海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
5月は忙しいのだ!の巻
今日は風があります。
過ごしやすい感じですが、日差しはきついです。

5月は会議続きです。
会議と言っても、NPO活動の会議です。

11日は美し国おこし三重の聞き取りで、12日は津でNPO向けの緊急雇用対策検討会、夜は尾鷲市ボランティア連絡協議会の役員会、13日の昨日は、プロジェクトCReAMの定例会と続きました。
c0010936_12144947.jpg
美し国おこし


美し国おこしでは、地域担当プロデューサーの寺内さんとの会話が弾みました。率先して行動している人だけに、「ボランティアにもビジネス要素を」って気概を感じました。よく感じることですが、県の事業やなんかで、有名どころの人がやってくると、「遠くの神様」みたいな感覚で、地元がへりくだってしまうような場面を見ることがあります。

しかし、「ない知識は吸収するだけのこと」で、あとは同じようなビジョンをもってやっている仲間に過ぎません。「よく稼ぐからエライ」わけでもないところが、こういったNPO活動のよいところで、「継続している」ことが何よりの証になります。参加したスタッフにも、そういった感覚が生まれていたり、生まれつつあるので、寺内さんとは、よき協働パートナーとして、今後が楽しみになるやも知れません。

ひと昔と違うのは、「誰かが、どこかで、何がしかのお金と知恵で、好きなようにさせてくれる」時代は終わっているのです。NPO活動が、「率先するたかり集団」になってしまう現実があるとすれば、このご時世に似合いません。「好きなことは、自分たちの責任でやる」ことが基本で、NPO活動は「稼ぐ」ことを考えて行動する時代になっているのです。これは、ビジネスで言う「儲ける」ことではありません。

12日の津での検討会では、そういったことを重々承知しているNPOと、行政担当とのギャップをみた気がしました。それでも、あの場に来ていることが大事な要素ですが、NPOとしては、活動の継続や定着は必死事項です。国が拠出する緊急雇用対策の補助金は、「NPOの基盤強化」になる可能性は少なく感じます。それは3年間の期限付きだからで、国や県や市町に、その後のサポート体制がビジョンとしてないのであれば、このような補助金は、人生をも狂わす可能性を秘めています。

しかし、発想の転換をすれば、「その間のつなぎ」として活用する道も考えることができ、東紀州コミュニティデザインセンターとしては、「渡りに船」的補助金になりそうだと感じました。東紀州のいち市民活動センター(中間支援センター)代表として、このような場にいることができ、率先する現場を体験することは貴重な財産となります。それにしても、NPOで飯を食っているつわものたちには、感心とよい刺激を与えられます。

NPO活動は、人との活動です。これがやっかいでも、醍醐味でもありますが、やりこなしていく達成感の連続は、決して平坦ではないけれど、その場にいる影響や効果は、必ず財産として戻ってきます。その財産は、貯蓄もできるので、海月のなかにも、人のネットワークとして存在し続けます。

これからの後半も、5月は特に忙しい時期です。防災や減災の協議会や検討会も入ってきます。oasebon第25号も、20日以降にずれ込みますが発行されます。また、週末は大同楽座楽市です。それら全てが、人と人とで繋がっています。それはまるで、シナプスのようです。

by kurage874 | 2009-05-14 12:54 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 山sun通信14を読みふける 日曜日、尾鷲で過ごしませんか? >>