海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2014年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

鳥ダシのラーメンとコメダの値段
尾鷲で所用があり、終わってから昼食に。

最近出来た券売機式のラーメン屋さんに行くと、けっこうな人でした。
c0010936_19162.jpg
特製鳥塩ラーメン


こってりというか、まったりした鶏ガラスープでした。スガキヤラーメンの高級版て感じで、スルスルと喉越しがよかったです。まあ、量的にはもう少し食べたいかなって。こじんまりとまとまったラーメンでした。尾鷲にはないタイプのラーメンでした。
c0010936_1143397.jpg
定番セット


ラーメンのあとに、コーヒーを飲みに寄ると、やっぱり小さい方を頼んじゃいました。しかし、コメダって、コーヒーの値段は普通ですけど、サイドメニューは高い気がしますね。でも、ボリュームも味も悪くないので、ついついオーダーしちゃいます。居心地も良いので、長居もしちゃいますしね。
c0010936_120198.jpg
は!


あと、コメダのグラスやコップって重ねることを念頭において作っているのかな?片付けるときに、上手に器用に運んでいるのを見て感じました。

値段相応を感じたひとときでした。

by kurage874 | 2014-05-30 01:21 |  owaseを食べる
この手羽は忘れられない
c0010936_0464633.jpg
中華定食


熊野市駅前にある老舗の中華屋さん。
ご飯は大盛りだけど、全体的なボリュームは満点!

しかも、この手羽の大きさ、揚がり具合、歯ごたえ、すごいよ。

確か、これで800円だったはず。
一度は食べないと。忘れられないよ。きっと。

by kurage874 | 2014-05-30 00:54 |  美味しい東紀州
庭先の青シソ
自宅の庭先が賑やかになってきました。

植えている野菜の苗以上に、前年に散った青シソが元気です。
c0010936_0252660.jpg
青シソ


こまめに雑草抜きをやっているので、青シソが大きくなってきました。すべてを育てるわけにもいかないので、希望する方には差し上げます。けっこう強いので、いまから植え替えても大丈夫とのことです。

細かく刻んで、刺し身と一緒に食べてもいいし、天ぷらもイケます。アジに巻いてフライにしてもいいし、梅との相性もぴったしですよ。

近所限定になってしまいますが、取りに来てくれれば差し上げます。

by kurage874 | 2014-05-30 00:32 |  今日の海月
ここ最近のkumano飯
c0010936_1342019.jpg
カツカレー


とくに紹介するほどでもないんだけど、定番の味、外していません。でも実は、ここにはめはり寿司とサンマ寿司が食べられるメニューがあります。しかも、ミニうどんが付いてもお得です。メニュー改善すれば、もっと流行るような気がしてなりません。
c0010936_1365694.jpg
海老カツとじ定食


たまに入りたくなるお店です。ランチのときは、サービス価格のメニューがでます。この近辺には、いくつかの飲食店があり、オークワ有馬店もあります。この辺の飯屋としては激戦区なので、やはりこなれています。このとき一緒だった親父のざる蕎麦がうまそうでした。
c0010936_1391628.jpg
オムハヤシ


イオン熊野店近くの喫茶店で、自家製のパンやケーキもあります。昔からありますが、オムライスやナポリタンが定番でした。ところで、尾鷲市と比較する限りでは、熊野市の飲食店の相場は割高に感じます。もう50円安くなるか、もう1品を求めたいところですが、そのどちらも難儀であることは、カフェをやっていた僕にもわかります。
c0010936_1444828.jpg
豚カツ弁当


昨日のお昼に食べた弁当ですが、熊野市の弁当マップがほしいです。尾鷲市にも弁当屋はたくさんありますが、弁当マップって見たことがありません。しかし、あれば絶対に重宝します。特典なんぞいらないので、手に取りたくなるのをつくってくれる人がいれば、なんでも支援をしたいくらいです。アプリと連動させて、オーダーできるようにしていけば、これまた絶対的に流行ります。誰か一緒にしいへんかいな?

あとは、うまい飯を食うと、うまいコーヒーが飲みたいね。

by kurage874 | 2014-05-27 01:49 |  美味しい東紀州
好奇心いっぱいな子どもに
ここ最近の娘

郵便局のぽすくまのぬり絵を、五郷郵便局で展示しているので見に行ってきました。
c0010936_121612.jpg
芸が細かい


カラフルに塗っていて、自分自身でも最高のできのようでした。
c0010936_165023.jpg
鼻に注目!


