海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2014年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

【飛鳥熊レス村】赤紫蘇出荷作業の1日バイトの募集
明日、雨天決行で赤紫蘇を出荷します。

時給800円、5時間4,000円のアルバイトを募集します。
c0010936_18112244.jpg


開始は6時からで、11時までの作業時間です。集合場所は、飛鳥熊レス村になります。1-2名募集しますが、6時から参加できる方を優先的に募集します。

作業内容は、出荷の準備、刈り取り補助、仮洗いなど、中高生でも対応できる作業です。長靴など作業できる服装でお越しくださいます。

興味関心のある方は、担当の端無まで直接よろしくお願いします。

by kurage874 | 2014-07-30 18:18 |  熊野レストレーション
【非公認熊レス山岳部】死ぬまでに行きたい!世界の絶景に行く
猛暑のなかでしたが、行ってきました。

絶景のなかに三重県の木津呂が出ているとのことで、嶋津観光協会の平野さんにご案内いただきました。9時半に嶋津観光協会に集合し、昔の生活道である山道を進みました。
c0010936_15384723.jpg
出発前のミーティング


いかにも熊野の山の中らしい尾根道を通り、右手の眼下に熊野川が見えてきました。遠くは、玉置山の方まで見渡せ、山歩きにしては爽快な行程です。ときおり、ジェット船が見え隠れしています。
c0010936_15424066.jpg
地層の説明を受ける


c0010936_15434440.jpg
急峻な上り坂


目印など無いので、素人での山行はオススメできませんが、踏み跡と、杭のある尾根道を進むので、山行の経験ある方なら迷うことはありません。あと、水場もありません。写真のような急登もあるので、装備もそれなりに必要です。シカとイノシシの気配があったので、遭遇することは稀ですが、早朝や夜半の山行ですと出くわすかも知れません。
c0010936_15522318.jpg
木津呂が見える


c0010936_15532072.jpg
もうすぐそこ


尾根道が交差する箇所が2つほどありますが、ここも迷うことなく進むことができます。ほどなく絶景ポイントにたどり着くと…
c0010936_1558450.jpg
前方後円墳的


c0010936_15584413.jpg
いっしょだ


予想以上の絶景に感動ものですが、ここからのビューポイントの岩と枯木の間には、スズメバチが営巣していました。警戒のスズメバチが2-3匹出てきて、慌てて退避しました。その後に、嶋津観光協会の方で処理したようですが、このときは残念ながら絶景を堪能するとまではいきませんでした。さすがに、スズメバチとなると僕だって身構えます。
c0010936_167057.jpg
ガレ場のようなところも


c0010936_1681273.jpg
無事に到着


2011年の台風12号で大きな被害を受けた嶋津ですが、日本一小さな嶋津観光協会が主体となって、地域資源の掘り起こしをやっています。今回の山行も、協会の平野さんに引き受けていただきましたが、後退的な発想がない点には、見習うことが数多くあると感じました。

確かに、死ぬまでに行きたい絶景でしたが、こういった場所を、熊野一帯で探してもオモシロイかもしれません。きっと、ありますよね。

■少ない人口だから、少ない地域資源とは限らない
 http://owase.exblog.jp/22246865/

by kurage874 | 2014-07-30 16:13 |  熊野レストレーション
【飛鳥熊レス村】7回目の出荷は200キロ超え
月曜日、赤紫蘇の出荷日でした。

いつものメンバーが集まり、淡々と作業しました。
c0010936_4362515.jpg
第2圃場の刈り取り


この日は、第2圃場を二度刈りしました。1度目は茎がほとんど入りませんが、2度目は茎が入ります。それを極力取り除くのに、人手と労力が入ります。単純作業ですが、今回より一連の作業を時間給800円の仕事にしました。ただし、熊レス理事に関しては、1日1,000円の報酬としています。
c0010936_4394579.jpg
洗いを待つ赤紫蘇袋


c0010936_4401417.jpg
香りがすごくいい!


