海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
マイノリティボランティア、でもこれが残る道?
c0010936_210174.jpg


ビジネスでもなく、ボランティアでもなく、中途半端なボランティア、または中途半端なビジネスをしてる。言い方が悪いけれど、そんな活動って大変である。一方では、その解決や打開策に面白みがあるんだけど、正直しんどいって言いたくなるのもわかるんさな…だって、しんどいもん。

資金調達から配布まで、すべてのことを少ないスタッフでこなし、そのスタッフもみんな同じ関わりようではないから、関わる人は関わるだけしんどいし、関わらない人は、関わる人に「悪いな」って思うてしんどいやろし、だからと言って関わらないし、関われないし…

何よりも不幸なのは、少なくともスタッフとして関わっているには違いないけれど、その関わりの中の温度差が、いつしかギクシャクした感じになってしまうことで、「楽しもうらい。」って言うには言えても、実際はどうなんだろってお互いが考えてしまうことである。     

なんか、最悪やな。

とても、これがまちづくりとか、市民活動とか言えたもんではないけれど、これが今の状況であり現実です。それでも、最後は楽しいからやってるし、その中で楽しさを見つけられる人が残っていく気もしている。だからと言って、離れた人がどうもこうもない。こんなんが、システム化された活動ってのも面白みない気がするし。

まあ間違いなく言えることは、「少なくとも半分かそれ以上は、期待して、楽しみにして資金の一部を提供してくれる人たちがいること。」であるんとちゃうんかな?owasebon製作委員会で言えば、記者が支払う入稿料は一人当たり1000円やけど、紙面で一番安い16マス広告の継続は2000円と、倍額を支払ってくれる人たちがいるから、成り立っていると言うこと。

それにばかり縛られることもないんやけどさあ…
でも大事なことやで、きっと。

そうやってできたowasebonは、だからこそ人間のニオイがするとちゃうんかいな?それも大事なことなんさな。

いよいよリトルプレスが必要になってきたと思うのは、海月だけやろか?

まあ寝よ。

   

by kurage874 | 2009-04-04 02:43 |  海月のぼやき
<< イタダキ! 明日は尾鷲イタダキ市、そして… >>