海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2014年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

【飛鳥熊レス村】地道な草との格闘
時間があれば、飛鳥熊レス村の赤紫蘇畑へ…

今日も、親父とおふくろにお手伝いいただき、第2圃場のDと、Eの1列目を完了しました。
c0010936_2454955.jpg
地味な作業


株間の雑草を抜くだけですが、約40mの畝を這いつくばって草を抜いていきます。手作業でしかできないので、畝間を刈払機でやるよりも面倒です。しかし、この作業をすることで、完了すると赤紫蘇の立派な赤紫畑が拡がり爽快です。
c0010936_247721.jpg
ピンボケた


この日は、これで日没終了しましたが、今日ですべてを完了しないとなりません。7月1日には、この第2圃場の刈り取りが待っています。そして、7日からは、本格的な出荷がはじまっています。
c0010936_2495478.jpg
まだ草ぼうぼうの圃場


明日は、日没までに、第2圃場EとFの畝をやっつけます。

by kurage874 | 2014-06-30 02:52 |  熊野レストレーション
教祖130年祭ようぼくの集い
めずらしく宗教ネタです。

とは言え、自身のことですが、天理教のことです。
c0010936_281711.jpg
天理教紀熊分教会


教祖130年祭ようぼくの集いがありました。今年の3月から6月にかけて、全国規模で開催されているのですが、主に”ようぼく”が集まって、ビデオや講話を聞くことになります。その”ようぼく”とは、”用木”と書くのですが、人を材木に見立て、用木が材料として使われる木材であることに習い、人間は、”親神様”からの、”お手入れ”や”お手引”によって、立派な”用木”となることができます。そのために、”おさづけ”という理を授けてもらいます。これは、天理教の本部がある奈良県天理市に、9回通って教理を聞き、10回目に”おさづけの理”を拝戴してもらえます。また、この9回通うことを、”別席”といいます。

宗教の話をすると、用語説明がややこしいのですが、つまりは、僕も過去に9度天理市の本部に通い、”おさづけの理”を拝戴してもらった”ようぼく”です。ただ、当時は思うことがあって、20歳前半で8度目まで通い、30歳を超えてから、また思うことがあって”ようぼく”になりました。僕が、おさづけを取り次がせていただいたのは、過去に2人の人しかいませんが、これも思うことがあって、積極的ではありません。

僕が、ひとつの宗教に傾倒しないのは、まさに熊野に生まれ出たことが大きいと感じるのですが、この地域に住んでいると、八百万の神々をそこかしこに感じるからです。それは、東大阪に4年間暮らしたときに、圧倒的に感じたことでした。僕もだいぶと穢れていたのでしょうが、全く感じなかったのです。それどころか、3年目のときに、阪神淡路大震災を体験し、そのときの前兆や体験が、大きな人生の転機となったことも、やはり神々の存在があるように感じています。

とまあ、こんなことを書いても、僕の信心は恥ずかしいものですが、それでも一番に長く続いている宗教であり、この宗教をベースに、ほかの宗教を考えるきっかけにはなっています。僕が勝手に感じる天理教のいいところは、分け隔てないことの1点で、他の宗教を阻害しないことです。

さて、この日のようぼくの集いでは、託児ルームもあって、同伴した娘は臆することなく、初めて出会う子どもたちに紛れて遊んでくれました。おそらく、当時の僕ならば、そのような芸当はできなかったと思います。大したもんだと感じながら、2時間半の集いをつとめさせていただきました。2回目のビデオについては、僕は宗教にすがることはないので、よけいに違和感を感じました。でも、信じる者は救われるとは、本当にあるんだとも思います。

それにしても、会場となった紀熊分教会は、いつも国道311号線を通るたびに、歴史ある建造物だと興味が湧いていましたが、初めて中に入ると立派な造りで驚きました。熊野古道の本宮道が脇を通り、まさに阿久悠の歴史を歩んできたのではと感じるほどです(実際には、道の方が随分と前だろうけど)。また、この教会がある紀和町矢ノ川は、ボッコリと岩山が点在して見えている風光明媚なところで、風の谷のナウシカ的印象を受ける場所なのです。