刈り取った赤紫蘇は、発酵して熱を帯びるので、用水路の川水で仮洗いします。このときに、アマガエルや虫たちも取り除きます。初めての栽培となる第2圃場の生育がよく、やはり連作した第1圃場と比較しても違いがわかります。土に力が無いということなのか、今後はそれをどう補っていくのかなど、課題も多いです。しかし、素人集団が手探りでやっているので、少ないながらもノウハウは蓄積されていきます。
c0010936_4432635.jpg
後片付け


朝6時からはじめて、この日は含水有りですが279キロを出荷しました。今期2度目の200キロ越えですが、これで総出荷が1,000キロを超えたと思います。また、引き続きアルバイトを募集しているので、夏休みの学生や高校生でもできる仕事です。小遣い稼ぎとしては悪くないので、早起きできる人にはオススメします。なんといっても、早朝からの作業は気持ちがいいです。ま、それがわかる人しかできませんけどね。
c0010936_4463726.jpg
緑肥用のヒマワリ


ヒマワリも発芽していました。まだ種蒔きを必要としているので、熊レススタッフで時間の開いている人は、種蒔きをよろしくお願いします。こうして発芽してくれると、俄然嬉しくなります。

次回の出荷作業は、31日(木)の6時から11時です。
即日払いの時間給800円で2名募集しています。

お気軽に、よろしくお願いします。

by kurage874 | 2014-07-29 04:49 |  熊野レストレーション
【中間支援事業】紀北町燈籠祭でのごみナビゲートボランティア
先週の土曜日、8回目のごみナビを燈籠祭で実施ました。

この日は、雨の気配は一切なしで、吐く息以上に暑い日となりました。
c0010936_405720.jpg
今年は種まき権兵衛さん


紀北町商工会青年部が中心となっているので、スタッフの年齢層が若いです。そのなかに混じって、20代から50代のボランティア13人が、予想に反して少なかったにもかかわらず、何ごともなく無事にやり終えることができました。
c0010936_43396.jpg
準備中


ごみナビでは、エコステーションの準備も当日に行います。このときに、初めて出会うボランティアも仲良くなります。センスも多少なり必要ですが、工夫次第で、お客さんの目を引く看板が出来上がります。こういったことに労力をかけるところに、ボランティアの良さがあると感じています。
c0010936_45599.jpg
こんな風になります


15時に集合し、16時からごみナビは始まりますが、8年もやっているだけに、古参のボランティアもいてくれるので、少ないながらもテキパキとしています。今年は、昨年32名と多かったボランティアの幻想を抱いてしまい、あちこちに声かけしたにもかかわらず、集まり具合が悪かったです。実質12名でもできなくはないですが、交替や一人あたりの作業量などを考えると、やはり最低1ヶ所5人はほしいところです。
c0010936_481863.jpg
きーほくんもいた


ボランティアの参加に関しては、事務局として反省も多いごみナビとなりました。やはり、主宰している東紀州コミュニティデザインのスタッフ不足が大きな要因ですが、少ない人口で取り合っている現状では、活路をどこに見出すかの選択を迫られている気がします。もちろん、地元に支えられるのがベストですが、外部に求めるのもベターかと考えています。しかしながら、過疎地域の恐ろしさを垣間見る感じです。
c0010936_412866.jpg
いよいよ本番


c0010936_4134133.jpg
花火も楽しめる


ごみナビの良さは、花火も楽しめるし、イベントの裏方として、イベントに関わっている誇りが持てることです。無くてはならない存在になっているだけに、次への仕掛けを実行委員会と考えていくことも、ボランティアの増加と関心に繋がると考えています。知恵は、多くから出しあったほうがいいはずですしね。楽しんでやってくれているボランティアさんたちを見るたびに、今年はいつも以上にボランティアさんに助けられたと感じました。
c0010936_4173894.jpg
終了ミーティング


今年も、16時から21時半頃まで、滞りなくごみナビをやり終えました。集まった資源ごみと分別ごみを黙視できるので、達成感を得られるのも特徴のひとつです。今年は、来場者が多いように感じましたが、比例して持ち込まれたごみや資源も多かったように感じました。出店者からの持ち込みごみの報告があったりと、新たな課題もありますが、解決できない課題はありませんので、エコステーションリーダーなどの報告を見ながら、次回への検討課題を実行委員会にも提供していきます。報告書を提出して、東紀州コミュニティデザインに与えたれた任務が完了します。

今週末の土曜日は、おわせ港まつりでのごみナビです。
まだまだ募集していますので、よろしくお願いします。

こういうイベントも、イベントには必要なはずです。
理解してくれる実行委員会さんにも感謝、です。

by kurage874 | 2014-07-29 04:23 |  東紀州コミュニティデザイン
ひと足お先に土用の丑
昼から暑い。朝の涼しさがほしい…

実家にて、昨日の夜は、鰻三昧でした。
c0010936_14522357.jpg
鰻丼


地元産ではありませんが、鹿児島産の鰻でした。昔は、地元の大又川で、けっこうな数の鰻をとっていました。個人販売もしていて、1尾2,000円で売ってもいました。いい小遣い稼ぎでしたが、いまはそれほどいないとのことです。もう少し、時間的な余裕があれば、鰻捕りも再開できるのですが…

娘も大好きな鰻!