この遊びをN先生に教えてもらい、家に人が来るとやらせています。
c0010936_181876.jpg
上瀞橋にて


ひとりでは歩けませんでしたが、今回は半分まで歩きました。
実は、オトンのほうが、娘が大丈夫か怖なって戻りました。
c0010936_19396.jpg
ニンニク臭は?


小森のオバちゃんとこで、ニンニクの皮むきを体験しました。
「やっぱくさいは」と言いつつ、何度もニオイを嗅いでいました。
c0010936_111394.jpg
飛鳥熊レス村にて


畑での泥団子づくりも年季が入ってきました。
この日も、後半は裸足で走り回って叱りました。
さすがに、裸足はイカンですよ。まだ危ない。
でも、オトンも子どもの頃はほぼ裸足やった…
c0010936_112993.jpg
地区の遠足にて


お子様ランチに満足していました。
でも、オトンの懐石もけっこう食べられました。
大人ばかりで大事にしてもらい、一番のゴキゲンでした。
c0010936_119398.jpg
AKB48を熱唱


気づけば、恋するフォーチュンクッキーを熱唱していました。
踊り付きでしたが、段々と恥ずかしさが増したようでした。
しかし、人との接し方は、オトンが学ばねばと思うほどです。

イクメンとか、ミエメンとか流行っているようですが、ひとり親、しかも父親の育児って、ほんと手探りと振り返りの連続です。でも、これほど楽しいことはありません。

by kurage874 | 2014-05-27 01:24 |  さらさに贈る言葉
天理教のひのきしんと、佐渡さんじろう会の遠足
先だっての日曜日の出来事です。

朝から、天理教の一斉ひのきしんがありました。
c0010936_0332664.jpg
飛鳥小学校


ひのきしんって、簡単にいえば、天理教信者がやるボランティアのことで、僕は母校でもある飛鳥小学校へ行ってきました。僕がここに通っている頃は、日進小学校でしたが、数年前に町内の3つの小学校が統合されました。それでも、現在は全校生徒が33名とのことで、さらなる統合の話も耳しているところです。
c0010936_038832.jpg
これは変わっていない


草抜きや草刈り、側溝の泥(砂)出し、枝の伐採など、大勢の人たちが、子どもたちと一緒に作業をしていました。この日は、保護者による清掃と合同でしたので、このような作業はいい取り組みだとも感じました。もちろん、この場で天理教に勧誘することなどありませんし、最後の〆の挨拶で、地区内にある天理教の会長さんから、ひのきしんについて説明があったくらいです。
c0010936_0422514.jpg
佐渡さんじろう会


清掃が終わると、僕が住んでいる地区の遠足でした。僕は、飛鳥町の佐渡(さわたり)に住んでいますが、佐渡は1部から4部まで4つにわかれています。今日は、その佐渡第4部が、かんぽの宿熊野で昼食会をしました。3分の2近くの住民が参加し、宴の席で楽しみました。昔は、多くの子どもも参加していて、僕の小さい頃には楽しみのひとつでしたが、この日に参加している子どもは娘だけでした。それでも、皆さんに大事にされて、知らぬうちにステージにも立っていました。
c0010936_0475662.jpg
AKB48を熱唱


ところで、さんじろう会のさんじろうですが、江戸時代にこの地域に住んでいたトンチ者の三治郎(漢字はこれでおうてるのか不明)に由来しています。佐渡地区には、さんじろう藪という地名も残っているし、キリ転がしの逸話なども覚えてます。なんだか、旧海山町の種まき権兵衛さんと似てる部分もあるのですが、いまの子どもたちは、さんじろうの話を知っているのかなと思いました。

しかし、このような地区の集まりは、地区内の結びつきやお互いを知る上でもよい機会でした。僕のような年代もいませんでしたが、多くの地区内の人たちが集うことができれば、地域課題を共有する機会にもなります。そこに、先ほどの学生なども居合わせることができれば、もっと客観的な方向性が見いだせるかも知れません。あとは、双方にそれができる理解があるのかと、橋渡し役のネゴシエーション力でしょうね。