とりあぜず、”ようぼく”の端くれとして、集いに参加できてよかったです。

by kurage874 | 2014-06-30 02:41 |  今日の海月
佐渡地区の奉仕作業
暑い日曜日でした。

朝早くから、佐渡地区の奉仕作業がありました。
c0010936_1575822.jpg
前回の土手


先だって刈り取った土手の草集めをしました。大勢の地区住民が出て、それぞれ役割を担っていました。新参者の僕は、草を軽トラックに載せたり、その草を処分先に移動させたりしました。
c0010936_1595153.jpg
川が気持ちよさそう


その作業が終わると、今度は、地区内放送のスピーカーコードを、コンクリで埋める作業をしました。佐渡地区には、地区内放送があって、1部と4部のコードが切れていました。それを直し、コードをパイプに入れて、さらにコンクリで埋める作業です。
c0010936_22833.jpg
親方もようけおった


c0010936_222589.jpg
手際よく


僕は、10時からの公務があったので、先に失礼しましたが、寄り合いとも言える共同作業では、地区内の雰囲気を感じ取ることができます。また、自分自身を知ってもらう機会でもあります。いくら生まれ育った場所でも、21年ぶりに帰ってきた地元ですから、まだまだ新参者です。

しかし、まあええ汗かきました。

by kurage874 | 2014-06-30 02:05 |  今日の海月
佐渡地区の草刈り
明日は、佐渡地区の奉仕作業日です。

これに先駆けて、区役員による作業がありました。
c0010936_21483177.jpg
大又川の堤防


c0010936_2149476.jpg
僕は4部在住


副区長の親父が所用で留守だったので、かわりに参加しました。僕が住んでいる飛鳥町の佐渡地区は、1部から4部まで分かれていて、それぞれに草刈りの割り当てがあります。奉仕作業として草刈りすることで、管理する国交省から助成される仕組みです。
c0010936_21542053.jpg
僕は刈払機で


大方は、2台あるハンマーナイフモアで草刈りをしていて、刈りにくいところを刈払機で処理しました。1時間ちょっとの作業でしたが、きれいに刈り揃えられました。

明日は、8時には残りの作業などあるようなので、今日は早く寝るとします。

by kurage874 | 2014-06-28 21:59 |  今日の海月
メダカを育てる
生き物はメダカだけ…いまのところは。

メダカをもらい、しげしげと面倒みています。
c0010936_2025926.jpg
黒、白、肌色


c0010936_2035667.jpg
水草も増える


水甕を探しつつ、これ以上に増やすわけにもいかないと感じつつ…
c0010936_205485.jpg
産まれる


卵も孵り、小さいのがけっこういます。知らん間にヤゴもいるし、アマガエルもいます。天敵は見つけ次第に他所にいってもらいますが、ある程度は自然の摂理かいなとも。

ニワトリ小屋もつくらないとね。

by kurage874 | 2014-06-28 20:07 |  今日の海月
【飛鳥熊レス村】畝間の草刈りを”とりあえず”終える
2回目の出荷は、7月1日です。

予定としては、求められた165キロの出荷があります。
c0010936_1495814.jpg
ビフォアー


c0010936_1503469.jpg
アフター


畝間の草刈りをしましたが、株間の草抜きはこれからです。今度の刈り取りは、第2圃場のC、D、Eを予定していて、先の第1圃場A、Cでやったように赤紫蘇の頭を刈り揃えます。見てわかるように、いまは成長の具合もあって凸凹ですよね。
c0010936_153195.jpg
畦も刈る


2年目になりますが、多くの方にご助言いただき、草刈りや草抜き、刈り取りなども含め、作業にもご協力してもらっています。熊レスだけではどうしようもできない規模なので、多方面に迷惑をかけながらやっています。それでも、1年前よりは熊レス自身も自信がついてきています。
c0010936_156162.jpg
昨年の8月


なにより感慨深いのが、この休耕田が赤紫蘇畑になっているんですからね。

by kurage874 | 2014-06-27 02:00 |  熊野レストレーション
ホラクリ菜園という名の家庭菜園
今日は草を刈りまくった。痩せたかな?

