海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2014年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧

荒れる熊野灘、大泊海水浴場も大波だった
飛鳥での作業のあと、急ぎ波田須へ。

グリーン愛プロジェクトさんによる植樹があって、午前中の作業にと駆けつけましたが、飛鳥以上の土砂降りで、作業できずにお昼ごはんだけ食べて帰ってきました。美味しい高菜の握りと、揚げやサンマの寿司も最高でした。昼からは、あかってきて作業をしたようですが、飯だけ参加で恐縮でした…次は、山に登りに行くとします。
c0010936_274062.jpg
もう降りたい放題


午後からは先約があったので、友人のY君と交替するような形で波田須をあとにしました。その帰り道、国道311号から見える浜街道の遠景が素晴らしく、晴れ間がのぞく風景をパシャリ。
c0010936_2105174.jpg
波で煙る



映像もどうぞ


さらに下ってくると、大泊海水浴場周辺の荒波がすごく、地響きのようにゴウゴウと壮大でした。

音に注目


荒天の大泊海水浴場も、そして、熊野灘も、自然の畏怖を感じるには十分な迫力がありました。これに人間が勝てるわけもなく、ただただ立ち尽くすしかありません。川カッパの僕にとっても、海は果てしなき川のようで恐ろしく、「落ちたら終わりやな」と足がすくみました。

しかし、スバラシイ。これに尽きる。

by kurage874 | 2014-03-31 02:17 |  東紀州漫遊記
【飛鳥熊レス村】平地区の用水路清掃
飛鳥熊レス村がある平地区の寄り合いでした。

土砂降りでしたが、7時半頃から集まって作業しました。
c0010936_1383420.jpg
こんな格好で


熊野レストレーションからは、僕が刈払機で参加し、延々と続く用水路沿いの草刈りをしました。取水口は、約1キロ先の大又川にあって、取水口から300mくらいの草刈りがメインでした。
c0010936_1415931.jpg
点検ができるように


c0010936_1445476.jpg
これでOK


平地区では、川から直接取水することで、汚水が流れない水を田んぼに引き込みます。この地域では、当時は汲み取り式の便所も多く、家庭排水も溝に流れて川に行っていました。いまでこそ、合弁浄化槽の設置が増えてきましたが、まだまだ100%ではありません。溝と用水路を分離することで、平地区のお米が美味しいと言われる一因となっています。
c0010936_1504226.jpg
今期初取水


勢い良く水が流れてくると、刈り払った草も流れてくるので、それを集めてキレイにしました。相変わらずの土砂降りで、刈払機が雨でやられないか心配しましたが、ちゃんと動いてくれました。こうした活動は、飛鳥熊レス村が開村してから初めてのことでしたが、1年かけて、段々と仲間入りしてきた感じがします。
c0010936_1571649.jpg
飛鳥熊レス村


用水路の清掃のあとは、平地区の獣害柵の点検をしました。今年は、この柵に3頭のシカが引っかかっていて、少しでも隙間があれば、シカは簡単に侵入してきます。それほど食べるものはないのですが、針金入りの網でも、イノシシの場合は平気で破ってしまうようです。

午前中で作業は終了しましたが、これほど降るとは思わなかったので、カッパを着ていてもずぶ濡れになりました。

あと、来月の1日(火)の午後から、赤大葉高菜の出荷作業をします。

by kurage874 | 2014-03-31 02:00 |  熊野レストレーション
日替わりコックさんの営業が終了しました。でも、募集はしていますよ。
金曜日、やきやまふぁーむさんが、予定数を超える完売で有終の美を飾りました。30食あまり提供したようで、僕は残念ながら口にすることができませんでした。
c0010936_1263384.jpg
このPOPも見られない…


日替わりコックさんの初期から参画してくれて、もっとも多くの出店をしていただきました。金曜日といえば、ピザとパスタが定番でした。どんどんメニューも充実して、デザートも楽しみの一つとなりました。

