海月による東紀州からの情報発信~ぜひ遊びにきてい~
by kurage874
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィール
■ブログネーム
 海月(くらげ)

■本名
 端無 徹也
 (はなしてつや)

■棲んでいる所
 熊野市飛鳥町佐渡874-1

■やっていること
キタガワノホトリ
 東紀州市民活動支援センター
 尾鷲市北浦町1-8
・付属施設
 ・CReAM(クリーム)
  コミュニティカフェレスト
  (レンタル)
  日替りコックさんのランチ
  1日店長のお店
 ・ヤキヤマロック
  (レンタル)
  ボルダリングスタジオ
 ・二瓶窯
  (レンタル)
  石窯
 ・アトリエウミノハタ
  (テナントスペース)
   プロジェクトCReAM様
   ステキ工房オワセ様
 ・スギノハコ
  (チャレンジショップ)
   サロンHASU様
 ・CO-DO(コドウ)
  (レンタル)
  ギャラリースペース
 ・音楽室
  (レンタル)
  音楽スタジオ
 ・名称検討中
  (クラフトスペース)
   PureMarin様

・キタガワマーケット
  毎月第3日曜日
  9時半~16時半
☆告知
  出店者募集

 営業日
  平日 9時半~16時半

 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
 駐車場有、トイレあり

◆(特非)みえNPOネットワークセンター
 中間支援組織の集合体
☆役職
 理事

東紀州コミュニティデザイン
 中間支援組織
  コミュニティカフェ事業部
  キタガワノホトリ事業部
  中間支援事業部
  防災・減災事業部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 TEL:080-2627-2080
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 事務局長
☆職員
 1名雇用中、1名募集中
☆告知
 支援者・支援金募集中

一般社団法人熊野レストレーション
 森林里山保全ボランティア
 テクニカル災害支援
  森林里山保全事業
  森林レクレーション事業
  中山間支援事業
  DRT事業
  非公認の山岳部
 尾鷲市北浦町1-8
  キタガワノホトリ内
 TEL:0597-22-5554
 FAX:0597-22-5554
 mail:hcd.secretariat@gmail.com
☆役職
 代表
☆告知
 会員・賛助会員募集中
 就農希望者募集中(2名)

■資格
 普通自動車運転免許
 アマチュア無線
 第2種電気工事士
 246類危険物取扱者
 高校専修工業
 中学校第1種技術

■マイ動画
 YouTubeへ

■Twitter
 kumano874

■Facebook
 端無徹也にて検索

■USTREAM
 owase874
最新の記事
以前の記事
検索
kumano874のtwitter
画像一覧
その他のジャンル
動くが勝ち!
今日の尾鷲は曇り空。

「あったらいいナを形にする」
そうやってここまできました。

市民活動やボランティア活動は、海月にとってライフワークになっています。その延長線上で、議員の活動もしています。この両輪があって、海月はこのまちで暮らしています。

この5年で、カフエクリームと、大同楽座の2つの拠点を運営し、そこから派生する人との関係性を築いていきました。もう少しあとには、3つ目の拠点も運営していく予定です。これまでに、多くの仲間ができました。過去の人脈というよりは、尾鷲に暮らし始めてからのネットワークになります。
c0010936_10315630.jpg


今年の1月からは、HCDで1人を雇用しました。年俸制にしたのは、このまちをつないでいく人材になってもらえばとの願いからです。年俸の詳細は、1日5千円の20日拘束で10万円の給与と、年80万円の事業費です。これは、おそらくあまり例のない試みだと感じています。その資金の提出先は、海月個人だからです。あと2人ほど増えれば、株式やNPO法人化も検討しています。その2人目以降の資金は、海月の議員給与を見込んでいます。そのために、1期目の全額を貯蓄しています。できれば、そのほとんどを、地元での雇用に使用していく予定です。

年間200万円では、将来的な生活は苦しいですが、起業をめざして事業費をフルに使っていけばいいので、しがみついてでも自分の道を探して欲しいと願っています。海月式の還元方法ですが、海月自身も稼ぐことをしなくてはなりません。そのために、積極的に起業参加するし、3つ目の拠点はビジネスを重きに考えています。

さまざまな思いを胸に、この尾鷲で暮らしてきましたが、「動く!」ことが海月の使命だと考えています。それには、使い勝手の良い資金も必要です。なんとか軌道に乗せたいと奮闘していますが、やはり最後は人との関係性になるので、地道な説明と活動が求められています。

ただし、人材は尾鷲でなくとも、尾鷲に暮らせる人ならば、世界どこからも受け入れることが可能です。そのくらいの気持ちでやっています。なので、今後にご期待下さい。または、最適な方法を教えてください。

※補足
 ・カフエクリーム…栄町の商店街通りにあるコミュニティカフェ。プロジェクトCReAMやowasebon製作委員会の拠点にもなっている。カフェでは、月1回を目標に、ギャラリーや音楽イベントなどを開催している。

 ・プロジェクトCReAM…イベント系の市民活動団体。人が集まる仕組みを、減災活動にも応用できるようにしている。年に大小20ほどのイベントを開催している。

 ・owasebon製作委員会…もともとは、プロジェクトCReAMの事業であったが、第11号より単独事業として委員会を立ちあげる。「尾鷲暮らしを楽しむためのクチコミ情報誌」として、市内130箇所以上に無料配布。定期購読などでの支援もできる。

 ・大同楽座…東紀州コミュニティデザインセンター(HCD)の活動拠点だけでなく、アート・イベントスペースとしても開放している。毎月第3日曜日開催の、大同楽座楽市は、けっこうな賑わいをみせる。

 ・東紀州コミュニティデザインセンター…大同楽座の管理運営者。大同楽座を、市民活動支援センターとしても機能させているので、業務内容では中間支援的な役割も担っている。

by kurage874 | 2009-06-09 10:59 |  東紀州コミュニティデザイン
<< 田舎暮らしを楽しくするための人材募集 猫のまち >>