海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
<   2014年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

【結果報告】熊野大花火大会を支援しているIVUSAへの支援について
前回、blogとfacebookでカンパを呼びかけました。

■【熊レス会員向け、一般の方も歓迎】熊野大花火大会を支援しているIVUSAへの支援について
 http://crepm.exblog.jp/22479482/

c0010936_022377.jpg
差し入れの様子


昨日の夜に、IVUSAより希望があったアイスクリーム150個と、ゼリー150個を差し入れしてきました。また、購入代金の残金を、今回の学生リーダーに手渡してきました。

その最終結果ですが、カンパは熊レス会員と一般の方の15名からの36,000円と、熊野レストレーションからの20,000円で、合計56,000円となりました。これほど多く集まると思わなかったので、とても嬉しい限りです。

皆さま、ありがとうございました。

一般社団法人熊野レストレーション
 代表理事 端無徹也

by kurage874 | 2014-08-19 00:09 |  熊野レストレーション
【那賀派遣第4報】徳島県の那賀町災害ボランティアセンターへの災害支援について
【那賀派遣第4報】徳島県の那賀町災害ボランティアセンターへの災害支援について(三重県からできることを、多くの仲間たちとともに!)

いよいよ明日となりました。出発前の公式第4報です。第3報については、事務処理内容が主だったので、facebookでのみ公開しています。
c0010936_23292263.jpg
直線距離なら早いのに!


第1陣の参加者は、僕を含めて3人にとどまりました。当然ですが、平日の2泊3日は、ボランティア休暇のある会社などでない限り、かなりハードルが高いです。それでも、三重と京都から参加があり、できることを那賀町でやってきます。

■第1陣
19日(火)
 05:30 熊野市発
 07:30 亀山ハイウェイオアシスでピックアップ1名
  新名神経由
 08:00 草津PA(下り)でピックアップ1名
  淡路島経由
 12:00  現地災害VC(鷲敷中央公民館)
  午後より活動
 現地宿泊

20日(水)
 終日活動
 現地宿泊

21日(木)
  15時まで活動
 16:00 現地出発
  淡路島経由
 20:00 草津PA(上り)着
  新名神経由
 21:30 亀山ハイウェイオアシス着
 23:30 熊野市内着

■参加費(基本2泊3日)
 学生 3,000円
 一般 5,000円
※車両借上費用、燃料代、雑費含む
※宿泊は仮眠施設確保しています。寝具持参のこと
※食事、ボラ保険は各自のこと

■参加条件
・東紀州コミュニティデザイン、及び熊野レストレーションの指示に従えること
・現地災害VCの指示に従えること
・健康で、自己管理できること
・18歳以上、それ以下は保護者同伴
・チェンソー作業は未定ですが、伐木等の保険に入っている方のみ
・その他、派遣リーダーに従えること

■協力
 一般社団法人熊野レストレーション

■問い合わせなど(主催団体)
 東紀州コミュニティデザイン
  防災・減災事業部 端無徹也

by kurage874 | 2014-08-18 23:30 |  市民減災まちづくり
【那賀派遣第4報】徳島県の那賀町災害ボランティアセンターへの災害支援について
【那賀派遣第4報】徳島県の那賀町災害ボランティアセンターへの災害支援について(三重県からできることを、多くの仲間たちとともに!)

いよいよ明日となりました。出発前の公式第4報です。第3報については、事務処理内容が主だったので、facebookでのみ公開しています。
c0010936_23292263.jpg
直線距離なら早いのに!


第1陣の参加者は、僕を含めて3人にとどまりました。当然ですが、平日の2泊3日は、ボランティア休暇のある会社などでない限り、かなりハードルが高いです。それでも、三重と京都から参加があり、できることを那賀町でやってきます。

■第1陣
19日(火)
 05:30 熊野市発
 07:30 亀山ハイウェイオアシスでピックアップ1名
  新名神経由
 08:00 草津PA(下り)でピックアップ1名
  淡路島経由
 12:00 現地災害VC(鷲敷中央公民館)
  午後より活動
 現地宿泊

20日(水)
 終日活動
 現地宿泊

21日(木)
  15時まで活動
 16:00 現地出発
  淡路島経由
 20:00 草津PA(上り)着
  新名神経由
 21:30 亀山ハイウェイオアシス着
 23:30 熊野市内着