ごちそうさまでした。

by kurage874 | 2014-07-28 14:54 |  今日の海月
【飛鳥熊レス村】赤紫蘇作業員の日雇い募集!
農業体験もよし、おこづかい獲得もよし、早朝作業で健康増進もよし^^;
c0010936_23555379.jpg
刈り取り風景



今回より、赤紫蘇の出荷作業にお手伝いいただく方に、時給制の報酬をお支払いすることにしました。事前申し込みで、最大2人を募集します。早朝ですが、健康で集団行動に支障なければ、誰にでもできる作業です。

■日  時:7月28日(月)と31日(木) 6時~
■場  所:飛鳥熊レス村
■必要人数:刈り取り各3人、洗い各2人、計各5人
■募集人数:最大各2人
■報  酬:4,000円(時給800円、6時〜11時まで、事前申込、当日精算)

一般社団法人熊野レストレーション
 代表理事 端無徹也

by kurage874 | 2014-07-27 15:06 |  熊野レストレーション
平成26年度コーディネーター養成講座~農山漁村起業のすすめ 日本の田舎は宝の山~
タイトル長いですが、こんな講座に参加しています。

講師先生の大遅刻で、当日90分以上も開始時間が遅れるというハプニングもありましたが、講師先生の弾丸トークで1回目が終了しました。率直に思うことは、「勢いって大事やな」ってことです。そして、この勢いって、どこに出力させるかで、有名にも無名にもなるんやなってことです。同じことをしていても、同じステージには立てないとも感じました。いいか悪いかは別にして…
c0010936_981953.jpg
曽根原 久司 氏(NPO法人えがおつなげて代表理事)


曽根原講師先生が主宰するNPO法人の公式サイトを見ても、企業や人材育成のページには、かなりの熱が入っています。農山漁村などの田舎と繋がりたい企業がこのページをみれば、このNPO法人がなにをコーディネートしてくれるのかが一目瞭然です。反対に、個人の就農希望者や、こじんまりとした田舎暮らしを望む人には、このページで得られる情報は少ないようにも感じます。しかし、目的とターゲットがしっかりとしているから、人は迷わず、取捨選択できるのだと感じています。

■平成26年度コーディネーター養成講座~農山漁村起業のすすめ 日本の田舎は宝の山~
 http://www.pref.mie.lg.jp/MURAS/HP/satoweb/h26/coordinator/h26coordinator.htm

そもそも、僕がこの講座を受講する気持ちになったのは、単に学びたいという気持ちが第1義ですが、田舎ビジネスで田舎を食い物にする場面もときとして見てしまうので、ちゃんと田舎側も知恵をつけないとと感じたこともあります。少数ですが、公的機関とタッグを組む中間支援的民間事業者のなかには、田舎とそこに住み暮らす住人をいいように動かせて、事業年度が終わると底が縁の切れ目ということが無きにしもあらずです。そうやって疲弊していく田舎をこれまでも垣間見ることがあったので、そういったプログラムに乗らずに汗をかいている田舎の現状もあるのに、そのギャップを埋めたいと感じたことも受講の理由にあります。
c0010936_9245590.jpg
ワークショップの発表


時間が押しているなかでのワークショップは、ちょっと付け焼刃的な感じもしましたが、この講座の目的が明確な田舎ビジネスの起業であると感じたところです。田舎をターゲットにビジネスモデルをつくり上げていくことが、この講座の趣旨であり、全6回の講座が来年1月まで組まれています。

今回、熊野レストレーションからは、熊レス監事と代表理事の私が参加しましたが、熊野市の地域おこし協力隊や、農政担当の熊野市職員も参加していて、多様な主体となる熊野市からの参加が4名と、参加者のなかではいなべ市からについで多かったです。こういった無料の講座は、ときとして受講マニアも紛れ込んでいることもありますが、講師先生も言っていたように、「毎年、脱落者がいる」そうなので、そのなかに入らないように、皆さんについて行けねばと感じたところです。

