海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
矢ノ川の清掃活動を、協働したイベントにできるか?
まず最初に、これはちょっとした嬉しいニュースです。

17日付南海日日の投稿記事に対して、海月は尾鷲市議会議員 端無徹也としての立場で意見を書きました(記事はこちら)。しかし、それで終わるだけでは、市民としての端無徹也、つまり海月の立場では、知ったからには無視できませんので、何かいい方法はないものかと考えておりました。

すると、いるではないですか。しかも、すごく近くに…

向井から通勤しているHCD事務局の吉澤君ですが、彼はごみによる矢ノ川の景観の悪さに気づいておりました。昨年の豪雨時には、尾鷲市消防団員として、矢ノ川の警戒にもあたっただけに、彼の矢ノ川に対する思い入れは計り知れません。

「なんとかしいたいと思いよるんですよ。」

その一言に、海月にはよいアイディアが浮かび、1週間前にも矢ノ川を清掃していた人がいたとの話も聞いたので、「気になっている人はいる。広く呼びかけたら、もっと集まるかもしれない。」と、彼と構想を話し合いました。その結果、同じやるなら楽しくイベントにしようとなりました。

また、河川管理をしている尾鷲建設事務所のサイトを見ると、「三重県では美化活動への助成制度として、県内の道路・河川・海岸の美化を目的とする草刈りや清掃など、地域住民のボランティア活動への支援を行っています」との内容で、県からは、作業に必要な物品の提供、作業中の事故に備えて、保険料(障害・賠償)の負担をしてくれるとの情報も得ました。

すぐにイベント化に向けた資料を作成し、有益な情報をくれる友人たちからも提言をもらい、先ほど修正版の資料(イベント化に向けた提案書)を完成させました。これを、今日中に関係各位に持参し、個人の思いをもっと多くにフィードバックさせることで、矢ノ川の清掃をちょっとしたサプライズイベントにしようと考えております。

詳しくは、今日の夜までには判明します。また、提案書は、吉澤君たちが関係各位に持参の上で説明に参りますので、このブログを呼んでいただいている方のところにも、お邪魔するかもしれません。そのときは、なにとぞ有益な情報提供と、ご協力をお願いします。もちろんのこと、新聞に投稿した投稿者の方にもお誘いに行きます。記者発表もできるなら、多くの清掃ボランティア(矢ノ川きれい隊)も募集します。

では、夕方には完成するであろうチラシと、矢ノ川のマスコットである「矢ノ河童(ヤノカッパ)」にも期待していただいて、実行日である1月31日(土)の10時~12時を、このイベントに参加する時間として空けておいてください。

なお、もしも誰からも協力が得られない状況になっても、急なこととふさぎこむことなく、参加できる人たちでイベントは実施しますので、最低4人は参加することになります。

ぜひ、自分たちのまちは、自分たちできれいにするイベントに、ご賛同とご協力をお願いします。

by kurage874 | 2009-01-21 02:18 |  東紀州コミュニティデザイン
<< やのかっぱのつぶやき 薪も補充、ガンダムも補充、つい... >>