■参加費(基本2泊3日)
 学生  3,000円
 一般  5,000円
※車両借上費用、燃料代、雑費含む
※宿泊は仮眠施設確保しています。寝具持参のこと
※食事、ボラ保険は各自のこと

■参加条件
・東紀州コミュニティデザイン、及び熊野レストレーションの指示に従えること
・現地災害VCの指示に従えること
・健康で、自己管理できること
・18歳以上、それ以下は保護者同伴
・チェンソー作業は未定ですが、伐木等の保険に入っている方のみ
・その他、派遣リーダーに従えること

■協力
 一般社団法人熊野レストレーション

■問い合わせなど(主催団体)
 東紀州コミュニティデザイン
  防災・減災事業部 端無徹也

by kurage874 | 2014-08-18 23:29 |  市民減災まちづくり
2014熊野大花火大会、私的こぼれ話
今年の熊野大花火大会、いかがでしたか?

まだまだ関係者にとっては落ち着かない忙しさでしょうが、熊野市の夏の風物詩となっている花火について、僕なりに考察しておきます。なお、基本的に僕も花火が好きですし、熊野市の花火は一番だと自負している一人です。
c0010936_1295730.jpg
熊野尾鷲道路への注意書き


今年は、せっかく開通した熊野尾鷲道路が観光バス専用レーンとなり、尾鷲南インターチェンジから、大泊インターチェンジまでは、8時から20時半過ぎまで一般車両通行禁止となりました。当初は、下りのみの措置と思っていましたが、上りも通行禁止となったので、「なんで、熊野市から出て行く上りもダメなん?」って言葉をよく耳にしました。今年は、開催日が日曜となって、車も少なかったし、人も少なかった気がしていますので、この課題は次回に引き継いで欲しいですね。
c0010936_12275014.jpg
国道42号線、小阪交差点


小阪交差点では、そのまま直進すると渋滞に巻き込まれるとの案内看板がありました。そこには、北山村経由での市街地入りをすすめていましたが、事前に学習していなければ、視覚的に辿り着くのは苦労したかも知れません。途中で、井戸町方面に行ける案内看板もあったので、どちらに行けばよいのか迷っている車にも合いました。また、この看板をもとに、大馬経由で井戸に抜ける車もありましたが、国道42号線側から入った車が、途中で迷っていることもありました。
c0010936_1445184.jpg
12時半頃の佐田坂


ただ、今年は車の通行が少なかったので、国道42号線の渋滞も、写真の藤森建設三重支社付近が最長だったかも知れません。そのあともスムーズに流れたようで、僕が会場に行ってからも、鬼ヶ城トンネルを流れる車はスムーズでした。また、各地の公式駐車場も、満車になる時間が例年よりも遅かったようで、今年は全体的に入込客も少ないように感じました。もしかすると、これが幸いして、入込客による車の混乱は少なかったかも知れません。
c0010936_14492858.jpg
開始直前


僕が会場内にたどり着くと、熊野市の花火らしい雰囲気でいっぱいでした。学生ボランティアのIVUSAもあちこちにいて、彼らの支援なくしては、もはや熊野市の花火は成立しないかも知れないとさえ思いました。また、インターネットでの取り組みでは、”#熊野大花火”をつけての投稿を呼びかけていました。これは、facebookやtwitterなどのSNSを使って、共通の投稿を探しやすくする試みでした。僕も交通情報などを投稿しましたが、単なる「会場に着いた」とか、「作業がんばる」とか、個人の感想を述べるにとどまった投稿が非常に多く、それはそれで盛り上がりを実感できたものの、情報ツールとしては失敗に感じました。あとで、そういった投稿は、僕からのが多くて苦笑いしてしまいました。人がほしいと感じるのが”情報”なので、どっちに重きを置くかは、今後の検討課題かも知れません。
c0010936_14581978.jpg
帰りの様子