宴の終了後は、温泉に浸かって帰ってきました。
遊びすぎて疲れこんだのか、娘もバタンキューでした。

by kurage874 | 2014-05-27 00:57 |  今日の海月
学生の目に映る熊野とは?
土曜日のお話です。ブログが追いつきません…

IVUSAに所属する学生3名が、熊野にやってきました。
c0010936_23482630.jpg
赤紫蘇の定植


飛鳥熊レス村で、5月の連休にした赤紫蘇の定植が、どういうわけか一部で立ち枯れし、補植することになりました。人手も少ないので、それぞれが空いた日に、空いた時間でやってくるので、なかなか全てを終わらせることが出来ません。「農業をしたい」、「兼業農家になりたい」などの専従者を求めているところですが、そうそう本気で農家になる人なんて、いないものだと実感しています。まあ、その人がやりたい農業てのもあるし、漠然と農業したいって言われてもなあってのもあるけれど…僕は、とりあえずは3分の1農をめざしてやっています。

ところで、彼らは、農業をしたくてやって来るのではなく、地域の課題解決の糸口を見つけるために足を運んできます。縁もゆかりも無い学生が、こんな田舎の中山間地域の課題解決に力を注ごうとしていることは、実はほとんどの人が知らないと思います。訪れるきっかけのひとつには、情報発信を続けている僕の言葉もあるんだろうけど、それ以上のなにかを彼らは感じ取って、たまたま僕たちが活動している畑作業に来てくれています。

また、地域とのその橋渡しをしているのが、僕であり、学生ボランティアIVUSAのOBで、熊野に移住してきた3人の男女です。それぞれの職についた3人は、自身の挑戦に四苦八苦しながらも、後輩たちの面倒をよく見ています。僕はそんな3人の拠り所でありたいと考えつつ、さらなる移住希望者も募っているところです。できうるならば、4人目は僕のもとで汗をかいてくれたらいいのになとも感じています。休学しての参加も歓迎しています。

僕からの学生へのアドバイスとしては、「地域課題を自分の目で確かめること」、「そのためには、足を運ぶこと」を口酸っぱく言っています。そして、「橋渡しできる僕や先輩(OB)を利用すること」です。学生といえどよそ者ですから、地域にでたところで、実際にできることはほとんどないでしょう。どこの誰かわからない人に、そうそう人は心を許しません。だからこそ、橋渡しをしてくれる人が必要なのですが、学生側もノープランでは話になりません。

きっかけとして、「自分たちは◯◯をしたいので、地域に関わっていきたい」があるべきで、それが現実に必要かどうかは、僕らを介して調査することができます。今回、熊野にやってきた3名は、自分の足であちこち行ったようですが、それだけでは課題が見つからなかったかも知れません。まずは、自分たちができること、したいことをテーマとして持ちあわせて、そこから地域に入っていかねばと感じます。

それでも、なにかしらの課題を探っている学生を見ていると、こちらとしては手を貸してやりたいと思って当然です。実験の大原則には、仮説を立てて検証することですが、仮説をたてる部分が、彼らにはもう少し欠けていると感じたところです。

その日の夜は、熊レス会員とも食事をして、遊び心も半分で夜の街を楽しんでもらいました。どこかで、もう少し根を詰めての議論や討論もいるなと感じたところですが、こうして足を運んでくれる学生たちとは、この地が未来に残していかねばならない地域であることを共有していきたいと考えています。そして、その意識を学生側でも繋いでいけるように、さまざまな仕掛けをやっていかねばと感じました。

たくさんの仕掛けを彼らと実行していくうちに、見ている人たちが目的を見出してくれるはずですしね。

by kurage874 | 2014-05-27 00:22 |  海月のぼやき
小森の杜
土曜日に、小森へ行ってきました。

選挙が縁で顔見知りができ、娘を連れてドライブしました。
c0010936_9104237.jpg
七色ダム


ダムの堰堤の右と左では、娘にとってはどちらも恐怖のようで、昼間に通ることがなかったので、「とーちゃん、はよ走って」と、トンネルに入るまで目をつむっていました。しかし、トンネルも手掘りの薄暗い仕様なので、「どこへいくん?」と抜けるまで恐怖でした。やはり、僕も子ども時分は同じ感覚だったので、そんなもんなんですね。
c0010936_9135952.jpg
上瀞橋


