海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
水木しげる風、オモチロイカフェ
とうとう大晦日ですね。
わりと暖かいお昼時です。
(書き始めがそうだったので…)

さて、刺激を受けたお客さんとの会話を2つほど。

■A氏が語る、自閉と児童文学について
定年後に、児童文学書を書こうと考えているお客さんと話をしました。

「自分はどうも自閉的で、そのような(自閉症的な)傾向があるんだよね。」

そう語るA氏は、誰にも立派といわれる職業に就いているのだが、その自閉的な行動や思考が、今の自分を構築し、成果や業績に繋がってきたと話された。こういう自分でも、社会に出て仕事に就くことができたのだから、同じような境遇の子どもたちや、その親御さんたちにも、エールを送る意味で執筆したいとのことだった。

確かに、自閉的(自閉症的と言うべきか?)な人は身近にいるし(過去にもいたし)、ちゃんと職や社会的地位に就いている。思い起こせば…も含めると、「ちょっと変わっているなあ」との言葉も浮かぶけれど、『そういう人たちの能力』には認めるところがあって、とうてい自分では思考できないことや洞察力に感心する場面が多い気がする。

しかし、ひと目では分かりにくい、自閉的や発達障害の人が置かれた立場は非常に危うく、子どもに関しては、満足のいく教育環境や社会環境ではないことに辟易する親御さんたちも多いはずである。日本社会の仕組みがそうでないこともあるのだが、日常生活の中で受け入れる体制がないことの影響は計り知れない。

研究的な見地では確立されていることでも、社会生活の中では生かしきれていないことがあるなかで、A氏のような取り組みは賛同できるし、経験や体験が語ることはまさに真実、『生きてきた証』である。

海月にとってできることは何か?を、考えさせられるよい話でした。

■B氏が語る、海の再生と愛郷心について
尾鷲に帰省中だというB氏がふらりと立ち寄って、世界遺産の話から海の話になった。

「一次産業の再興、海の再生が大事なんだけどね。」

B氏の話は、宮城県の三陸海岸で、帆立と牡蠣の養殖を営みながら、海の再生を実践している畠山重篤氏の活動を例に挙げながら、彼の新著である『鉄が地球温暖化を防ぐ』について熱く話してくれた。現在の海には、鉄分が不足していて、その鉄を人工的に補ってやれば、海は再生するのだと言う。それは、畠山氏が植樹運動を続けていることを科学的に証明した結果の理論であり、それはこの地域でも応用・実践できると話された。

一次産業でこのまちの礎をつくりあげた当地は、その林業と漁業の衰退が甚だしい。高齢化や就労人口の減少、流通経路の刷新などの課題が挙げられるが、一方で、食の安全や自給自足などに見られる地産地消への回帰や、日本産へのこだわりも実感できる。

「コンパクトな生活が必要なんだけどね。」

戦後、私たちは行政に頼りすぎてきたんだと、B氏は自戒を込めるように言っていた。確かに、補助金や助成金に縛られるようなまちづくりや公共事業を、当たり前の行政奉仕のように求めていた点は否めない。それは、昨今の疲弊する現実を招いているのに、未だ気づいていない節もあるから、やがて日本という国はダメになる気がするとも言っていた。

さらに聞けば、この近海の藻場の再生が海の再生に繋がり、そこに鉄が必要だと提案されていたので、カフェの合間を見てはインターネットで研究論文や取り組みなどを検索しているところです。

そういう話の中で、戦後の教育課程で、愛国心(愛郷心のほうが柔らかいが)を教えられなくなり、いつしか腑抜けのような日本人になってしまい、日本という国を我が子に伝えていく何かすらを忘れてしまったんだよねとの話には、大いに共感できる部分がありました。


といったことを含めて、年末のような雰囲気ならではのカフェは、やっぱりオモチロイです。

さて、今日は、朝まで生討論といきますか!?

いやいや、気軽にお越しくださいませ。
普通にカフェを楽しむ人が大半ですから…

by kurage874 | 2008-12-31 17:10 |  クリーム日記
<< 今年もありがとうございました 灯りのあるなしで、商店街通りの... >>