この日の営業で、全ての日替わりコックさんの営業は一旦終了します。もちろん、募集はかけていますが、それぞれが次の道を歩むので、コミュニティカフェレストCReAMとしては、新たな船出にエールを送る次第です。

思い起こせば、日替わりコックさんのシステムは、この地域では苦戦すると感じていました。引き合いに出すレベルではありませんが、某所のランチバイキングの出店者も、紆余曲折しながら苦労していたので、自己資金の零細組織には、このシステムは負担が大きいと判断していました。

結果的には、やってよかったと考えていますが、採算ベースに乗るかどうかになると、継続させるにはジレンマばかりを感じる次第です。もう一方の結果としては、やはり負担が双方に大きかったのではと振り返ります。しかし、お客さんにとっては、楽しみのひとつが無くなってしまうのは、忍びないとも感じています。

これは、事務局の努力の至らぬところですが、日替わりコックさんを増やせなかったことが、全体の盛り上がりにブレーキをかけた一因です。ほぼ毎日のように営業をしていないと、お客さんにとっては便利の悪いカフェでしかありません。一度味わっていただくと、リピーターとなる要素も持ち合わせているだけに、終始自問自答ばかりしていました。

この継続をやめると、復活には相当のエネルギーが必要となります。しかし、4月の出店者が見つかっていないので、このまま長い休憩に入りそうな雰囲気です。もったーないですね…そのうち、妙案といい話が迷い込んでくる気も勝手にしていますけどね。

まずは、これまで関わってくれた日替わりコックさん、どうもありがとうございました。また、足を運んでくれたお客さんにも万感の思いを込めて感謝いたします。ありがとうございました。

by kurage874 | 2014-03-30 01:52 |  クリーム日記
【お知らせ】3月の拡大理事会
拡大理事会のお知らせです。

バタバタしていて、告知が遅れました。
c0010936_261198.jpg


■日時
 2014年3月29日(土) 19時

■場所
 キタガワノホトリ内のCReAM

■参加対象
 熊野レストレーション理事&正会員&賛助会員
 ※新年度加入希望者は、傍聴可能

■その他
 終了後、夕食などのミニ交流会をします

■議題
1.総会日程と総会資料の作成、会員への案内送付
 ・事業報告
 ・決算報告
2.臨時総会の開催に代わる資料送付
 ・会員の更新について
 ・社協のボラ保険への登録
 ・新年度事業と予算について
 ・新規会員の獲得、方法について
3.一般社団法人の取得とその後
 ・会計報告、法人通帳の作成
4.森林里山保全事業
 ・林業施行資格の獲得、登録について
 ・里山保全の現地調査について
 ・県担当への接触、森林環境税との絡み
4.森林レクレーション事業
 ・4月5・6日に、飛鳥町内でツリーイングT-1認定講習開催
5.中山間支援事業
 ・飛鳥熊レス村
  ・赤大葉高菜の収穫作業
  ・赤紫蘇の種まき、畑の準備
 ・農家民宿への取り組み
6.DRT事業
 ・4月26・27日に災害チェンソー講座の開催
 ・災害ネットワークの構築について
7.その他

わりと真面目に取り組んでいます。
多くの参加と傍聴をお待ちしています。

by kurage874 | 2014-03-29 02:10 |  熊野レストレーション
春の訪れは、海からやって来る
毎日が、本当に毎日がめまぐるしい…

そのなかで、感じることをスナップしています。
c0010936_057871.jpg
この風景も好き


飛鳥町から新鹿町までは、八丁坂峠を車で15分ほどです。昔は、荷馬車も通れる峠道があって、小学生の時に歩きました。トンネルが抜けてからは、2011年の災害で不通にもなりましたが、ようやく全通してつながっています。なので、飛鳥町からは、大泊ICまで約15分、新鹿ICまで約15分、尾鷲南ICまで約20分の立地となっています。これは、飛鳥町が災害時のボランティアベースになることを意味しています。
c0010936_1113825.jpg
サクラサク


