながらできるようになった。さすがに、いま住んでいる実家では、これだけ自転車を走らすことはできないので、路地はいいなってキュンとなった。
c0010936_0273946.jpg
洗髪中


お昼ごはんを食べたあと、予約していたカットに連れて行き、まあまあ賢くカットされてくれた。ちびまる子ちゃんみたいにせい言うたら、「いや!」と全否定され、襟足短くすることで譲歩してもらった。女子というのは、この4歳と言えど、髪の毛の長さを気にしたり、服装だって気にしまくりである。しかも、カットしてくれるお姉さんの格好にまでライバル心を燃やし、自分がいかに可愛いかを言わしたいらしい…
c0010936_03821.jpg
山崎公園


気分もゴキゲンもよいままで、熊野市のほほえみかんに買い出しに…夕暮れ時だったけど、山崎公園で遊ぶ約束をしていたので、17時のチャイムが鳴っても走り回っていました。と言うか、ほとんど人がいなかったので、独り占めがよかったようです。全部の遊具をたしなんで、「はらへったーかえろ」で帰ってきました。



このブログを、成長した娘が見たときに、なんて思うんだろうなと、親ばかのオトンは考えています。写真や映像を残す以上に、そのときのオトンの言葉を、なんでもない言葉だとは思うけれど、こうして残しておくことが、オトンのできることです。

娘は日々成長している。ほんまに、よう育ってくれている。周りの全ての人に感謝します。オトンが行き倒れても、娘だけには食いっぱぐれなく、ほんま、それだけはよろしくお願いしますと言いたいです。

娘よ、お前はスゴイよ。

by kurage874 | 2014-02-23 00:48 |  さらさに贈る言葉