さて、どうなることやらですけどね。

少なくとも、熊野市やこの地域にとっては、無駄なことではないのは確かです。

by kurage874 | 2014-07-25 09:36 |  東紀州コミュニティデザイン
どちらも熊野にほしい!
ないものねだりです。すみません。

津市内に所用ででかけ、同席した仲間とランチをしました。
c0010936_2359554.jpg
オムライス


オサレなカフェでのランチは、しっかりした素材の味が楽しめ、値段相応の雰囲気も楽しめます。やはり、ひとつなにかにこだわっていると、そこに魅力を感じます。

このあと、時間があったので、別のカフェでコーヒータイムにしました。ここは、津に来るとよく来るのですが、まったりほっこりとできます。ついつい長居をしてしまうので、時間ギリギリまで楽しみました。こういった空間も、必要ですね。
c0010936_074750.jpg
いかにも


c0010936_011165.jpg
ワオ


所用のあと、時間が押したので、夕食を食べて帰ってきました。お目当てのお店が空いていて、いかにもという雰囲気を味わってきました。ここのプレーンラッシーは最高ですよ。ナンもおかわり自由なので、2枚食べましたが、若い友人は3枚食べていました。さすが。

どのお店も、熊野にはない雰囲気のお店なので、あったらいいなと感じたところです。ま、熊野やこの地域には、また違った魅力的なお店も多いんですけどね。

ごちそうさまでした。

by kurage874 | 2014-07-25 00:13 |  諸国漫遊記
国道169号の絶景から考える
国道169号周りで、九重まで行ってきました。

おくとろ温泉までは、比較的よく行きますが、それより先は、2011年の災害以来となりました。そのときは、途中で通行止めだったので、新宮まで抜けたのは随分前のことでした。
c0010936_933117.jpg
小松付近


この道路が一部開通したとき、「よくあんな広い道をつけたなあ」と感心しました。いまは廃村となっている小松へは、高専山岳部時代に合宿で訪れていて、そのときにはすでに住人はいませんでしたが、お寺をお借りして宿泊所にしていました。記憶が曖昧ですが、河上横丁あたりから三重交通のバスに乗り、最終バス停である育生の尾川で下りたあとは、県境をまたぎながら小松まで歩きました。小松の夜は賑やかで、タヌキがたくさん徘徊していました。ある年に、そのタヌキの捕獲を下級生に命じ、うまく追い込んで1匹を捕まえたことがあります。食べようかとの話にもなりましたが、さすがにかわいそうになって逃してやりました。
c0010936_9103429.jpg
北山峡


2011年の水害後、小松を調査に行って驚いたことは、車も渡れた吊り橋が落下していて、その橋脚のはるか上まで水が来ていたことでした。当時も、橋脚には、昭和の時代の最高水位が記されていたのですが、それ以上に水位があがったことになります。当時の七色ダムと、小森ダムの放水は、やはり考えることがあまりにも多い出来事です。

あれから3年になろうとしていますが、災害復旧工事があちこちでされています。中山間地域がとくに甚大な被害を受けていたので、いまなお当時の爪あと傷あとに心が痛くなります。この地域では、奈良県や和歌山県が、道路拡張やトンネル工事などで、利便性を高めようとしているので、交通の便はますます良くなるはずです。しかし、道路事情が良くなっても、疲弊していく住民生活を考えると、この地域一帯は廃村の陰が常につきまとっているのも事実です。
c0010936_9283712.jpg
百夜月


百夜月を通ると、対岸で東さんが作業をしているのが見えました。川船が対岸に止まっていたので、やはり生活の場であることに違いありません。その風景を垣間見ることができて、ここも貴重な熊野の原風景だと感じました。
c0010936_9322663.jpg
九重小学校


九重の城さんちで用事を済ませ、その足で九重小学校にも行ってみました。ちょうど、百夜月でいっしょだった相澤さんがいて、内部を案内してもらいました。災害直後に見ただけに、内部はオサレにセルフリノベーションされていました。相澤さんは、1年ほど前に地域おこし協力隊で熊野川町に赴任していて、現在4名の仲間たちが周辺地域で任務についています。熊野川町では、6名の地域おこし協力隊を募集し、4名が決まっているとのことでした。

その活動拠点のひとつである九重小学校は、取り壊される予定だったのを、地元NPO法人が引き受ける形で、地域おこし協力隊を行政が募集した形になります。地域おこし協力隊の処遇を、NPOなどの民間団体に委託させることで、このような行政ではできないことを可能にしたのです。そして、九重の地域住民たちが、この事業にこの指とまれ!をして後押ししたことも素晴らしいことです。わが熊野市でも見習うべき点が、ここには多数あるように感じてなりません。
c0010936_9433899.jpg
相澤さん


