海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
人材は、人材のほうからやってくるという話
昨日は名古屋で活動してきました。

COMBi本陣とは、NPOと創業を支援する総合施設のことで、元本陣小学校の跡地利用で誕生した施設です。
c0010936_16554815.jpg
COMBi本陣内部


各教室に、NPOが入居していて、N棟は、NPO活動支援施設で、S棟は、創業支援施設となっています。その管理運営を、NPO法人起業ネットが担っています。この日は、そのNPO法人の事業推進局長である西井勢津子さんとお会いしました。

ユニークな学校跡地利用ですが、これは尾鷲でも可能な形態であると感じました。また、ここのように、閉校した学校施設だけでなく、実際の児童・生徒が在籍する学校の空き教室利用でも面白いかもしれません。ただし、話でも出ていたように、こういった施設には、多くの人が絡めるような場所づくりと、地域への理解と共有が必要に感じました。

たとえば、井戸端会議する地域のおばちゃんとかいても楽しそうでしょ。ここにくるおじやんに聞けば、畑のノウハウが聞けるとか、それが苗をこうたりする資金源として、青果物が売れたりするまでいけば、もっと面白くなりそうです。

とまあ、こんなことを考えながら、西井さんとの話が弾みました。簡単に言えば、バイタリティがある彼女ですが、かといってギラギラしているわけでなく、飄々と楽しんでいる風をかもし出している姿がよかったです。これも海月と似たところがあって、「余生を楽しんでいるなあ。」って感じました。

人材探しとか、人材不足とか、言葉にすると味気ないけれど、実際のところは、人材は、人材のほうからやってくるんだろうなって、話をしていて考えるようになっていました。同席したHCDの吉澤以上に、よい刺激と影響を受けた海月でした。

彼女が、彼女自身が考えているよりも先に、この地域に来ることを強く望んだのは言うまでもありません。

by kurage874 | 2009-04-10 17:36 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 第25号の編集会議があります 昨日は名古屋でNPO三昧 >>