家庭菜園も元気です。ホラクリ菜園を名づけました。
c0010936_17383873.jpg
小玉スイカ


c0010936_1739322.jpg
キュウリも


小玉スイカ、キュウリ、ミニトマト、カボチャの苗を植えました。どれも、落ち苗の青紫蘇に負けじと育っています。でも、埋もれているといったほうがいいかな?
c0010936_17405495.jpg
アマガエル


ホラくっているので、ホラクリ菜園ですが、ミニトマトは4つほど、娘が収穫してその場で食べています。青紫蘇をなんとかしたいけど、これも生食できるので、なんとなくほとんど置いています。苗もけっこうもらわれていったのにな。
c0010936_17421966.jpg
ミニトマト


なにかを育てるって、娘にとってもいいことです。この延長線上に、ニワトリ飼いたいがあるのだと思います。そのニワトリ小屋は、現在ゆっくりとつくっています。材料を廃材利用しているので、足りない部材があるのです。アミは買わんといけないけどね。

自給自足のまね事ができるのもあと少し。

by kurage874 | 2014-06-26 17:44 |  今日の海月
【飛鳥熊レス村】赤紫蘇の初!刈り取り
24日(火)の早朝、赤紫蘇の刈り取りをしました。

試験的に、赤紫蘇の頭を刈り揃えました。それでも、第1圃場のAとCで、約145.5kgの赤紫蘇を収穫できました。このときの出荷先は、なにかとお世話になっている御浜天地さんに納品しました。次回は、滋賀の法人と個人に納品しますが、次々回からは、熊野市ふるさと振興公社さんに納品します。これ以後は、10日おきくらいに出荷が続きます。
c0010936_1638661.jpg
晴天の中


c0010936_16385212.jpg
機械で刈ります


2年目にしては、順調に育っています。この日は、栽培経験豊富な方にも見ていただいて、いまのところはお墨付きをいただきました。心配なのは、いつの時期に追肥をするのかと、虫害をどの時点で防ぐかです。カナブンがけっこういるのと、負けじとアマガエルもたくさんいる状況です。完全有機栽培でも、無農薬栽培でもないのですが、できるかぎりは化成肥料や農薬を避けたい気持ちがあります。
c0010936_172859.jpg
水洗いします


c0010936_1724418.jpg
いい香り


この作業で、カエルやカナブンなどを取り除きます。土なども落ちるので、比較的きれいな状態になります。しかし、刈り取った赤紫蘇は、発酵して熱を帯びてくるので、素早い作業と対応が必要です。この日も、全部を洗い終わるとすぐに、軽トラックに荷造りして出荷しました。朝の7時から始まって、9時半には出荷をしました。朝早いのは、それぞれが仕事の出勤前に集まるからです。
c0010936_1751864.jpg
初出荷!


熊野レストレーションでは、この赤紫蘇の栽培を、各地の休耕田に広めたいと考えています。ノウハウとはおこがましいですが、飛鳥・五郷周辺の山間部で、興味関心のある方はご相談ください。集団営農すれば、資機材などで支援を受けやすくもなると考えています。また、この赤紫蘇の多くは、熊野市の特産である梅干用に加工されていきます。そのなかには、紀和町小船の梅も含まれています。小船の梅が、飛鳥の赤紫蘇で梅干しになるのです。その資源の循環は、熊野市にとっても有益だと感じています。

次回は、7月1日に出荷作業をします。
朝7時に、飛鳥熊レス村に集合です。

by kurage874 | 2014-06-26 17:10 |  熊野レストレーション
【中山間支援事業】災害から限界集落を学ぶ
小船での梅収穫は、災害が契機となっています。

経緯については前述していますが、小船も2011年に大きく水害の被害を受けました。しかし、当時に現地で活動した学生ボランティアは卒業しており、熊レス会員には当時の経験者2名の元学生がいるのですが、現役のIVUSAには、小船が被災地だったことは知る由もありません。
c0010936_1258476.jpg
区長さんの自宅にて


c0010936_1259980.jpg
当時の新聞記事


その被災と復興について、小船区長さんから講話をしていただき、当時のTV放送なども見ながら、視覚的にも被災を体感してもらいました。自分たちが座っているこの家も、当時は水没してIVUSAによる床下の泥出しをした場所でした。それを見聞きするので、否応なく五感で感じることがでます。
c0010936_1342994.jpg
地区内の被災を説明