新鹿駅まで来ると、出迎えるように桜が満開でした。飛鳥では、まだもうちいと先なので、約15分の高低差は、自然環境の違いも明らかです。そういえば、気温差も5度から、夏は10度くらいにもなります。やはり、飛鳥は寒いと実感します。
c0010936_1145527.jpg
近くには、安政地震のもある


先人の教訓は、こうして形となっています。とくに新鹿では、町内のあちこちに石碑や謂われが残っています。以前、これらのフィールドワークもしましたが、こういったことを大事にしながら、いまに生かすことが必要です。僕が、飛鳥がボランティアベースになることを示唆して準備をしていることも、新鹿での教訓が大きな拠り所となっています。
c0010936_1201725.jpg
二木島の桜


c0010936_126795.jpg
別アングル


二木島に移動し、所用で立ち寄った先の桜は、どこよりも純白でした。すでに散りはじめで、ときおり風が流れると、ひらひらと花びらが舞っていました。今日の空の青さと、同じ青でも青の度合いが違う海の青と、この桜の純白が切なくも感じました。日本は、ほんとうに素晴らしい国であることを実感します。そのひとつが、やはり桜であることは間違いないです。
c0010936_139365.jpg
見たことがありますか?


そういえば、とある場所で、懐かしいステッカーを発見しました。昔、実家にも貼ってあって、最近も、この件について当時の闘争の話を聞いたところです。結果として、この選択に間違いはなかったと感じていますが、県南の住民が二分された当時の軋轢は、いまでも残っているとも耳にしました。

選択と決断は、間違うと地域の人生を狂わします。

大事な何かを、僕は感じ取ることが出来ました。

by kurage874 | 2014-03-29 01:42 |  東紀州漫遊記
カミサマの通る道
所用で育生町に行った。

どぶろく祭りで有名な大森神社も、この時期はさすがに静けさでいっぱいだった。
c0010936_23444554.jpg
空が狭い


c0010936_23494059.jpg
その根元


祭事や神事で賑わっている神社もいいけれど、ひと気のない凛とした空気が流れる神社が大好きです。そこに足を踏み入れる自分自身が、なにかイケない境界線を超えたような後ろめたさを感じる瞬間があります。そのときの張り詰めた息苦しさが、僕にとっては畏怖の念だと理解しています。
c0010936_2354846.jpg
カミサマの通る道


この神社には、真ん中に玉砂利が敷いてあって、カミサマの通る道がつくられています。もちろん、人は両端の石畳を歩きますが、僕はこの大森神社のこの様式がたまりません。目に見えないカミサマの道をつくるなんて、畏怖の念を形にしたようなものだと感じます。
c0010936_23591032.jpg
ジブリ的だな


c0010936_004196.jpg
腹ごしらえ


所用を済ませ、お昼ごはんにジビエカレーをいただき(店主と話し込みました)、こんな田舎の山奥でも、魅力さえあれば人が集まると再確認しました。飛鳥町も同じですが、育生町も空き家がいっぱいありました。もちろん、すべてが賃貸や売買できるとはいきませんが、なにかしらの策はあろうかと考えています。もしも、あと1件、ここのカフェのようなカフェ(飲食店)ができて、どこかでしれっと連携とかできていたなら、もしも、民泊できいるゲストハウスとかがあって、真っ暗な夜を楽しむ場所があれば、田舎の山奥でも激変するだろうと思います。
c0010936_0402452.jpg
進撃の巨人的威圧感


しかし、それを永らく暮らしている住民生活に密着させないと、田舎にある意味での”外惑星”をつくっては意味がありません。ここに、田舎での移住や地域づくりの難しさがあるのですが、妙案はきっとあるはずです。そのために、僕は田舎にすっこむことを決意したところです。