相澤さんは、たいやきタイムという車屋台のたいやき屋さんを立ち上げたばかりです。この日も、お客さんが出来上がりを待っていましたが、数年後にこの地域で根を下ろすには、まだまだ前途多難であるとも感じました。九重小学校にしても、田舎のほっこり感は有り余るほどにありますが、空調設備などはありませんので、万人受けするとは思いません。設備的には、キタガワノホトリの方が最低限を備えているくらいです。それでも、こうして人が集まり、話題になっているので、大きな成果には違いありません。また、ここに行政が絡んでいる点が、僕にとっては非常に興味深いことでした。素晴らしい!

帰りは、紀和町の311号経由で戻ってきましたが、この周回コースは、自転車のロングライドイベントにもなりそうな気がします。熊野の絶景を知ることができ、日常生活の営みを感じることができるコースです。

やはり、熊野のよさは、生活の息づかいがしてこそ、です。

by kurage874 | 2014-07-24 09:55 |  諸国漫遊記
紀北町燈籠祭でのごみナビゲートボランティアの募集
2006年からはじまった、紀北町燈籠祭でのごみナビです。

昨年は、過去最高のボランティアに参加いただきましたが、今年はなぜか低調です。理由のひとつに、ごみナビに協力している東紀州コミュニティデザインのスタッフ不在もあります。ただ、8年もやっているので、認知度はあるほうだと感じています。こんなことって、面白みがないんですかね?
c0010936_10342516.jpg
ごみナビチラシ


申し込み期限は昨日でしたが、前日まで延長しています。現在、10名いるんかいな?って事態ですので、このままですとエコステーションを減らさないとなりません。そうなると、さらに放置ごみが増える可能性もあります。ただし、ごみナビは、持ち帰りを推進させるためのツナギであるので、変化を見ることはできるかも知れません。

でもやっぱり、4ヶ所のエコステーションで、最低でも各5人はほしいところです。なので、20人ってことですね。あと半分か…

僕が、この地域でごみナビを進めてきたのは、熊野大花火大会での必要性を感じているからです。規模が大きい熊野大花火大会では、ありえないぐらいのごみが放置されてきました。昔は、それこそ捨て放題だったので、翌日の早朝に、天理教のボランティアで集めていました。「こんなん観光にしたらアカンは」ってのが、僕が感じた当時の気持ちです。人が増えるほどに、無秩序にごみが増えては、花火がいくら勇壮で盛大でも、本末転倒に感じたからです。現在、昔ほどではないようですが、こうしたキッカケから、ごみナビを推してきました。

この地域で最初にはじまったのが、尾鷲市のおわせ港まつりでした。2005年のことでした。紆余曲折あって、当初のスタッフはほとんどいなくなっていますが、僕や残っている僅かなスタッフは、ごみのないイベントを目指してこれまでやってきました。また、地元からの参加者のなかには、「昔からごみナビやっているのを見とって、いつかはやってみたいと思った」という大学生が参加したことがあります。老若男女、だれでもできるのがごみナビですが、一方では、人が集まる仕組みや、予想しない人に対応する場面などが、災害時における災害ボランティアセンターの運営にも似ていることがあります。楽しく花火を見ながら学べるのが、ごみナビの良い効果でもあります。

ただし、本当に苦労も多いです。ごみの捨て方や、エコステーションに持ち込んでくれる人のマナーは年々向上していますが、僕がここまでごみナビに固執していると見ている人たちからの誹謗中傷もよく耳にします。でも、面と向かっては言ってこないので、スルーするしかありません。

とは言え、尾鷲市と紀北町の2大夏のイベント会場で、ごみナビは継続しています。紀北町は今週末の土曜日で、その翌週の土曜日が、尾鷲市のおわせ港まつりです。双方に参加してくれる人もいますし、これを目当てに遠方からやってきてくれる人もいます。仕事終わりの参加者や、学生やときには高校生も参加してくれます。そういったコーディネートを、東紀州コミュニティデザインはやっています。

余談が多くなりましたが、ぜひともよろしくお願いします。

■紀北町燈籠祭ごみナビ申し込み
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P4830497

by kurage874 | 2014-07-23 11:03 |  東紀州コミュニティデザイン