花火に関しては、今年は風向きが悪かったのか、終始会場が煙にまみれてしまい、迫力ある音は楽しめたものの、彩りまでは堪能しがたいのが正直な感想です。それでも、僕の好きな三尺玉の会場自爆花火や、鬼ヶ城大仕掛の第二部などは、十分に感動モノでした。しかし、今年は前代未聞の長い中断があり、危険区域に人が侵入したようでした。ちょうど、クライマックスの半ばだったので、興ざめしたのは言うまでもなく、心ない観覧者もいるものだと感じました。ときおり、アナウンスもありましたが、人の待てる時間はせめて30秒ほどなので、もっと状況説明があってもよかったかも知れません。

帰りも比較的スームだったようで、僕が知るかぎりの友人知人たちも、これまでよりも、想像以上に早く家路に着いたと報告がありました。国道42号線の小阪の交差点も、いつも以上に車が流れていたので、帰りは熊野尾鷲道路が通行できたことも大きかったと感じました。国道311号線も入れれば、三重県北部からの進入路は3つになるので、あとはどう捌くかの知恵を実践しないとなりません。

あと、翌日の海岸清掃については、ごみの課題もあるので、すでにfacebookで先行していることをまとめながら、別に考察するとします。

まずは、関係者の皆様、大変にお疲れさまです。そして、熊野市まで来たいただいた皆さま、どうもありがとうございました。

by kurage874 | 2014-08-18 12:40 |  海月のぼやき
大又川の飛鳥ブルー
清流大又川、ホームリバーです。

20歳までは鮎の友釣りもしたし、ウナギも捕って売っていました。フライフィッシングでアマゴも狙ったし、ウナギの夜捕りにも行きました。ひとりで川に入って、相当怖い思いもしたし、それでもひとりで川に通っていました。だって、そんな遊びを続ける同級生とかいませんでしたからね。
c0010936_102853.jpg
飛鳥ブルー


台風11号の増水で、川の石がひっくり返り、苔が剥がれてキレイになったままです。あと数日もすれば、元通りの苔色になりますが、水流がある程度あるときは、けっこうこんな感じです。僕は、これを飛鳥ブルーと呼んで、昔から慣れしたんできました。
c0010936_134954.jpg
果てしなくブルー


今日も、ときおり小雨がぱらつくなかでしたが、娘にねだられて泳ぎに行っていました。ちょうど、facebook友だちで、名古屋から来たお客さんを案内していたので、同い年の娘さんと意気投合していました。ちょっと泳げるもんだから、自慢そうに泳いで見せていて笑えました。子どもって、こういう歳から見栄張るんだな。

ただ、娘を腹に乗せて泳ごうとして流されて、そのまま左腕で抱えて泳ごうとしたら、さらに深みに流されて、ちょっとヤバイと感じました。サンダルの鼻緒が引っかかって足漕ぎしにくくなり、なかなか外れずに慌てました。しかし、それでも冷静に底をのぞいて地形を確認し、立ち漕ぎしながら泳ぎ着けました。たまたまでしたが、あれでサンダルが外れなかったら、僕は溺れていたかも知れません。娘を背中に乗せて泳ぐのは、手も使えるし、足も使えるので、相当の自信がありますが、さすがに右手しか使えないと、20キロ近い娘を抱えたままでは沈みます。それでも、娘は恐怖を感じることなく、楽しんでいたと思います。なにせ慌てふためくとダメです。

そんなことがあっても、大又川、好きですけどね。

・おまけ
 16日の午後から夜遅くまで、車2-3台か4台かで来ていた若者グループが、忘れ物しまくりで帰ってしまいました。ピンクの靴下、花火のカス、コンビニのおにぎりの包み紙、チューハイの空き缶などなど、焚き火したあともそのままで、もとに戻すのを忘れてしまったようです。さらに、公衆トイレのトイレットペーパーも散乱していて、おそらくは、怒ったカッパが出て慌てふためいて逃げ帰ったのかも知れませんが…
c0010936_1161693.jpg


 ただ昨年は、なんども掃除をしましたが、今年はこれが初めてです。しかし、これだけの忘れ物をする人たちには、ここへは来てほしくありません。地元の方も、「ひどいなら出入口を閉めたらなあかんの」って怒っていました。

 そう、「二度と来ないでください」

 この川で楽しんでもらうために、大又川沿いではここにしかない公衆トイレを整備し、地元婦人会の方が掃除をしています。また、僕もやっていますが、何度か川岸の草刈りもして、お客さんを迎える作業をしています。ここには、カッパ之碑があって、いつもカッパが見守っています。ほんまに、カッパ様にお叱り受けますよ。

by kurage874 | 2014-08-18 01:18 |  飛鳥町漫遊記
【那賀派遣第2報】徳島県の那賀町災害ボランティアセンターへの災害支援について
【那賀派遣第2報】徳島県の那賀町災害ボランティアセンターへの災害支援について(三重県からできることを、多くの仲間たちとともに!)