そこに、中間支援の必要性があるからです。

by kurage874 | 2014-03-29 00:44 |  東紀州漫遊記
【飛鳥熊レス村】3回目の出荷
火曜日、3回目の刈り取りをしました。

それぞれが仕事や休みの合間にやってきて、7本のトンネルの赤大葉高菜を刈り取ります。単純作業ばかりですが、選別をちゃんとしないと、納品先にも迷惑をかけます。1等葉の単価が高いので、これをいかにたくさん育てるかが力量です。
c0010936_016068.jpg


しかし、相手が植物(野菜)ですが、先輩農家が言うところの、「愛情をかけなあかんでの」なので、ほらくりではこうにはなりません。
c0010936_0211618.jpg
選別中


c0010936_022957.jpg
1等葉


この日は、人の集まりが遅かったので、3本の刈り取りができませんでした。しかし、1等葉が多かったので、ひと安心したところです。手探り状態の栽培ですが、よくぞここまで大きくなってくれました。

4回目の刈り取りは、急ぎやる必要があるので、さてはてやりくりせねば…

by kurage874 | 2014-03-28 00:33 |  熊野レストレーション
旨すぎる日
お昼のランチは、尾鷲ごはん。

月に一度の岩清水豚でした。幻の豚で、御浜の奇跡です。
c0010936_23495593.jpg


肉厚のトンカツも旨いですが、お家でさっと食べるようなこのカツも旨いです。
c0010936_23554072.jpg
シビ


夜は、これまた尾鷲ごはんのお店で、とびきりのシビをいただく。しかも、手前の数切れはブリで、こそっと2切れも食べたった。一緒に行った2人には内緒…

ほんま、この地域にはうまいもんがいっぱいです。

by kurage874 | 2014-03-28 00:08 |  owaseを食べる
那智黒石と桜のまち
神川町に用事で行った。

ここには初めて来たが、あらためて、熊野市は奥深いと感じた。
c0010936_2171536.jpg
さて、神川のどの地区でしょうか?


国道42号から、七色ダム経由で神川町まで車で約30分、隣町の育生町までなら小一時間はかかるだろう。道をそれて、小森にも行けるけど、対岸は奈良県だったり、和歌山県だったりする。和歌山県の飛び地があるからだ。

今日は、おくとろ温泉のバイキングでランチにしたけど、神川町からは川を越えてすぐだった。2011年の紀伊半島大水害のときは、あちこち迂回したり、瓦礫を横切ったりしながら、紀和町の入鹿まで現地調査で走った。未だに、このときの災害復旧は続いているが、山間部が抱える課題は、紐解くように解決するしかない気がした。
c0010936_2333888.jpg
来月6日が桜まつり


ところで、天気もよくて暑いくらいでしたが、花粉症には辛い1日でした。なので、喉が渇いて目が覚めた次第です。

by kurage874 | 2014-03-26 02:52 |  東紀州漫遊記
お疲れさまでした!Smileさん
c0010936_1345765.jpg
Smileさん


月曜日のSmileさんも、今日で最後のコックさんでした。

お客さんより花束をいただいたようで、いい笑顔でした。Smileさんには、オープン当初からずっと毎月1回出店いただきました。普段は、それぞれ別の仕事をもっていて、この日のために、試食と仕込みをして当日に挑んでいました。

「思いさえあれば、誰だってコックさんになれる」

彼女たちは、それを実践してくれました。
c0010936_143413.jpg
この日のメニュー


この日は、渡利牡蠣のドリアでした。渡利牡蠣は、白石湖で養殖された、小粒で濃厚な地元産の牡蠣です。手づくりのホワイトソースのドリアは、懐かしい喫茶店の味でした。手羽元も、ホロホロで美味しかったです。デザートのチーズケーキも、おかわりしたいくらいでした。

予定数の20食を越えて提供し、有終の美を飾ってくれました。

本当に、これまでありがとうございました。

by kurage874 | 2014-03-25 01:46 |  クリーム日記