c0010936_134571.jpg
眼下が水没しました


フィールドワークにもでて、眼下の梅林が水没したこと、その後の復旧に多くのボランティアが駆けつけたこと、そのなかにIVUSAもいて、直後の梅祭りの開催に大きく関与したことなどが語られました。小船区長さんの”うまさ”も相まって、これは小中学生の防災・減災学習にも広めていきたいと感じました。当時から、メディアを取り込むこと、関係機関にきちんと情報提供することに、小船区長さんは長けていました。意図したわけではないですが、それが人柄であり、多くの支援が集まるきっかけとなりました。また、当時の反省も踏まえて、今後の対応も考えられています。
c0010936_1384017.jpg
楊枝薬師堂


c0010936_1385870.jpg
三和大橋


熊レスからの事前の求めに応じて、楊枝や和気にも出向くことができ、当時の話を現地の方にも聞きました。できれば、求められる集落があれば、熊レスは協力したいと考えているので、こういった裾野が広がることには感謝しています。三和大橋も、当時は路面が浸水したので、あの水害の規模の大きさが計り知れます。また、和気でのボランティア活動が十分でなかったことも、現地の方の話を聞いて知ることができました。
c0010936_13265363.jpg
和気での被災あと


この地域の集落は、どこも超高齢化しています。統計上では、小船が9世帯17人、楊枝が16世帯28人、和気が48世帯77人となっています。例えば、小船地区では、炭鉱が盛んだったころには、約1,000人もの人が住んでいたということですから、人口動態から統計的に算定しても、消滅集落に限りなく近いのは言うまでもありません。

それが、災害に見舞われると急速に衰退していくことを、われわれは2011年の紀伊半島大水害で体験しました。そんな集落が、熊野市内に限らず紀伊半島南部には点在しています。さらに、行政や民間支援のあるなしで、それが大きく左右されていることも実感しています。すでに、集落の中だけでは解決できないかも知れない事態を、われわれがどうこうできるはずはないのかも知れません。しかし、考えるキッカケにはなります。

そして、行動できます。

by kurage874 | 2014-06-25 13:48 |  熊野レストレーション
【中山間支援事業】紀和町小船の梅収穫体験
先週末の土曜日、天候を気にしながら収穫しました。

今回も、学生ボランティアのIVUSAから10名、熊レスから7名が参加しました。3年目となる梅収穫は、小船区長さんの厚意で体験させてもらっています。
c0010936_1284266.jpg
鈴なり


c0010936_12112490.jpg
ご対面とご挨拶


小船の梅収穫体験は、2011年の台風12号での被災と復旧が発端です。そのきっかけを作ったIVUSAと、のちに橋渡しをした熊レスが、小船での梅まつりと梅収穫をお手伝いさせていただいています。その後の集落支援を模索していた熊レスと、活動地での継続支援を考えていた学生ボランティアとが、うまい具合に繋がった事例ではないでしょうか?
c0010936_12221422.jpg
立派な梅たち


c0010936_1223195.jpg
選果します


時期としては最終なので、全部取りをしました。この梅は、一般財団法人熊野市ふるさと振興公社に買い取りしてもらっているそうで、栽培者の収入源となっています。キロ単価を考えると、これだけでは生活できないと想像できますが、小船の梅は特産品でもあるので、小船区長さんも大事に育てています。そのなかで、われわれがお手伝いできることもあろうかと模索しています。
c0010936_12271696.jpg
選果中


c0010936_12275626.jpg
最後は全員で選果


梅の選果は、傷や極端に大きいのを除外していきます。サイズ分けすることはありませんでしたが、除外されたものは、家庭用として梅酒や梅ジュースになります。今回もわけていただき、学生も熊レスからの参加者も、3キロづついただいてきました。昨年は、梅干しや梅ジュースにしましたが、今年は梅酒にしてみようかと考えています。僕は飲めませんけどね。
c0010936_12305570.jpg


雨に降られずに、およそ500キロを収穫し、約440キロほどが出荷できました。小船の梅は、水害も乗り越えたかなりの老木なので、新しく更新していかねばならないそうです。集落人口が15人で、ここも超限界集落となっていますが、それでも人が住んで暮らしています。いま、梅の苗木を植えても、いまの老木となる60年が経過するころには、僕自身もこの世にはいません(正確には102歳です)。
c0010936_13122589.jpg
梅酒づくりを学ぶ


簡単には言えませんが、その60年後も、小船の梅が特産であって欲しいと感じています。そのためになにができるのかを、なにをやっていくべきかを、僕としては、市民活動と政治活動の視点でやっています。

by kurage874 | 2014-06-25 12:42 |  熊野レストレーション