随時、予定を書き換えていきますが、公式第2報です。

行程1、第1陣の参加者を募集します。経験のあるなしは問いません。参加条件に見合う方は、誰でも参加可能です。現在までに、3名の参加があります。単独、自車での参加でもかまいません。

■行程1
・第1陣
19日(火)
 熊野市内発 06:00頃
   ※津新町駅でピックアップ1名
   ※亀山ハイウェイオアシスでピックアップOK
  新名神経由
   ※草津SA(下り)でピックアップ1名
 京都市内発 09:30頃
  淡路島経由
 現地災害VC 12:00頃
  午後より活動
 現地宿泊

20日(水)
 終日活動
 現地宿泊

21日(木)
 第2陣と合流予定 12:00頃
  第1陣は15時まで活動
 現地出発 16:00
  淡路島経由
 京都市内着 19:00
  新名神経由
 熊野市内着 21:00

■参加費(基本2泊3日)
 学生  5,000円
 一般 10,000円
※参加人数で減免予定
※車両借上費用、燃料代、雑費含む
※宿泊は仮眠施設確保しています。寝具持参のこと
※食事、ボラ保険は各自のこと

■参加定員
 6名
 ※参加形態により変動します

■最小遂行人数
 5名

■参加条件
・東紀州コミュニティデザイン、及び熊野レストレーションの指示に従えること
・現地災害VCの指示に従えること
・健康で、自己管理できること
・18歳以上、それ以下は保護者同伴
・チェンソー作業は未定ですが、伐木等の保険に入っている方のみ
・その他、派遣リーダーに従えること


※以下も募集しています。
■行程2
・第2陣
21日(木)
 未定
  未定
 現地災害VC 12:00頃
  午後より、第1陣と合流し活動
 現地宿泊

22日(金)
 終日活動
 現地宿泊
 ※端無が午後に熊野市内より出発

23日(土)
  15時まで活動
 現地出発 16:00
  淡路島経由
 京都市内着 19:00
  新名神経由
 熊野市内着 21:00

24日(日) 予備日

■特別募集 ※参加費減免検討します
・19日から23日まで滞在できる人
・2泊3日以上参加できる人
・軽トラ、トラックなどで参加できる人
・資機材を持参できる人(高圧洗浄機など)

なお、団体規模で参加できる場合も歓迎します。ただし、その場合でも、参加条件に従っていただきますのでご了承ください。現在、第2陣は調整の調整段階です。第1陣は、実施確定で調整しています。この派遣にあわせて、活動支援金の募集もしていく予定です。

■協力
 一般社団法人熊野レストレーション

■問い合わせなど(主催団体)
 東紀州コミュニティデザイン
  防災・減災事業部 端無徹也

by kurage874 | 2014-08-17 16:19 |  市民減災まちづくり
ジャジャツクって楽器!?
簡単に言うと、小型の釣り鐘と太鼓のセットです。

熊野市の無形民俗文化財になっています。
c0010936_9171033.jpg
からっと8月号


c0010936_9195493.jpg
からっと8月号


からっとに詳細が特集されていましたが、こういった企画はほっこりとします。また、神山地区の人たちの中には、「あれ(からっと)に俺のったでな。一生モンの宝やの」って喜んでいました。現場に、そのからっとがあればよかったのですが、見あたらなかったので手持ちの数部を置いてきました。
c0010936_9284760.jpg
3歳によるジャジャツク


神山(こうのやま)の光福寺では、追善盆踊りを2日連続で開催しています。僕が行ったのは2日目ですが、1日目となる15日には、火とぼし(ひとぼし)と呼ばれる灯明も幻想的です。これは、初盆の家から光福寺のお墓まで、108本のロウソクが灯されます。淡い光が揺らめいて、遠くから見ると、故人の魂が家とお墓を行き来しているようです。こういった田舎の原風景が、ここにはまだ残っています。
c0010936_9422265.jpg
盆踊り