小森の近道と聞いているので、軽自動車のときはいつもここを渡ります。けっこう揺れるので、一定速度で走るのがコツです。もちろん、さすがに途中では停まりません。娘はけっこう平気でした。しかし、ここを走り抜けていくカブのオッチャンをみると、さすがに僕にはできそうにありません。
c0010936_917136.jpg
小森


小森は、写真の左側のこんもりとした小さな杜があることから名づけられたと聞きました。正面かなと思って撮影したら、実は左側でした。小さな集落ですが、ジブリに出てきそうな隠れ里のようで雰囲気があります。ついつい話し込んでしまって、写真を撮るのはまた今度です。今日は、娘におうてみたいわのリクエストに答えたので、娘もゴキゲンさんでした。

さすがに、ちょっと遠いかなとは思いますが、ここに私設の図書館があって、集落のどこでも読書ができるベンチとか、小屋とかあれば、読書の杜とか銘打って、密かにはやらないかと妄想しました。選別していない本なら、ざっと6千冊くらいはありますが、選別図書も1,000冊くらいは集まりそうだしね。

午後からは畑作業なので、また来るねとあとにしました。

by kurage874 | 2014-05-26 09:25 |  東紀州漫遊記
【飛鳥熊レス村】畦の草刈りがはじまる…
飛鳥熊レス村の草刈りがはじまりました。

秋口まで、定期的に草刈りをしなくてなりません。
c0010936_21422171.jpg
2人体制で


今日は、畦の草刈りがメインですが、距離が長く飽いてきます…
c0010936_21433317.jpg
ビフォアー


c0010936_21485629.jpg
アフター


僕が円盤で刈り取り、親父がヒモで仕上げていきます。そこまでしなくていいのに、親父は草刈りが趣味とのことです。
c0010936_2151284.jpg
サツマイモ畑


サツマイモの畑に、水路をこさえて水がいくようにしています。ガラガラの土で、なにも添加せずにそのままですが、さてはてサツマイモはできるだろうか?

明日は、赤紫蘇の定植を午後よりします。
参加できる方は、ご連絡ください。
要領わかる方は、直接でOKです。
夜は、尾鷲あたりで飯の予定です。
その辺は、現地で決めるとします。

畑作業だけでも、おいで下さいね。
てか、早く定植やり終えないと…

by kurage874 | 2014-05-23 21:53 |  熊野レストレーション
5月のブックエントリー
昨日で3回目の開催でした。

夜な夜な、本好きが集まるイベントですが、実に興味深い時間です。
c0010936_11263054.jpg
こんな感じ


この日は、5名が集まりましたが、持ち寄った本のテーマは「人生を左右した本」でした。それぞれが、人生に大きく影響を与えた本を持参し、その本の書評を人生を交えて話しします。

僕が紹介したのは、中上健次の十九歳の地図と、江口慧海のチベット旅行記でした。

十九歳の地図は、先だって亡くなった蟹江敬三さんが出演していた映画にもなりました。ドロドロとした、現実でないような現実に、当時の僕は自分の19歳の現実を重ねていました。映画の方はずいぶん後になって見ましたが、後味の悪い感じがいまでも残っています。しかし、19歳のときに読んだこの本からは、「どうしようもないことってあるんだ」ってことを学びました。その吉岡の葛藤が、僕にも違った形であったと思っています。

チベット旅行記は、単行本の装画を平山郁夫が手がけています。中学校のときに出合い、高専にまたいで読んだ文庫本ですが、当時から興味のあった、宗教と山岳と探検がいっぺんに詰まった読み物でした。ハードカバーを探していましたが、いまだかつて出会ったことがありません。当時は、宗教から入ったのですが、「仏教ってそこまでして会得したいものなのか?」がはじまりでした。しかし、この本を読んでみると、「仏教は実は隠れ蓑で、江口慧海はチベットを探検したかっただけではないか?未知への遭遇をしたかったのでは?」と思いました。そういう気持ちもあって、僕は高専山岳部に入部したのでした。

と、こんな本に纏わる話をして、夜更かしするイベントですが、次回開催の日程も決まりました。10人までの定員制ですが、興味関心のある方は、お気軽にご連絡くださいね。

本て、人生を左右するって本当ですね。

by kurage874 | 2014-05-22 12:05 |  キタガワノホトリ