また、盆踊りの前に披露されるジャジャツクも見ましたが、保育園児、小学生と受け継がれていました。20歳を越えてから初めて見ましたが、それぞれで調子や緩急も異なっていて、単純なバチさばきのように見えて、これは練習しないとできないなと感じました。こういった田舎の文化伝統は、人口の減少とともに消えていく現実もありますが、脈々と受け継がれていくことを願わずにはいられません。折しも、今日は熊野大花火大会ですが、多額の行政支援を受けながら守られている、これも熊野市の伝統です。その違いを感じつつ、僕たちにできることは、地道に気長に、それでいてちょっと急ぎ足でやる必要を強く感じた夜になりました。

by kurage874 | 2014-08-17 09:49 |  飛鳥町漫遊記
さらカッパ、今夏で泳げるようになる?

泳ぐ


どうですか?

泳いでいるって言っていいですか?
c0010936_6581928.jpg


娘ながらに、「いいなあ。やるなあ」って思ったのが、ライフジャケットを自ら脱ぎ捨てて、「およぐれんしゅうをする」って言ったことです。実は、僕が泳げたのは小学生の4年生くらいで、自分自身が「泳げた!」って感じたのは、小学校の授業で大又川で泳ぎに行ったときでした。このときの感触は、いまでも記憶を蘇らせることができます。

娘は、教えていた平泳ぎもしますし、オーソドックスなバタ足もやります。面白いのは、背泳ぎにも挑戦します。すべては、オトンのやることを真似たいとの一心からですが、こうやって成長するんだなと感じます。すごいねえ。
c0010936_734563.jpg


嬉しかったオトンは、この夏に切れてしまったターザンロープをつなぎあわせ、来年は新品に交換する必要があるかなって感じつつ、娘の前で盛大に飛び込んでやりました。あと、ターザンロープの末端に輪っかをつくるのはやめて欲しいですね。あれ、手首を入れる人もいるし、怖くて巻きつける人もいて、とても危険です。離れなくなって、戻ってくる分にはいいですけど、宙吊りになる可能性もありますよ。

それにしても、四季を通じて、その四季に触れながら成長できるって、とても贅沢なことだと実感しています。

by kurage874 | 2014-08-17 07:10 |  さらさに贈る言葉
第36回キタガワマーケット
本日、8月第3日曜日のため、キタガワマーケット開催します。

ただし、スタッフの僕が熊野市在住のため、現地にはいけません。出店舗の皆さんにお任せするため、駐車場での販売のみとなります。また、熊野大花火大会も隣町で開催されるので、参加予定の店舗が参加できない、取りやめる場合もあります。
c0010936_6514090.jpg


現在のところ、数店舗の参加がある見込みです。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

by kurage874 | 2014-08-17 06:54 |  キタガワノホトリ
天理教飛鳥分教会での追善盆踊り
連日連夜、盆踊りを楽しんでいます。

甚句の振り付けは、なんとなく覚えています。
大和踊りとも言われる”アレ”です。
しかし、三拍子のコツが掴めません…
c0010936_23575144.jpg


15日は、天理教飛鳥分教会の追善盆踊りなので、朝から準備に行きました。これより前には、昨夜の長泉寺での片付けにも行ってましたが、指定された時間よりも30分以上も早くに集まってくるので、定時に行くと終わりかけています。田舎時間は、とかく指定時間の小一時間前集合のようです。
c0010936_014981.jpg


天理教の追善盆踊りでは、鹿肉や猪肉などの振る舞いもあり、子どもも楽しめるように、カキ氷や金魚すくいなどもあります。また、中入り後には、おにぎりもでて、小さい頃からの楽しみでもありました。僕が、甚句の大和踊りを覚えたのも、ここ天理教の追善盆踊りでした。

娘にアングル合わせています


今回で、なんとなく感じましたが、僕もけっこう踊り好きです。
なので、娘にそのDNAがあって当然だと納得しました。

盆踊りの最終は、神山の光福寺です。

by kurage874 | 2014-08-17 00:08 |  飛鳥町漫遊記